社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

大平元総理の予言

2012-12-31 19:09:15 | 外交と防衛

 巷で大平元総理の予言が話題になっているが、それを取り上げるマスコミは少ない。「中国との国交正常化すれば40年後に日本が苦労する」的な発言を日中友好条約締結時の外務大臣であった大平元総理が口にした言葉だ。当事の総理、田中角栄氏の「その時はその時代の日本人が・・・」的な発想で押し切ったのだろうが、田中角栄氏の娘の暴走に日本は無駄な時間を費やした。その40年間日本は外務省がチャイナ・スクールに主導権を乗っ取られ、マスコミは日中記者交換協定で中国批判を封じられてきた。

 日中記者交換協定を否定するマスコミもあるが、それでは中国の非を報道しないマスコミとは何なのか?外患誘致罪の適用が必要な集団か?中国の諸子百家の孫子も言っているではないか。「兵は国家の大事なり」と、近代兵学の祖クラウゼビッツも「戦争は外交の一手段である」と。ビスマルクは「外交とは右手で握手、左手にダガー(両刃の短剣)」と。戦争も政治の延長線上にあると。単なる殺し合いとしか認識できていない国民が多数決を有する国家が日本である。G8の大学に軍事学なる学問がないのは日本だけだそうだ。

 中国が尖閣にまた領海侵犯してきた。大陸棚領海論を勝手に振り回して、南沙諸島の事例を見てもまだ中国の拡大戦略に疑義を挟むのか?まず防衛費の増額、増額分は弾薬に回すべきだ。これは教育も訓練も必要ない。せめて米軍が参戦に要する1ケ月分の備蓄弾薬は必要である。弾丸の製造は直に問題ないが、対空、対艦ミサイル量産は直に可能なのか?心配である。後スパイ防止法の制定も直に出来ることだ。

コメント

その場しのぎ

2012-12-30 00:03:40 | 社会常識と教育

 良く「その時が来たらその時」と言うことを口にされる方がいるが、「その時」が本当に来た時どの様に行動されるのだろうか?3・11の時、湾岸部特に浦安市を中心に液状化現象が起きた。その復興もまだままならない。しかし20年ほどの前のマンガ「釣りバカ日誌」には同僚が浦安に新築を建てる時、奥様たちの会話に「埋立地だって」「地震がきたらお終いね」等とあり「その時はその時」とあった。その当事からいやそれ以前から「その時はその時」とあるのだが、今回その時が来たのだ。厳しい言い方だが現在が「その時」だ。

 同様に空港近隣の騒音訴訟がある。騒音問題があることが解っているのに転入して来た方に、裁判所は冷たい。そしてあれほど反対運動時協力してくれた市民運動屋は、今はいない。空港が海に移り自分たちの街に税金が、助成金が、降りなくなる。市制の1/4を占める。これでは市は寂れるだけだ。「その時」が来たのだ。

 「その時はその時」、準備をしていれば何とかなるであろうが、現実には準備などしているう人間はいない。

コメント

武器輸出の矛盾

2012-12-29 10:35:36 | 外交と防衛

 武器輸出の矛盾はどの武器生産国にも付きまとう問題だ。G8の国で武器の輸出が国家の基幹産業でない国は日本だけである。中国さえも武器輸出が国家の基幹産業となっている。イラク戦争時イラクの武器の大半が中国製だったことでも解る。しかもロシアの武器のコピー製品であった。プーチン大統領が前回、中国製のロシア製武器のバッタものを

「粗悪品のデットコピー製品だ」と罵ったことがあった。何時ものごとく日本のマスコミは特亜三国に不利なるニュースは流さないが、CNNやUPがネット上に流している。

 このプーチン大統領の発言が大事なことを言っている。輸出される武器はスペックダウンされた物であると言うことだ。輸出した武器で自国を攻められてはたまらない。故に航空機や艦艇などはスペックダウンした物を輸出している。

 この方法に効果がない国が2ケ国ある。ドイツと日本である。国連憲章による敵国条項の対象としている国だ。この2カ国にライセンス生産や改造させるとオリジナルより強力な武器に蘇ることが一般的だ。ある意味困った存在でもある。P3C対潜哨戒機など海上自衛隊装備の物がリムパックでも米国製より結果を残している。このP3Cを日本は100機近く配備している。北朝鮮の不審船に威嚇攻撃した機体だ。搭載しているコピュータ類を日本製に換装した機体だ。

 しかしこの2カ国は単独での航空機製造には国際的な圧力がかかる。フォッケウルフ、メッサーシュミットやゼロ戦、疾風など、連合国が思い出したくない機体を製造していた国だからだ。

