教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

現役バス運転手「休みは月に4日。明日はわが身かな」

2016年01月31日 20時51分19秒 | ツアーバスの運転手

週刊女性PRIME 1月26日(火)11時0分配信



現役バス運転手「休みは月に4日。明日はわが身かな」
 今月15日、長野県軽井沢町の国道18号の道路脇に、スキー客を乗せたバスが転落した事故。4月から社会人として就職先も決まっていた大学生ら15人が、寒い冬の未明に、命を奪い取られた。

 トラック、路線バスを経て観光バスの運転手になったという大手私鉄バスの60代の男性は、いまだにヒヤッとする場面に遭遇するという。

「右左折は、やっぱり難しい。車の全長が長く、後ろが重い感覚をわかっていない運転手が、サービスエリアを出るときにぶつけそうになっているのもけっこう見るよ。危機一髪だね。バスの運転は難しいんだわ」

 電鉄バスの30代の男性は、こう語る。

「週に昼・夜3回ずつくらい運転して、休みは月に4日。今回の事故を見て、明日はわが身かなって思っています」

 運転手の肉声からは、人を運ぶことの難しさ、神経を遣う仕事の責務が伝わってくる。若手でもベテランでも、常に集中力と体力が求められる大型バスの運転。夜間運転になれば、視力の負荷もかかる。

 JAF(日本自動車連盟)の情報誌『JAF Mate』の鳥塚俊洋編集長が必要性を訴えるのは、経験値の高さだ。

「運転は経験が大切。経験を積むほど運転は上手になります。大型バスは、乗用車と運転感覚が異なるんです」

 先日のスキーバス転落事故以降も、嫌な事故は相次いでいる。福井県あわら市では19日昼過ぎ、大型路線バスが田んぼに横転し、男女4人が腰の骨を折るなどのケガをした。東京都大田区では20日夜、観光バスが環状八号線の中央分離帯の信号機の柱に衝突し、男女24人がケガをした。

 4年前の2012年には、群馬県藤岡市の関越自動車道でツアーバスが防音壁に衝突する大事故が起き、7人が死亡し、38人が重軽傷を負った。その際、明らかになったのは、ずさんな運行実態と運転手の劣悪な運転環境だった。

 国交省は運行距離の制限、交代運転手の配置、価格競争を抑え安全のコストを確保するための運賃の下限制(それ以上安く発注してはいけないという金額)、優良バスのシンボルマーク「セーフティバス」の設定などを打ち出した。しかし今回の事故の当該会社は、ルールを厳守していなかった。

 交通労連(全国交通運輸労働組合総連合)の軌道・バス部会の鎌田佳伸事務局長が、問題点を指摘する。

「旅行業者から“この価格でやってくれ”と安価な料金で依頼を受けている。今回、下限制限を守ると約27万円なのに、19万円で発注していた。いちばん悪しきパターンが、変わっていない。引き受けるバス会社も問題ですが、元凶は悪質な旅行会社です」

問題点を指摘する。

「旅行業者から“この価格でやってくれ”と安価な料金で依頼を受けている。今回、下限制限を守ると約27万円なのに、19万円で発注していた。いちばん悪しきパターンが、変わっていない。引き受けるバス会社も問題ですが、元凶は悪質な旅行会社です」

ツアーバスの現実は、旅行会社間の激しい低価格競争で、なかなか脱却出来そうもないデフレ•スパイラル状況です。
低価格競争の結果は、バスの安全運行と運転手の健康が犠牲になっていると言うことです。
運転手が、十分な休養と睡眠が取れば、痛ましい事故は防げると思います。
大型バスの長距離運転と雪道の走行は、目も頭の神経もかなり疲れるのではありませんか。
コメント

第8回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」懇談会のご案内(2月27日16時30分~)

2016年01月31日 19時26分26秒 | 国際・政治

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
~ニュースにブログ~
第8回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」懇談会のご案内(2月27日16時30分~)
2016年01月31日 07時10分58秒 | 政治
第8回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」懇談会のご案内

「三国志」に学ぶ
~孫子を活かして魏王となった曹操の戦法
《日本人シュメール起源説》
「天孫人種六千年史の研究」(愛媛県大三島神社神官・三島淳雄著)
 ~第4回 日本の神社名をシュメール語で読み解く

