教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

最後の急行、さようなら「はまなす」が札幌到着 地上設備を新幹線用に切り替え

2016年03月23日 11時56分28秒 |  最後の急行、さようなら「はまなす」
産経新聞 3月22日(火)9時11分配信

最後の急行、さようなら「はまなす」が札幌到着 地上設備を新幹線用に切り替え
JRが定期運行する最後の夜行急行「はまなす」が到着、鉄道ファンが詰めかけた=22日午前6時25分、札幌駅(杉浦美香撮影)(写真:産経新聞)
 北海道新幹線の開業に伴い廃止となる、JRが定期運行する最後の夜行急行「はまなす」の最終列車が22日早朝、終点の札幌駅に到着、多くの鉄道ファンらが出迎えた。青函トンネルを通った最後の在来線旅客列車となった。午前6時すぎ、朝日を受けてはまなすが入線すると、鉄道ファンらがシャッターを切っていた。「次第に明るくなっていくのが感動的だった。惜しくて眠ることができなかった。しばらく余韻に浸りたい」
 駅に妻と降り立った千葉市の会社員、住田直哉さん(37)は興奮した様子だった。
写真を撮るために横浜市から飛行機で札幌に来た横浜市の中学3年、福島悠太さん(15)は「切符がとれずに1度も乗れなかったが、歴史的な客車の最後を見られてよかった」と話していた。
 車掌を務めた高桑正人さん(52)は「24年間、はまなすに乗車してきました。ラストランに乗車でき感謝し、安堵しました」と語った。「28年間夢と希望をのせて走ってきました。感謝するともに、26日の新幹線をよろしくお願いします」などと最後の車内放送を行ったという。
青函トンネル開通とともに青森ー札幌間の運行を開始したはまなすは、約28年間の歴史の幕を閉じた。青函トンネルを走る在来線の列車は今後、新幹線の電圧や運行システムに対応した貨物列車のみになる。』

後部車両の写真をみて、最後の急行「ハマナス」の歴史が、刻み込まれています。
本当に長い間お疲れ様でした。
中島みゆきさんの『ヘッドランプテールランプ』をお贈り申し上げます。撮り鉄のみなさんも鉄道車両以外の古きよきものも大切にしてください。

"ヘッドライト・テールライト 中島みゆき 【cover】" を YouTube で見る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加