花と鉄輪

趣味であるオートバイでの出来事と、
日常での出来事。
三河遠州を中心に花、滝、巨木を回ってます。

センブリ

2015-10-31 21:31:55 | 








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キッコウハグマ

2015-10-30 20:29:47 | 






近所のキッコウハグマ
ここでは例年は2~3しか咲いたのを見つけられなかったが
今年は10ほど咲いてた
けど一日中日陰だし、風は強いしで
なかなか思うようには撮れない場所なんだよね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited

2015-10-24 22:06:47 | Weblog
以前から広角レンズが欲しいなーとは思ってた
滝を撮るとき、標準レンズでは収まりきらない場合があるからだ
ただそれ以外では用途が思いつかないので躊躇していたが
今回思い切って手を出してみた



HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limitedである
携帯性を重視して、ズームよりも単焦点を選んでみた
思ったより小さくて軽い
とはいえ金属銅鏡のせいか大きさの割りにズッシリとした感もある

写りはシャープ
15mmという画角も超広角としては扱い易いと思う
デザインはちょっとクラシカル風かなー


使ってるカメラ、Krに付けてみた

実物を見るとレンズがクラシカル風で小さいので
ややアンバランスな感じがした
というわけで


古いカメラ、MEスーパーに付けて見るた

大きさのバランスは良いけど
レンズのみ現代風に見える不思議
やはりこのレンズ、クラシカル風またはネオクラシカルといったデザインなのかなー


試し撮り

今回買ったこのレンズ
新品ではなくて中古である
カメラのキタムラはネットで全国の保有中古レンズが検索でき
数も多く割りと安めの中古レンズが揃っている
無料で取り寄せが出来て、気に入らなければパスできる
流石である

が、下取りとして要らないレンズを持って行ったが
こちらはカビ有りで下取りを断られてしまった
一応ドライケースに入れてたんだがなー
下取ってはくれなかったが、他で買い取ってくれる所を教えてくれて
そちらで安いながらも売れたのは在り難かった




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOPEAK/JoeBlowMountain

2015-10-22 21:50:24 | バイク

空気入れである

いちおうコンプレッサーもあるけど
いちいちその場所まで移動してくのも面倒なので
自転車の空気入れを愛用していた

ただそれはホームセンターで買ったもので
そろそろくたびれて来たので
ここは一つ本格的なのを買ってみようかと

それなら空気圧のゲージの付いたやつが欲しくなるよね
で、トピークのジョーブローマウンテンである


ロードバイク(自転車の方ね)は持ってないので
5kgも入れられれば十分かと
なによりメーターが見やすいからね


使って見た感じは

マウンテンバイク用の大容量タイプなんで、ポンピングが重い(汗
ほんとに5kgも入るんだろうか?
本体もやや重い
あとポンピングは部品同士が擦れる感じがあって、スムーズとは言えない感じ
エアのリリースボタンは便利
バルブから取り外す時、レバーで指を打つことがあって痛い
梱包がプチプチ+ビニール袋なせいか
本体に部品で擦れた傷があった

でもまぁ、そんなに高額でもなかったし
チャリにバイクに、もしかしたら車も行けるだろうし
まずまずの買い物だったかなー


ついでにスパイク長靴も新調ー
冬には凍結するであろうあの滝を見るために
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あの山で花巡り

2015-10-18 20:19:14 | 

エンシュウハグマ
今年は極少


センブリ
1株だけ


オケラ


サワシロギク


ツリガネニンジン?


ムラサキセンブリ


ムラサキセンブリ


ムラサキセンブリ


白花のムラサキセンブリ?


リンドウ
1株だけ

この山はこれから賑わいそうだね
石巻で次郎柿を無人販売で買って帰る
実はこちらの方が目的だったりしてー

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミゾソバ

2015-10-13 21:08:00 | 



ミゾソバ
たぶん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホトトギス

2015-10-12 21:04:20 | 
近所のホトトギスを見に行った









ここのは山の方のとは色合いが違うんだよね
潮風の影響か?種類が違うのか?
葉も痛みがち


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月8日黒河湿地

2015-10-10 22:35:46 | 

黒河湿地も秋の装い


スイラン
ちらほら


シラタマホシクサ
近くのは1株だけ


ワレモコウ
ナガボノ?


ミミカキグサ
まだ沢山咲いてた、ホザキノミミカキグサも少し


サワシロギク
色はイマイチ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新城市川合・宇連川砥沢支流ユヤノ沢の大滝

2015-10-01 21:19:56 | 
アプローチは「新城市川合・宇連川砥沢F2」と同じ
林道を歩き、ゲートから2つ目の橋「川合4号橋」まで進む
橋のところで左岸から流入するのが、今回目的のユヤノ沢


ユヤノ沢入り口

橋を渡った所からユヤノ沢へ入る
沢入り口(右岸)に踏み跡があったが
それは沢から離れる方向に向かって行ってるので
とりあえず沢に入って進む
すぐに堰堤があるので、右岸をまいて
少し進むと小さいが幅広の滝に出会う


幅広の小滝
ここも右岸をまく


小滝の上のナメ


その上

ここも右岸をまこうとしたら
右岸に沿う踏み跡を見つけたので、それを利用して進む
(後で知ったのだが、これは沢入り口で沢から離れていく踏み跡の続きだった)


踏み跡を辿って行くと、小さな木橋があった
少し危なそうだったが渡る


進んで2つ目の木橋
シュチュエーションはさらに危なくなるが
ここも渡る


橋のところからは、小さな滝が見えた


その上流の、青い淵が印象的な小滝


水量は随分少なくなってしまった感じ

また踏み跡に戻って進む
少しづつ沢から離れていく

支流に架かる小さな木橋を渡って
さらに次の木橋


ここも小さな涸れた支流を渡るが
この橋を渡った後、踏み後はさらに沢から離れるように左へ曲がる
このまま進んではマズイと思い
斜面を下って沢に戻る


沢に戻ったところ
緑の苔が良く発達しているが、水は無い


少し進むと緩いナメが現れ
水も見えたので、少し安心した


沢の中を進んでいくと、段々ガレてきて
左手に白い壁が現れた


非常に脆そうで
大きな岩が剥がれたのもあった

沢はガレた斜面となり、その先には


ユヤノ沢大滝


落差は30mぐらいか?


三河の滝らしく、水量が少ないのが残念


先ほどの白い壁とは違うようだが
ここの岩壁も脆そうで、下部は抉れてハングしている
滝手前のガレの斜面は、この岩壁が崩れたものだとすると
この岩壁は崩れながら後退していることになる
崩れる前はどれほどの岩壁と滝だったのだろう

ちなみに沢入り口からゆっくり目に歩いて1時間15分程だった
ゲート手前の駐車スペースからでも1時間半はかからないんじゃないかなー















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加