徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

虚空遍歴(こくうへんれき)

2018-12-14 15:47:49 | 文芸
 本條秀太郎さんの公式サイトに掲載されている朗読と邦楽が融合した公演「松廼家おけい」がずっと前から気になっている。そこで原作の山本周五郎「虚空遍歴」を読み始めた。あらすじは次のようなお話らしい。

 旗本の次男でありながら江戸端唄名人の誉れ高い沖也は、それには飽き足らず、浄瑠璃を極めようと芸道遍歴が始まる。それを献身的に支えるのが沖也の端唄に一目ぼれした柳橋松廼家の芸妓おけい。しかし、沖也は浄瑠璃作家として名を成すことができない苦しみや葛藤の中で酒に溺れ、ついには病に倒れて旅先で死んでいく。

 沖也のあてどもない浄瑠璃行脚の旅の中に、山中温泉の場面がある。本條秀太郎さんは、自らが50年ほど前に創作された俚奏楽「雪の山中」と、この「虚空遍歴」の世界に共通するものを感じとり、それがこの公演の動機になったようだ。(※第1回公演は2009年)
 主人公の中藤沖也という名前は詩人の中原中也を連想させるが、実はこの人物のモチーフとなっているのは、誰でも知っているアメリカの作曲家、スティーブン・フォスターだというから驚きだ。おおスザンナ、草競馬、故郷の人々、金髪のジェニー、オールド・ブラック・ジョー、ケンタッキーの我が家等々、フォスター作曲の歌を歌ったことがない人はいないのではないか。フォスターがどんな一生を送ったのか残念ながら知らないが、中藤沖也の生きざまと共通するものがあるのだろう。




   ▼本條秀太郎作曲 俚奏楽「雪の山中」


 
   ▼フォスター作曲「金髪のジェニー」(ヴァイオリン演奏:ヤッシャ・ハイフェッツ)
コメント

師走の風景

2018-12-13 18:06:19 | 
 今年も残すところ2週間余。そろそろ年賀状の準備でも始めるかと、まず住所録の更新から手をつけ、喪中連絡などを確認しているところだ。これまで親しくさせていただいた方が今年も何人か鬼籍に入られた。喪中連絡を読みながら、つい故人との思い出にふけってしまう。
 今では年に1回、年賀状のやり取りしかしていない方がほとんどになってきた。いつまで続けるか、正直悩ましいところではある。
 今年の年賀はがきは「くまモン年賀状」を使うことにした。寄付金付きで67円と割高ではあるが、以前に比べれば枚数も減ったことだし、ヘタな絵や写真を付けるよりいいんじゃないだろうか。
 つけっ放しのテレビ画面では京都祇園の「事始め」の風景が流れていた。そうか今日は13日だったなとあらためて確認する。京舞井上流の家元の家で芸舞妓さんたちが次々と「おめでとさんどす」と挨拶し、お師匠さんから舞扇を貰っていた。



コメント

銚子大漁節のナゾ!

2018-12-12 16:12:27 | 音楽芸能
 幼い頃の事故がもとで左目を失明したラフカディオ・ハーンは、音に対して鋭敏だったという。NHKの「100分 de 名著~日本の面影~」では、ハーンの作品には「耳の文芸」といわれるほど聴覚でとらえた記述が多く、「日本の面影」においてもその特徴は顕著であるという解説があった。その鋭い聴覚でとらえた日本の音、日本人の声、日本の音楽などを通じて日本人および日本の文化を理解しようとしたのだろう。大黒舞や盆踊りや門付芸などにも興味を示したハーンが、自ら英訳して欧米に紹介したのが、千葉県銚子の民謡「銚子大漁節」である。しかし、ハーンが銚子を訪れた形跡はないという。はたしてどこでこの唄を聞いたのだろうか。銚子との接点があるとすれば、「仏の畠の中の落穂拾い」という短編集の中で、「A Living God(生ける神)」として銚子のヤマサ醤油七代目当主、濱口梧陵を紹介したことだ。大津波から村人を救ったという梧陵の物語を取材するなかで、「銚子大漁節」の存在を知ったのかもしれない。その経緯は銚子でもいまだに謎らしい。

