教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

‘ ニュース 社会 濁流から住民救った警察官2人、直後に流され行方不明に

2018年07月15日 18時26分10秒 | ニュース

 

濁流から住民救った警察官2人、直後に流され行方不明に

07月14日 21:58

 『豪雨で立ち往生していた被災者を誘導中に土石流で流され、行方不明の山崎賢弘さん(29)の捜索現場。見守る山崎さんの母親の美智子さん(59、中央)は「大勢の方々に捜していただき感謝しています。今でも息子にどこかで生きていて欲しいと思っています。命があることは普通ではなく、特別なことなのだということに気づきました。警察官として職務を全うした息子を褒めてやりたい」と話した。父親(60、右)は「1分1秒でも早く姿を見せて欲しい」と話した。=2018年7月14日午前11時32分、広島市安芸区矢野町、小川智撮影

(朝日新聞)

 6日午後7時半ごろ、広島市安芸区矢野町の山あいの道を、橋本幸治さん(60)は車で広島県呉市の自宅へと急いでいた。車内には妻と長女もいた。

 

 雨が激しく降り注ぐ中、信号で止まった橋本さんの車の前方から、土砂と濁流が押し寄せてきた。車が6台ほど巻き込まれていた。

 

 「これはだめじゃ!」。橋本さんの車も巻き込まれ、しばらく流されて止まった。周りの泥水はどんどん水位を上げていった。

 

 2人の若い男性の姿が見えたのは、そのときだ。流れてきた車の1台から降りた2人は、ひざまである濁流の中、橋本さんたちの車に駆け寄ってきた。

 

 「警察です。逃げましょう」。警察官を名乗る私服姿の2人は、周りの車にいる人たち全員に声をかけて避難を促した。10人が集まった。激しい雨と近くの川が流れる音で、互いの声が聞き取れない。2人の警察官は声を張り上げた。「上の方に避難しましょう!」

 

 斜面の上に向かって数メートル歩くうちにさらに水位が上がり、腰くらいまで水につかった。「ここは危ない」。2人の指示で近くにある高架の広島熊野道路を目指し、100メートルほど引き返した。

 

 そこへ2回目の土砂が襲った。前と後ろで電柱が2本、火花を散らしながら倒れるのが見えた。

 

 「いつでも助けを呼べるように」と、橋本さんは服に包み込むようにして持った携帯電話を、手放さないよう力を込めた。

 

 10人は列を作るようにして近くのガードレールにしがみついた。「これがベストの避難方法だったよねえ」。後ろの方で警察官2人が話す声が聞こえた。

 

 地鳴りがした。「何かきよる! 何かきよる!」。橋本さんの長女が叫んだ。

 

 3回目の土砂が濁流と一緒に流れてきた。真っ暗で何も見えない中、「圧迫感のある何とも言えない物体が、ぞろぞろと車をつぶしながら流れ落ちてきた」。

 

 橋本さんはガードレールをつかんで必死に耐えた。後ろを振り返ると、警察官2人を含む3人の姿が消えていた。

 

 残された7人は「助けてくれー!」と叫び続けた。橋本さんの長女はツイッターに現状を投稿し、助けを求めた。約2時間後、県警などに救助された。

 

 「警察官の方がいなければ、全員が車の中で死んでいたかもしれない。心から感謝している。早く見つかってほしい」。橋本さんはそう願っている。

 

■捜索見守る2人の親

 

 行方不明の2人は、広島県警呉署交通課の晋川尚人(しんかわなおと)さん(28)と山崎賢弘(かつひろ)さん(29)。6日夜、署での勤務を終え、1台の車に同乗して帰宅する途中だった。

 

 「土砂が来た! 土砂が来た!」。午後7時45分ごろ、呉署に晋川さんから混乱した声で電話があった。同じ頃、父の芳宏さん(54)が晋川さんに電話すると、話し中の音が流れた。もう一度かけたがまた話し中。数分後、3度目の電話をかけると、電源が入っていないとの通知が流れた。

 

 「心配になったが、待つしかなかった」。このときを最後に、晋川さんとの連絡は取れなくなった。

 

