その蜩の塒

徒然なるままに日暮し、されど物欲は捨てられず、そのホコタテと闘う遊行日記。ある意味めんどくさいブログ。

ポップコーンマシーン

2013年02月28日 | その他
 今まで使っていたポップコーンマシーンが壊れてしまいました。じゃいつ買うか?今でしょ、ってことで新しいマシーン(POP10oz1.2KW)がきました。定価30万のを25万って高過ぎると思いますが、量産している訳ではなくそこそこノウハウがあってのことなんでしょう。減価償却は価格に反映されますので、結局は客が負担してるってことなんですよね。実は、この他にキャラメルコーン専用マシーンもあるのですよ。なのでこれは塩専用。私ポップコーンはあまり好きじゃないので話をよく聞いてなかったんですが、最近はチリソース味やカレー味なんかも人気みたいなことを、納品に来た業者が言ってました。

 昔学生時代の夏休みに、八ヶ岳の麓で住み込みのバイトをしてたことがあるんですが、お祭り会場で露店を出すことになったんです。私は綿飴担当。綿飴って技術はいらないので、一人で黙々とやってたんですが、釣銭を渡そうとすると菓子箱に入った5千円分の釣銭がないのですよ。そうなんです。箱ごと持ち逃げされてしまったんです。商売はそこで打ち切りとなったわけですが、今度は会社から私が疑われるという二重苦を味わいました。でその5千円は、しっかりバイト代から差し引かれてたというおまけ付き。やくざな商売やってますと、色々とありましてね。(決してやくざが商売ではないですから。。)
コメント (2)

居酒屋わいず

2013年02月24日 | 居酒屋

 遊食人酒が居酒屋わいずに名を替えて営業してましたが、店内のレイアウトは変わりなし。角皿には、静岡産スキャンピ(手長エビ)と駿河湾桜エビの刺身。長皿は左から、もっちりどうふ、小海老のゼリー寄せ、海鮮ミニパエリア。もっちりどうふはチーズ味が濃く、ミニパエリアは小さいのに具沢山で美味しい一品でした。


 ソフトシェルクラブの唐揚げは、脱皮直後のカニを使ってるので柔らかでした。


 マルゲリータと変り種の一品オニオンビーフシチュー。


 遊食人酒時代から売りにしてた名物ハニーバターブレッド。食パン丸ごと食べられます。


 花畑牧場も出しているカタラーナ(北海道アイス焼きプリン)。コーヒーで〆ましたが、ビールに冷酒、カクテルはモスコミュール、カルアミルク、パッソアオレンジと完全なちゃんぽん。飲み代より代行代がかかるので、むしろ1泊した方が安いぐらいです。事実、週末に秋田市へビジネスホテル1泊で飲みに出かける方もいらっしゃいます。

【居酒屋わいず】
北秋田市材木町1-17
0186-60-1177
コメント (2)

『霖雨』漢字編

2013年02月21日 | 本・雑誌
烟(けむり)=煙

娥眉青黛(がびせいたい)・・・本書にある通り、古代中国の女性は、眉を剃り青い顔料で眉の形を描いていた。娥は美しい女性を表す。

諾(うべな)う・・・同意する。

麒麟児(きりんじ)・・・才能が優れていて、将来が期待される少年。

蕭々(しょうしょう)と・・・風雨・落葉などの音のものさびしいさま。

才気煥発(かんぱつ)・・・すぐれた才能が外にあふれ出ること。

曲学阿世(きょくがくあせい)・・・世間に阿り(おもねり)学問を曲げる。-の徒。

嫂(あによめ)

胡乱(うろん)・・・正体の怪しく疑わしいこと。

栄耀栄華(えいようえいが)・・・富や権勢があってぜいたくを尽くすこと。

苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)・・・年貢・税金などを厳しく取り立てること。

首肯(しゅこう)・・・うなずくこと。賛成すること。

小心翼々(しょうしんよくよく)・・・気が小さく、びくびくしているさま。

臍を噬む(ほぞをかむ)・・・後悔する。

怨嗟(えんさ)・・・うらみ嘆くこと。

府仰(ふぎょう)天地に愧(は)じず・・・「仰いで天に愧じず、伏して人に恥じず」(孟子)

