キカクブ日誌

20年位追っかけてる最愛の音楽詩人~陳昇ボビーチェン~が今年来日コンサートするかもしれません!!全力で応援しますっ。

【特集】陳昇~Bobby Chen

(写真はLegacy台北さんからいただきました)
きゃーっ!
きゃーっ!!
きゃーっ!!!
20年位追っかけてる最愛の音楽詩人~陳昇ボビーチェン~が今年来日コンサートするかもしれません!!
全力で応援しますっ。

【特集】陳昇~Bobby Chen記事一覧へ

香港2泊3日王道コース(ただし糖質制限)~1日目

2018年02月14日 | ☆旅行─香港
職場の旅行で、香港へ行ってきました。
わたしは香港10回目です。参加者に初香港の人もいたので、王道コースを回ってみました。
わたしは食はかなり制限して食べました。なにせ糖質制限中なのもので。
それでも何とかなりましたよ。

では、初日から、写真と共にお付き合いください。


羽田から。
キャセイパシフィック航空です。


さすがキャセイ。機内エンタメが充実しています。
ホーユーハン監督の「Mrs.K」を鑑賞。
これが機内で見られるなんて!
この映画、日本では映画祭だけの公開で一般公開なかったんですよね。
今まで見たユーハンの映画の中でも一番面白かったです!
が、日本語字幕で見たいです。



機内食。
糖質制限中なので、食べられるものだけ食べてあとは断ったり同行者に食べてもらったり。キャベツや魚の切り身は持ちこみました。このほかに、ゆで卵も持ちこみましたよ。


到着。
香港用のSIMちゃんと使えます。

空港からはエアポートエクスプレスで市内へ向かいます。
4人だと片道4枚で250ドルと言うお得なチケットがありました。
通常は片道105ドル、往復でも185ドルなんです。
これだと往復で125ドルです。
それを買って「九龍駅」へ。駅からは無料のホテル巡回バスが出ています。
便利です。

ホテルに到着。夕食まで近所を散歩。

どこにでもあるデザートのお店「許留山」で亀ゼリーを食べました。

シロップはつけずに。
おぉ苦い!身体によさそう!

夕食前に九龍半島南端から見られる光のショーを見る事にしました。


ペニンシュラホテルも春節仕様です。
昔は中でお茶したり、ショップで買い物したりしたものですが、香港の物価と円安で、庶民には全く近寄れない場所となった高級ホテルです。



燈会用の飾りつけも少しできていました。

ショーは8時から。
毎日やってるんだそうです。
10回目の香港にして初めてきました。

シンフォニー・オブライツ






夕食は「鹿鳴春」という北京ダックのお店です。
香港で北京ダック食べたことないです。
これも初体験。





何と、香港の北京ダックは肉もついてくるんですね。
餅もなんだか豪快です。
ちょっと粉っぽいなぁ‥


スープ。
本来はこの薄っぺらい「餅」に肉とネギなどを載せ、甘味噌をつけて巻いて食べるんですが、餅は1枚だけにして、あとは肉と野菜を食べていました。
肉も厚保切りなので、かなりお腹いっぱいになります。




食後、ホテルまで歩いて帰る途中見かけたお年玉袋売場。
お正月が近いので、あちこちこういうものを売っていました。
「姓」が印刷されている袋がたくさんあって、とてもきれいでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日から香港

2018年02月10日 | ☆旅行─香港
2泊3日で行ってきます。職場の旅行です。前回香港に行ったときは相当気合を入れて下調べして、レストランの予約なんかもバッチリやっていったんですが、今回はダイエット中ということもあり、食にあまり気持ちが乗らないので、いきあたりばったりでいくことにしました。

と思っていたら、社長から「このレストランいいかなと思うんだけど予約しといて」指令が飛びました。

会社から国際電話。
英語で予約を試みましたが、満席であえなく敗退。
直前の予約なんて無理らしい。

第二希望の店にもかけてみました。
やっぱり満席。
でも遅い時間なら…ということで夜九時からの予約が取れました。ふー。

さて、どんな旅になりますやら。


とりあえず香港のSIMはアマゾンで買いました。
今日届いた。ギリギリ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台北で偶然陳昇に会った話

