教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

社会 真夏日の部活「校舎80周走れ」…中2倒れ搬送

2018年07月14日 14時58分09秒 | 受験・学校・学問

 

11:26毎日新聞

『 大津市立中学2年の男子生徒(14)がソフトテニス部の部活動中、30歳代の顧問の男性教諭から「校舎の周りを80周走ってこい」と指示され、走っている途中に熱中症で倒れて救急搬送されていたことがわかった。市教育委員会は「体罰に当たる指示」と認め、学校側は「行き過ぎた指導だった」として、生徒と保護者に謝罪した。教諭は顧問を外れ、当面、自宅謹慎するという。市教委によると、男性教諭は12日午後の練習中、生徒にミスが目立つなどとして、80周走るよう指示。午後5時10分頃、生徒が学校の敷地内で倒れているのを、出入りしていた工事作業員が発見し、教頭が119番した。生徒は搬送先の病院で熱中症と診断されたが、夜には回復し、帰宅した。校舎の周囲は約230メートルで、80周は約18キロになる。生徒は「9周目で倒れた」と話しているという。 彦根地方気象台(滋賀県彦根市)によると、12日午後5時の大津市の気温は30・1度だった。』

このソフトテニの顧問先生の中学校の時代とは夏の気温が、違います。地球温暖化により、にしにほの夏は暑くなり、熱中症状倒れる人も増えています。制裁や見せしめの指導ではなく、人間医学に基づいた科学的なスポーツ指導が日本の教育現場で求められています。

コメント

天木直人のブログ日本の防衛政策は米国に税金を差し出すだけになって...

2018年07月14日 12時08分47秒 | 国際・政治

日本の防衛政策は米国に税金を差し出すだけになっている

2018-07-14

 

 田母神俊雄というお騒がせな元航空幕僚長がいた。

 

 彼と私はその国防観が全く違うが、日本が米軍から自立しなければいけないという点においてはまったく同じ意見だ。

 

 そことを「自立する国家へ!」(KKベストセラーズ)で論じ合った。

 

 この本、互いの支持者から評判が悪くて売れなかったらしいが、田母神氏がその中で語ったことは国民必読だ。

 

 つまり田母神氏は、米国から買わされている防衛装備が如何に税金の無駄遣いであるかを暴露している。

 

 それを語らせるのが、私が対談に応じた目的だったのであるが、見事に成功したというわけだ。

 

 その田母神氏が、いまでもこう語っている事を知った。

 

 「日本の真の独立を行うには自家隊の独立が必要である。そのためには、装備品を米国に依存すべきではない」と。

 

 この田母神氏の発言を、きのうの日刊ゲンダイ(7月14日号)で孫崎享氏が教えてくれた(日本外交と政治の正体)。

 

 その記事の中で孫崎氏は田母神氏から聞いた話としてこう書いている。

 

 日本が導入する無人偵察機グローバルホークのデータはすべて米国に送られるため、解析するには日本が費用を負担して米国に依頼して、情報を送ってもらうしかないと。しかも、解析情報のうち、秘密度の高いものは米国は日本に決して送付しないだろうと。

 

 これでは日本はおんぶ(グローバルホーク導入費)にだっこ(解析依頼費)で、米国に税金を取られっぱなしだ。

 

 おまけに肝心な情報は貰えずじまいだ。

 

 また田母神氏は地上配備型迎撃ミサイルシステム(イージスアショア)についてこうも言ったらしい。

 

 北朝鮮の大陸間弾道ミサイルの速度は秒速2-3キロ。これに対しイージス・アショアの迎撃ミサイルは、マッハ(秒速340メートル)だという。つまり北朝鮮のミサイルの方が5倍の速さだ。

 

 たとえて言えば迎撃ミサイルが300キロ飛ぶ間に、弾道ミサイルは1500キロ飛んでいる事になる。

 

 東京―平壌間は1290キロだから、北朝鮮がミサイルを発射する前に迎撃ミサイルを発射しなくてはいけない事になる。

 

 これを要するに、大騒ぎして導入するイージス・アッショアは100%役立たずと言う事である。

 

 安倍政権がやろうとしている事は、役に立たない米国の装備を買って税金を米国に差し出すようなものだ。

 

 もし国民がこれを知ったら、さすがに米国から武器を買うなということになる。

 

 国会で野党が追及すべきは、このような誰の目にも明らかな日本の国防政策の実態である。

 

 むつかしいことは何一つない(了

コメント

天木直人のブログ公然と中国を仮想敵国視するようになった日本の異常

2018年07月14日 11時54分45秒 | 国際・政治

 

 

公然と中国を仮想敵国視するようになった日本の異常

2018-07-14

  きょう7月14日の各紙が報じた。

 

 米ハワイで行われている環太平洋合同演習(リムパック)に参加している自衛隊は、12日(日本時間13日)、地上から海上の艦艇を攻撃するミサイルの射撃訓練を行い、それを報道陣に公開したと。

 

 その時の様子を朝日新聞はこう書いている。

 