【講師】 政治経済評論家・板垣 英憲

【日時】2016年2月27日(土)
午後16:30~20:30
(懇談会プログラム)
16:00~16:30 受付
16:30~18:30 講演
18:30~20:30 懇親会(質疑応答)
※プログラムのお時間は多少前後いたします。
人数 18名様限定(申込先着順)
参加費 5000円 
懇親会の食事代を含みます (飲み物代は別途当日の計算となります)

【会 場】会 場 小石川後楽園内「涵徳亭」 蓬莱
(東京都文京区後楽1-6-6( TEL 03-3811-3015)
アクセス


お申込みフォーム

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

北朝鮮が、本当に長距離弾道ミサイルを発射した場合、撃ち落すことができるか、自衛隊の腕が試される

◆〔特別情報1〕
 北朝鮮の金正恩第1書記=元帥は、祝日・記念日が大好きだ。祝日・記念日には、派手派手しく「記念行事=大イベント」を行う。1983年1月8日生まれなので、前祝とばかり、「1月6日午前10時(日本時間10時30分)、初のタングステン水素爆弾実験を成功させた」と発表して、33歳の誕生日を祝った。北朝鮮による核実験は2013年2月以来、4回目であった。今度は、米国政府の当局者が「北朝鮮北西部東倉里(トンチャンリ)にある事実上の長距離弾道ミサイルの発射台付近で発射準備とみられる動きがある」として、「北朝鮮が2、3週間以内にも人工衛星の打ち上げと称して発射を実施する可能性がある」という見方を示している。NHKが報じた。何を祝うつもりなのか。「2月8日の旧正月」、それとも父・金正日総書記が1941年2月16日生まれなので、「2月16日の誕生日」なのか。いずれにしても、米軍は今後、日本、韓国の防衛当局と協力してイージス艦などを展開、情報収集と不測の事態に備えている。中谷元防衛相は海上自衛隊の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載したイージス艦「きりしま」を日本海に派遣、航空自衛隊の地上配備型のパトリオット(PAC3)で迎撃態勢を敷き、自衛隊にミサイル迎撃を可能とする破壊措置命令を出した。北朝鮮が、本当に長距離弾道ミサイルを発射した場合、果たして、撃ち落すことができるかどうか。自衛隊の腕が試される。







第50回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年2月7日 (日)
米大統領選挙戦スタート、日本政治はどうなるか
~プーチン大統領、習近平国家主席を凌ぐ政治家の品定め

◆新刊のご案内◆
[クリエーター情報なし] 知ったら戦慄する 嘘だらけ世界経済 今この世界を動かしてる《超》秘密
クリエーター情報なし
ヒカルランド
コメント

クリントン氏の極秘情報私用メール流出事件を歓迎する。天木直人のブログ

2016年01月31日 19時08分08秒 | 国際・政治

新党憲法9条
インターネット政党


Home / Archive by category "天木直人のブログ"
クリントン氏の極秘情報私用メール流出事件を歓迎する

 ヒラリー・クリントン大統領候補が、公務で私用メールを使っていた問題で、再び窮地に追い込まれているという。

 すなわち、これまで問題とされたメールは「部外秘」がほとんどだったが、あらたに「最高機密(極秘)」の情報も含まれていたことが分かって問題にされている、というものだ。

 おりから大統領選の候補者選びは2月1日のアイオワ州党員集会から始まる。

 そしてクリントン候補はバーニー・サンダース上院議員に猛追を受けている。

 果たしてクリントン候補は民主党の候補として生き残れるのか。

 しかし、私の関心はそこにはない。

 私の関心は私用メールで流出した極秘情報の内容にある。

 かつてクリントン氏は、私用メールで外交情報を流したことについて批判された時、それが国益を害していない事を証明するために一部公開した。

 その中に藤崎前駐米大使のウソを暴露する公電が含まれていた。

 はからずも米国の部外秘公電が、ウソまでついて対米従属に走る外務官僚の醜態を満天の下にさらしてくれたのだ。

 果たして今回の「極秘」情報の中に、日本外交に関するものが含まれているだろうか。

 その中に日本に関する部分が出て来ないか。

 そして、やはりあの時と同じように、身の潔白を主張するためにクリントン候補はその一部を公開してくれるだろうか。

 そのことこそが、クリントン私用メール事件に関する私の最大の関心事である(了)
Posted on 2016年1月31日 Naoto Amaki
Posted in 天木直人のブログ
甘利疑惑があぶりだす検察審査会のいかがわしさ

