社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

共食いの元民進党、左翼の実態は変わらず!

2017-12-29 00:00:46 | Weblog
10月の衆院選で「まっとうな政治」というスローガンを掲げて戦い、野党第一党に躍り出た立憲民主党が何かおかしい。立憲民主党は、民進党の希望の党への合流構想を嫌った有権者が、「永田町の論理」と距離を置き「草の根の民主主義」を訴えた枝野幸男代表(53)の姿勢に共感して躍進したとみられる。だからこそ当選した議員もさぞ「永田町の論理」から距離を置くのだろうと本会議場を記者席からのぞいてみると、「まっとうな政治」とは言えない光景が広がっていた。

 「朝鮮半島で軍事衝突が発生した場合の甚大な犠牲は明らかです。先月末の米国の議会調査局の報告では、北朝鮮が通常兵器のみを使用する場合でも、軍事衝突の最初の1日だけで、ソウルで3万から30万人の民間人が死亡すると想定されています。日本が直接の標的となる可能性も高いと言わざるを得ません」

 11月21日午後、衆院会派「無所属の会」に所属する13人を代表して岡田克也氏(64)は衆院本会議場でこう声を張り上げていた。共産党席から時々、拍手が起こったが、かつて民主党・民進党と野党第一党を率いた岡田氏の代表質問に対する野党側の反応とは思えない寒々しい印象を受けた。

 岡田氏の代表質問は約10分だったが、その間、野党側記者席の真下では立憲民主党の辻元清美国対委員長(57)や山内康一国対委員長代理(44)、手塚仁雄国対筆頭副委員長(51)らがうごめいていた。

(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000524-san-pol


左翼は共食いする。1972年の浅間山荘事件の後、次々と発見されたリンチ殺人の実態。
妊婦から胎児を引き出し双方とも殺害していたり、それは酷いモノだった。
連合赤軍とか呼ばれていたな!赤軍派、辻元清美議員の彼氏の所だよな?赤軍派は世界中からテロ指定されている。
そんな連中の後継者たる中核派や革マル派。革マル派との繋がりを安倍総理に国会でバラされたのが、枝野議員。
今でも左翼のやる事は同じだな!
記事がおかしい
立件ミンスが草の根?
希望に弾かれた真性の極左集団じゃねえかwwww
との書き込みが秀逸。
記事の前提がおかしいね。
さりげなくウソを刷り込もうとしている。
立民は、民進党の中では、武闘派・急進派の極左過激集団。
枝野、辻元、福山などを見れば一目瞭然だろう。
テレビには見かけだけソフトな長妻を多用してるが、長妻もどんどん極左風の発言が増え始めている。
要注意政党だろう。日本人が支持できる政党ではない。
との書き込みに座布団3枚。
議員の党なんだから仕方ないだろとの書き込みも秀逸、センスが良い。
立憲の身勝手さは異常だわ
こいつらって自分たちだけは何をやっても許されるとでも思ってる
マスゴミがゴリ押ししてくれるから付け上がってるんだろう
希望の党や民進党はすでに死亡なんで、立憲がパヨクの巣窟だな
との書き込みも秀逸。
皆さん良く観ている。

コメント (1)

緊急!!今、米国内で何が起きているのか?海兵隊がCIAを強襲?

2017-11-26 00:00:08 | Weblog
これ本当なのか?
クリントン一派に逮捕状をFBIが請求するとかどうかで大統領選直前まで揉めていたな、その続報か?

CIA本部

アメリカでも大量逮捕劇、海兵隊がCIA本部に突入
 
加賀正一 ( 40代 神奈川 建築設計 ) 17/11/22 AM10 【印刷用へ】
サウジアラビアの大量逮捕は、軍関係者にも及んでいるようだが、アメリカでも大量逮捕、海兵隊のCIA突入など、表立って取り上げられない水面下で大きな動きがあるようだ。

先月末から今月10までに大物政治家や財界人を含めて800人を超える有力者が起訴されていると伝えている記事もある。

シャンティ・フーラの時事ブログ『何度も延期された大量逮捕劇がついに実行!アメリカの大量逮捕とサウジアラビアの軍関係者の逮捕!』よりリンク
────────────────────────────────