 中国軍は事故を起した上海新幹線と同様に、世界中の優れた武器をコピーしてツギハギで採用している。運用面での綻びには気を使わない。中東もアフリカも同様であるがこちらは武器を作る能力がない。

コメント

アクロによる砲艦外交

2012-12-28 12:28:15 | 外交と防衛

 ロシアン・ナイツ(ロシアのアクロ:西側のコード名らしい)の映像を観た。「すばらしい」の一言だ、デス・フーガのBGMも妙にマッチしている。

http://www.fooooo.com/watch.php?id=FA1YAtyUWQs

ロシア空軍の技量のすばらしさに改めて脅威を感じる。フレアーをばら撒くシーンにサイドワインダーの第一波攻撃は回避される可能性が大と感じた。ブルー・インパレス(日本)、ブルー・エンジェルス(米海軍)、サンダー・バーズ(米空軍)、レッド・アロー(英空軍)のアクロとも見劣りがしない。更に使用機種がSu-30である。解りにくいがスナップ・ノーズ(離陸後垂直上昇)は、25年ほど前のF16がミラージュ戦闘機の市場を撃破した時のシーンを思い起こさせる。コブラ(機体を起しての急速失速減速)のシーンは無かったが、この動画には目を見張るものがあった。更にロシアのアクロにはミグ29とSu30との混合チームもあり、ロシア航空ショーに花を添えている。編隊アクロも見事であった、空自もかつて千歳空港でF15が編隊アクロを見せてくれたことがあった。単なる飛行機の待ち時間であったが見とれていた。

 中国空軍の「八一 飛行表演隊」もその歴史からして、運用コストを気にしないお国柄ゆえ、練習時間が膨大に採れる、機種はJ10(ラビ・モドキ)。また韓国の「ブラック・イーグルス」や台湾の「雷虎小組」にも目を光らせる必要がある。特にロシアはアクロチームが複数ある。民間チームの「ルス」の方が技能は上との評価もある。使用機種はL39中等練習機である。

 いずれにしろ現代戦の第一波攻撃が航空戦である以上その技能の高さはアクロチームでみることが出来る。但し日本の空自は長年ブルー・インパレスに在籍できない。つまり殆どのパイロットに同等の技量があるということだ。

コメント

創作されクリスマス

2012-12-25 09:04:07 | マスコミ批判

 クリスマスはイエス・キリストの誕生日、しかし12月25日がクリスマスと誰が決めたのか?バチカンか?バチカンの正式見解はイエス・キリストの誕生日は「不明」。エジプト文明の時代より地中海をはじめ世界中で冬至が終わると日が長くなり「復活」を祝う習慣があったそうだ。確か15世紀までバチカンは冬至の復活祭を厳しく禁止し、違反者は死刑だったはず。約1000年間、暗黒のクリスマスが続いたようだ。

 サンタ・クロースは11世紀の北トルコの聖人、聖ニコラウスが原型だ。オランダ人がアメリカに導入し、それを日本人が取り入れた。

因みに金融のウォール街のウォールは城壁を意味しニュー・ヨークがまだニュー・アムステルダムと呼ばれていた当事の要塞の名残だ。当事リンゴ畑がマンハッタン島を覆っていたため、ビック・アップルとニュー・ヨークが呼ばれる所以でもある。

衣装が赤いのは1938年コカ・コーラのコマーシャル・ポスターのイメージが強かったせいだ。ドイツの地方では白サンタと黒サンタがおり、悪い子供家には黒サンタが訪れるそうだ。秋田のナマハゲにソックリだそうだ。

 在日朝鮮人問題、従軍慰安婦問題、中国問題、よくよく調べてみると左翼系マスコミの創作した嘘だらけだ。そんなに信じて良いのか?日本人はウソを見抜けない民族でもある。韓国人で自国の歴史書(三国史記)を読める方は殆どいない。なぜって漢字で書かれている。漢文だからだ。現在韓国人で漢字の読み書きが出来る方は殆どいない。総てハングルになっている。

コメント

社会主義の安全基準

2012-12-24 07:57:57 | 外交と防衛

 「トムクス7」と言う旧ソ連の都市をご存知であろうか?何か記号みたいな名称である。そうソ連解体まで地図に無い「都市」の一つであった。旧ソ連の原子力研究の総本山の都市である。現在は通常の名称を頂いているようだが。この都市は旧ソ連最高の原子力の技術がある。原発もある。ソ連崩壊後、初めて日本のTVがこの都市に入ったドキュメント番組があった。外国のメデイアとしては初めてであった。

