花と鉄輪

趣味であるオートバイでの出来事と、
日常での出来事。
三河遠州を中心に花、滝、巨木を回ってます。

エアフェスタ浜松2006

2006-10-30 21:04:53 | Weblog
航空自衛隊浜松基地にて、ブルーインパルス展示飛行

午前中に仕事して
午後から時間が取れたので
エアフェスタを見に自衛隊浜松基地に行くことにする
午前中に友人から電話があり
すでに車で向かっているとのこと
別の知人も行くらしい・・

ブルーインパルスの展示飛行は見たい
事前にロケハンできていれば、基地外で見てもいいのだが
友人が向かっているということと
ギリギリの時間で場所探しは不利なんで
直で基地に向かうことにする
バイクで行けば、すんなり基地内に入れるだろう

早めに昼を食べ、12時ちょうどに出発
マシンはVTR1000F
先日転んで直したんで、その試走もかねている

R42から浜名バイパスへ
日曜なんで交通量が多い
覆面に注意しながら ぬううkmぐらいで飛ばす
坪井ICで降りると
ほぼ真っ直ぐで浜松基地そばまで行ける
やはりファミリーっぽい車が多いが
そこはバイクの利点のすり抜けで
前へ前へと・・

1時ちょうどには浜松基地、湖東門より駐車場へ
案内された所は芝生広場
二輪専用になってるんだけど
だだっ広いので、そこそこ台数があっても
ガラガラの状態

すぐにエプロンへ向かう
携帯に友人より着信履歴があったので、かけてみると
渋滞で身動き取れなくて
基地までたどりつくのをあきらめて、外で見るらしい

エプロンには各機が展示されているし
格納庫では催しや、体験、展示があり
その裏では沢山の出店が並んでいる

展示飛行はプログラムでは1時からなのだが
隊員の紹介やらなんやらで
まだ飛ぶまで時間があるので
その間に、別の友人を探す
携帯で連絡を取ったのだが
まったくみつからない
なんにせよ、すごい人手
ビニールシートを広げて遠足気分の人も・・

そのうちに機が滑走路に向かい
展示飛行が始まった
急いでカメラを向ける
パナのFZ10を持ってったのだが
高望遠が有利かと思って

だが、難しい!
EVFも背面液晶も機を探すのに約不足だし
ピント合わせも遅い
ズーミングも遅い
やっぱり一眼デジカメ持ってくればよかった
さらに、解ってはいたことだが
ほとんど逆光である

とはいってもしかたない
機を探しては連射
そして合間に友人を探す

しかし飛行機はいいなぁ
空を自由に機動飛行をする姿を見ていると
鳥肌が立つような感動を覚える
特に運動性能が高い戦闘機は
信じられないようなパワーと動きをみせる
もっとも現在、ブルーインパルスはT-4という練習機なのだが
それでも軽さを生かした飛行は見ごたえがある

余談だが、数年前浜松に米空軍のサンダーバーズが来たことがある
それを知った時は
なにがなんでも見に行こうとがんばった
それを逃すと、次に来るのはいつになるか判らないから
(浜松基地の60周記念だったかな?)
ブルーインパルスもすばらしいが
さらにさらに上のクラスの飛行が見られるハズだった
し・か・し、当日は雨
雲が低くたれこめ、大粒の雨が降っていた
そんな中で飛ぶわけもなく
泣く泣く帰途についた覚えがある

さて、展示飛行の合間に友人を探し続けて
なんとか合流
会話をしつつカメラは空へ向け続ける
ホントは撮らないで、ただ見ていた方がよかったかなと思うが
それでも撮らずにはいられない

2時頃には飛行も終わり
各機着陸して来るが
観客もぞろぞろと帰り始める

自分も友人にさよならを言って駐車場へ
そそくさとバイクに乗って帰途につく
やはり車は多いが、渋滞することもなく
浜名バイパスは、ぬゆゆkmで爆走

なんとか3時ちょい過ぎに帰宅
そして子供達を農村公園のサンテパルクに連れて行ったとさ







コメント (1)

センブリ

2006-10-26 20:18:25 | Weblog
新城市、桜の園にて

ムラサキ~よりセンブリの方が好きだ
ムラサキ~はモノトーンな感じなんだけど
センブリは清楚な姿をしていると思う

去年は草刈がされていて
何株か咲いているのを見かけたが
今年は雑草(という草はないよね)の中に
一株だけ見つけた

東屋まで登ると、
上の方でエンジン音
だれかが草刈をしていてくれてるのかな?