   ラフカディオ・ハーンの英訳詩を字幕に付けてみました。

一つとせ 一番船に 積み込んで 川口押込む 大矢声 浜大漁だネ
二つとせ 二葉の沖から 戸川まで 続いて寄せ来る大鰯 この大漁船
三つとせ 皆一同に まねを上げ 通わせ船の賑やかさ 浜大漁だネ
四つとせ 夜ひる焚いても たきあまる 三ばい 一挺の大鰯 浜大漁だネ
五つとせ 何時来ても 干鰯場は あき間も 隙間も 更にない
六つとせ 六つから六つまで 粕割が 大割 小割で 手にあまる
七つとせ 名高き利根川 高瀬船 粕や油を積送る 浜大漁だね
八つとせ 八つだの沖から 若い衆が 万祝衣 揃えて 宮参り
九つとせ この浦守る川口の 明神 ご利益 あらわせり
十とせ  十が重なりゃ 百となる 千両 飛びこす 万両船
コメント

紫のしらべ

2018-12-10 18:07:50 | 美術


 ブリヂストン美術館(東京都中央区京橋)は現在、ビルの建替え中で休館している。来年7月に再オープンの予定で、館名も「アーティゾン(ARTIZON)美術館」に変わるという。
 そのブリヂストン美術館の所蔵品の中で、好きな作品の一つがこの岡田三郎助の「婦人像(紫調べ)」だ。岡田は佐賀県出身の洋画家で、明治から昭和にかけて活躍した。女性像を得意としている。
 副題の「紫調べ」というのは、鼓(大鼓、太鼓、小鼓)で使用される紐、「調緒(しらべお)」のことで、小鼓の調緒は縦横に入っており、調緒の握りで音色を変化させることもできる。調緒の色は朱色が一般的だが、上級者は上の絵のような紫色を使う場合もあるという。


コメント

リニューアル熊本博物館 残念なこと!

2018-12-09 20:26:20 | 熊本
 12月1日にリニューアルオープンした熊本博物館を見に行った。熊本城天守閣から移管された国指定重要文化財「細川家舟屋形(波奈之丸)」を始め、見どころは多く、全部を丹念に見て回ると何時間かかるかわからないほど。
 ただ、残念な点が二つ。一つ目は1年をかけて修復されたという舟屋形の天井画がよく見えないこと。二つ目はラフカディオ・ハーンを紹介するコーナーに設えた東岸寺跡の地蔵堂を模して作られた地蔵のハリボテのチャチなこと。博物館に展示するくらいだったら、なぜ本物の地蔵を保存しておかなかったのか。あんなものを見せるくらいだったら昔の写真でも貼ってくれた方がよっぽどいい。改善を望みたい。



東岸寺跡の地蔵堂を模して作られた地蔵のハリボテ


数年前に撤去された本物の地蔵堂
コメント

師走ラプソディー

2018-12-07 20:39:39 | 世相
 テレビは今日も、昨日のソフトバンク通信障害の騒動を報じている。スマホは持ってないし、ガラケーもたまにしか使わない僕には何の障害もない。政治家も識者も「ケシカラン!」と息巻いているが、常に起こり得る事故であり、ネット依存社会の脆弱さがさらけ出された感がある。これから経験したことのないような自然災害が多発することも予測される今、ネットが遮断された時どう対処するか、一人一人が常日頃から備えておく必要があるだろう。
 テレビ画面では、花畑広場で行われている「クリスマスマーケット」の様子が中継されている。クリスマスが近いことをいやでも思い出させる。毎日たいしたこともやっていないのにいっちょ前に気忙しいのはいったい何なんだ。


NHK熊本のクリスマスマーケット中継(畠山衣美アナ)
コメント

桔梗紋のはなし。

2018-12-06 20:32:55 | 歴史
 わが京町は昭和37年まで加藤神社が鎮座していたのでいまだに「セイショコさんのおひざもと」の名残りが見られる。その一つがそこここで見かける「桔梗紋」だ。加藤家の家紋は「蛇の目紋」、「桔梗紋」、「折墨紋」の三つを用途に応じて使い分けていたことが知られているが、そのうち「桔梗紋」を使い始めた由来については、清正が肥後に入る前年に改易された讃岐の尾藤知定の武具・調度一切を秀吉に与えられ、その尾藤家の紋が「桔梗」だったからという説と、そもそも加藤家の出自は美濃国の土岐明智氏流であり、その一族が家紋としていた「桔梗紋」を使っていたからという説がある。土岐明智氏流といえば明智光秀を思い浮かべるが、その明智光秀ももちろん「桔梗紋」。娘のガラシャは父が起こした本能寺の変によって被った悲運を恨んでいたともいわれるが、慶長5年(1600年)に石田三成の人質になることをきらい、壮絶な最期を遂げたその時も、肌身離さず持っていたロザリオには「桔梗」が彫り込まれていて、明智の一族であることを片時も忘れていなかったことがわかる。