 旧ソ連最新で最高の技術陣に抱えられた原発の内部は炉心から水蒸気が幾筋も漏れ出しているショッキングな映像だった。驚いたTVクルーに、「このくらい日常的だ、日本の原発も同様だろう」と研究員の一人が発言した。驚きであった。日本では即操業停止だ。この安全性への感覚の違いに驚くと共に、旧社会党のいい加減さに腹が立った覚えがある。「なぜ原発反対なのですか?」の記者の質問に「ソ連技術でない、米国の技術だからだ」と答えた党首がいたからだ。

 旧ソ連や旧東側の技術や倫理が西側欧米諸国に大きく劣ることは公然の事実であった。1990年代東ドイツの技術が共産圏で最高といわれていた。その東ドイツのカメラを入手した。日本の1970年代初期のカメラより、総ての面で劣っていた。重い、ブレる、大きいと。

 そして、その他の情報も多くが隠蔽されたようだ。驚くのが北極海に核のゴミ捨て場があるようだ。殆どそのまま入り江の奥に棄て立ち入り禁止にしている。噂ではチェリノブイリの事故の数ヵ月後、燃料棒運搬船が荷崩れを起こし大量の燃料棒が外気に触れた事故があったとされる。ロシアが沈黙を守る以上調べようがないが。さらにパキスタンの山岳地帯ではプルトニュウムのペレットが密売されたとか直前で旧GRUと旧KGBの部隊に回収されたとの話まである。この時約1個中隊規模同士の戦闘があったため隠蔽のしようがなくなったようだが。

 この様に社会主義や共産主義国家は隠蔽がお得意だ。民主党政権にもその片鱗をみることが出来た。意図的や無知・懈怠等よる隠蔽だ。隠蔽方法もお粗末で直に露見するものも多い。民衆の革命を恐れているくせに、民衆をねじ伏せようとする。中国を見れば良くわかる。

 

 

コメント

中国空母への誤解

2012-12-22 12:08:51 | 外交と防衛

中国空母への誤解が如何に大きいか、マスコミの無知さに呆れている。以下如何に中国の空母の陰に恐れているか、思いつくままに書いてみた。

1、空母は最低でも2隻必要。1隻だと被弾した時、上空の飛行機は海に落ちねばならなくなるため。

2、空母の防御力は艦船中最弱の部類に入る。故に護衛艦隊を作る必要がある。中国海軍の艦隊運動は発展途上。

3、艦載機の離発艦訓練は欠かせない。揺れる、逃げる甲板への着艦訓練は地上では無理。

4、空母の鋼鈑を作る技術は特殊であり、製鉄会社の元職員の話でもそう簡単に真似できない。現行の技術では外海の嵐に耐えうるか?ローリング、ギャザリングの他に離着艦の負荷に対処できるか?

5、近代空母の3種の神器の内、アングルドデッキだけ真似しても米海軍の50年前の空母の足基にもおよばない。光学着艦誘導システムやスチームカタパルトの技術も熟練兵もいない。現在OBでこの技術を有するのは米仏海軍のみ。他の空母運用国はそこまでの技術者も育っていない。故に「空母」豪華客船といわれている。VTOL用空母の運用とは大きく異なる。

6、空母機動部隊としての艦隊運動が未熟。対潜能力が低いことと回避運動が低いことを意味する。

7、艦載機の塩害処理等のノウハウがない。外海での航法の訓練さえされていない。所詮はロシアのパッチ物。プーチン大統領が「オリジナルに遠く及ばない、コピー製品」と過去に揶揄していた。

8、スキージャンプ式発艦では艦載機への搭載量が限定的。

9、早期警戒機を中国は艦載機として有していない。外海での官制支援が期待できない。現代戦は航空管制との連動が前提。

10、1個機動部隊に年間約1兆円のランンングコストが必要。

 

コメント

ウィルス感染にアルコール消毒?