前回に来た時も、桜の周りを草刈されている人に会った
「ご苦労さま」と挨拶をしたが
その人に今日も上り口で会った
また挨拶をしたが
何人もの人が手を入れてくれるおかげで
いろんな野草が見られるのだなぁ
コメント (3)

ムラサキセンブリ

2006-10-24 20:41:23 | Weblog
新城市、桜の園にて

登山道を登っていくと
ムラサキセンブリが迎えてくれる
今年もこの花が見られる季節になったんだなぁ

ツリガネニンジンもまだ見られる
マツムシソウも小さいのが咲いている
ワレコモウも少しだけど残ってる
リンドウもあったけど
天気が良くないので、開いてたのは一株だけ
東屋の少し先でヤマハッカを見つけて
引き返すことにした

コメント

コウヤボウキ

2006-10-23 22:00:26 | Weblog
新城市、桜の園にて

またまた仕事の合間に寄ってきました
予報では雨の一日かと思ってたけど
朝には晴れ間も覗いて
無事に見て回れたよ

エンシュウハグマも花盛り
けっこう可愛いのが、いくつも咲いてた

今回目についたのがコウヤボウキ
あちらこちらで沢山咲いてた

さてこの名前、漢字で書くと「高野箒」
あの和歌山県の高野山で、竹箒のかわりに
この木の枝を束ねて箒にしてたらしい

さらにこの枝を束ねて玉で飾ったものを「玉箒」といい
あの正倉院宝物の「子日目利箒(ねのひのめとぎほうき)」
もそういうものらしい

前にも書いたけど
この花、エンシュウハグマに似てるなと思う
似ているのは花だけだけど
そういやオケラも咲いてた
オケラも似た感じの花だね
こちらは初物だったよ
コメント (3)

秋の空の下で

2006-10-20 21:19:51 | Weblog
新城市にて、エンシュウハグマ

今日は(といっても、少し前の話だが)
楽しい走行会!
バイクで鈴鹿サーキットを走るのさ!
この前は5月だったから、5ヶ月ぶりだなぁ
その間、このバイクには一度も乗ってない・・

んが、その日は東名集中工事の真っ最中
渋滞を見越して、早めに準備
ハイエースにツレとバイクを2台積んで出発
最近は晴天続きで、今日も晴れ

いつもは嫁さんと子供を連れてことが多いのだが
長い道中、子供は退屈して騒ぐ
嫁さんはこの時とばかりに居眠りしてる
んで、ずっと運転するから疲れるんよ
まぁ、一家で出かけるのも楽しいんだけどね

でも今回はツレとだから
運転を任せられるし、交通費も安上がり

渋滞の東名を回避して
R23を選ぶが、こちらも東名を回避した車で
結構渋滞してノロノロ
それも湾岸高速に乗るまで
川越で降りて、吉牛で腹ごしらえをして
走行30分前に到着

ってあわてて準備
バイクを下ろして、軽くチェック
ツナギを来て装備をつけて
ちょっとイメトレ
んで準備運動・・してたら、集合の放送

ピットレーンでブリーフィング
けっこう台数が多いね
今回はA(オール)クラスだから、早いのも遅いのもいる
まぁ1本目だけど気合入れていこう

ペースカーについて1周してピットイン
いよいよ走行開始!
タイヤが温まるまで2週ほど流す
んでちょっとペースを上げる
と、1コーナーですごい勢いでインから抜かれる

こいつは速そうだ!
後ろについてひっぱってもらおう

が、後ろについていると思ったより速くない
タイムは1分6秒台
コレじゃツーリングだ
抜かしてしまおうかとも思うが
ストレートは相手が速いし
コーナーでズバッと抜くほど度胸もない

しばらく走っててラチがあかないので
一度ピットイン、車に戻って
ポカリを飲んで(メット被ったまま、バイクまたがったまま)
再度ピットアウト

出てすぐ、遅いバイクを2台ほど抜くと
前が開いてクリアラップ
少し頑張って4秒台
真剣に走って2秒台
この先は恐怖と経験を乗り越えて
少しキレた感覚で走らないとタイムは出ない(自分は)

んで、ちょっとキレてみる
1~2コーナーまぁまぁ
S字、お!いい感じ
逆バンク、早めにアクセルを多めに開けると
リアが滑ってスリップダウン!

