その蜩の塒

徒然なるままに日暮し、されど物欲は捨てられず、そのホコタテと闘う遊行日記。ある意味めんどくさいブログ。

山野草展(1)

2008年05月31日 | 園芸・田畑
 2週間前のですが、上小阿仁の山野草展をアップしたいと思います。初回は売り物編。


 ヤエザキシロバナエンレイソウ(八重咲白花延齢草)。華麗ですね。気品すら感じます。この大きな鉢で24,000円でした。Yahoo オークションでは1~2株@2,500円ほどでしたから、この価格でも妥当なんでしょう。八重咲でないのは、山に普通に生えてたりします。花色は白と紫で、花は八重咲に比べると相当小さいです。


 シロバナシラネアオイ(白花白根葵)@2,000円。ラン科アツモリソウ属のクマガイソウ(熊谷草)@2,400円。どちらも低山に自生していることがありますので、気をつけて探してみて下さい。


 斑入りチゴユリ@1,200円と斑入りスズラン(価格不明)。山野草の世界でも斑入り種は人気のようです。

 
 左から丁字草@750円、ユリ科チゴユリ属の斑入りホウチャクソウ(宝鐸草)@1,800円、黄エビネ@900円。


 ツツジ科のイワヒゲ(岩髭)@1,400円。葉はひも状かつ鱗片状で釣鐘型の小さな花をつけます。右はツツジ科のヒメシャクナゲ(姫石楠花)@600円とミズキ科のゴゼンタチバナ(御前橘)@650円。


 イワシバナ(鰯花)ことスイカズラ科の斑入りタニウツギ(谷空木)。斑の入りが自然です。買いでしたよ。
来年は金に糸目をつけずに買うぞー
コメント (8)

猛禽類

2008年05月30日 | その他

 梟は、先日夜間誤って防鳥ネットにひっかかっていました。写真を撮ってすぐ逃がしました。目が非常に神秘的ですね。幸福の鳥なのであやかって下さい。少々怖い感じもしますが。。


 飛んでる鷹を撮るのは難しいですが、スピードはそんなに速くないので合わせられないことはないです。この後、カラスとけんかしてました。見てるとカラスの方が二羽だったので、鷹が逃げてました。カラスってホント狡賢いです。
コメント (10)

新玉川温泉

2008年05月29日 | 温泉

 一昨日またまたタケノコ採りに玉川へ行ってきました。今玉川温泉一帯は、イソツツジの白い花が咲き始めてます。


 タケノコ採りは入浴を拒否されますので、着替えてから行った方がいいでしょう。入り口では、消毒液の入った霧吹きを持った方が手に吹きかけていました。そういえば、昨年ノロウイルスが発生してましたね。


 ブログでは、新玉川温泉を紹介してなかったことに気づきアップした次第です。湯瀬グループなので、中身は玉川温泉とほとんど一緒です。玉川温泉には、歩行浴と露天がないだけです。飲泉用のコップは使いまわしでなく、どちらも使い捨ての紙コップになってました。あとリンスは新玉川温泉にはありました。厳密には無料の露天があるんですが、人が多く脱衣場も整備されていないので入るには勇気がいります。それでも私は、過去に2回入ってますが。

 上の写真は露天と言っても屋根がかかっています。他には、かけ湯、源泉100%、50%、気泡湯、箱蒸し、打たせ湯、蒸気浴、浸頭浴、熱い湯、ぬるい湯、歩行浴、岩盤浴と色々ありますので楽しみながら入れます。

 雨続きだったためか、箱蒸しと蒸気浴は温度が上がっておらず、源泉100%も体がピリピリしなかったですね。源泉に雨が入り薄まるからでしょうか?だとしたら、雨の日は避けた方がよさそうです。(根拠のない話なので鵜呑みにしないで下さい!)
コメント (8)

大間越街道・松波公園へのみち(3)

2008年05月26日 | ウォーキング

 今回も完歩証をいただきました。


 八峰町の日本海です。小さな島は名前があるんでしょうか?


 菅江真澄も紀行文に記しているという八峰町の「蛙岩」。ここで気づいたのが、著名人だと呼び捨てにされるということです。固有名詞化されてるためでしょうか。


 国道101号線沿いの鹿の浦といえば、イカ焼き。裏にも表にも干してありました。鳥の被害に合わないようにでしょうか、網をかけていました。ここが昼食場所だと分かっていたら、コンビニで弁当を買わなかったんですがねー。焼き魚定食美味しそうでした。


 ぜんまいも干してありました。海山両方の幸が食べれていいですねー。


 塩焼きだけでも美味しいんですが、マヨネーズもいけますよ。@350円。右上のは、コンビニで買った島唐辛子入りのソーセージ。味は微妙でした。


 真ん中は歴史を感じる邸宅でした。このあたりは八森駅近辺です。


 木造の五重塔。


 不覚にも神社の名前が分からず。。


 八森駅は、東北の駅百選に選ばれているだけあって、懐かしい感じがしました。
 

 今回のウォーキングはカヌーみたいなもので、車を置いた東八森駅まで一区間@180円ですが、JRに乗って戻ったのでした。


 八峰町には県道63号線(常盤峰浜線)なんですが、「ゆみこロード」という面白いネーミングの道路があります。同じ名前の人に写メを送ったら喜ばれましたよ。
コメント (10)

大間越街道・松波公園へのみち(2)

2008年05月24日 | ウォーキング

 自生の「ナルコユリ」。右のは一際大きいので「オオナルコユリ」でしょうか。山野草愛好家に人気があります。似たのに「アマドコロ」があるんですが、茎の断面が違います。


 道端に咲いている白い花はシャク(山ニンジン)でしょうか?茎の形状からするとセリ科ニンジン属だと思うんですが。真ん中ピンクのは、この時期よく咲くタニウツギ。


 フジもよく見かけました。白い花は、ウツギかな !?


 マーガレット、菜の花、ねぎぼうず。なんでもない風景がいいです。真ん中は「オドリコソウ」。花は白かピンク。「ヒメオドリコソウ」は花が紫でもっと小さいです。右は「ヒナザクラ」!?




 八森岩館県立自然公園のハマナスも能代同様、咲き始めでした。こちらは白が少なかったです。


 シロツメクサや野あざみもよく見ました。オダマキの群生も。ナデシコは花壇のもの。よくこんなに密生させられるものです。


 海岸の民家のグランドカバーがほとんど「ハマヒルガオ」でした。ハート型で葉脈がありとてもかわいいです。花もピンクのを咲かせます。赤い花が落ちてますが、これはハマナスです。砂地と潮風に強いんですが、内陸では育たないんでしょうか? こんど試してみますね。似たのに「ディコンドラ」があるんですが、葉脈がないんですよ。
コメント (6)