社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

マスコミの世界

2007-11-30 13:05:09 | マスコミ批判
 マトモと言われる世界では、「弱いものを庇うのが人間だ」と言われています。しかし、戦闘状況の中では弱いモノに圧力が集中するのは当然です。
 現在のマスコミの報道姿勢を見ていますと落ち目になった者への対応に「やり過ぎ」とお感じの方は多いのではないでしょうか。今回の香川県の事件(子供2人と女性1人の事件)で、子供の父親に対するマスコミの対応が問題となりました。どうもマスコミはマトモと言われる世界とは異なる世界にいるようです。
コメント

「アオイ」から30年

2007-11-29 23:27:14 | 社会常識と教育
 1983年に読んだ論文で「The environmental disruption」と言うものがありました。著者は忘れましたが、もちろん翻訳されたものです。
 その論文は1979年に書かれたものでした。環境破壊をテーマとした論文であり、「現在対応しなければ手遅れになる」とされていました。アレから約30年経過しました。もう手遅れではないでしょうかと思うことが多々あります。
 経済原理優先で環境保護を当時は「アオイ」で片付けていました。そして現在「エコ」です。笑いたくなります。
 同様に1980年には、新潟や日本海沿岸での拉致事件が話題になっていました。「これは北朝鮮の拉致である」と主張していた我々に浴びせられた言葉は「アオイ」でした。
 
コメント

韓国大統領選挙

2007-11-28 17:54:51 | 外交と防衛
 いよいよ韓国の大統領選挙が始まりました。日本の安全保障上「どうても良い」と言うわけにはいきません。現在の韓国の仮想敵国は北朝鮮ではなく日本です。現在野党になっているハンナラ党にかんばって頂きたいものです。北朝鮮と統一した場合のコストをどこが払うのでしょうか?このブログで何度も書いていますが、東西ドイツのGDP比は1:3でした。そのドイツが統一でここまで苦労しています。韓国と北朝鮮のGDP比は一説には280:1と言われています。その統一のコストをどこが払うのでしょうか?日本にゴネれば何とかなるとも思っているのでしょうか?
 アメリカから5年ぶりに帰国した友人が言っていました。中国人と韓国人はどこでも嫌われているそうです。日本のマスコミは日本人が嫌われているような報道をおこないますが、韓国人と中国人のそれは比較にならないそうです。ヨーロッパ人やアメリカ人は、日本人のことをよく「バナナ」と表現するそうです。表面は黄色でも中は白いという比喩だそうです。しかし、韓国人や中国人は自分たちとは別の人類と考えているそうです。また、黒人も「日本人は信用できるが中国人や韓国人を信用する愚か者はこの町にはいない」と声を上げて罵るそうです。
 しかし、日本からすればこんな韓国(政権)人も地理的に近いゆえ安全保障上の大きなファクターになります。
コメント

兵器と贈収賄

2007-11-27 14:59:38 | 外交と防衛
国防とそれに群がる業者の贈収賄は切っても切り離せない関係にあいます。第二次大戦前の造船疑獄で山本権兵衛内閣は頓挫します。この時疑獄の元になった戦艦が金剛です。皮肉にも第二次世界大戦中唯一活躍らしい活躍をした戦艦です。他の戦艦は飛行機(空母起動艦隊)に押され活躍の場はもはや存在しませんでした。
 このように贈収賄で汚れた兵器だから活躍できないかというとそうではないことを、戦艦金剛が実証しました。
 兵器の採用には兵器体系が必要です。補給や乗務員の連度が継続できる必要があるのためです。新しい武器をさいようしたから最強の軍隊ではないのです。この武器を使いこなして最強の軍隊なのです。バカな社長が最新のコンピュータシステムを導入したらすぐに効率が上がると考えていますが、なれるまでそうはいきません。同様に兵器体系が同じであれば慣れることも早いわけです。
 補給も互換性があるものが望ましく、容易に行えます。日本は第二次大戦を米国の物量に負けた仰る方が多いのですが、日本が国力が有利で過去に戦争したことがあったでしょうか。日清戦争しかり、日露戦争しかりです。国力の差はアメリカと同様に圧倒的に貧しいものでした。しかも第二次大戦はアメリカも2正面作戦ですし、一般に言われている1:20の国力差が当面の対象となりませんでした。アメリカの戦費の半分はヨーロッパ戦線に費やされていたからです。しかし、アメリカは規格の統一というすばらしいシステムを持っていました。陸海空の全ての機関銃が同じブローニングM2重機関銃でした。つまり弾薬も3軍で同じものを使用できました。日本は陸海軍それぞれが犬猿の仲であり、ヒッラーが「日本の陸・海軍はまるで敵同士だ」と発言したほど仲が悪く、弾薬の互換などあり得ませんでした。また、同じ陸軍でも使用する銃の弾薬の規格の統一性がなく、前線では弾薬はあるが使用できないなどのあきれた事態が生じていました。
 造船疑獄以後採用された兵器は殆どが規格が従来のものと異なります。しかし前線には従来の兵器を多数残っていました。
 兵器はその体系の中にフィットしなければ如何に贈収賄と関係なくとも役にたちません。