竹下雅敏氏からの情報です。
 アメリカで大量逮捕が行われているようです。海兵隊員らがCIA本部に突撃したとのことです。また、FBIの内部告発者が、クリントン財団の関係者らがロシア人から買収されている隠し撮りビデオを公開したとのことです。これで、クリントン一味はほぼ終わりというところでしょう。
 主要メディアはこれらのことを一切報道していないということですが、今日のフルフォードレポート日本語版によると、“逮捕劇が一段落するまでは、対象者の名前も、その事実も、公表されることはない”と書かれています。証拠隠滅や逃亡の恐れがあるからだとのことです。
 サウジアラビアでは、軍関係者が逮捕されたということです。サウジアラビアでの大量逮捕を実行しているムハンマド皇太子には何度か暗殺者が送り込まれていますが、失敗しています。サウジアラビアでの政変がサウジアラビア単独で成功するはずがなく、米軍とロシアの協力があるものと考えています。
 混乱の最中、レバノン、イランとの開戦に持ち込もうとする思惑があったようですが、これは押さえ込まれたようです。
 何年も前から噂されていた大量逮捕劇ですが、何度も延期され、ついに実行されたことになります。この大量逮捕劇は、いずれヨーロッパ、日本でも行われることになるとのことなので、楽しみにしておきましょう。いくら国際情勢に鈍感な“○○とその仲間たち”にしても、さすがに状況が自分たちにとって非常にヤバイことになっているのがわかって来ているのではないでしょうか。今頃慌てて、中国への対応を変えてきているように見えますが、時はすでに遅いのではないかという気がします。
(竹下雅敏)


(中略)

アメリカの水面下の動き
引用元) 日本や世界や宇宙の動向 17/11/20
(前略)
リンク
(概要)
11月19日付け

土曜日に、MEU海兵隊進攻部隊(アメリカで最も小規模の、優れた統率力と機動力を持つ海兵隊空陸任務部隊)がラングレーのCIA本部に送り込まれたとの情報を入手しました。

(中略)

約2200人の兵力を持つMEUを指揮するのは海兵隊大佐です。

(中略)

ラングリーの近隣住民ら(目撃者ら)によると、大勢の海兵隊員らがティルトローター機でCIA本部に到着しました。海兵隊員らは武装しており、飛行機から降りるとすぐにCIA本部内に素早く移動しました。

(中略)

主要メディアは海兵隊員らがCIA本部に突撃したことを一切報道していません。

(中略)

先週、FBIの内部告発者が隠し撮りビデオを公開しました。そのビデオにはクリントン財団の関係者らが(カナダのウラン採掘会社(Uranium One)が所有していた米ウラン鉱山をロシアのROSATOM(政府系会社)に売却することを承認する際にロシア人らから現金が詰まったスーツケースを渡されているところが映っていました。

前政権の多くの関係者らは、このようなビデオが公開され彼等の悪巧みが暴露されたために、逮捕され投獄されるのではないかとひどく怯えています。

(以下略)

大量逮捕劇と「民間中央銀行」支配終焉の予兆
転載元) Weekly geo-political news and analysis 17/11/20
ハザールマフィアに対する国際的な取り締まりが加速している。前号(VOL438)
では「バージニア州の裁判所から50人分の“名前が明かされていない逮捕状”が出ている」と速報したが、それと同じ現象がアメリカ各地の裁判所で起きている模様だ。

米軍幹部筋などによると、アメリカでは10月30日から11月10日までの間に、
確認されているだけでも大物政治家や財界人を含む842人の有力者が24の
地区で起訴されている。
リンク
起訴された者の多くは「民間中央銀行の資金によって権力の座についた人物」との話だ。NSA筋も「今回の逮捕劇の中心となっているのは、政治家の給料ではあり得ない程の財産を持つ人物や大型財団の所有者だ」と伝えている。