 きょう1月31日の読売新聞が書いた。

 甘利疑惑でついに検察が動き出したと。

 東京地検が近く都市再生機構(UR)の職員らを事情聴取することが関係者の話でわかった、と。

 しかし、検察の動きはそこまでだ。

 甘利事務所に及ぶことはないし、甘利疑惑が事件になることはあり得ない。

 私がそう思うのは、この国の司法は権力と一体であるからだ。

 そこで思い出すのが検察審査会だ。

 司法の民主化の名の下に司法官僚がでっちあげた司法改革で、検察審査会にあらたに強制起訴という権力が付与された。

 検察が起訴しなくても国民が起訴できる制度だ。

 ところが、その検察審査会の最初の仕事が小沢一郎の強制起訴だった。

 身元不明の一市民の要請で開かれた検察審査会が、検察が起訴に値しないと判断した小沢一郎の政治資金疑惑を、強制起訴した。

 その審査会のメンバーや、その議決に至る経緯が、一切国民に明かされないまま、検察の下した不起訴処分は覆された。

 検察審査会そのものが開かれなかったという疑惑さえ取りざたされた。

 そして、判決は当然のように小沢無罪で終わったが、小沢一郎は政治生命を奪われることになった。

 小沢一郎つぶしの検察審査会だったと皆が思った。

 かくも絶大な権限を持った検察審査会が、今度の甘利事件で動かないなら、検察審査会のいかがわしさが嫌でも証明されることになる。

 検察審査会もまた国策捜査の手先であるということだ。

 最高裁を頂点としたこの国の司法は完全に腐りきっているということである(了)


引用元osted on 2016年1月31日 Naoto Amaki
Posted in 天木直人のブログ
コメント

横流し冷凍カツ 不衛生な保管

2016年01月31日 11時45分46秒 | デジタル・インターネット

2016年1月31日(日) 9時49分掲載
産業廃棄物処理会社が横流しし、スーパーなどに出回った冷凍ビーフカツ(左上)。他は時計回りにチキンカツ、豚ロースカツ、メンチカツ(いずれも壱番屋提供)(時事通信)
横流し冷凍カツに一度解けた跡…不衛生な保管
 廃棄された冷凍カツの不正転売事件で、産業廃棄物処理会社「ダイコー」(愛知県稲沢市)が横流しした冷凍カツには、一度解けた形跡のあるものも含まれていた。(読売新聞)


製造した企業が、不良品を出さないように安全性と品質管理に努力するべきです。消費税増税の影響で原価を安くしないとならない製造業の現実もありますが。

今回の廃棄された膨大な量の冷凍食材類、産業廃棄物業者に処分してもらえば済むでは食材を無駄にしています。これだけの量の冷凍食材料を破棄しても儲かる外食産業の不思議さ。大量生産し、不良品がでれば棄てれば良いという企業風土、日本は食糧自給率も低く、食料不足で餓死者も出ている国々から見た場合に何と不思議な魔法の国で、豊かな金持ち国と思われるでしょう。
日本にも輸入が途絶え食糧危機が訪れないと誰が言い切れるのか。

大量に生産し、不良品が、出れば全部棄てればよいいつから廃棄物の環境汚染も考えない日本になったのか。ゴミを宝の山として再利用すべき時期に天然資源のない日本は来ているのでは有りませんか。
食べ物には生命があると昔の人は、言いました。人が食べて安全性に問題があるのなら、日本の科学技術を駆使して、農産物の肥料にして再活用すべきではありませんか。貴重な食糧資源を廃棄ばかりしている日本人に天罰が下る日も来ないとは限りません。因果応報で人を泣かして儲けても一代限りの会社が殆どです。子供や孫に災いが出ている実例も有ります。一代ばての企業が、ほとんどではありませんか。


コメント

イオンモールに車突っ込む 京都、乳児けが

2016年01月30日 17時40分22秒 | 通販・買い物

京都新聞 1月28日(木)21時50分配信

『飲食店の出入り口に衝突した乗用車(28日午後4時50分、京都市右京区西院追分町・イオンモール京都五条)
 28日午後4時40分ごろ、京都市右京区西院追分町の大型商業施設「イオンモール京都五条」で、1階の飲食店に同区の女性(68)の乗用車が衝突した。店内に同区の女性といた生後3カ月の長男が、割れたガラス窓の破片で額などに軽傷を負った。
 右京署によると、乗用車の女性はバックで駐車中、ブレーキとアクセルを踏み間違えたという。』

ブレーキとアクセルを踏み間違えたというこの事故、便利で運転し易いオートマチックが、ほとんどの自動車に普及している今日、クラッチの無いのが、高齢者に多い事故に繋がることも有ると思います。