コメント

政権の清潔度

2007-11-25 23:59:21 | マスコミ批判
 世界史上で汚れていない政権など過去に存在しません。建国の息吹を感じる時代は清潔でもいずれは汚れる運命にあります。しかし、日本史は政権当初から汚れるていることが多々あります。それは単独のの絶対政権ではないゆえにそうなります。政権が気にする勢力が常に存在するための妥協の産物です。GHQ以降もソ連共産主義に対する牽制が、1990年代まで続きます。
コメント

リーガル格差

2007-11-24 19:08:07 | 社会常識と教育
 学生時代の後輩が上京してきました。彼の田舎は熊本県です。彼は地方公務員で企業誘致を担当しています。
 私が「企業誘致は誘致先で子供がイジメに会うとダメだよ」と発言しました。これが彼には相当堪えたようでした。「先輩、熊本県はこの間テレビで子供のイジメが断トツでした」と力なく答えました。イジメ問題が企業の誘致等の条件でも意外に大きな問題であることを始めて認識しました。
 熊本県をはじめとした外様雄藩は、独自の文化を築き、また幕府穏密から藩を守る為、よそ者には厳しい慣習があるそうです。
 私の出身地でも似たような境遇ですが、それだけではないはずです。八つ墓村に代表されれる横溝文学がテーマとする農村が抱える因習がその原因ではないでしょうか。法律が通用しない世界です。
 過去にこのブログにも記載しました、地方格差の一因にはリーガル格差があると言うことの実証例ではないでしょうか。
 「そんな面倒なことならこのままでよい」と発言される地方の10年後がこのような現実に直面するのです。
コメント

イメージ戦略

2007-11-22 21:52:40 | マスコミ批判
 戦争と言われるものに(冷戦、政争、等を含む)は、必ずと言って良いほど情報戦が付きまといます。この情報戦を上手く活用したのは、ナチスドイツのゲッペルスではないでしょうか、現在はハリウッド(アメリカ)ですが。アメリカの都合の良いようにハルウッドで映画を作り世界に供給しています。しかし、人口的には中華人民共和国の方が圧倒的に多数であり、中華人民共和国の情報戦=愚民教育は徹底したものがあります。以前米軍の仕官クラブのパーティーで会話した中華人民共和国の3等書記官の方が「教育が普及し賢い自民が増加すると統治が困難になる」と言うような発言をされました。確かNATOが旧ユーゴを空爆する前日だったと思います。そのためかホストの米軍仕官が数名しか出席していなかったことに違和感を覚えました。
 しかし、現在の日本を省みると、九九ができない30歳台の方も多数いらっしゃるようです。面接でそのような現場に立ち会うと、おバカな番組ばかり詳しく基本的なことができない方が多数いることに驚きを禁じえません。
 現在、各会社の人事関係の方とお話すると、来年度から「ゆとり教育の1期生が新卒である」ことへの不安を口にされる方が多いのです。
 どなたかは知りませんが、日本人から考える力を奪うことに情熱をお持ちの方(日教組運動方針がスターリンの国際コンテルテーゼにソックリ)の願望が達成されかかっているのでは恐怖を感じます。
コメント

アニメからみえる世界情勢

2007-11-21 17:40:23 | 社会常識と教育
 日本のアニメが世界を席巻しています。これはアメリカにとって非常に脅威的なできごとです。なぜならば今まではその役をハリウッドが行っていたからです。
日本とナチスドイツは軍事同盟を結んでいた間柄です。しかし、我々はいつの間にかナチスドイツの軍服をみると「悪人」と思うようになってしまいました。
こんどは、アラブ人をみると「テロリスト」と思い込むようになりました。しかし我々日本人はアラブ人とペルシャ人の違いも分かりません。ここに大きな問題があります。
 しかし、日本のアニメがこの分野に進出して来ました。戦略的な意図もない作品が。これは無欲の勝利とでももうしましょうか、ハリウッド(アメリカの1勢力)が面白いワケがありません。1980年後半から2000年までのアメリカのテレビ作品にはクジラの保護をテーマにしたものが幾つかありました。しかし、狂牛病以来日本はアメリカよりオーストラリアやニュージーランドから牛肉を輸入しています。
ここ、15年近い思惑は頓挫したのです。
 麻生氏がアキバ系を自称するであれば、このようなことは織り込み済みであろうと考えられます。マスコミは自分たちに火がつくことを恐れこのようなことは報道しません。国民がもっと賢くなって何が国益か判断できないと彼らに都合の良いように扱われます。
コメント