2018年02月09日 | 【特集】陳昇 Bobby Chen
はじめて台北の街でばったり陳昇に会ってしまった時のはなしです。
友人と台湾旅行中だった私は、知り合ったばかりの台湾の陳昇ファンの人たちと一緒に夕食をとることにしていました。その店に陳昇がやってきたのでした。



1998年10月17日

今夜の夕食会は、やはり蛋蛋に頼んでアレンジしてもらったもので、場所は、東区の火鍋屋肥牛
この日のために毎晩、インターネット昇網で宣伝活動をしたのだけどさて誰が来るのかな?しごとで遅くなる人たちは、このあとのKTV大会に来るらしい。

店は小さくて庶民的な感じ。8人がけくらいの丸いテーブルが5~6台あったか?私たちはテーブル2つつなげて、一つは辛い鍋、もう一つは辛いのと辛くないのと2色鍋にした。今井さんは、辛いのはあまり得意じゃないらしい。
蛋によると陳昇や、伍佰も来る店らしく壁に伍佰のポスターが貼ってあった。

麻辣火鍋は初めて食べる。お肉や野菜やはんぺんみたいなのをいろいろ入れる。調味料と薬味はテーブルにはなくて店の中央においてある。辛いのを食べるなら、緩和させるのに酢をいっぱい取ると良いよとKAWAのアドバイス。なるほど、酢と辛いのはなかなか良く合う。でも結構辛い。
いちばん辛かったのは、お店の人がサービスで出してくれたとか言う皿。私は、タイ料理とか韓国料理とか辛いの大好きだけど、食べられないくらい辛いのもあった。とくに最後にまわってきた緑の唐辛子を炒めたのは、ほんとに泣くほど辛かった。お行儀悪いのは分ってたけど、ティッシュで口の中ぬぐってしまったよ。



さて、宴もたけなわになった頃、遅れてきた人の車を駐車しに行って戻った蛋蛋が、
「YOKO、これからBOBBY(陳昇)がここに来ます。僕が10万円彼にあげましたから」と、冗談のようなことを言う。
「え?!どういうこと?」
「BOBBYがここにきますよ。」
「え?!ほんとに来るの?」
「はい」
「え?!え?うそ~~~~~~!!だめだめ心の準備できてないから。わたし、もう帰る!」


などと騒いでいたら、恨情歌(陳昇のバンド)の、ギターの人(陳傑漢)とベースの人(趙家駒)が入ってきた。
あれれれれー、これは現実なんだ、彼らが、私たちのテーブルによったので
「HELLO、YOKOです。」
と挨拶する。趙家駒は愛想良しだったが、小傑は反応なし。まあいいや。

で、その後時間差で、陳昇が入ってきた。水色のTシャツに短パン。
あ、本物だ。陳昇は、私たちのテーブル(入り口近くにあった)を一瞥して、ファンだと分った様子で、嬉しいような、いやな様な複雑な顔をした。
ドラムの小李、林秋伊、楊老師もやってきた。

予期せぬ展開。
「陳昇には会いたいけど、会っても何話たらいいかわかんないし、きっと緊張して何も話せないだろうなあ・・。まあそんな心配しなくても会う事なんてないんだよね。」
なんて、台湾に発つ前、友達と話してたばかりだったのに。こんないきなり偶然会ってしまうなんて。(当然蛋蛋が10万円払ったわけではありません。まったくの偶然)

みんなは、陳昇がいても別にこれと言って騒ぐ事なく普通に食事を続けていたが、わたしは一人で呆然としていた。(と思う)半ばパニックになってるわたしに、KAWAが、
「YOKO、折角日本からきたんだから、陳昇に挨拶してこよう」という。
MASAO君が通訳してくれるといって、3人でビールの瓶を持ち(この辺は日本の宴会の作法と一緒だ)陳昇達のテーブルに行く。
会話は全部中国語だったから、ここからは想像

KAWA「お食事中、すみません。日本から昇迷の女性が来てます。ちょっと挨拶させてください。」
MASAO「彼女は日本人で、あなたの大ファンでお正月のコンサートにも来てたんですよ」とか何とか。
わたし「ニーハオ、ウォーヘンガオシン・・・・・・・・・・・・(絶句)」