コメント

<都会の秘境>阪堺電車・住吉公園駅最後の電車出発進行

2016年01月30日 17時20分44秒 | まち歩き

毎日新聞 1月30日(土)11時22分配信


多くの市民や鉄道ファンに見守られながら阪堺電車住吉公園駅を出発する最終電車=大阪市住吉区で2016年1月30日午前8時42分、幾島健太郎撮影
 大阪市南部と堺市を結ぶ路面電車「阪堺電車」の上町線の終点、住吉公園駅(大阪市住吉区)が今月末で廃止されることになり、30日朝、同駅発の最後の電車が出発した。同線の住吉公園-住吉間約200メートルが廃止されるのに伴い、営業を終える。朝の通勤時間帯しか発着がなく、レトロな駅舎の雰囲気から「都会の秘境駅」などと呼ばれ、鉄道ファンや住民に親しまれてきた。最後の運行を一目見ようと、カメラを手に多くの人が駆けつけた。 住吉公園-住吉間は線路の敷設から約60年が経過し、改修に数億円かかるため、経営上の判断で廃止が決まった。住吉公園駅の東約100メートルには、阪堺線住吉鳥居前駅があり、乗客にはそちらを利用するよう呼び掛けている。 住吉公園駅は南海電鉄の住吉大社駅に隣接している。1913(大正2)年7月に開業し、天王寺駅前(大阪市阿倍野区)との約4・6キロを結んできた。2014年のダイヤ改正で、発着本数(平日)は上下132本から朝7~8時台の10本と大幅に減った。改正前は約700人あった1日の乗降客数も70~100人に減少した。
 同駅のホームには第二次世界大戦中、空襲に備えて作られた防火水槽があり、金魚約25匹を飼育していた。大阪市立茨田(まった)北中(大阪市鶴見区)に引き取られることになり、30日には金魚の引っ越し作業も行われた。
 最終となった午前8時32分発の天王寺駅前行きの運転士には、女性社員から花束が贈られた。約100人のファンですし詰めとなり、約10分遅れて出発。警笛を鳴らして動き出すと、ホームで見送った人たちから拍手と歓声がわいた。大阪市住吉区の堺谷周子(かねこ)さん(83)は終戦後、住吉公園駅から電車に乗って、中学や高校に通っていたという。その後も買い物の足として利用してきた。「青春の思い出が詰まっている場所なので懐かしい。103年もの長い間、ご苦労様でしたと伝えたい」と話した。【戸上文恵】

落ち着いたレトロな駅で、住吉大社の参拝者目当ての御土産物屋さんや食堂も有り便利でした。
コメント

辞任で終わる甘利大臣の収賄疑惑。 天木直人のブログ

2016年01月30日 14時05分57秒 | 国際・政治

新党憲法9条
インターネット政党



Home / Archive by category "天木直人のブログ"
辞任で終わる甘利大臣の収賄疑惑

 ここまで明らかな甘利大臣の収賄疑惑であっても、甘利辞任と石原就任で、すべてが終わるだろう。

 突然の辞任の裏に検察と裏取引があったと言いたいわけではない。

 安倍政権擁護のメディアが、甘利は潔いとほめたたえ、世論をその気にさせているからではない。

 野党第一党の民主党が、威勢がいい割には、甘利を本気で追及しそうもないからだ。

 いや、追及できないのだ。

 小沢事件は誰が見ても明らかな国策捜査だった。

 それでも当時の民主党は小沢を守れなかった。

 いや、守ろうとしなかった。

 それどころか、政権を握っていたわけだから、小沢追放で検察と裏取引していた疑いすら抱かせる。

 その民主党の当時の幹部が、そのまま居直っているのが今の民主党だ。

 これでどうして本気で検察に甘利の訴追を要求できるというのか。

 民主党の責任は数えきれないほどあるが、その中でも、この国の司法と権力の不健全な関係を変えることが出来なかったばかりか、ますますその関係をのさばらせてしまった、そのことこそ最大の責任であると思う(了)