しかし、この逮捕劇が一段落するまでは、対象者の名前も、その事実も、公表されることはないという。というのも、現在は対象者を尋問し、その自供の中から他の起訴対象となる人物を炙り出している最中とのこと。既に起訴されている人物の名前が公になれば、まだ起訴されていない被疑者が、証拠隠滅や逃亡を企てる可能性も大いに考えられるからだ。

(以下略)


我々庶民が知らない所で世界は動いていると言う証左である。
トランプ大統領の就任前の演説に、「我々は円柱を取り除くぞ!」とCIAで発言している。「円柱」とは裏切り者の隠語だそうだ。
ホワイト・ハウスのガードは海兵隊が行う。また海兵隊本部はペンタゴンではない。バージニア州にある。
ロスチャイルドが絡んでいるとの噂もあるが、ロックフェラーの当主が亡くなったのは半年程前である。この件と関係あるのか?
現在、ネット上では竹下雅敏氏の記事が殆どであり(日本語)他のソースが少ない。今月19日に起きたのにね。大手メディアで報じられていない。
サウジアラビアの王子大量逮捕の件も最初はネット情報だけで真贋が疑わられていたが本当だったので、暫くしたら続報が入るであろう。
しかし、本当ならば思い切った事をしたものだ。トランプ大統領 or 背後にいるその他の勢力かは知らないが。トランプ大統領でもあれ程嫌がっていた韓国行きを拒否できなかったではないか。
それともこのアジア外遊は、トランプ大統領の安全確保のためだったのか?
コメント

中国は反日デモの賠償を行うのか?

2014-06-02 00:00:25 | Weblog

【カイロ=久保健一】ロイター通信によると、西アフリカ・カメルーン北部ワザ近郊で16日、道路修復を請け負っている中国企業の宿舎が武装集団の襲撃を受け、カメルーン軍兵士1人が死亡、中国人1人が負傷したほか、中国人従業員10人が行方不明になった。
ワザ周辺は、隣国ナイジェリアのイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」の活動が活発で、ボコ・ハラムによる犯行の可能性が高い。

  始まったのかな?中国人に対する攻撃が世界中で!

 【北京・石原聖、台北・鈴木玲子、バンコク岩佐淳士】中国が南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島で石油採掘に着手したことに抗議するベトナムの反中デモで、中国人ら多数が死傷したことを受け、中国の王毅外相は15日、ベトナムのファム・ビン・ミン外相と電話協議し「厳正な抗議」をした。同省はベトナム側に賠償を求める方針。デモは暴徒化しており、国境を接するカンボジアへ避難する中国人も出ている。

  と言う事は、反日デモで施設を破壊された日本は中国に賠償を求めて良いわけである。自分たちだけ特別と言う事は、現在の国際社会では認められない。

 この反日デモの賠償について報じているマスコミはあるのか?最近スポーツ以外TVを見ないので、解らないがベトナム政府に賠償を求めるのでれば当然日本企業に賠償する義務が中国政府に生じる。そのような論説を行うコメンテーターはいないのか?

 事前にその件には触れないように念押しして番組出演を依頼しているからいないのであろうと思われる。

コメント (1)

今年の観艦式に思う

2012-10-14 20:03:49 | Weblog

 今回の観艦式はチケットが入手できなかった。観艦式への興味が大きいのか一般の観客が多数興味を持つことは良いことである。現在の日本が置かれている国際環境を憂う人々が声を出すことができるようになった。

 自民党へ風が吹いていたが、世襲賛成でまた沈没する可能性が出てきた。自民党長期政権の腐敗が、民主党政権を生んだ。原子力行政の腐敗も学会(東大偏重でノーベル賞は少ない)の腐敗も自民党の長期政権が生んだ。民主党政権に現実的な外交をはじめとした安全保障問題、経済政策は無理であることが国民に知らしめられた。観艦式に話を戻せば、シビリアンの練度がモノを言うことも自民党時代から理解できていない。民主党はなおさらだ。

