教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

ある喧嘩大将の思い出

2006年10月26日 20時08分00秒 | 受験・学校

私が、高校2年生時梅田のN予備校の高校生本科の夜の講習会に通っていた頃の話です。同じ学校のY君の友達で詰め入りの学生服を勝って変えないできっちり着ていました。数学の出きる私よりずつと頭の良い生徒でした。良く教えて貰いました。自分は、喧嘩好きで自分より強い相手とだけ一対一で喧嘩をするのが、俺流やと言うのです。自分より弱いもんとはせへんねんと言いました。普段は温和でやさしい顔をしていました。私の学校の文化際に来て僕より喧嘩の強い奴はいてへんやろか言い顔を見回しているのです。私の学校は、私立の男子高校でやんちゃもゴンタもいましたが、たいした相手がいないと言っていました。小さい頃からがき大将だったのでしょうが。ゴンタでも頭も良かったですね。今のこどもは、喧嘩下手で喧嘩の仕方を知らないと良く言われ、いじめの原因になっているとも指摘されています。一対一で、自分より強い喧嘩相手に立ち向かう彼は、男のなか男です。弱い者と喧嘩をしない彼は立派でした。今は、一人の相手に集団でいじめたり、殴ったりする男らしくない喧嘩道になってしまつています。私は、喧嘩や人を殴るのは大嫌いです。子供の頃から弱虫ですから。彼とその後分かれましたが、数学好きの彼は持ち前の根性で志望大学に合格したと思います。私は高校3年の9月末に亡き父が交通事故で、大怪我をし再起不能と言われ、勉強不足で翌年大学入試に不合格になり落ちこぼれました。最近のいじめ事件も小さい子供の頃から友達同士で遊んだり、喧嘩もしたことない子供が増えたのも原因との指摘もあります。喧嘩の経験が無く大人になり、自分の子供を虐待で大怪我するまで殴ったり、死なせたりする事件も有ります。今の若者は、手加減と殴り方を知らんねと言ったお年寄りも居られました。もつと若者らしく、日々男らしく生き抜いて欲しいと思います。今日から卑怯ないじめや喧嘩は止め、自信を持って日本男子ここに有りと正々堂々と行動して下さい。武士道精神も地に落ちた今日この頃の日本です。

コメント   トラックバック (1)

最近の学校のいじめ事件に思うこと。

2006年10月24日 18時08分00秒 | 受験・学校

北海道や福岡で、いじめによる自殺者が出ています。ご両親のことを思いますと胸が痛みます。ご冥福を心からお祈り申し上げます。健康に注意されて立ち直って下さい。お子さん分も長生きして下さい。

私も弱虫で、泣かされたり、叩かれたこともあります。泣き虫でしたから。小学校時代は、今と違って生徒を叩く先生もいました。中学校でいじめられた時、近くの気の合う銭湯でいつも一緒でした先輩が、私をいじめる同級生に話をつけてくれました。同級生にびんたを食らったことも有りますが、人を殴ったことがないのを誇りしています。私の中学校では、大阪中央卸市場に近く、男気ですが喧嘩好きの生徒もいました。校庭で中の悪いいつも喧嘩をしている生徒同士二人を担任の先生が、見ている前で殴らせ、ほどの良いところで止めに入られたベテランの先生も居られました。

高校生の頃腕力の強い他の組の生徒と喧嘩になり、殴られ掛けた時、中学校の同級生に助けて貰いました。男子校でしたから、生徒同士の喧嘩や殴り合いもありました。私も殴られ口の中が、切れましたが歯を折るほど殴られたことは有りませんでした。同級生なので殴る時も有る程度手加減していたと思います。担任の先生も昔は、双方の話を良く聞き対応されていたと思います。今の学校では、先輩や友達との友情や生徒同士の思いやりが無いのでしょうか。小学校時代から私をいじめ同級生がいましたが。いじめる子にも家庭的な面で問題があったのです。後妻のまま母に、家でいじめられていて、自分より弱い子をいじめていたのです。亡き母が友達のお母さんと話し合い、いじめていた同級生のお母さんもそれに気付き同級生をいじめなくなったのです。高校1年生になる頃は、一転明るく元気な高校生になっていました。いじめる子供も悩みを持ち苦しみ、ストレスを毎日感じていたのです。保護者同士の話合いも必要と思います。少々殴られたって、いじめられても負けないで下さい。自分が悪いのではありませんから、命を大切にしてください。いじめは、身近な人に必ず相談して見て下さい。いじめられても明るい明日が、必ず来ます。希望を持って頑張って下さい。大阪の空の下から応援しています。御意見とコメントをお寄せ下さい。お待ちしています。

コメント (1)   トラックバック (25)

私の登校拒否体験

2006年10月22日 15時00分00秒 | 受験・学校

私は、小学校1年生の時に登校拒否になりました。入学式前にはしかに掛かり、学校に行けなくなったからです。はしかかが治ったら、授業も始まっていまして行くのが不安で恐ろしくなりましたし、勉強も遅れてしまいました。家から歩いて800メートルの公立小学校に怖くて行けなくなりました。亡き母に付いて行って貰ったり、近くの女子同級生と一緒に登校しました。教室に怖くて入れず、いつも職員室の担任の先生机の横に毎日置いて貰っていました。学校嫌いになりましたが、どうにかこうにか教育経験豊かな女性の担任の先生のご助力と級友、亡き母のお陰で学校に通えるようになりました。登校拒否には、皆原因が有ると思います。体験したものにしか分からない辛さも有ります。皆様のコメントをEメールでお送り下さい.。私のホームページも御高覧の上御意見を頂きたいと思っています。

コメント   トラックバック (1)