「戦争」の前に「経済」でつぶされる安倍首相の日本

 きょう1月30日の新聞は永久保存版にしておく価値がある。

 後で振り返った時、あの時が日本滅亡の日だったのか、と思い出させてくれるものになるかもしれないからだ。

 「戦争が起きる事を心配する前に、経済政策の失敗をおそれよ。我々は政府によって戦争で殺される前に、生活苦で殺される」

 これは、私が戦争と平和の議論をするときに、改憲論者を前にして反論する時に使うセリフだ。

 その正しさを、見事にきょうの各紙が報じている。

 日銀が初のマイナス金利導入を決めた。

 専門家がそれをどのように評価しようとも、この黒田日銀の決定が、破綻したアベノミクスをゾンビのようによみがえさせるための無理筋であることは明らかだ。

 その副作用が最悪の形で現れた時、日本経済はいよいよ危機に陥る。

 多くの国民が犠牲になる。

 その一方で、きょうの各紙が一面で大きく取り上げた記事が、北朝鮮の弾道ミサイルが発射された時に備えて下された「ミサイル破壊措置命令」である。

 もし北朝鮮が日本に向かって核弾頭を搭載したミサイルを発射すれば、日本は何があっても事前にこれを迎撃しなければいけない。それは当然だ。

 しかし、どんなにうまく防戦したところで、現実にミサイル戦争が起きれば日本もまた壊滅的犠牲を覚悟しなければいけない。

 おびただしい数の犠牲者がでるだろう。

 戦争によって命を奪われる可能性と、生活苦で殺される可能性と、どちらが大きいか。

 もちろん後者である。

 北朝鮮が日本にミサイルを発射する可能性は、米国が北朝鮮に軍事攻撃を仕掛けない限り、限りなく小さい。

 北朝鮮の方から核攻撃して来る可能性は、ほぼゼロだ。

 しかし生活苦による死はすでに確実に増加している。

 そして、戦争であれ、日本経済破たんであれ、いずれの場合でも、まっさきに犠牲になるのは絶対的弱者の一般国民である。

 どっちに転んでも、支配者と言う名の強者は責任をとらずに逃げ、国民と言う名の弱者を犠牲にして生きのびる。

 それが格差社会というものだ。

 小泉政権から始まった格差社会は、いま安倍政権によって当たり前のように定着し、人間性が否定されるまでにその格差が拡がっている。

 国民がすっかり分断されようとしている。

 怒れる弱者は打倒安倍政権で立ち上がらなければウソだ。

 どうすればいいか。

 共産党の唱える既存の政党、政治家による反安倍政権の樹立ではない。

 そんな政権はあり得ないし、たとえできても日本はますます混乱する。

 自民党の良識派も巻き込んだ緊急避難的な国民連合政権をつくるのだ。

 憲法9条の精神を掲げて、政治家と官僚を国民の下に置いて従わせる。

 そういう政権を目指す新党を国民の手でつくる。

 それが新党憲法9条構想だ。

 名前なんかどうでもいい。

 菅原文太が唱えた「命の党」でもいい。

 沖縄を米軍基地から解放する「日本主権の党」でもいい。

 福島を原発被害から救う「脱原発党」でもいい。

 すべては憲法9条の精神に集約される。

 自分の保身と利権しか考えない今の政治家と官僚から、日本を国民の手に取り戻す政権をつくるのだ。

 日本版「アラブの春」だ。

 日本国民が必要としながら出来なかった本物の市民革命政権である。

 その時は確実に近づいている(了)
引用元Posted on 2016年1月30日 Naoto Amaki
Posted in 天木直人のブログ
コメント

自民・公明連立与党が、次期参院議員選挙に大勝利する可能性は大、小沢一郎代表の次の戦略が注目される

2016年01月30日 13時58分04秒 | 受験・学校・学問

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
~ニュースにブログ~

2016年01月30日 03時19分20秒 | 政治
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

自民・公明連立与党が、次期参院議員選挙に大勝利する可能性は大、小沢一郎代表の次の戦略が注目される

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三政権が、ぐらついてきているというのに、野党がなかなか1つにまとまらない。
 7月10日の次期参院議員選挙まであと5か月余り、通常国会会期末6月1日までわずか4か月、参院1人区(32選挙区)では、熊本選挙区など1部を除いて野党各党がバラバラに候補者を擁立する動きを進めてり、野党第1党の民主党は、「野党共闘」の旗振りを担おうとしていない。選挙のプロである小沢一郎代表に任せれば、「必勝」を期す候補者調整が可能になるはずなのに、民主党内では、「小沢一郎代表と江田憲司前代表は嫌い」と公言して憚らない幹部がいて、小沢一郎代表が提唱している緩やかな政党連合「オリーブの木」(花言葉は平和)編成と共産党の選挙協力が成り立つ見通しは、ほとんど立っていない。このままだと、自民・公明連立与党が大勝利する可能性は大となる。このため、小沢一郎代表の次の戦略が注目されている。



