★ Serena ★

カナダ暮らしのエスペランチスト、自然愛好家。
エスペラントやカナダの野草、ネーチャークラブの活動など思いつくままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

眠 さ

2010-05-02 09:24:51 | 健  康

夫が逝って四年が過ぎ、最近になって朝ゆっくり眠れるようになった。猫に起こされさえしなければの話だけれど、そんな朝でも、餌を与えてベッドに戻り、九時頃まで眠れる日がある。
「春だからかしら、眠くて・・」と友人が言っていたが、それもあるかもしれないけれど、過去四回の春はこのようなゆとりを感じなかったのだ。精神的な落ち着きが戻ってきたのだろうと思う。とは言っても私の生活から彼の存在がすっかり消えてしまったわけではない。消えることは決して無いだろうし、消したくも無い。独りで居る時は特に声に出して彼に話しかけているし、独りでないときでも、無言で語りかけていることは常なのだ。
他人は、私の子供たちも含めて、私の生活がすっかり正常に戻ったと思っているだろう。これが正常ならそれはそれで良いけれど、以前の正常とはすっかり違っている。
それでも、朝人並みに眠いと感じることは喜ばしいことのような気がするのだ。

先週、ヴォランテァの仕事などで二、三日一寸活発すぎたせいか、金曜日の午後は眼を開けていられないほどに眠くなり、横になったら四時間ぐっすり眠ってしまった。こんなことも長いこと経験していない。疲れると反って眠られなくなり、二時間置きに目覚めてはイライラするのが常なのだ。こんなに眠ってしまったら夜眠れないかもしれないと思ったら杞憂だった。むしろ五、六時間続けて眠ってしまったくらいで、目覚めてもまだ体が正常ではないようなかったるさを感じたから、楽しみにしていた一日遠足をパスすることにした。
実は金曜日の夜、子供たちに近況を書き送ったのだけれど、即息子から返信があり、休息が必要と感じなくても疲れていると思ったら休むのが良いと。素直に彼の助言を受け入れただけなのだけれど、正解だったようだ。
今朝は爽やかな気分。疲れ過ぎの感じがすっかり消えている。眠さ、これはやはり健康のバロメーターなのだろうか。

エスペラントの父ザメンホフ
にほんブログ村 外国語ブログ エスペラント語へ


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

コメント

バブルバス

2010-01-07 22:44:01 | 健  康
久しぶりのバブルバスでした。
愛用の「青りんご」の香りが見付からず我慢していたのですが終に諦めてラヴェンダーのを買いました。
仄かな香りの中でゆったりと肢体を伸ばすのは精神衛生にも良いようです。

「青りんご」の香りを知ったのはヨーロッパ放浪の初期にフランスのヴァゾン姉妹のお宅で。シャンプーがこれでした。
バブルバスは安いのを買うと香りも安っぽく入っていて不快になります。一度ダラーショップで見つけたのを使って懲りました。確かに「青りんご」なんですが、匂いがきつ過ぎ、安物の香水の感じです。高くても$4位なら気分の良いのにしましょうよ、ということに。
何時か姪が「お風呂はやはり日本のお風呂が良い」と言っていましたが、日本のお風呂ではバブルバスは使えません。
それにバブルバスだとバスタブ・リング(浴槽の水際に残る垢の線)も出来ないので後始末も楽なのです。もしかしたら私がバブルバスを好む理由はこちらの方にあるのかも。

エスペラントの父ザメンホフ
にほんブログ村 外国語ブログ エスペラント語へ


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

コメント (4)