って転んじゃいましたよ
バイクが火花を散らして滑っていく
自分もすごい勢いでバイクの後を滑っていく
んでコースから飛び出て
グラベル(コース外の砂利の部分ね)へ突入!
まぁ、ケガがないことは自分でも判ってるから
そそくさとタイヤバリアの後ろへ・・

バイクはグラベルに転がったまま
あ~ぁ、また転んじゃったよ
どれくらいダメージ(バイクの)あるかなぁ
修理代のことを考えると頭がいたい

サーキットを走る以上
転ぶ覚悟はあるし
それくらいの勢いがないとタイムは出ない
だからしかたないのだけど
今はただ、あまり壊れてないことを祈るのみ

体はほかっておいても、ある程度は治るけど
バイクはお金をかけなきゃならない

コース脇のタイヤバリアの影でボーと
ツレが走ってるのを見る
オレが転んでるの判ってるかな?

あ~ぁ、いい天気だなぁ


後日、使えるものは可能な限り直して
継ぎ接ぎだらけ、曲がったのは曲げなおして
思ったより深刻なダメージもなくて
案外安く治ったよ
見た目ぼろぼろになったけど





コメント

秋桜と向日葵と・・

2006-10-19 20:20:16 | Weblog
田原市、サンテパルク田原にて

今日は休日、子供を連れて
近所のサンテパルクへ

小動物園に行って
山に登って、クリとドングリ拾って
(クリは後で、ミニ栗ご飯になった)
コスモスひまわり畑へ

さすがに休日
大勢の家族連れやカップルが花をバックに写真を撮ってる
自分も負けずに、花を撮ったり
子供を並べて撮ったり・・

と、子供を抱っこして撮っていると声をかけられた
相手は車椅子の御夫人
もしかして・・と、サンテパルクのミニギャラリーで
写真展を開いている中村幸子さんでした

実は先日、仕事の合間に
写真展を見に来ていたのだ
思わぬ声の主にびっくり
とても気さくな人で
抱っこしている子供の写真を撮っていただいた
さらにポストカードまでいただいて
恐縮の限りである

しかし、子供達はすでに次の遊び場へ移動したがっている
お礼を言って遊具へ

コスモスとひまわり、秋と夏が混合している
グルグルと見て回っていると
菜の花まで発見
温暖な渥美半島という土地柄のせいか?

コメント (2)

アケボノソウ

2006-10-18 20:12:54 | Weblog
旧一宮町、本宮山にて

情報を得ていた、咲いている野草を探す
なんせ、昼には帰らなければいけないので
ゆっくり探索しているヒマがない
聞いた情報を頼りに、駆け足で回ろう

まずは社殿裏のツリフネソウ
あった、あった、けど・・
閉じて・・る?
なんで?
がっかり

参道を少し戻って、わき道にそれると
あった、エンシュウハグマ
あちらこちらにポツリポツリと咲いている

林道に下りて、戻るように歩くと広場に出る
ここは知る人ぞ知る
アイススケート場跡なのだ
って自分は滑ったことはないが
廃墟があったことは覚えている

ここにはアケボノソウが咲いている・・
ハズが花がない・・
もう花後の実が膨らんでいるのだ
広場をウロウロしながら
花を見つけて、なんとか撮影

よし、これで予定終了
ホントはミカエリソウも見たかったのだが
その時間がない事はすでに予想していた

すでに太陽は高く、背中が汗ばんでいる
早足でバイクに戻る

駐車場から和田方面へ下る
こちらのハイライトは、ぐるりと回る270度コーナー
ずーと曲がってもなかなか出口が見えない
よくもこんな地形で、こんな道を作ったものだ!

