しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

台風10号接近で「なら燈花会」最終日は縮小開催!「春日大社中元万燈籠」は時間短縮

2019年08月17日 21時47分37秒 | 近くに行きたい
8月14日、例によって奈良へ行ってきた。

台風10号接近の影響で春日大社中元万燈籠は時間短縮。
19時と同時に入ったので、なんとか間に合ったけど、
強風で拝殿の前の蝋燭は無し、
あそこが結構よかってんけどな~


なら燈花会は、これこそ正に強風の影響、
昼間はかなりの雨も降った事があって、大幅縮小。
これまた一番見所の浮御堂他の会場が中止、
まあ、しゃーないよな。

翌日15日の奈良大文字送り火は有史以来初めての中止、
有史以来と言っても、始まったのは1960年だけど。
若草山の山焼きは例によって奈良へ行ってきた。

台風10号接近の影響で春日大社中元万燈籠は時間短縮。
19時と同時に入ったので、なんとか間に合ったけど、
強風で拝殿の前の蝋燭は無し、
あそこが結構よかってんけどな~


なら燈花会は、これこそ正に強風の影響、
昼間はかなりの雨も降った事があって、大幅縮小。
これまた一番見所の浮御堂他の会場が中止、
まあ、しゃーないよな。

翌日15日の奈良大文字送り火は有史以来初めての中止、
有史以来と言っても、始まったのは1960年だけど。
若草山の山焼きはしょっちゅう延期してたけど。



京都・五山送り火「大文字」 岩田亜矢那と柚南みゆきの姿は?

2019年08月17日 17時51分18秒 | 虎ブロ
今回の撮影の目的は大文字に点火する、
岩田亜矢那と柚南みゆきの姿を捉える事、
よって芸術性は二の次、とにかく姿を。。。

人がいっぱい居る事はなんとなく判る、
でも、さすがのあやにゃんオーラをもってしても、判別は困難。

では、あやにゃん達がいるであろう場所を拡大してみると



全く分かりません。
やっぱり手ブレしてるなー。
望遠使ってるし、せめて三脚立てて、
もう少しISO感度を下げてたらなー。

あと、昨夜のNHK-BS
「生中継!京都五山送り火」内の


「この後ろ姿のシルエットは私で間違いない」
と岩田亜矢那本人は主張しております、
知らんけど。



〔旧阪神タイガース〕驕る広島東洋、ドーピング選手バティスタを使った試合は没収試合に!でウチがCS圏内へ

2019年08月17日 16時56分06秒 | 虎ブロ
オリックスのメネセスと訳が違う。
1年間出場停止で契約解消されたメネセスは、
出場試合数わずか29試合、
おまけに打率.206と、ドーピングで勝利に貢献どころか、
反対に足を引っ張っている。

比べて、恫喝集団驕る広島東洋のバティスタ容疑者、
今季103試合に出場し、打率2割6分9厘、26本塁打 、
正に驕る広島東洋の主力打者、打線に関しては丸の穴を埋めている。

当然に、バティスタが出場した全試合を没収試合とすべきである。

「いや知らんかってん」では済まない。
何せ、デッドボールにもなっていないのに、
相手の若い投手を恫喝してイップスにさせる、脅迫行為をするような投手を
「男気」を称えるような集団である。
ウチは知らんのじゃ、と平気でドーピングを黙認していた可能性が高い。
ただ、選手の個人的な責任と尻尾切りして、
その勝利の果実だけを得るのは不公平である。

当然に球団にも責任を負わせるべきである。

1946年パシフィックが「無資格選手を出場させた」と過去に遡って、
出場試合4試合を没収試合とされた。
ドーピングを行った選手は当然に出場資格がない、
だからこそ驕る広島東洋は慌てて出場選手登録抹消したのであろう。
出場資格の無い選手を出場されたのであれば没収試合である。
驕る広島東洋が、今シーズンバティスタを出場させた全試合を没収試合とするのが当然である、
でないと、馬鹿正直にアンチドーピングの全くホームランを打てない外国人野手を使う、ウチが馬鹿をみるだけ、
正直者が馬鹿を見てよいのか??

驕る広島東洋ファンは
「バティスタの居ない残り試合が痛い」
なんぞ抜かすかも知れないが、
ドーピングと言うズルをして、ここまで勝ってきた事の方が問題なのである。




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

《解説編》意味がわかると怖い話2896 「アトピー」

2019年08月17日 10時00分19秒 | 意味がわかると怖いコピペ
掻き過ぎて、自らの爪で動脈を傷つけてしまい、
出血多量で、意識が遠のき、
今、死を迎えようとしている。。。



五山送り火の夜の京都タワー

2019年08月17日 02時18分37秒 | 歳時記


京都国立博物館からの京都タワーも、
だからライトアップされてなかったんや。

五山の送り火が点る時の、
明かりはなるたけ消すのが、
京都の慣わし。