入札制度の問題

2007-11-20 09:41:28 | 社会常識と教育
 役所の入札を経験された方はお気づきでしょうが、入札もその仕様書をまとめる業者(一般的には落札業者もしくはそのグループ)が下書きをし、お役人さまがそれを入札仕様として提示するケースが多いのです。特にシステム関係の場合、少なくともご自分の業務のフローチャートさえ満足に書けないお役人さまが多いのが事実です。業者が動くということはそこに利益があるから動くわけです。株式会社は利潤の追求を目的とした法人ですから当然のことです。ゆえに下書きされた入札の仕様書はその業者に有利に書かれます。業者からすればその仕様書を書くまでには、調査費を相当費やしているので当然です。しかし、まれに大変安価な金額で入札してくる業者もあるわけです。その場合安価な価格で落札した業者は、赤字覚悟の確信犯か仕様書に書き込まれなかったイレギラーなどの危険負担分を考慮にいれず落札してしまったアホな業者です。これではまともなシステムができないこととなります。ある役所では、システムの修正という名目で多くの人員を抱えています。これは入札がまとも(稼動面からみて)に行われているれば不要な人員です。
 特にシステムの場合見た目ではわからず、実際には効率の悪いものになるケースが多いのです。それを避けるためには担当者のお役人さまが数年で異動する人事制度をやめ、ジャネラリストよりスペシャリストになる必要があります。2~3年で膨大な業務の細かいところまで、如何に優秀なお役人さまでも把握できません。またシステム(機械)は細かいことで動かなくなります。さらに、長年の歴史の上に現在があるわけですから、過去のイレギラーも対処しなければシステムとして運用はできません。
 現在介護保険制度が崩壊の危機にあります。それは家事介護という一番軽度の介護引き受けている零細企業が成り立たなくなっているからです。大手は要介護しか手を出しません。一番対象者が多い家事介護に大手は参入しません。それは経費が出ないからです。現在家事介護を中心に行っている社長の話では、昨年の保険料の削減で事務所費も厳しい状態だそうです。もちろん自分給与出なくなったそうです。現実に多くの零細な介護保険会社が廃業しています。
介護保険が施行される直前に、旧厚生省のスキャンダルがあり、「業者からお茶いっぱいご馳走になってはいけない」と久米宏氏を中心とした朝日新聞グループが役人批判を繰り返しました。しかし、民間から情報を得られないお役人さまはそれこそ机上だけでプランを作り法制化し施行されたのです。まさに「小の虫を生かし大の虫を殺す」日本人の典型的な悪習です。たとえ5000億円の予算であれれば5億ほど飲み食いに使用しもよいではありませんか、残りの4995億円が有益に稼動すれば、お茶いっぱいに目くじらをたて5000億円の制度がムダに終わろうとしています。これこそ、久米宏氏を中心とした朝日新聞グループをはじめとしたマスコミの大罪ではないでしょうか。もっともそれを指示した国民にその責任があります。
 まさに「民主主義とは真綿で自らの首を絞めるがごとき」ものであるというよい例ではないでしょうか。
 現在の入札制度を改めコンペ形式の入札制度にしたらこのような不都合は少なくなります。しかし、お役人さまの権威(権威=後の利益)が著しく低下します。コンペ形式なれば、なぜそのシステムに決めたのか記録を残ささざるを得ません。ご自分の無能が記録に残るわけですし、なにせ今の多忙な状況ではそれを勉強する時間がお役人さまにないのが現実です。「早く夕方から接待を受けたい」と思っているお役人さまは多いのではないでしょうか。彼らは寝る時間も無いぐらい働いています。もっとも地方のお役人さまは、まずそういうことはありませんが。
  
コメント

厚顔な大阪市

2007-11-19 16:39:46 | 社会常識と教育
 大阪市長選挙で、非自民の推薦する候補が当選しました。大阪市の職員のムダや横暴ぶりはしばらく前までよくマスコミで取り上げられていました。
新しい市長はこれをどれだけ厳しく処分できるかがとわれています。一時代前ではどのように改善させるかだけが問題とされていましたが、大阪市の場合ここに至っては、職員の処分(懲戒免職)をどれだけ行うかに市民の感情が変化しています。問題発生が表ざたになってからも厚顔にも同様の行為を行っていました。
 大阪市民の怒りが従来の助役あがりの自民党のひも付き市長はNOとしめしたわかです。
 現在ヨーロッパのとある国の観光ガイドブックに大阪市は「ヤクザの街」と紹介されていました。大阪市がクレームをつけたのは当然ですが、外国人には現在の大阪の行政はヤクザが行っているように思えたそうです。
コメント