板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ



第50回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年2月7日 (日)
米大統領選挙戦スタート、日本政治はどうなるか
~プーチン大統領、習近平国家主席を凌ぐ政治家の品定め

◆新刊のご案内◆
[クリエーター情報なし] 知ったら戦慄する 嘘だらけ世界経済 今この世界を動かしてる《超》秘密
クリエーター情報なし
ヒカルランド
コメント

雪で倒木 温泉の120人が孤立

2016年01月30日 13時56分45秒 | デジタル・インターネット


交通
YOMIURI ONLINE
2016年01月30日 11時12分


扉温泉までの県道をふさいだ倒木。本格的な復旧作業に向け重機が運びこまれた(30日午前9時5分、松本市入山辺で)
『29日午後5時15分頃、長野県松本市入山辺の県道の複数箇所で、沿道の樹木が雪の重みで倒れて道路を塞いだと、近くの扉(とびら)温泉の旅館「明神館」の従業員から119番があった。
同市などによると、県道の反対側は冬季閉鎖中で迂回(うかい)路はなく、30日午前11時現在、同旅館と日帰り温泉施設「桧(ひのき)の湯」の客や従業員ら計約120人が孤立状態になっている。100本以上の樹木が倒れている場所もあるという。けが人や体調不良を訴えている人はいない。』

 同市などは今後、本格的な復旧作業を行う。中部電力によると、一帯では停電も続いている。
人間の作ったものは、大自然には無力と言うことです。大雪も天気も人間には、自然現象を左右出来ません。県道の早い復旧を お祈り申し上げます。
コメント

お題「旅行に行くなら南極or北極?」(26件)に参加中!

2016年01月30日 12時19分03秒 | デジタル・インターネット
お題「旅行に行くなら南極or北極?」に参加中!
南極or北極どちらも旅行に行っていないので分かりませんね。
南極に生きている内に行き野生のペンギンの子供の頭をなでるのが夢ですが。

コメント

「仙人の孫」名乗る窃盗続発

2016年01月30日 11時53分48秒 | デジタル・インターネット

 

2016年1月30日(土) 10時41分掲載

「仙人の孫」名乗る窃盗、横浜で5件発生 150万円すり替え

 「仙人の孫」を名乗るアジア系とみられる女3人組が「息子の命に関わることが起きる」などと通行人に話しかけて不安をあおり、ATM(現金自動預払機)などで下ろさせた現金を盗む事件が昨年9月以降、横浜市中区内で5件発生していることが29日、分かった。被害総額は900万円超に上り、伊勢佐木署が連続窃盗事件として捜査している。(産経新聞)

仙人と言っても誰の子孫なのでしょうね。今の中国では、気功の治療者以外仙道の「仙人」も超能力者も国として公に認められていないのではありませんか。脅かすのは、本当の「仙人」や超能力者には、いないのでは有りませんか。中華民国には、山岳修行した仙道の「仙人」もいるらしいでいすが。

中国人は、騙すより、騙される方が悪いと言う考え方のようですから、用心が肝心です。

 

コメント

甘利明TPP担当相・経済再生担当相が辞任、閣僚のドミノ辞任による政権崩壊の危機感が高まっている

2016年01月29日 15時48分08秒 | 国際・政治

 

2016年01月29日 07時11分08秒 | 政治

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

甘利明TPP担当相・経済再生担当相が辞任、閣僚のドミノ辞任による政権崩壊の危機感が高まっている


◆〔特別情報1〕
 甘利明TPP担当相・経済再生担当相は1月28日午後5時から、内閣府で記者会見し、週刊文春(1月28号)が「政治とカネ」をめぐり「建設会社から現 金を提供された」などと報じたことについて、「東京地検特捜部出身の弁護士に調査を依頼し、秘書らから事情聴取した結果、これまでに得られた経緯など」を 説明し、事務所と秘書に対する監督責任を取り、閣僚を辞任する意向を安倍晋三首相に伝えたことを明らかにした。安倍晋三首相は、今後の国会審議への支障を 考慮して、辞任を受け容れ、後任に自民党の石原伸晃元幹事長(元環境相)を充てることを決めた。第2次安倍晋三政権は2012年12月26日にスタート以 来、3年1か月経過しているが、第1次安倍晋三政権が閣僚のドミノ辞任により「倒壊」した悪夢が蘇り、「二の舞になる恐れがある」と閣僚のドミノ辞任によ る政権崩壊の危機感が高まっている。