 「目の前に困っている人がいると黙っていられない子」だと父は言う。

 

 刑事が主役のドラマや映画が子どもの頃から好きで、大学卒業後、警察官になった。昨年10月に広島県海田町に家を新築した。長男は5月に2歳になった。「はよう出てきてくれ」。父は捜索現場に通い続ける。

 

 もう一人の警察官、山崎さんは4人兄弟の次男。母の美智子さん(59)は「思いやりのある子」と言う。

 

 高校時代は運動会で応援団長を務め、自ら立ち上げたバドミントン部では部長だった。』

 

 警察官になり、広島市内で77人が犠牲になった4年前の土砂崩れ現場でも救助活動に加わった。「土砂災害の怖さは身にしみてわかっていたはずなのに」と母は悔やむ。

 

 東広島市の実家で母は野菜を作っている。行方不明になる数日前、「近々取りに来んさい」と電話で息子に伝えたばかりだった。(大滝哲彰)』

 

赤坂自民党亭で、酔っ払い極楽政治屋の安倍一族朗等よりも警察官の使命をまつとうした鏡です。真の日本の国士です。

 

 

 

  

日本の国士

コメント

安倍晋三首相は右足の「股関節周囲炎」と診断され、自民党総裁選で「3選」戦略に暗雲、小泉純一郎元首相は小沢一郎政治塾「脱原発について」講演!!

2018年07月15日 18時16分41秒 | 国際・政治
4時49分16秒 | 政治

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
安倍晋三首相は右足の「股関節周囲炎」と診断され、自民党総裁選で「3選」戦略に暗雲、小泉純一郎元首相は小沢一郎政治塾「脱原発について」講演!!

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は7月14日、東京・信濃町の慶応大病院で右足の「股関節周囲炎」と診断され、医師から「数日間できるだけ股関節を動かさないように」と言 われ、15日に予定していた広島の被災地視察は延期、9月の自民党総裁選で「3選」を図る政治戦略に暗雲が立ち込めている。かたや、「小泉純一郎元首相と 小沢一郎代表は、政界を一変させるため、ガッチリと手を組んでいる」という情報が流れており、小泉純一郎元首相は7月15日午後、日本青年館ホテルで開か れる小沢一郎政治塾で演題「脱原発について」講演する。その後、東京都内の料理屋で会談。脱原発政策と今後の政局について、協力していくことを決めるとい う。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

南北首脳会談から米朝会談を経て南北統一へ、そして中国の民主化のシナリオが書かれています。このときから始まっていました。必読です。

中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド



その改訂版がこれ。併せてお読み頂きたい。

[新装完全版]ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 米国とイスラエルの力を借りて皇国の理念「NEW八紘一宇とNEW大東亜共栄圏」の実現へと向かうNIPPON!
クリエーター情報なし
ヒカルランド



にほんブログ村 政治ブログへ



オフレコ懇談会
平成30年7月28日(土)13時~17時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
これまでの時事問題に加えて、さらに投資戦略についてもお話しします。
「新機軸」時代の投資戦略セミナー
~株・為替・金・デジタル通貨・土地
場所 都内某所
参加費 5,000円


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

人類99%を支配する寡頭権力者たちの次なる工作 日本の未来はこう決まった! その決定をひっくり返す【超逆転の極秘シナリオ】付き
クリエーター情報なし
ヒカルランド

 

天孫人種六千年史の研究【第1巻】
クリエーター情報なし
ともはつよし社

 

世界のどこにもない 特殊なこの国と天皇家の超機密ファイル 神の国の《神》がわれわれにさえも隠したもの
クリエーター情報なし
ヒカルランド

 

トランプ政権はキッシンジャー政権である! いま世界と日本の奥底で起こっている本当のこと この大動乱のメガチェンジを読み切る!
クリエーター情報なし
ヒカルランド

 

「4京3000兆円」の巨額マネーが天皇陛下と小沢一郎に託された ついに動き出した吉備太秦のシナリオ
クリエーター情報なし
ヒカルランド

 

『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド

 

2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
ク板垣英憲
ヒカルランド

 

ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド

 

地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド

 

NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド
コメント

天木直人のブログついに馬毛島が米軍と自衛隊の新たな軍事拠点になる

2018年07月15日 16時36分49秒 | 国際・政治

ついに馬毛島が米軍と自衛隊の新たな軍事拠点になる衝撃

2018-07-15

きょう7月15日の産経新聞が一面トップでスクープ報道した。

 防衛省は鹿児島県西之表市の馬毛島を買収し、米空母艦載機の陸上離着陸訓練地にする方針を固めたことがわかったと。

 米軍の訓練期間は年間2週間程度で、残りの期間は自衛隊海・空の航空機訓練用に活用すると。

 そうなることはこれまでの報道で断片的に報じられていたとはいえ、ついに馬毛馬が、我々の税金を使ったあらたな米軍と自衛隊の基地になるのだ。

 この衝撃は大きい。

 馬毛島は、かつて鳩山首相が「最低でも県外」と言って普天間基地の代替地にしようとした無人島だ。

 馬毛島を所有する開発会社が政府に高く売りつけようとしてうまくいかず破産するなど、いわくつきの無人島だ。

 結局、馬毛島などは、米国の最新軍事基地の代替にはなり得るはずもなく、普天間基地の辺野古移設はそのまま強行され、馬毛島はあらたな米軍と自衛隊の拠点となる。

 米軍艦載機は米軍厚木基地から岩国基地へ拠点を移し、その訓練地の拠点が岩国から馬毛島に展開し、そして米軍が使わない1年間の大部分の間は、自衛隊戦闘機の訓練地として馬毛島が使われることになるのだ。

 防衛予算にまかせた米軍支援のやりたい放題だ。

 おまけに、米軍支援にかっこつけて自衛隊基地の拠点を強化する。

 しかもそれが中国の脅威に備えた自衛隊の南西防衛の強化であるという。

 すなわち、産経新聞のスクープ記事はこう書いている。

 南西方面で唯一の拠点である那覇基地の滑走路が破壊されれば現状では代替拠点がなくなる。事前にF15を馬毛島に分散配備しておけば、那覇基地が攻撃されてもF15の壊滅が避けられると。

 驚くべき中国との戦争ごっこだ。

 安倍政権下であればこそできる自衛隊のやりたい放題だ。

 日本中が米軍と自衛隊の基地だらけになる。

 それを教えてくれる産経新聞の噴飯物のスクープ記事である(了)

コメント

天木直人のブログ慰安婦問題の棚上げを画策し始めた安倍首相の無節操

2018年07月15日 16時21分01秒 | 国際・政治

慰安婦問題の棚上げを画策し始めた安倍首相の無節操

2018-07-15

 きょう7月15日の地方紙(下野新聞)が報じたから、おそらく共同通信のスクープに違いない。

 安倍首相は、韓国との交流拡大に向けた方策を議論する有識者会合を設置する方針を固めたという。

 政府関係者が14日明らかにしたという。

 その狙いは、慰安婦問題で行き詰った日韓の対立を緩和し、小渕恵三首相と金大中大統領が発表した日韓共同宣言(1998年10月)を再検証するためだという。

 今年10月の共同宣言20周年を踏まえた対応であるという。

 このスクープ報道は、これから大手新聞などが後追い報道をはじめ、安倍外交の大きなテーマになっていくだろう。

 私はこの共同のスクープを知ってあらためて安倍外交の行き詰まりを見た。

 行き詰まりを打開するために、自らの歴史認識すら封印する安倍首相の無節操さを見た。

 いうまでもなく慰安婦問題がなぜここまで大きくなったかは、安倍首相が間違った歴史認識に拘泥したからである。

 安倍首相が慰安婦問題に拘泥しなければ、ここまで慰安婦問題が深刻な日韓間の外交・政治問題にならなかったに違いない。

 安倍政権の下で世界中に慰安婦像が設置され、ついに7月8日の産経新聞が報じた。

 台湾の慰安婦記念館で、アンネ・フランク展が始まり、ホロコーストと慰安婦問題を同列視するかのような展示が行われたという。

 親日の台湾でさえここまで慰安婦問題が取り上げられるようになったことは深刻だ。

 慰安婦問題が日本の歴史的汚点に発展してしまったのも、すべては安倍政権の間違った歴史認識に基づく慰安婦問題否定の結果である。

 なぜそこまで慰安婦問題を否定するのか。

 それは安倍首相みずから依拠する日本会議の影響があるからだ。

 だからこそ、韓国に文在寅新政権が誕生し、昨年12月に日韓慰安婦不可逆合意を見直すと言い出した時、安倍・菅・河野コンビが激怒し、これで日韓関係は終わったと言わんばかりの外交的暴言を吐いたのだ。