 「日本を侵略する国家などない」と大声で謳っていた左翼政党やマスコミは、現在の竹島や尖閣の問題を前に責任をとることはない。この無責任体質が国家の高官や議員、社会のオピニオンリーダー(何のことやら)と言われるマスコミだ。その無責任な発言をしていた議員を多数抱える民主党で、この難局はのりこえられるのか?多くの国民が思っている。野田総理が踏み込んだ発言を観艦式で行ったが、それを実現する術が民主党にあるとは思えない。橋下大阪維新の会に頼る、それも一つの方法だが、期待感より不安が大きいのも事実。

コメント

オスプレイについて

2012-09-09 23:41:48 | Weblog

 オスプレイの反対デモが沖縄であったようだ。デモの規模は不明である。基本的にマスコミは自分たちの思考と反対になる記事は載せたがらない。昨年のフジテレビ反韓流デモなどは絶対に報道しない。しかし、反体制デモの場合は人数が20名に満たないデモでも大々的に報道する。オスプレイの採用は1996年に決まったそうだ。この報道は多いが、この年中国が台湾の初の総選挙をミサイル演習で、圧力をかけようとしたことを、米空母2個艦隊に封じ込められたことは、今更報道しない。このミサイルによる圧力は漢民族4000年の歴史上初めて、民衆が指導者を「選挙」で選出すると言う、歴史的な出来事だった。また軍事行動は表の派手なモノの他にクーデーによる傀儡政権樹立と言う方法がある。米ソは冷戦時代散々実行してきた方法だ。フィリッピンが軍事政権からアキノ政権へ変革する選挙時、フィリピン沿岸で米空母よる砲艦外交が行われた。そのため選挙がスムーズに実施された。このような前提を日本のマスコミは報道しない。

 オスプレイはその航続距離・速度等で、沖縄から台湾に、迅速に、海兵隊を送り込める。海兵隊と陸軍との違いが解らない方々が、議論するTV番組に何か意味があるのか?1機33人輸送で10機で330人もの海兵隊を沖縄から輸送できる。1個中隊約250人と考えると1個中隊と物資を輸送できることとなる。台湾軍がクーデター勢力を2時間持ちこたえてくれれば、米海兵隊の援護が充分間に合う。朝鮮半島有事、台湾有事に1箇所の基地で対応できる場所は沖縄しかない。これは地理的な問題であり、観念的な問題ではない。

 オスプレイの事故は、離着陸時に起きている。ヘリモードへの切り替え時が多い。ここでよく考えて欲しい、ヘリの離着陸時の事故であるならば空港敷地内ではないか。

 沖縄にオスプレが配備されることが都合が悪い方々、中国からの利益供与を公安や外事警察は掴んでいるのだから、リークしてもよいのでは?

 

コメント

政治の無策

2011-02-26 00:08:25 | Weblog

 日本経済の失われた10年が20年になってしまった。これも日本的事情であろうと思われる。問題点を皆が認識しても「猫に鈴をつけるねずみがいない」と言う状況である。「特攻隊をなぜとめられなかったのか」戦後生き残った海軍士官が話し合ったことがあった。「止める『空気』ではなかった」と言うことがその会合での公式な答えである。社会の「空気」と言う目に見えない力に支配されていたそうだ。現在もこの「空気」が益々マスコミの発達により強力になった。

相撲の八百長も国民も皆認識していたハズである。国技だそうだから。プロ野球の閉鎖性もこの日本的「空気」なるものの表れでしかない。

 しかし、これを打破する事例はサッカーのような国際試合と国際ルールがあるものではないだろうか。国際的に通用するここで大事なことは国際的であり決してアメリカ的ではないことだ。まして中国的では日本の未来はない。ヨーロッパ的なモノが良いとは一概に言えないが、少なくとも歴史はある。

コメント

サッカーの効果

2011-01-31 00:01:22 | Weblog

 サッカーの効用は幾つかあるがその代表的なものに、国際試合で試合前に国歌を斉唱することだと思う。ボクシング等格闘技も同様だが観客数が今一つ少ない。その点サッカーの国際試合は5万人以上の観客がいる。ここに国歌反対を叫ばれる左翼の方々もその声を上げることができない。また国際慣行で国歌はありませんと言うことは通用しない、そのような基本的なことも判らないで騒いでいるのだろうかこの左翼の方々は。