「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ


第7回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」
「真田丸」に学ぶ~真田家の究極のリスクヘッジ法
《日本人シュメール起源説》「天孫人種六千年史の研究」(愛媛県大三島神社
神官・三島淳雄著)~第3回 日本の神社名をシュメール語で読み解く
日時2016年1月30日(土)12時00分~16時00分




第50回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年2月7日 (日)
米大統領選挙戦スタート、日本政治はどうなるか
~プーチン大統領、習近平国家主席を凌ぐ政治家の品定め


◆新刊のご案内◆

知ったら戦慄する 嘘だらけ世界経済 今この世界を動かしてる《超》秘密
クリエーター情報なし
ヒカルランド
コメント

甘利サプライズ辞任でごまかされてはいけない。 天木直人のブログ

2016年01月29日 15時31分59秒 | 国際・政治

新党憲法9条

インターネット政党
 

 

 甘利プライズ辞任の報道にごまかされていけない。

 まずサプライズといいながら各紙とも辞任は数日前から決まっていたと書いている。これほどの矛盾はない。

 つぎに、甘利辞任で終わらせてはいけないと皆がいい、皆がそう報じるが、まるで緊迫感が無い。

 サプライズ辞任が、これ以上追及しないこととの取引なら、とんでもないことだ。

 私が注目したのは安倍首相が後任に石原伸晃を任命したことだ。

 サプライズはむしろこっちだ。

 石原大臣ほど無能な政治家はいない。

 皆そう書いている。

 このサプライズ人事は、安倍首相が危機感を抱いて、石原慎太郎と、その石原慎太郎を尊敬する橋下徹にすがって極右路線を突き進むとうことではないのか。

 甘利の辞任がアベノミクスやTPPにとって打撃だと各紙がこぞって書いているのにも笑わせられる。

 アベノミクスは甘利とは関係なく既に行き詰まっているし、TPPは官僚がすべてを取り仕切って来たから誰が大臣になっても同じだ。

 そして安倍政権がピンチになった時に必ず出てくるのが北朝鮮の脅威だ。

 こう考えていくと、すべてが疑わしくなる。

 ほかにも、ごまかされてはいけない事はいっぱいある。

 しかし、これ以上あれこれ考えることこそ、ごまかされることになる。

 甘利問題はこれからは司法に任せて、より重要な安倍失政の数々こそ、我々は追及していかなくてはいけない(了)

引用元Posted on 2016年1月29日

Posted in 天木直人のブログ

コメント

危険ドラッグ製造か アナ再逮捕

2016年01月29日 13時52分45秒 | デジタル・インターネット

 

 

自宅で危険ドラッグ製造容疑、NHKアナ再逮捕

(読売新聞) 13:23

NHKアナウンサーの塚本堅一容疑者

NHKアナウンサーの塚本堅一容疑者

(スポニチアネックス)

 『関東信越厚生局麻薬取締部は29日、NHKアナウンサーの塚本堅一容疑者(37)(東京都文京区)を医薬品医療機器法違反(指定薬物製造)容疑で再逮捕した。
 同部幹部によると、塚本容疑者は今月上旬、自宅マンション室内で、指定薬物を含む危険ドラッグの液体を製造した疑い。
 同部は今月10日、自宅で危険ドラッグを所持したとして塚本容疑者を同法違反(所持)容疑で逮捕し、自宅内から原料とみられる粉末や液体を押収。同部は塚本容疑者がインターネットなどで製造方法を学んだとみて調べている。』

本当に身近なところに覚醒剤や危険ドラッグの常用者がいると言う事実です。危険ドラックはインターネットの情報で簡単に作れる危険性が有ります。今のストレス社会と日常生活の不安感と疲労から、覚醒剤や危険ドラッグに手を出す人が増え、日本中に子供から大人まで蔓延している今日の日本の状況では有りませんか。医学的治療を受け、心身の健康を回復するのには、かなり時間が掛るのではないでしょうか。

コメント

「学歴別」平均年収ランキング

2016年01月29日 11時40分41秒 | 受験・学校・学問

少子化にてト 1月27日(水)9時10分配信


「学歴別」平均年収ランキング10
偏差値上位校でも年収が低い理由
 あいつはいくら給料をもらっているのか――。給料で人生における幸福度が決定されるわけではないが、誰でも一度くらいは他人の給料を知りたいと思ったことがあるだろう。ランキングの表は、2013年10月~14年9月末に転職サービスDODAに登録した人の年収を基に作成した「卒業大学別平均年収ランキング」である。これに『2016年度用大学受験案内』(学研)を基に各校の偏差値を加えた。年収データは、DODA登録時の「現在の就労先の年収」なので、まさに今、各大学の卒業生が「いくらもらっているのか」がランキングに表れている。

「学歴別」平均年収ランキング94位まで大公開!

