花と鉄輪

趣味であるオートバイでの出来事と、
日常での出来事。
三河遠州を中心に花、滝、巨木を回ってます。

田原まつり・打ち上げ花火

2009-09-29 21:42:55 | Weblog









秋の始まりを実感させてくれる
田原まつりの打ち上げ花火
夜風はTシャツじゃ肌寒いくらい

プログラム持って行かなかったんで
撮影は出たとこ勝負
多分に運任せ~




コメント

秋景

2009-09-26 22:06:34 | Weblog


運動会


稲穂とウチワヤンマ

コメント

初秋の初見2枚

2009-09-21 20:57:48 | 


モミジハグマ

渓流沿いの遊歩道で見つけた
カエデのような形の大きな葉をもつ


アズマレイジンソウ

この花が見たくて時間をかけて探したが
まだ開いてはいないようだ
リベンジ・・ したいなぁ
コメント

初秋の定番3枚

2009-09-18 21:36:24 | 


ホトトギス


ヤマジノホトトギス


ツリフネソウ

コメント

初秋の黒河湿地

2009-09-16 21:00:35 | 


ミズギボウシ


シラタマホシクサ

以前は遠くにしか見られなかったが
近年は木道の近くでもチラホラ見られる
形の似たイヌノヒゲはいっぱいある


ミミカキグサ

ホザキノミミカキグサも少し
モウセンゴケはもう終わってて
トウカイコモウセンゴケはまだ頑張ってる
サワシロギクも咲き出してる
ハッチョウトンボも少ないながら舞っていた


コメント

盆ツー・今年は林道後編

2009-09-10 21:30:19 | バイク


新豊根ダム

高さ116.5メートルのアーチ式コンクリートダムで
新豊根ダム湖(みどり湖)を上池に
佐久間ダム湖(佐久間湖)を下池にして揚水発電をおこなっている

堤頂部から覗き込むと
オーバーハングしたような本体は高さもあって
ちょっと怖い

友人Yは「下を見ていると吸い込まれそうで
思わず飛び込んでしまいそうだ・・」などと言っていたが
後ろから押せば必死に抵抗するだろうなぁ

休憩の後、ダム横の大入トンネルを抜ける



雰囲気のあるトンネルの先は大入渓谷となるが
断崖絶壁の峡路は永年通行止め
トンネルを出てすぐ左手に林道豊富線の入り口がある

入り口には「崩落のため車両通行止め」の看板とトラ柵
でもバイクなら通れる事も多いため
行ける所まで行ってみようと進入~

ところが!入り口の登りでコケた!
まさか登りの舗装の直線でリアがスリップするとは思わんかったが
なんせアッという間もなく転んでた

よくよく見ると、そこの路面にも
例の苔だか藻だかみたいなのがあって
真っ直ぐ立てないほど滑る

幸いな事に、ツルツルに滑る路面だったおかげで
大したケガも、バイクの破損もなかった
(どこかに引っ掛けたのか、シートが破れてしまったのがイタイ)
気を取り直して出発

路面は直ぐに荒れ気味のダートになる
何箇所か小さな崩落があったが
こんなもんで通行止めかな~?なんて進んでくと
大きな崩落に当たってしまった



判りづらいかもしれないが
土砂と木が路面をふさいでいる
どうもココラは山砂が多いようで
チョイと雨が降れば簡単に崩落してしまうのだろう

簡単には乗り越えられなそう・・だが
よくよく見ると、2人で協力して
一台づつ通せばばなんとか突破できそう

もちそんココを苦労して通っても
その先に、さらに大きな崩落があるのかもしれん

友人は「どうする~、戻るか~?」などと言っているが
長い付き合いなので、口先だけだと判る
(コチラの出方を伺っている)
ので、突破の方向でー

石を動かし、木の枝を折って道を作る
2人で一台づつバイクを通す
ちょっとした苦労だけど
こういうのって、ある意味オフ車の醍醐味でもあるなー

その先はたいした障害もなく
山岳林道の雰囲気たっぷり
路面は荒れ気味で走り応えもタップリー



バイクを走らせれば画になりそうー


佐久間湖と新豊根発電所?


山を削って伸びる林道豊富線

高度をあげて尾根沿いの道となると
風穴峠、キビウ峠、霧石峠と看板があるが
まったく峠らしくないのでよく判らん
昔の歩きの山道が横切ってるのだろう

霧石峠を過ぎたあたりから舗装路面へー
そのまま面白くない舗装路面を走り抜けると
新野峠で20kmの林道の終点
うーん結構時間がかかったなぁ

R151→R418→県46で茶臼山へ

しかし茶臼山には黒い雲が・・
花を撮ってレストハウスに着いた頃にはポツポツと・・

友人Yが携帯で雨雲レーダーの画像を見せてくれたが
ほんと茶臼山にだけポツンと雨雲の塊が!