豚(トン)でもない話

2009-05-03 18:12:26 | 健  康

<>
たった今配信された「e-nikkaメールニュース配信第9回」の冒頭に編集長色本氏が書いている。
『NHKのニュースを見ると、世界地図のなかで感染者がいる国ということで、カナダ全体が真っ赤な色に染められています。これでは、日本の視聴者はカナダの国が豚インフルエンザにすっかり「侵略」されているという印象を持ってしまうのではないか』
私はNHKを見られないので彼の言葉を信じるだけですが、それが事実なら酷い話です。glimiさんのブロくではカナダから帰った高校生の話がありますが、このような誤報も火に油を注ぐ結果になっているでしょう。
私の周囲を見回しても、警戒してマスクをしている人など一人も居ないし、立ち話の話題にもなりません。ニュースでインターヴューを受けていた感染者たちはみなピンピンしていて報道も非常に軽い症状と伝えていましたから人々は気にしないのだと思いますが、かといって侮っているわけではありません。良く手を洗うこと、咳をするときは他の人に迷惑にならないよう手で口を塞ぐのではなく、袖で口を覆いなさい、などインターヴューの折に関係者達が注意を促していますが、だからと言って国中が咳をしているわけではありません。
今日の午後日本食品を買いに行き、久し振りに土産物店で働くHさんに会いました。
今年の見通しは?と聞くと、豚インフルエンザの所為でツアーが次々キャンセルになっている、とのこと。
もう「豚インフルエンザ」はやめて「H1N1」と学名で呼ぶことにしたそうですが、今となってはそんな名前の変更なんかあまり意味が無いのではないですか?
メディァは話題が大袈裟だと売れると思って針小棒大な報道をするのでしょけれど、売れれば良いというものではないでしょう。責任も伴います。
全くトンでもない話です。

写真は三枚:
すっかり姿を変え瑞々しい葉っぱを見せるザゼンソウ。
その傍らで昆虫と遊ぶ野生の苺。
ダッファリン島でのびのびと花を咲かせる桜。

エスペラントの父ザメンホフ
にほんブログ村 外国語ブログ エスペラント語へ

コメント (8)

メキシコで豚インフルエンザ

2009-04-24 21:21:57 | 健  康
二、三日前からメキシコでインフルエンザに似た症状で人が死んでいると言うニュースが流れていましたが、「豚インフルエンザ」と判ったそうです。既に百人ばかり亡くなったとか。
まだカナダには上陸していないとの事ですが、旅行する人が持ち帰る心配もあるわけで何とも嫌な気がします。
私はここ数年風邪も引いてないのですが、鬼のかく乱って事もあるし、イヤですねぇ。

豚インフルエンザには関係ないことですが、今日は息子が注文してくれていたワイヤーレスのマイクロフォンが予想より三日も早く配達され慌てました。

先日スカイプを使って二時間も「Godbrother」とおしゃべりをした彼は、私にもスカイプを、と思いついたのです。殆ど毎日掛けてくる電話代が助かるし、日本の妹からも言ってきていたことを知って即座に。。。でも私はどのマイクロフォンを選んだら良いのか判りません。
そういうわけで息子が探し、オンラインで買ってこちらに配達してもらったのでした。
取り付けるのはいとも簡単だったのですが、細かいことが判らなくて、例えばイヤフォーンのボリュームのボタンは押すだけで、廻すものではないなどということだとか、マイクの赤いランプはオフになっている印だとか、電話で話をしながらああでもないこうでもないを繰り返し私はすっかりイライラしてしまいました。
ようやく使えるようになり、電話よりもスッキリした聞きやすい音で、ヤレヤレです。
ワイヤーレスなので歩き回れるし、台所で何かしながらでも話が出来ます。私は調理中はダメ人間ですが、食器を洗いながら程度なら大丈夫です。
あまり輪を広げる心算は無いのですが、妹と急な用事などでも話が出来ます。国際電話が無料で出来るのですからねぇ。

このヘッドセットは Logitech の ClearChat PC Wireless と言うのです。
どれにしようなと言う人の参考までに。

エスペラントの父ザメンホフ
にほんブログ村 外国語ブログ エスペラント語へ

コメント (6)