京町ではよく見かける「桔梗紋」


加藤神社の幟には桔梗と蛇の目の合わせ紋が


ガラシャが自決の時まで肌身離さなかったロザリオ


ロザリオの中心には桔梗が彫られている
コメント

花畑屋敷四百年と参勤交代

2018-12-05 20:25:38 | 歴史
 熊本県文化協会名誉会長の吉丸良治さんが「花畑屋敷四百年と参勤交代」と題する図書を刊行されたという記事が、今朝の熊日新聞に掲載されていた。
 加藤清正から細川家へと続く熊本藩主の住まいである花畑屋敷とその周辺は、四百年にわたりずっと熊本の中心であり続けた。
 また、江戸時代は屋敷から江戸へ向かう、あるいは江戸から帰って来る熊本藩の参勤交代の発着点でもあった。今また花畑・桜町一帯は再開発事業が進んでおり、来年8月には完成する予定だが、そんな花畑周辺の豊かな歴史を振り返る意味でもぜひ読んでみたい一冊である。




再開発が進む花畑・桜町一帯


旧藩時代の花畑屋敷

コメント

「本條秀太郎の会」と紀尾井町

2018-12-04 19:51:33 | 音楽芸能
 本條秀太郎さんの公式サイトから注文したCDが昨日届いた。「本條秀太郎の会」のパンフレットが同封されていた。この会は「端唄」や「鄙哥」などテーマごとに年に数回開かれているようだ。毎回会場となっているのが紀尾井町(東京都千代田区)の紀尾井小ホール。この紀尾井町は僕にとって懐かしい思い出が残る町。東京勤務の頃、紀尾井町に会社の研修センターがあった(その後移転)。会議や研修などで度々訪れた。泊りがけの合宿研修もあった。本條秀太郎さんがいつも紀尾井小ホールを使っておられるのはサイトで見て知っていて、機会があれば公演を見るついでに懐かしの街を訪ねてみたい。
 紀尾井町というのは紀伊徳川家、尾張徳川家、彦根井伊家の屋敷が集まっていたから付いた名前。上智大学や紀尾井ホールのある辺りが尾張徳川家、ホテルニューオータニの辺りが彦根井伊家、僕が行っていた研修センターがあった一画から清水谷公園の辺りが紀伊徳川家の屋敷があったところである。


 四ツ谷駅から真田濠の土塁に沿った道を行くと、上智大学を過ぎ、紀尾井ホールのビルがあって前方にホテルニューオータニが見える。紀尾井ホールの先を左折して紀尾井坂を下ると清水谷公園の方から上って来る道との交差点。その右前方の角地にかつて研修センターがあった。

コメント

「久留米座」能

2018-12-03 19:09:53 | 音楽芸能
 久留米に住んでいたのはもう25年ほど前。次男一家が今でも住んでいるので時々行くのだが、住んでいた頃とだいぶ街も変った。中心市街地の六ツ門にあった久留米井筒屋はなくなり、そのあとに文化施設の久留米シティプラザが建っている。プラザの中には久留米座という劇場もある。孫たちが幼稚園の時、毎年お遊戯会をやっていた久留米市民会館が老朽化で閉館となり、この久留米座に機能を移したようだ。昨年、久留米座で喜多流の能楽公演があったのだが、所用が重なり行けなかった。新年の1月に再び行なわれるので今度こそは行きたいと思っている。この多大な予算をつぎ込んだ施設が、閑古鳥が鳴いて市民のお荷物にならないことを祈るばかりだ。

コメント

ついつい見てしまうもの

2018-12-02 20:12:50 | Web
 最近のインターネット利用はもっぱら「ピンタレスト」と、YouTubeの「フラッシュモブ」を見ることだ。
 「ピンタレスト」というのは新しい写真共有サービスの一つで、WEB上に自分の掲示板を設け、そこに自分が撮った写真やシェアする他人の写真などをまるでピンで留めるように貼り付け、新たな利用価値を見出そうとするものだ。まだ自分の掲示板を設けるまでは行っていないが、サイト運営者から頻繁におすすめのボード(分類)がメールされるので、ついつい覗いてしまう。写真は歴史的な人物などの古写真から最新のグラビアみたいなものまで、まるでカオス状態だが、眺めていると新しい発見もあり、発想力を刺激するような面はたしかにあるようだ。

▼ピンタレスト


 YouTubeの「フラッシュモブ」は2年ほど前から見始めて、当初ほどのサプライズ感はなくなったが、間近で生演奏を聴いているような臨場感がたまらない。
 師走の声を聞くと、日本人の大好きな「第九」の季節がやってくる。こんな場面に出くわさないものかと期待しているのだが。

▼フラッシュモブ(歓喜の歌)
コメント (2)

