花と鉄輪

趣味であるオートバイでの出来事と、
日常での出来事。
三河遠州を中心に花、滝、巨木を回ってます。

ウチョウラン

2016-06-30 22:07:26 | 
今回は多めで












コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

28年6月27日黒河湿地

2016-06-27 21:52:25 | Weblog












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊田市中当町滝ヶ洞F1・F2

2016-06-23 21:48:29 | 
以前瀑好さんが紹介していた滝
また伊藤文弘先生が「愛知の滝全記録」という本でも紹介している

豊田市中当町を通るR257の「中当バス停」で西へ入り名倉川を渡る
すぐのT字は左、その先のY字は右へ進む


民家の横を抜けると「林道中当滝ヶ洞線」の入口がある

林道に入ってすぐ土嚢が並べられていて
その先の川を跨ぐ所までは路面の状態は良いので車で入れる(土嚢を越えられればだが)
伊藤先生はそこから川沿いに歩き
堰堤を2つ超えてF1に出合うが
瀑好さんの記事どうり、林道終点まで進む(入口より1km程)

途中は流水で路面がえぐられてる場所があり
4駆でないと車での進入は無理だろうねー

終点は広くなっており
奥へすすむ踏み跡がある
踏み跡を進むとすぐにF1を見つけられる


滝ヶ洞F1

左手より支流が流れ込む
落差は5mほどだが、水量はまずまず
なにより苔むした風景が良いね


滝のアップ

不動滝だそうだが、不動様は見当たらなかった

踏み跡に戻り、さらに上流にあるF2を目指す
右岸沿いに踏み跡が続くが
50m程で不明瞭になってくるし、川から離れそうな感じなので
川に入り渡渉して左岸に渡る
さらに50m程上流に進むとF2がある


滝ヶ洞F2

こちらも落差5m程
落水が大岩に当たって広がってるのが特徴的
滝上の大木も良い感じ


アップ

さらに上流にも小滝が続いていて
滝ヶ洞の名もそこから来ているようだが
沢を上がった高原に何があるかと知れば
この風景も違って見えてしまうのが残念なところ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチヤクソウ

2016-06-20 21:22:18 | 
少し前の画像だが







近所のイチヤクソウ
去年と同じ日に行ったら蕾だったんで
一週間、間を置いて再訪
ちょうど見ごろで良かった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

設楽町東納庫・寺屋敷川ザトウ淵の滝

2016-06-13 21:38:17 | 
伊藤文弘先生の本「愛知の滝全記録」に記載されていた滝

設楽町東納庫、R257より名倉CCへ向かって入って行く


500m程進むと名倉CCの入口(左)がある
ここは直進(2車線の方)する

すると右手に名倉CCの管理棟があり、広い道はそちらへ曲がるが
そこは直進するように細い道へ入って行く


まるでゴルフ場の中に入ってしまったようだが
たぶん公道(林道)だろう
名倉CCのコースが公道を横切るように作られているようだ
この先に用がなければ引き返したいような場違いな雰囲気
今回はバイクだが、車だとここまで入る勇気は無い


少し進むと、ちょっと広い場所があって
右手(谷側)に大きな砂防ダムがあった

そこから先は倒木で進めないので徒歩で進む


すぐにまた巨大な砂防ダムが見えた

この二つの砂防ダムの間に滝があるらしいが、林道からはまったく見えない
しかし砂防ダム間は100m程だし、滝音も聞こえるので場所はすぐに特定できた
斜面を下って川へ降りる


川に降り立った所の下流はちょっとしたナメ滝になっていた
すぐ先は下流側の砂防ダムがあるようだ


上流側には目的のザトウ淵の滝があった


ザトウ淵の滝

落差は5m
まずまずの水量があるので見応えがあるし、音も良く響いてる感じ
上1/3はナメになってるようだが
淵の手前からは落ち口が良く見えないのが残念かなー

ザトウ淵の名前の由来は
「昔、当地を訪れた盲人が、村人に間違った道を教えられ
この淵の辺りでそれ以上進むことも戻ることもできなくなり
やがて衰弱してこの淵に身を投げて死んでしまったという」
この話は、遠州から東三河あたりで良く耳にする話でもある



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カキラン

2016-06-11 19:46:57 | 






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ササユリ

2016-06-09 21:47:33 | 











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

設楽町東納庫・久原の不動様

2016-06-07 19:48:44 | 
設楽町誌に東納庫の久原に不動様があると記載されていた
不動様といえば滝が絡んでくるが
地形的には滝があっても小さいものだろうと予想された
それでも訪問しない訳にはいかないのが辛いところ

場所はココ


川に人道橋がかかる


橋を渡ると・・・


不動明王石像
自然石が祀られているようだ
文化元年(1804)造立とのこと


このあたりは川の勾配が急峻なので
以前は小さな滝があったのかもしれない
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ユウゲショウ

2016-06-05 19:57:01 | 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シロツメグサ

2016-06-04 19:41:01 | 






コメント
この記事をはてなブックマークに追加