 「カウアイ島にある米軍ミサイル射撃場で、陸上自衛隊の『12式地対艦誘導弾』が発射機からうなりを上げ、垂直に打ち上がった。上空で水平方向に転換、沖合約90キロに浮かんだ退役艦に命中した」と。

 

 西日本水害で自衛隊が活躍している、ちょうどその時に、こんな事が行われていたのだ。

 

 災害は災害、国防は国防、と言ってしまえばそれまでだ。

 

 しかし、こんな軍事演習がなぜ今必要なのか。

 

 米朝合意を受けて北朝鮮情勢の危機は遠のいたはずだ。

 

 そう思って読み進めて行くと、海洋進出を進める中国をけん制するためだという。

 

 どの新聞も隠そうともせず、そう書いている。

 

 政府がここまで公然と中国を敵視するとは驚きだ。

 

 それを何の疑問もなくメディアが書くようになったことにもっと驚かされる。

 

 日本はかつて中国を侵略し、中国と戦って敗れた。

 

 日本は二度と中国と戦ってはいけないはずだ。

 

 ところが、いまや中国が日本の仮想敵国になってしまった。

 

 しかも、それを誰も隠そうとはしない。

 

 こんな間違った外交・安保政策があるだろうか。

 

 それは、戦後の日本の国是となった対米従属の日米同盟最優先の外交・安保政策の裏返しでもある。

 

 いまこそ国民的議論をしなければいけない。

 

 日米軍事同盟で中国を仮想的敵国とする外交・安保政策が正しいのか。

 

 それとも日米軍事同盟から決別して中国との平和的共存、共栄を目指す外交・安保政策が正しいのか。

 

 憲法9条を改憲しようとする安倍政権の結論はもちろん前者だ。

 

 そして米中が決して戦わない中で、日本は代理戦争をさせられるのがおちだ。

 

 そのことを、今度の日米共同訓練を報じる読売新聞が見事に認めている。

 

 すなわち、米軍は自国の領土を敵艦に攻撃される事態を想定しておらず、現在は地対艦ミサイルを保有していない、と。

 

 この記事の意味するところは、日本に地対艦ミサイルを買わせ、それを配備して中国をけん制するということだ。

 

 いざとなった場合、中国と戦うのは日本なのだ。

 

 こんな馬鹿げた外交・安保政策はない。

 

 憲法9条の日本を信じる者たちの結論はただひとつ。

 

 日米軍事同盟から決別して、中国との平和的共存、共栄を目指す外交・安保政策しかない。

 

 そしてそれが正しいのだ。

 

 政府や有識者の意見に任せるのではなく、いまこそ国民ひとりひとりが、自らの頭で考え、議論して、日本の外交・安保政策を決める時が待ったなしに来ているのだ。

 

 それを教えてくれた、きょうのハワイ沖「地対艦ミサイル発射」日米共同訓練の記事である(了)

コメント

東京医科大学側、正規か補欠か選択提示 前文科省局長に

2018年07月14日 11時40分43秒 | 受験・学校・学問

 02:00共同通信

 『私大支援事業を巡り受託収賄容疑で文部科学省の前科学技術・学術政策局長佐野太容疑者(58)が逮捕された事件で、東京医科大の前理事長が、入試を受ける佐野容疑者の息子の扱いについて「正規合格がいいか、補欠合格がいいか」と尋ねていたことが13日、関係者への取材で分かった。前理事長は佐野容疑者の言動から正規合格を希望したと判断し、担当者に加点を指示したとみられる。東京地検特捜部は既に、両者の詳細なやりとりを記録した音声データを入手。不正合格に至った経緯を調べている。』

 日本の教育行政の監督、管理責任を担う文部科学省の前科学技術・学術政策局長佐野太氏が、自分の子供を不正合格させて貰うなど言語道断です。不名誉どころではありません。金権、腐敗、堕落の今の安倍政権の日本の教育ヘ及ぼした前例のない悪影響の大きさです。

コメント

  日本一強そうな「駅名」ランキング

2018年07月14日 10時51分15秒 | 旅行

 

2018年06月21日 00:00

 日本全国には多くの駅が存在し、個性的な名前を持つ駅も少なくありません。その中でも名前の印象が「強そう」と思われているのは一体どの駅なのでしょうか。

そこで今回は、日本一強そうな駅名について探ってみました。

 

1位 強羅駅

2位 鬼子母神前駅

3位 毘沙門駅

⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 今の神も、仏も日本の国内法も恐くない政治屋やお役人様には、鬼子母神や毘沙門夫も恐くはないのかも知れません。

1位は「強羅駅」

 

 

神奈川県足柄下郡箱根町強羅にある箱根登山鉄道の駅として知られる強羅駅。鉄道と箱根登山ケーブルカーをつなぐ駅でもあります。強羅駅は1919年(大正8年)に開業した歴史ある駅で、山小屋風のレトロな駅舎をひと目見ようと訪れる鉄道ファンも少なくないとか。

“強”という漢字の見た目や名前の響きから、強そうな印象を受ける人が多く、1位となりました。

 

2位は「鬼子母神前駅」!