 そうすると君が代の歌詞が戦前の天皇崇拝と同じであるとのご意見を頂戴する。この左翼の方々は「君が代」の作詞者はだれかご存知であろうか。「そんなもの知らない」と仰る。が、正解である。これは詠み人知らずの古今和歌集に納められた一首である。「君」が天皇崇拝でけしからんとされる方は古典の勉強を再度やられたほうが良い。天皇は大君であり、君は地方領主等を指す代名詞である。それこそ戦前で君が天皇といえば不敬罪もあり得る発言でもある。

 さらにこの君が代は明治時代にフランスのボアソナードらから近代国家には「国歌」が不可欠と言われた明治政府が大山巌等らにより選ばれた歌詞である。江戸時代、大奥の歌会始で詠まれていたこの「君が代」を採用したとき多くの反対があった。「なぜ幕府の将軍賛美の詩を選ぶのか」と。

 しかし、現在はその「幕府の将軍」が「天皇」となっている。無知な左翼のために。しかしサッカー等の国際試合で国歌を斉唱されれば左翼のかたには遺憾であろう。

 次に、帰化選手に惜しみない声援を送る点にある。10余年ほど以前国際Aマッチで帰化し日本代表になった李選手に多くの日本国民が声援を惜しまない。同様に在日の選挙権問題で騒いでる民主党はここに注目すべきだ。帰化すれば選挙権は何の問題もない。帰化しないのは本名と通名とで二重に口座を持てる特権などそのような違法行為を棄てたくないためである、また親戚近所から裏切り者扱いされるためだ。これは在日の友人に聞いた。

 サッカーの国際試合でこれだけのものを見せてくれる。

 

コメント

幸せな方々の政権

2010-11-16 00:03:32 | Weblog

 その昔「情報は普通に皆さん周りにあるがそれを情報として捉えていないだけである。」とある専門家の方に言われた。一例としては「『アルプスイチマンジャク』の歌のアルプスは日本アルプスかヨーロッパアルプスかその根拠と共に述べよ」と言う問題を出された。

 山によく登っていた私には確かに「アルプスイチマンジャク」は知っている歌であるが、ただ歌っているだけで疑問にも思わなかった。

 答えは「日本アルプス」である。「イチマンジャク」は漢字で書くと「1万尺」=約3000mとなり5000m級の山々が連なるヨーロッパアルプスではなくなる。意外と簡単なことだが漠然と歌っていたことを恥じ入った覚えがある。

「楽しければいいんだ」と言う方はそのように気にも留めなくて良いのだろうが、騙されても気づかずに幸せに生きていけるのだろう。気がついて騙されていたと騒いでも後の祭りである。これが国家間であればなおさらである。

現在の民主党政権、鳩菅政権2代に渡り日本はこの「幸せな人」政権であった。疑念は国内向けだけであり、近隣諸国は「いい人」と思っていたようだ。それを具現化したのが裸の王様の千毒いや仙谷官房長官の発言にも現れている「20年前ならいざ知らず、(中国は)司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」と言う9月28日の発言でもよく証明されている。

国際社会は性悪説で動いている、何度言うようだがビスマルクが「外交は右手で握手左手にダガー(短剣)」であり、クラウゼビッツが言う「戦争は外交の延長線上にある」、孫子の「兵は国家の大事なり」を幾ら現場の外交官や海上保安庁や警察庁の外事局が命がけで情報を上げても、平和ボケした政治家が政権を有していれば悲惨な結果を生む。今民主党政権が苦しいのは自業自得である。これは自民党政権に言えることだ。小泉元総理まで北朝鮮の拉致事件を表にも出せなかった。

情報を掴む現場の苦労をもう少し省みる必要がある、そして同時にその情報を分析し体系化する部署や共有するルールが今の日本には整っていないようだ。今回の尖閣ビデオ流出問題より、政治家が洩らす機密で日本の国家としての信用は無くなってきた。9-11の時米大統領の避難先を記者会見で洩らした田中真紀子議員のようにお粗末である。