 だったら、最後までその信念を貫いたらいいものを、ここにきて慰安婦問題を棚上げするというのだ。

 日韓共同宣言20周年を祝うというのだ。

 1998年10月に小渕首相と金大中大統領が署名し、発表した日韓共同宣言には何と書かれていたか。

 小渕首相は、日本の植民地支配が韓国国民に多大の損害と苦痛を与えた歴史的事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのおわびを伝え、金大中大統領はこれを評価した上で、未来志向の日韓関係の発展に向けた努力を強調した。

 安倍首相は7月8日に行われた日米韓三か国外相会談の際に韓国の康京和外相と官邸で面会した時、「今年の秋には宣言20周年を迎える。未来志向の日韓関係を発展させた」と表明したらしい。

 この厚顔ぶりはどうか。

 だったら最初から小渕首相を見習っておけばよかったのだ。

 慰安婦問題がこんなに大きくこじれることはなかったはずだ。

 歴史的な米朝首脳会談が行われ、日韓関係も北朝鮮関係も行き詰まったままでは、自らも行き詰ってしまう。

 だから、自らの間違った歴史認識を封印して、小渕・金大中の日韓共同宣言に立ち返ろうとする。

 そんな支離滅裂の日韓外交のお膳立てをする有識者会合のメンバーを引き受ける有識者とはどんな顔ぶれになるのか、容易に想像はつくが、安倍首相と同様に無節操な顔ぶれになること間違いない(了)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

【文科省汚職】東京医大、裏口入学毎年10人 東京地検特捜部がリスト入手

2018年07月15日 08時57分29秒 | 受験・学校・学問

 

05:04

 

 

東京医科大学=東京都新宿区(萩原悠久人撮影)

(産経新聞)

『 文部科学省の私立大学支援事業をめぐる汚職事件で、前科学技術・学術政策局長の佐野太(ふとし)容疑者(58)=受託収賄(じゅたくしゅうわい)容疑で逮捕=の息子を不正に合格させたとされる東京医科大学(東京都新宿区)が、数年前まで毎年10人前後の受験生を不正に合格させていた疑いがあることが14日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は不正合格者のリストを入手しており、裏口入学の常態化が事件の背景にあるとみて調べている。

 特捜部の発表などによると、東京医科大の臼井正彦前理事長(77)は、文科省の「私立大学研究ブランディング事業」の選定で佐野容疑者に便宜を図ってもらうよう依頼。見返りとして、鈴木衛前学長(69)とともに、今年2月の入試で、佐野容疑者の息子の点数を加算して不正に合格させるよう担当職員らに指示した疑いがある。

 大学関係者によると、同大の入試では、数年前まで政治家や中央省庁の幹部の子供らが受験した際、面接や小論文などが課される2次試験後に点数が足りなければ加算し、合格できるようにしていたという。

 こうした不正な操作は学長をトップとする入試委員会で行われていたといい、「理事長案件」として、臼井前理事長の意向が強く反映されたケースもあった。

 産経新聞の取材に対し、東京医科大の担当者は「入試関係はまさに捜査の核心部分であり、捜査に支障が生じる恐れがあるので過去のことを含めて答えられない」としている。』

学力テストの成績により、寄付金の額を決めていたのではありませんか。

東京医科大学は、私立医科大学として偏差値が高かろうと此まで行われていた裏口入学の事実が露見し、受験生の信頼と社会的信用を失いました。

 

 

コメント

7月14日(土)のつぶやき

2018年07月15日 05時33分57秒 | 受験・学校・学問
コメント