墨象家 | 書家 | 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

墨象・新体操

2018年06月21日 19時54分42秒 | 墨象

新体操(しんたいそう)は、スポーツ(体操)の一種です。リボンやボールなどの手具を使いながら

音楽に合わせて、13m四方のフロアマットで演技をする芸術性を競う採点競技です。新体操には女子

種目と男子種目がありますが、種目の内容は大きく異なります。女子種目は柔軟性が高く華麗な演技

に特徴があり、男子種目は宙返りなどのタンブリングや力強い演技に特徴があります。女子種目は多

くの国で行われており、1963年にハンガリーのブダペストで第1回世界新体操選手権が開催されまし

た。1984年のロサンゼルスオリンピックから個人総合がオリンピック正式種目として採用され、19

96年のアトランタオリンピックからは団体も正式種目となりました。個人種目別は2001年よりワー

ルドゲームズに採用されています。日本では1968年、全日本学生選手権で初めて個人競技が行われ、

この大会をきっかけに「新体操」という名称が使われるようになりました。新体操の華麗な演技の躍

動感を、墨象で表現しました。



出典:Wikipedia






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆新聞掲載=地引き網漁を試行

2018年06月21日 19時33分34秒 | 新聞

<記事の内容抜粋>

観光資源評価など狙い

下田市は19日夜、試験的な地引き網漁を吉佐美の多々戸浜海岸で実施した。市内で同漁法が行われ

るのは約25年ぶりで、観光資源としての評価判断や伝統漁法の継承などが狙い。市職員、近隣住民、

朝日小の児童とその保護者など約120人が漁に参加した。

漁師らが海岸の南方約200メートル沖合に、縦約8メートル横約200メートルの網を張り巡らした後、

参加者が二手に別れ慎重に引き上げた。網にかかるたくさんのトビウオやフグ、イカを見て、子ども

たちは大喜び。若林和海さん(下田小5年)は「たくさん捕れてすごいと思った。(地引き網漁を)

下田に残したいな」と感想を語った。市は今後、今回の結果を踏まえて地引き網漁の活用方法などを

検討するという。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の名画/マルク・シャガール(32)

2018年06月21日 19時17分12秒 | 世界の名画

家畜商

●1912年。カンヴァス・油彩。縦96X横200センチ。バーゼル美術館蔵。


動物たちは人間のために、車を引き、乳をしぼらせ、子をはらみ、肉を提供し、生きるも死ぬもその

意のままに生きる。市場に売られて行く牛は、農夫の担う子牛を見つめ、車を引く馬の腹に胎児が揺

られて行く。「村」には生殖と死とが同居し、生と死とが新しい生命の芽生えによって常に連鎖して

いく。それは同種の生態系を超えて、人間と動物の間の弱肉強食の原理に組み込まれている。生きと

し生ける物が従わねばならない運命の輪は、なんと美しい金色の車輪であることか。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書家・かな662/源兼昌

2018年06月20日 18時49分23秒 | かな

<釈文> あはじしま かよふちどりの なくこえに いくよめざめぬ すまのせきもり

百人一首 第78番                         = 源兼昌 =

<意味> 海をへだてた淡路島から、飛び通ってくるちどりの、もの悲しく鳴く声のために、幾夜

目をさましてしまったことであろうか、須磨の関守は。        

という意味です。

<観賞> 須磨の関守とは、現在の兵庫県神戸市須磨区にあった関所の番人のことです。波音に混ざ

って聴こえてくる千鳥の鳴き声は、なんとも寒々しくもの哀しいものだったのでしょう。兼昌の旅の

経験から詠まれたものでしょうか。関守に思いを馳せていることが、より故郷から離れた旅情感が漂

っているように感じます。

<作者> 源兼昌は、いまから900年ほど前のさほど地位の高くない官僚です。後に出家しました。

和歌を詠むのが上手でした。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆新聞掲載=スズラン、いいにおい

2018年06月20日 18時41分56秒 | 新聞

<記事の内容抜粋>

松崎の子どもたちに届く

松崎町の姉妹都市・北海道帯広市からこのほど、特産のスズラン1350本が届いた。町は幼稚園や保

育園、小中学校などに配り子どもたちを喜ばせた。町立松崎幼稚園では、町の職員から届けられたス

ズランを、園児たちに披露した。白く可愛らしい花に園児たちは「いいにおいがする」「石けんみた

いなにおいだ」としきりに顔を近づけ、香りを楽しんだ。






にほんブログ村 美術ブログ 墨象へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加