社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

海賊退治

2008-12-26 10:28:24 | 外交と防衛
 軍事力の存在意義を「戦争」だけと思っておられる方が多いのに驚かされます。海軍力の存在意義は「戦争」「砲艦外交」「海上交通の安全確保」がその基本意義です。
 海賊退治は海軍の存在意義の一つです。これを麻生総理が発言したことに大きな意味があります。しかし、それを実行できる他の法律はいかがでしょう。超法規的に行うことだけは避けねばなりません。なし崩しが一番よくありません。

コメント

官僚の性癖

2008-12-16 11:12:33 | 社会常識と教育
 最近やけに鳥インフルエンザのニュースが多く驚いています。昨年フジテレビがこのテーマを放送した時、パニックを恐れて政府はこのテーマを抑えるように要請しました。それが今年は驚くほど新型=鳥インフルエンザのテーマの番組が多いようです。
 これには、何か裏があると思います。官僚が自分たちの責任回避のために、情報をリークしている一面が見え隠れします。
 このような官僚機構を大改革できる政治家を国民は待っています。官僚の血の代償を国民は求めています。
コメント

北朝鮮の外交

2008-12-12 10:12:57 | 外交と防衛
 北朝鮮の外交を見習う必要があります。あれほど危機的な国内現状なのにアメリカやロシア、中国と渡りあっています。核を保有することでこれらの大国と渡りあっています。外交の基本的な部分を押さえています。
日本のお金も外交の強い武器ですが、上手く使えていないことが現状ではないでしょうか。
コメント   トラックバック (1)

マスコミ批判Ⅱ

2008-12-10 14:03:32 | マスコミ批判
 最近テレビ朝日で、アメリカが真珠湾の前に日本を奇襲しようとしていたという番組を放送しました。今まで、同様の意見には見向きもせずに無視を決め込んでいたテレビ朝日にあったのでしょうか。アメリカの公文書「JB335」については以前から騒がれていましたが、朝日新聞や毎日新聞を中心とした勢力は同様の情報を殆ど黙殺してきました。「日本が悪いのだと・・・」「戦争は日本がはじめた・・・」という、左翼の金科玉条を塗り替えるほどの大事件です。どうしでしょうか?
コメント

マスコミ批判Ⅰ

2008-12-02 12:39:59 | マスコミ批判
 マスコミのいい加減な報道が大きく国際関係に影響した事例として、1980年代の歴史教科書問題があります。「侵略」→「侵攻」にしたという問題です。この問題で、中国と韓国が気づきます。日本に対しては戦争責任を騒げばよいことに。
しかし、この「侵略」→「侵攻」の事件は、後で朝日新聞も認めているように、誤報でした。誤報の訂正報道も短く行い、国際問題化したこの問題には何の役にも立ちませんでした。この当時、政界は55年体制真っ盛りで、左翼政党も議席を有していました。しかも与党は度重なるスキャンダルで国民の心は離れ始めていました。
 次に1990年代初め、朝日新聞が国連で「従軍慰安婦問題が議題として・・・」という見出しが一面を飾りました。しかし、この記事に朝日新聞グループの人間から異論が起こります。朝日ジャーナルの最後の編集長が、そのような事実は国連総会では取り上げられていないことを別の出版社の週刊誌で発表します。
ここまでくれば偏向報道もしくはデマを流したと言われても仕方が無いことです。
このような報道を国民は許してよいのでしょうか?疑問に感じます。 
コメント