清原元輔の歌碑を見ながら…

2018-12-01 21:06:11 | 歴史
 今日は朔日のお詣りに藤崎八旛宮へ。境内の紅葉を眺めながら久しぶりに境内を一周した。清原元輔の歌碑を見るのも久しぶりだ。

  「藤崎の軒の巌に生ふる松 今幾千代の子の日過ごさむ」

※「子(ね)の日」とは、平安時代、正月初子 (はつね) の日に、野に出て小松を引き抜き、若葉を摘んで遊び、宴を設けた行事。

 肥後の国司として、また平安時代の歌人として名を馳せた清原元輔。清原家は代々和歌をよくし、学問を指導する家柄。祖父深養父(ふかやぶ)は歌人、娘清少納言はご存じ『枕草子』の作者。また清原家の子孫が肥後細川家初代の幽斎(ゆうさい)。
 清原元輔はユーモアセンスのある人だったようで、狂言「歌仙」に登場する六人の歌仙の一人として登場するのも、そんな元輔の人となりが知られていたからかもしれない。 


藤崎八旛宮境内の清原元輔の歌碑


任地の肥後で没した清原元輔を祀る清原神社(熊本市西区春日1)


狂言「歌仙」
コメント

薩摩の殿様も西郷さんも篤姫も通った二の丸御門

2018-11-30 21:49:55 | 熊本
 熊本地震で石垣が崩れ、通行不可となっていた二の丸御門は、現在、仮設通路が確保され、二の丸広場から旧細川刑部邸や熊本博物館へ下りることが可能となっています。市民の憩いの場となっている二の丸広場は、旧藩時代、重臣たちの屋敷が立ち並んでおり、その間を縫って街道が通っていました。現在の熊本YMCA中央センターのあたりにあった新一丁目御門前には札の辻があり、豊前・豊後街道などの起点となっていました。新一丁目御門から法華坂を登った街道は、現県立美術館の入り口付近にあった住江門をくぐり二の丸に出ます。そして高い塀に囲まれた大きな屋敷が並んだ間の通路を通り、北の二の丸御門に抜けていました。ここを薩摩藩の参勤交代も通っていたのです。通る方も通させる方も相当緊張したことでしょう。槍を立てて通ろうとすると狭間から銃口が覗くという一触即発の危機もあったようです。


安全な仮設通路が確保されている二の丸御門


熊本地震直後の様子(熊本市資料より)
コメント

「つばき、時跳び」映画化はその後…

2018-11-29 20:40:18 | 映画
 地域文化の振興に功績があった個人や団体を文部科学大臣が表彰する地域文化功労者に熊本市在住のSF作家、梶尾真治さんが選ばれ、昨日熊本県庁で伝達式が行われたとTVニュースが報じていた。梶尾さんは映画「黄泉がえり」の原作者として知られているが、昨年末、熊本を舞台としたSF小説「つばき、時跳び」が、大林宣彦監督により映画化されることが熊日新聞で報じられた。今年秋に全編熊本ロケで撮影し、来年春の公開を目指すという話だったが、まだクランクインしたという話は聞かない。大林監督は健康問題を抱えておられるので今後の成行きが心配だ。


作品の主な舞台となる「百椿庵」がある花岡山(写真はキロクマ!さんより)


タイムトラベルものなので現代の仏舎利塔も登場か?
コメント

シカ騒動と立田山

2018-11-28 21:58:56 | 熊本
 熊本市中央部の立田山西麓の民家庭に野生の鹿が姿を現したという件だが、その後新たな目撃情報は聞かない。しかし、過去のニュースを調べてみたら、6年前にも北区の武蔵ヶ丘に出没しているようだ。独立行政法人森林総合研究所九州支所や熊本県の調査では、鹿の生息数や生息域の拡大が見られ、農林業の被害が懸念されるという。
 それはさておき、立田山と鹿のことを歌った和歌があったような気がして調べてみた。あった、と言っても熊本の立田山ではなく、奈良県生駒郡の立田山(龍田山)で、俊恵法師の作だった。

 立田山梢まばらになるままにふかくも鹿のそよぐなるかな(新古今・俊恵法師)

(大意)立田山の木々もすっかり落葉し、梢もすき間が空いた状態で、深く積もった落葉の上を鹿が歩く音がそよそよと聞こえてくるよ。

 熊本の立田山(龍田山)は、その昔、濃い緑に覆われていたため黒髪山と呼ばれていたが、平安時代の歌人清原元輔(清少納言の父)が肥後へ国司として赴任したとき、この山の姿に奈良の龍田の里をしのんで名前を改めたといわれている。


立田山の広葉樹林


山中に祀られる山ノ神
コメント