その蜩の塒

徒然なるままに日暮し、されど物欲は捨てられず、そのホコタテと闘う遊行日記。ある意味めんどくさいブログ。

上小川レジャーペンション

2016年06月05日 | 登山・トレッキング

 小耳にはさんだ話によると、奥久慈トレイルに出る人はテントや車中泊が多いようです。エコノミー症候群になってもなんなんで、私らはテントを選択。一番メジャーそうだった袋田バンガローキャンプ場は、都合により休業中。こちらは同名のキャンプ場が3ヶ所あるとかで、案の定マップコードで登録してたのは大子町立上小川小の向かいの方でした。左上写真の所を曲がって急坂を下るとすぐ受付(右上)。オートキャンプサイトは、テント1張2,000円で施設代として大人1人500円。つまり大人2人で1,500円/1人ってことです。オートキャンプという名ですが、電源設備等はありません。炊事棟にコンセントがあったぐらいです。


 すぐそばを流れる久慈川はアユ釣りで有名らしく、清らかな川でした。夏だと間違いなく泳いでたと思います。平べったい石も沢山ありましたので、つい「水切り」をやってしまいました。サイドスローで投げて緩やかなカーブを描くアレです。


 センターハウスの方には泊まってたようですが、テントは私らだけで拍子抜けしました。砂地でペグが刺さりやすく柔らかでしたので、最悪マットなしでもいけたかもしれませんね。風がなかったので張りも緩くしました。グロメットの内側へポールを入れてませんし、フライのポケットから張り綱も出してません。少し仮眠してたらベンチレーターから小鳥が入ってこようとしていて慌てましたな。トレックライズ1の幅は、ちょうどサーマレスト2枚分。2人でもそれなりに寝れるもんです。メッシュになってますので、この日は暑く開けたまま外出しました。


 左上;センターハウス 右上;バーベキュー棟


 左上;炊事棟 ここでプチトラブル。私どうも抜けてるところがあるので、この手の小話には事欠きません。こちらの炊事棟のテーブルでコンビニで買った麻婆丼を食べようとしたら、入ってないのですよ。早速電話しました。レシートはもらっておくものです。番号が書いてますから。というのもレンジで温めてもらってる間にクジを引いたんですよ。アイスが当たって糠喜びしてたら、店員も私も麻婆のことなど忘れてたというわけです。もう店から10kmも来てましたが、仕方なく戻りました。するとお詫びにユンケルをつけてもらい、かえって申し訳なかったです。てか再び糠喜びして麻婆を忘れるとこでしたよww

上小川レジャーペンション
茨城県久慈郡大子町頃藤4368
0295―74―1113(事務所)
0295―74―1114(現 地)
コメント   この記事についてブログを書く
« タケノコ採り2回目 | トップ | 丸亀製麺須賀川店 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

登山・トレッキング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事