蓬髪(ほうはつ)・・・蓬(よもぎ)のようにぼうぼうに伸びた髪。

奸計(姦計)かんけい・・・陰謀、悪巧み。

片言隻句(へんげんせっく)・・・ちょっとした短い言葉の意。ひとことふたこと。

汲々(きゅうきゅう)と・・・ 小事にあくせくするさま。

諱(いみな)・・・ 〔「忌み名」の意〕 生前の実名。

与(くみ)する

詳(つまび)らか

訊(たず)ねる、訊(き)く

購(あがな)う

憂悶(ゆうもん)・・・思い悩み、苦しむこと。-が晴れる。

涵養(かんよう)・・・水が自然に染み込むように、無理をしないでゆっくりと養い育てること。

懶惰(らんだ)・・・怠惰。

弑逆(しいぎゃく)・・・臣下・子など目下の者が、主君や親などを殺すこと。

蟠(わだかま)る

据傲(きょごう)・・・おごりたかぶること。

久闊(きゅうかつ)を叙(じょ)する・・・無沙汰をわびるあいさつをする。久し振りに友情を温める。

驟雨(しゅうう)・・・にわか雨。

逼塞(ひっそく)・・・落ちぶれて世間から隠れ、ひっそり暮らすこと。

百折不撓(ひゃくせつふとう)・・・何度失敗しても志を曲げないこと。

退嬰(たいえい)・・・しりごみして、ひきこもること。進んで新しいことに取り組もうとしないさま。

訪(おとな)う・・・1.訪問する。2.声を出したりして、訪問を告げる。

呻吟(しんぎん)・・・苦しみうめくこと。

膾炙(かいしゃ)・・・世の人々の評判になって知れ渡ること。「膾」はなます、「炙」はあぶり肉の意。
コメント

『霖雨』

2013年02月20日 | 本・雑誌
 終盤に、大塩中斎(平八郎)が幕閣に送った告発状が、書状を入れた箱の中に金が入っていると思い込んだ飛脚によって開封された、とありました。外国からみたら、現金書留が普通に着く日本って、ある意味ヘンなのかもしれませんね。

 またまた葉室麟を読みました。いつにも増して、主人公が不器用なまでに実直です。読んでて自分の行いが恥ずかしくなってきますね。「人を潤す慈雨となる生き方」一応頭の片隅に入れておきましょう。いつも身分を越えた交流なんかをテーマにもってくるんですが、今回は私塾だけに「三奪」を掲げます。すなわち、年齢、学歴、身分の三つを奪って平等とし、同じスタートラインから始めるというものです。広瀬淡窓が営む咸宜園(かんぎえん)は、八歳年下の弟久兵衛のバックアップあってのことですが、咸宜園が隆盛を極めれば博多屋にとっても相乗効果となることもあって、兄弟愛を超えたお互いを尊敬し合う理想的な信頼関係がみえました。大塩の乱を契機に、二人とも逃げずに腹をくくるという、達観の境地に至ったのでしょう。

 前半は、西国郡代の塩谷大四郎とその用人宇都宮正蔵の息子茂知蔵の横槍があったり、全般を通して優柔不断な臼井佳一郎が足をひっぱる役で歯噛みさせられました。ですが、その佳一郎と千世、久兵衛、久兵衛の妻りょうの三角関係が性的な描写がないのに、お互いの内面が純化されてて唸りました。つまり千世を巡っての佳一郎と久兵衛の関係、久兵衛を巡っての千世とりょうの関係ってことですけど。数年後、千世が博多屋へ戻ったと信じたいものです。

 霖雨(りんう)とは、長雨、三日以上降り続く(恵みの)雨のことですが、転じて苦しんでいる人々に、救いの手を差し伸べること。また、民衆の苦しみを救う慈悲深い人のこと。本書では、大塩のように武力行使に訴えるのではなく、(淡窓が)「迂言」という書をもって老中水野忠邦へ進言したこと、また久兵衛にあっては府内藩、福岡藩の財政再建に尽力したことを意味すると思われます。
コメント

期間限定「チョコバター餅」

2013年02月18日 | 飲食物

 先日、期間限定の「チョコバター餅」をもらいました。製造者は、北秋田市阿仁戸鳥内の“精まい家”。見た目はあまりよくないですが、とてもいい出来だと思います。期間限定にしておくのは、もったいないです。普通のバター餅でも、端っこをパック(右上)にしたので100円と安いのがあります。かえって細長で食べやすいかも。

 ところで、かの国ですが亡くなった人の生誕祝いって、意味分からないです。au のCMで、「三つの0円で森四中」「まぎらわしいわ」も訳分からんかったですが、今の大奥&大得もヒドイですね。CMというと、「ほっともっと」の女の人も好みが別れそうです。私はパスですけど。。
コメント (2)