さて、いい時間なので帰途につこうと思うが
R151で東栄経由より、設楽経由の方が早いので
茶臼山高原道路を下ることにする

しかしだんだんと雨が本降りにー
合羽を着ようと止まろうとしたが
友人Yは断固として拒否
しかたなく濡れながら走り続ける

いいかげんパンツにまで雨が染み込んだぐらいで
津具に降りてこられたが
そのころには雨もあがり
だんだん青空が見えてきた
ホント茶臼山山頂あたりにだけに雨雲があったみたい

そのまま走り続けると、服も乾いてくるが
パンツは湿ったまま桜淵公園に到着~
バイクをハイエースに積んでコンビニ寄って帰宅

もうちょっと茶臼山でユックリしたかったけど
なかなか楽しかった盆ツーでした
チャンチャン
コメント (2)

盆ツー・今年は林道前編

2009-09-05 21:33:31 | バイク

このところ毎年、盆休みにはバイクで日帰りツーリングしてる
大抵は1人で気楽に走るのだが
今年は友人Yと林道ツーリングにしてみた

友人Yとは、これまた毎年正月に林道ツーリングしてるが
冬には雪や凍結の心配が少ない
新城や三ヶ日あたりの林道ばかりなんで
今回は東栄から豊根を経て茶臼山までを計画したよ

ハイエースに友人Yとバイクを2台積んで出発
バイクはCRM250とDT200
暑い市街地を車で抜けて
新城の桜淵公園まで

バイクを降ろしてR151を北上するが
今年の盆は、いつものような絶望的な暑さが無いねー

東栄町に入ったところで右折して
県道1号で佐久間町へ


浦川の林道前最終自販機で水分を確保~

国道473で東栄方面へ走り
常盤橋を過ぎたところで右折して東薗目へ
中央分離帯のある橋を渡った直後右折
細い山道をグイグイ登っていくと
数軒の集落があるが、その先が「林道下モ山線」の入り口



入り口には林道らしくない看板があって
観光林道なのか?と思うが
その予感はまったく裏切られる事となる

友人Yが先となって走り出すが
暫くはアスファルト舗装の登り

途中友人Yが大きくケツを滑らすが
後ろで見てたコチラがドキッとしてしまう

オフ車でアチコチを走ってて
特に怖いと思うのは
アスファルトの凍結路面
そして常時濡れてるようなアスファルト路面

特に後者は、濡れてるだけならいいが
常時湿ってるような所は
苔や藻のようなのが生えてる場合があって
走ってると判りづらいのだが
それらはとっても滑る
自分も気をつけねば!

やがて林道は砂利ダートとなり、尾根沿いを進む
そんなに荒れてなく走りやすいが
全体的に道幅は狭く展望は無い
いくつも分岐はあるが、どれも送電線の鉄塔への道
展望を期待して入ってみたりして
ちょっとした探検だねぇ



展望といっても山また山

本来ならこの尾根の東側は
三河の赤壁といわれる大入渓谷なのだが
ぜんぜん判らん

実は10年程前にも、この林道を走った事があるのだが
その時は出来て間もなかったのか
もっと道幅が広く、開放感があって
眺めも良かった気がするのだが
それから木々が伸びたせいか
展望という点では面白くなくなってしまったなぁ



送電線沿いに林道は延びている
結局この林道は、送電線鉄塔の巡回用なのだ



10Km程で林道は終了

出口にも例の看板が・・
ここはYの字の分岐
どちらに進もうか迷うが
豊根に抜けたいので右へー
(実は左は森林体験センターあたりへ出るらしい)

舗装路を進むが
細く荒れてて暗い林間
判断を誤ったかと思ったが
随分と走った気がした頃に、御園トンネル横に出た!

後でウチに帰ってから気がついたのだが
以前この道から大岩山、小岩山に登ったんだっけ
そこからはみどり湖方面の眺めがよかった覚えがある
林道下モ山線からは大笹山に登れるし
御園トンネル手前からは神野山に登れる
いずれも10年程前に登ったのだが
その頃はバイク&低山登山ばかりしてたなぁ

御園トンネルからは、長い下りを経て豊根村へ
そして長い長いみどり湖湖畔を走って
新豊根ダムへ進み休憩をとる
コメント