2012-12-21 08:32:44 | マスコミ批判

 このblogでは何度も取り上げているが、ウィルス感染にアルコール消毒が意味をなすか?と言う問題がある。市販のアルコール消毒液の濃度を10倍以上にして15分以上手を漬け込んでいれば効果はある。しかし皮膚や爪はボロボロになる。自民党最後の麻生政権時代保健所から配布された印刷物に「ウィルスにアルコール消毒は効果がない」あった。しかし民主党政権になった途端アルコール消毒剤が各ビルなどに配備された。これはおかしいのではないか。散々このblogでも非難してきた。細菌ではないウィルスにアルコール消毒剤は効果が無いと。ノロウィルスで今年も犠牲者が出た。民主党政権の瑕疵によるものではないか?民主党政権成立後、知人が件の印刷物片手に中央区保健所に電話したら、苦しそうに「まあそう言わずに設置してください」と歯切れが悪かったようだ。長妻氏が厚生労働大臣になってしばらくしてからの話だ。何があったのか勘繰られてもしかたがない。

 まさか「ウィルスへの効果が政権が代わることで変化する」とでも言うのか?なぜそこまでマスコミは無関心なのか?小中学生レベルの理科ではないか。除染を思い出して欲しい。あれだけ騒いだ向日葵はどうなった?「表土を剥がし土を入れ替える」では剥がした表土の処理は?住宅地の数百万倍も広い森林の汚染は?プルサーマル(もんじゅ)を停止しては放射性廃棄物質のリサイクル処理が出来なくなる。青森県は「放射性廃棄物質を返却する」と言っている。このようなことを説明するマスコミが少ない。感情が高ぶりヒステリックな報道が多い。そちらの「絵」の方が視聴率を稼げるからか?

コメント

韓国大統領選の報道

2012-12-20 08:09:03 | マスコミ批判

 韓国の大統領選を大々的にマスコミが取り上げているが如何なものか?それも好意的に思えてならないのだが。韓国とは竹島問題で対立状況にある。しかもそれ以前より日本を敵国とした発言が目立つ。マスコミが伝えないだけである。F15を導入時に「これで日本に勝てるか?」と米空軍幹部に聞いたとか、色々ある。

 しかし日本のマスコミはなぜ親韓的な立場をとるのか?幾ら在日が多くとも露骨過ぎる。孫請けひ孫請けまで含めるとそうとうな比率になる。しかし日本のマスコミではないか。

 安倍氏はこの当たりを強行に対応するであろう。IMFの借入金の返済が済んでいない韓国は、ウォンとドルとの交換ができない。IMFの借入金がドル建てのためだ。円が保証しているから交換できている。この円の保証が昨年話題になった通貨スワップである。これをやめれば良い。自民党が在日に気を使う必要性はないであろうから。民主党は在日より政権であったことは隠せない事実だ。そして各国との円高への協調介入も実はこの韓国のウォンの保証が妨げになっていた。

 韓国がどれほど世界中から不審を買っているか日本のマスコミは伝えない。

 そして日本の政権の組閣もまだである。韓国の大統領がだれになろうとやるべき事やる。妨害勢力は今後国会招致で意見を聞く。その場合警察庁外事課の証拠を基に。それでだめなら次の手段にでる。

コメント

近隣諸国は特亜三国だけではない

2012-12-19 07:04:37 | マスコミ批判

 自民党の大勝で、株価が上がり円安に振れた。これは市場が民主党政権に突きつけた一つのメッセージだ。もはや民主党が如何に論を展開しようともマーケットの反応は低水域から上昇しない、これでは政権維持はムリである。

 同様に近隣諸国の反応と言うことで特亜三国の反応のみ報道する、マスコミは米国以外の国はこの特亜三国しか無いようだ。自らが作り上げてきた「反日」の支援国家だけだ。

  強硬路線の維新の会封じ込めが始まったようだ。議席を40弱も確保したからだ。これで独自の法案提出も可能となった。反日勢力には由々しき問題である。社民や共産党は議席を減らした社民党は質問時間の確保も困難になった。国民が寝言に飽きたのだ。社民党や共産党が国民にナゼ相手にされなくなったのか?特亜三国の圧力が日本人の反感を買ったようだ。それ以外にネットによりテレビ・新聞の世論誘導のバケの皮が剥がされたからだ。  

  特に外電は、ソース元から記事を購入している。そのソース元の記事がなぜこの様に反対の論調になるのか。また現地にいたカメラマンやその他の民間人のブログで、日本のマスコミがいい加減な報道していることが載る。マスコミも足元が危なくなってきた。

 この段階での選挙である。テレビも一言一言に命を懸けなければ民主党と同じ運命が待っている。今のマスコミの上層部は未だ全学連の学生かそのシンパが多い。中堅どころ辺りからバラスが取れる人間が多くなるのだが。

  東大闘争の折り怪我した時「タイム、仲間が怪我をした」と言って休戦を要求するアマちゃん達だ、追い詰められるとヒステリックになりウチゲバで仲間をリンチで殺す、その彼らが言論界を牛耳っている。浅間山荘事件と関連したウチゲバを調べれば良い。吐き気を催す。仲間の妊婦の腹を裂き胎児を引き出し殺している。

コメント