 1位から20位くらいまでは、厳密に偏差値順とは言えないものの、納得の有名大学が名を連ねている。

「ランキング上位校の顔ぶれは、20年以上ほとんど変わっていません」と語るのは、ランキングデータの分析を行うインテリジェンスのDODA編集長・木下学氏だ。大手企業には、社風のごとく「○○大学出身者が多い」「一部の有名大学出身者で占められている」というケースも珍しくなく、高給取りの彼らの年収が卒業生の平均を押し上げているのだという。

「もうひとつ理由として考えられるのは、ランキング上位校出身者のほうが、仕事上の実績を残す傾向にあること。転職においては前職での実績が重視されるので、実績があれば年収の高い企業への転職が叶い、結果的に卒業生の平均を押し上げることに」(木下氏)

 仕事の能力は偏差値に比例するものではないが、過酷な受験を勝ち抜いてきたガッツや勉強に対する前向きな態度は、必ず仕事にも生きてくる。相対的に有名大学出身者が仕事で結果を残すケースが多くても、不思議ではないと言えるだろう。

 全体に納得感のあるランキングだが、1位の東京大学は631.5万円で、94位の千葉工業大学は443.6万円。約190万円は決して小さな差ではないが、「もっと大差があるはず」と予想していた人も多いのではないだろうか。木下氏は次のように語る。

「どんな有名企業も、新卒時の初任給はほぼ横並び。20代後半から徐々に年収の差が開いていきます。調査対象者の平均年齢が33歳と比較的若いので、多くの人のイメージよりも全体に平均年収が低く、上位と下位の差も小さいのでしょう」

 40代、50代の卒業生に限ってランキングを構成すると、また違った結果が見えてきそうだ。

次ページは:早慶戦は慶應同立戦は同志社の勝ち 

早慶戦は慶應同立戦は同志社の勝ち

 さらに細かく見ていくと、いくつか「おや」と感じさせるポイントがあった。たとえば、旧帝大や早慶以外で上位に入った、6位の電気通信大学や11位の豊橋技術科学大学、23位の芝浦工業大学など理工系大学の存在だ。

 

「急に順位を上げる大学は理工系ばかり。特に情報系や建築系学部に強い大学です。近年、IT系業界に限らずIT技術を使う職種は増えていて、需要も高まっています。人材不足により年収が上がる仕組みです」(木下氏)

 

 逆に、文系学部に偏っていたり、女性が多かったりすると、偏差値の割に順位が低いという。女性は出産でキャリアが断たれたり、時短勤務になったりすることもあるからだ。78位のお茶の水女子大学などがその典型だろう。 もうひとつ意外だったのは、関東・関西を代表する私立大学の差である。5位の慶應義塾大学と12位の早稲田大学では、約40万円の差が。同志社大学と立命館大学にいたっては、年収約45万円の差に加え、順位も50位近く引き離された。偏差値も近い2校に、なぜこんな差が生まれたのか。立命館の順位が低く、年収も低めなのは、近年新設学部が多いせい。卒業生の平均年齢が若く、それによって平均年収も下がっているんです。慶應と早稲田は学部構成にも偏差値にもほとんど差がないので謎ですね」(同)

 ただ、慶應SFC卒業生の活躍を耳にする機会は多いという。そのあたりが差の理由か。 成績上位校は安定して年収が高く、情報系や建築系学部は引く手数多。将来的なことを考えれば、子どもにはそのどちらかを選択させると安心だろう。ただし、木下氏も言うように、転職の際は実績重視。学歴はほとんど関係ない。すでに社会に出ている我々は、今いる場所で結果を出す以外、年収を上げる道はなさそうだ。大高志帆=文』

学閥の強い今の日本では、高級官僚や給与水準の高いメガバンクや日本を代表する財閥系大企業に多く就職している東京大学は、平均年収も高いと言えます。今後も変らないのでは有りませんか。男女同権や女性の社会進出が、日本では 遅れている現実も伺える結果と思います。これからは、少子化による18歳人口の減少により、良い所に就職出来ない大学へは、進学する価値がないと評価されると思います。

 

 

コメント