 

 

東京都豊島区雑司が谷にある東京都交通局都電荒川線の停留場である鬼子母神前駅。安産・子育の神様・鬼子母神をまつった鬼子母神堂の最寄り駅として知られています。こちらも1914年(大正3年)に開業した歴史ある駅。昔ながらの都電が走るのどかな風景を見ることができます。そんな鬼子母神前駅の名前には強いイメージのある“鬼”、そして“神”がついていることから全てを超越するようなパワーを持つ印象を受けた人が多いようで、2位となりました。

 

3位は「毘沙門駅」!

 

 

青森県五所川原市大字毘沙門にある津軽鉄道線の駅として知られている毘沙門駅。津軽鉄道線では乗降客が比較的少ない無人駅です。

毘沙門駅という名前から連想されるのは仏教における仏神・毘沙門天。そんな見た目にも強そうな毘沙門天をほうふつとさせる毘沙門駅が3位となりました。

コメント

日本(広島、岡山、愛媛3県)を中心とする豪雨災害は、「過去の歴史的教訓」が十分活かされておらず、残念でならない

2018年07月14日 10時29分53秒 | 国際・政治

西日本(広島、岡山、愛媛3県)を中心とする豪雨災害は、「過去の歴史的教訓」が十分活かされておらず、残念でならない

2018年07月14日 07時10分53秒 | 政治

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
西日本(広島、岡山、愛媛3県)を中心とする豪雨災害は、「過去の歴史的教訓」が十分活かされておらず、残念でならない

◆〔特別情報1〕
 天皇、皇后両陛下が西日本豪雨による甚大な被害を案じられて、7月17~20日に予定されていた栃木県那須町の那須御用邸でのご静養を取りやめられた。 宮内庁が13日、発表した。両陛下は、豪雨で広範囲にわたり被害が発生し、安否不明者の救出や捜索活動、復旧作業が続けられているほか、猛暑の中で多くの 被災者が避難所生活を余儀なくされていることを心配されているという。毎日新聞が報じている。西日本(広島、岡山、愛媛3県)を中心とする豪雨災害は、朝 日新聞DIGITAL7月13日22時10分配信によると「警察庁の13日午後1時45分時点のまとめでは、死者は全国で203人。このうち32人につい ては自治体が今回の災害との関連を確認中という。一方、朝日新聞がまとめた13日午後10時時点の行方不明や連絡を取れない人は、少なくとも51人にのぼ る」という。このなかで、広島県内の「土砂災害」は2014年8月20日、広島市安佐南区と安佐北区を中心とする住宅地などを襲った集中豪雨により同時多 発した土砂災害(77人=直接死74人+ 関連死3人)を想起させた。広島県は花崗岩が風化したマサ土が表層に堆積している丘陵地が広がっており、集中豪雨等による斜面崩壊や土石流の発生しやすい 地形的・地質的特性を有している。このため、丘陵地の麓には、宅地造成して住宅を立ててはならない。また、大量の水をまとめて流す「長渠」を造る必要があ る。だが、今回の土砂災害を見ると、「過去の歴史的教訓」が十分活かされておらず、残念でならない。そこで「歴史的教訓」を再録しておこう。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

南北首脳会談から米朝会談を経て南北統一へ、そして中国の民主化のシナリオが書かれています。このときから始まっていました。必読です。

中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド



その改訂版がこれ。併せてお読み頂きたい。

[新装完全版]ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 米国とイスラエルの力を借りて皇国の理念「NEW八紘一宇とNEW大東亜共栄圏」の実現へと向かうNIPPON!
クリエーター情報なし
ヒカルランド



にほんブログ村 政治ブログへ



第80回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成30年7月14日 (土)13時~16時
キッシンジャー博士の「新機軸」―完成までのスケジュール
~イスラエルの中国東北部への移転実現へ
場所 都内某所
参加費 2,000円




オフレコ懇談会
平成30年7月28日(土)13時~17時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
これまでの時事問題に加えて、さらに投資戦略についてもお話しします。
「新機軸」時代の投資戦略セミナー
~株・為替・金・デジタル通貨・土地
場所 都内某所
参加費 5,000円


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

人類99%を支配する寡頭権力者たちの次なる工作 日本の未来はこう決まった! その決定をひっくり返す【超逆転の極秘シナリオ】付き
クリエーター情報なし
ヒカルランド


天孫人種六千年史の研究【第1巻】
クリエーター情報なし
ともはつよし社


世界のどこにもない 特殊なこの国と天皇家の超機密ファイル 神の国の《神》がわれわれにさえも隠したもの
クリエーター情報なし
ヒカルランド


トランプ政権はキッシンジャー政権である! いま世界と日本の奥底で起こっている本当のこと この大動乱のメガチェンジを読み切る!
クリエーター情報なし
ヒカルランド


「4京3000兆円」の巨額マネーが天皇陛下と小沢一郎に託された ついに動き出した吉備太秦のシナリオ
クリエーター情報なし
ヒカルランド


『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド


2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
ク板垣英憲
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド
コメント

7月13日(金)のつぶやき

2018年07月14日 05時35分03秒 | 受験・学校・学問
コメント