久しぶりのアクヮフィット

2008-10-06 16:45:25 | 健  康

ヨーロッパ旅行中休んだアクヮフィットのクラス。
帰国後は何となく億劫で続けて休んでしまっていたのです。ようやく重たいおみこしを上げて一度出掛けたもののすぐカルガリーに発ちました。
そんなわけで三ヶ月近い空白があったのですが、娘に励まされながら、というより尻をひっぱたかれながら今日は出掛けてみました。
実は今までのクラスではあまり効果が感じられずもう一つ上のインテンスなクラスに替えようかしらとさえ思っていたのです。
ところが今日は何と自分の体の重いことか。。
インストラクターは私は始めてみる人で、やり方が他のインストラクターとは比べ物にならないくらいインテンスなのです。ものの十分もたたずに私は汗を掻き始め、呼吸さえ重くなり始めました。これならやりがいがある、というものです。
というわけでクラスは替えず当分この線で行く心算です。
クラスメートの顔ぶれも増えていて知らない顔ばかり。名前まで知っている人は本の二、三人しか居ません。殆ど世間話をする機会が無いし、着替え中の会話に割り込むこともしないので、私は永遠のアウトサイダーです。特に私にはどんな風に話しかけていいのか皆戸惑っている感じだし、ミステリー・ウーマンと思っているかもしれません。それもまた良し、です。
今日くらい濃厚な運動が出来るなら出来るだけ休まず続けようかと思うのですが、また何かで中断されるとどうなるでしょう。
今日の水温は気持ちの良い温かさでしたが、去年のように冬場に水温が低いとやはり休んでしまうでしょうね。「チキン(臆病者)」と誰かに言われたけれど。。


エスペラントの父ザメンホフ
にほんブログ村 外国語ブログ エスペラント語へ

コメント (2)

健康で長生きしている人たち

2008-03-25 16:24:04 | 健  康

今年七月にロッテルダムで開かれるエスペラント世界大会への参加を決め手続きをしたのですが、そして会費の支払いも済んだ心算で居たのに何時まで経っても私の名前が名簿に載らないので不思議に思い問い合わせると、「インターネットの安全なページから払い込んでください」と言う返事が返ってくるばかり。
その「安全なページ」にどうしても辿り着けないので、他の方法は無いのか問い合わせるのですが同じ返事が返ってくるばかりでした。
業を煮やして、その辿り着けない理由になっているページ{}をコピーし、送ることでヤット意味を理解してくれたようで、「この場合は。。」と言う返事が来ました。
この過程で何度も名簿を見ることになったのですが、その中に栗栖継氏の名前もありました。
2007年横浜での閉会式で栗栖氏の挨拶を聞きました。決して大きな人ではないのですがその声は良く通りマイクなど不必要なほどでしたが、97歳とは思えない体の動きなど活き活きとしていて、感動したものです。挨拶の全てを理解していたわけではありませんが、「源氏物語のエス訳が出なければ日本のエスペラント活動はまだまだ。。。」と言うようなことを響き渡る声で言うのを聞き、この年齢だからこそ、また、彼の業績があればこそそのようなことも言えるのだな、と思ったのです。
同じことを私が言ったら、きっと「そんなこと言うなら、自分ですれば?」などと言われるだけでしょう。
今年のロッテルダム大会の頃は98歳になっている人です。凄いなぁ、この意気込み。というのが私の感想です。
神は二物を与えず、といいますが当たっていません。
能力、気力、健康、体力色々持っている人も居れば、どれも与えられていない人も居ます。能力はあるのに体力がないとか、忍耐力がないとか。。そういう不公平もあります。
昨日TVのドキュメンタリーで「努力もしないで長生きしている人々」を研究して居る科学者達のはなしがあり、その最初に沖縄のとある村の話がありました。百代の人が何人も居るその村は長寿は当たり前なのです。50歳位かなと思える人が実は70才を超えているというのが普通で、しかも特別努力しているわけではないのです。
昨日の自分と今日の自分は同じなのだと思っている人たちでしょう。その昨日は50年前から続いている昨日なのですが、50年前の自分と今日の自分をを比較し、年を取ったと思うことはないのでしょう。
この番組の中にやはり(何処の国の人か憶えていませんが)97歳の心臓外科医も居ました。これから心臓の切開手術をするというので手を洗っている姿は、どう見ても70才を越えているとは思えません。
この人たちの人生に対する考え方は、あまり遠い未来も考えないし、過ぎ去ったこともあまり気にしないのではないかと思ったりしています。
栗栖継氏のエスペラントのページです。
Kurisu Kei
彼の写真はこちらで見られます。
libera folio


にほんブログ村 外国語ブログ エスペラント語へ

コメント (6)

エスペラントの父ザメンホフ

エスペラントの父ザメンホフ

ブログ村 外国語ブログ

にほんブログ村 外国語ブログ エスペラント語へ