 

コメント

裸の王様の暴走

2010-11-13 00:01:54 | Weblog

 裸の王様の官房長官が暴走しはじめているようだ、国会での撮影制限を強化。なんとも中国と同じアカのやりそうなことである。今まで許可されていた撮影を制限するとは。本来は事前に打ち合わせしておくべきこと自分の怠慢で総理に委員会で行ったことが原因である。これではまるでクレムリンや北京と如何に異なるのだろうか。自分たちが野党の時との対応と大きな違いである。末期症状の政権という気がするがいかがか。

 中国やロシアの方に言っていただきたいことが、日本では「政府や総理大臣、天皇や皇室をいくら非難してもかまわない。それで逮捕されることはない。あなたのお国はいかがですか?」と事あるごとに聞いてみてはいかがだろうか。小さな民間外交である。彼ら(中国)はこれが一番痛いはずだ。自由の国のアメリカでさえ言論の自由は制限されている。街中で政府批判やイスラム万歳と叫べば間違いなく警察に引っ張られる。他の国では言わずもがなである。

 冷戦時、日本に仕事で来ていた西ドイツの技師が「日本の本屋は情報の宝庫である。なぜ地図や海図をはじめとした書物が公開されているのか驚く」と話してくれた。そこで私が軍用機や自衛隊そして世界の軍隊の兵器集を見せたら、「これらが一般の本屋で購入できるのか?信じられない国だ」と呆れていた。

そのような報道の自由を野党時代散々利用してきたくせに政権をとると制限しようとする、この裸の王様の幹事長をはじめとした菅政権はロクなものではない。永田町をクレムリンにでもするつもりのようだ。

コメント

ビデオ流出とマスコミ

2010-11-06 00:08:24 | Weblog

 YouTubeに尖閣の事件のビデオが漏れた。世界中の方が視聴できる。海上保安庁の職員が漏らした公算が大である。日本政府がビデオ公開の機会を逸したことへのレジスタンスと考えられる。

この件でマスコミは大痛手である。トクダネを抜けなかった。年配のマスコミ関係者に話を聞くと「トクダネなど現在のマスコミは、ヌク気はない。政府の『大本営発表』を鵜呑みするだけの情けない連中が上層部をしめているから」と嘆いておられた。YouTubeに流出したことはテレビ業界の面子を大きく潰したこととなる。テレビはネットに及ばないと言うことが一つ立証されたわけだ。

機密漏えいを盛んにテレビは問題にしているが、これは両刃の性格がある。先日警察の警備情報が漏れたことと少し性格が異なる。海上保安庁の現場はこのビデオが流出したことに溜飲が下がったのではないだろうか。政府民主党の「現場」無視に対してあからさまな抵抗である。海上保安庁の「現場」はビデオでも分かるように体を(命を)張って業務を推進しているのだ。安全な所でイスに座っているのではない。彼らの士気が下がることしか現政権は行っていない。不審船の攻撃事件の時扇元大臣は「現場の命にかかわる」と言うような意味のことを大声で叫んでおられた。今の政権はこの体を(命を)張って業務を推進している現場の職員の心意気を踏みにじっている。

しかし情報漏えいは如何ともし難い事実である。漏洩した職員は処罰されるであろう。しかし、このような功労者のために本来は「天下り」があるべきだ。何も功績がない人間(入庁時の試験の成績だけ)の天下りが目立つが、功績あるが表立って賞賛できない方への対策はあってしかるべきだ。 
 左翼の論説委員など、「今後が問題である・・・・・・」等と言う寝言をいっているようだ。今後は、中国政府は太平洋の西半分が中国の領海だとする基本方針にそって粛々と行動していくだけだ。分からないふりをして騒ぐのはマスコミだけである。中国はすでに「ハワイはアメリカでよい・・・・・・・・」とアメリカ海軍太平洋司令官にそのように打診している。時々まともなコメンテータから発言があるが番組が異なると同じ局の報道番組でもすっ呆けている。

コメント