帰りは車が増えて、急ごうにも急げない
再び豊川堤防を爆走して
なんとか昼少し過ぎに帰宅

午後は子守でサンテパルクへ






コメント

天狗の寄木

2006-10-17 20:17:30 | Weblog
旧一宮町、本宮山砥鹿神社奥宮にて

清岳湿原を後にして
本宮山スカイラインに入る
すでに無料化されており、料金所の跡形もない
バイクで走るのは久しぶりだ
有料の時は、あまり走ったことがないのだ
ちょっと高かったしね
清岳側より進入

スカイラインは尾根沿いを走る
ほどよいコーナーが連続する、気持ちの良い道だが
あまり展望はない
しかも同じようなコーナーが続くので
そのうち飽きてしまうのだが
そうこうするうちに駐車場に到着

ここもバイクがいっぱい
車系の走り屋さんっぽいのもいる
その横を登山の中高年ハイカーが歩いていく
ちょっと不思議な光景

バイクを置いてテクテク砥鹿神社奥宮に向かう
大鳥居をくぐって休憩所の前には
天狗の寄木と呼ばれる杉の大木がある

太い幹がうねり、枝が上へ上へと伸びている
砥鹿神社の歴史に負けない
堂々かつ異様な雰囲気
が、この木はいつも逆光気味で
全体をキレイに撮るのは難しい

この木の横をぬけて石段を
まわりこむように上がると社務所と神殿がある
里宮とくらべると
だいぶこじんまりとしている
ここもハイカーで賑やかだった

コメント (7)

ウメバチソウ

2006-10-16 20:25:10 | Weblog
旧作手村、清岳湿原にて

午前中、時間が出来たので
かねてから行きたかった
作手村と本宮山に花を撮りに行く

バイクで、アフリカツイン

出掛けにモタモタしていたら
時間が押してしまったので
気合を入れて走る
空は秋晴れ
朝は寒かったけど、日中は暖かくなるだろうと
Tシャツ2枚がさね
が、出発時点で寒かった

豊川堤防を爆走
河原では少年サッカーや野球が行われている
新城でR301に入り
標高を上げていくと
鳥肌もんの寒さ
走ってる他のライダーはもう冬のような装備

作手の道の駅には
沢山のバイクが集まっている
天気がよいので、みんなツーリングかな~?

清岳湿原には誰もいなかった
マイナーなのかねぇ
おかげでゆっくり撮影・・
いゃいゃ、昼には帰るので時間がないのだ

100mmマクロをフィルム一眼とデジイチに
交互に付け替えて撮影
やっぱりホントのマクロレンズは違うねぇ

沢山さいているウメバチソウ
でも撮るのは結構難しい
いいシベが揃った花が少ないのだ
木道に這いつくばって、何枚も撮る

ここの木道は、地面から1m程の高さにある
よって見下ろすような撮り方になる
ファインダーを覗かねばならない
一眼カメラで変化を作るのは難しいね

ホソバリンドウも咲いていたけど
木道から遠いのもばかり

今日は休日
まわりの別荘からは、笑い声が聞こえる



コメント

諏訪神社のケヤキ

2006-10-12 22:18:44 | Weblog
新居町にて

ケヤキの木が好きだ
すっきりとした佇まいに
のびのびと枝を広げ
涼やかで、わびた紅葉をする

商店街からすぐ入った所
神社の鳥居の脇にそびえる
先に学校があるせいか
ぞくぞくと中学生が歩いて来る
ちょっと怪訝そうな顔で
カメラを構える自分をチラ見する

ケヤキは太く歴史を感じる
堂々とした幹にふつりあいな
こじんまりとした枝ぶり
ちかずいて見ると、何回も大枝が切られた跡
人通りが多いのでしかたないのだろう
それでも端正な立ち姿

そろそろ紅葉し始めているかと思い
久しぶりの来訪
ケヤキの落葉は早い
空は秋の碧さ(PLめいっぱいかけてます)
もう少し葉の緑が残ってたほうが
ケヤキらしくて好きだな

諏訪神社は奉納手筒花火が小さな名物
過去、何回か訪れているが
この木を見るだけで
神社まで上がったことはない
コメント (6)