で、陳昇はこのテンションの高い闖入者にちょっとタジッてたみたいだったけど、ちゃんと耳を傾けてくれて、KAWAがビールの瓶を持ち上げると、きちんと立って乾杯してくれた。よく映画とかで見る中国式の乾杯、飲んだ後、ちゃんと飲み干しましたよ、とグラスの底を見せるしぐさをするあれです。これも初めての体験だった。
その後、MASAOが「何か話したい事はないですか?」と聞いてくれたが、乾杯してもらっただけでもう胸がいっぱい。
「いえ、もう充分です。有難う」と、逃げるように自分の席に戻った。それからは、心臓がバクバクしてるのを収めようと、ビールをがんがん飲んでしまった。しかしこれだけではすまなかった。
テーブルに戻り、食事を続けていると、誰かが陳昇の夏のコンサートの写真をくれた。
その写真を見たKAWAが、
「YOKO、この写真にサインが欲しい?」と聞く。
「勿論欲しいけど・・・」とわたし。
「じゃあ、もらっておいでよ。」
「えええ。もうそんな勇気ないよー。」
「じゃあ、この写真にはKAWAのサインを書いちゃうよーー」
「わー!だめだめ。わかったよ。行ってくるよ。」
「サインくださいって言うのは、中国語では○○○○○というんだよ。(中国語忘れました。)」
とMASAO君。

テーブル中から「YOKOがんばれ!」コールも起きるし、また行きました。陳昇達のテーブルに、今度は一人で。
陳昇の顔見たら、教わったばかりの「サインください」の中国語はすっかり飛んでしまい、"Excuse me..May I have your sign please?"と言ってしまってました。(ちなみにこれも正しくない英語らしい。)

陳昇は、またまたニコリともせず、サインを書いてくれた。
でもなぜか「Be Cool」って書いてあった。これは、私に、落ち着けと言ってるのか?わ、恥ずかしい。(後から得た情報によると、陳昇はいろんな人にサインするときこう書くらしい)サインしてもらってると、誰かが(みーさんかな?)「写真いいですか?」といって、2ショットの写真をとってくれた。
ああ、いい友達だ。ありがとう。私は舞い上がっててそんな事思いもつかなかったです。
うれしいのと、酔っ払ったのと、料理が辛いのとで、その後は半べそ状態でした。
陳昇達、迷惑に思ってないといいなあ。
お騒がせしました。
そして皆ありがとう。

お店を出る時、もう一回陳昇達のテーブルに手を振った。
陳昇もちゃんと手をふりかえしてくれた!
私の行動は、狭い店の中、やっぱり目立ってたんだろう、お店のオーナーに、「美味しくて、そして辛い料理をありがとう」と言ったら、
「今度Mr.Chenがうちに来る時には、またあなたに連絡しますよ。」
とかっていわれた。はずかしい・・・。





19年前の私、ういういしいなぁ。ふふふ。
ここに登場する「肥牛」という火鍋屋さんは、いつの間にか閉店してしまい、結局再訪することはありませんでした。
ここに登場する蛋蛋、KAWA、MASAOくんたちとは今も仲よくしています。
陳昇の当時のバックバンドの人たちとも、この後友だちになりました。彼等は皆もうすでに陳昇のもとを離れ、各自すごい活躍をしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むしゃしにった武者パレード

2018年02月05日 | ☆旅行─東京散歩
東急多摩川線武蔵新田駅周辺で、数年前から「武者行列」イベントが開かれています。
地元の人や甲冑好きのみなさんが、手作りの甲冑で新田神社を中心にした史跡を練り歩くパレードです。

今年初めて見ることができました。

場所は、頓兵衛地蔵前。
ここは、新田神社に祀られる「新田義興公」をだまし討ちにした、船頭の頓兵衛さんが祀られています。



多分、年々参加者が増えているんじゃないでしょうか?
いいお天気でパレード日和。


地蔵の前で、代表の武者が何かを祈願して、皆にその報告をしているところ。


先頭を「露払」役の若者が進みます。

「行列を横切ってはならぬ。上から見下ろししてはならぬ」などいろいろ命令しています。



手作りとは思えない立派な甲冑。
今は手作りじゃないのかな??


刀の鞘が毛皮!
凝ってますね。


関連リンク

手作りの甲冑で武者パレードに参加しよう!~手作り甲冑教室の御案内~
武蔵新田商店会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湾生お話会で聞いた昔の台湾 途中

2018年02月02日 | ☆記憶
台北の青田七六で見た神棚のことを湾生の方に質問しました。
戦時中、各家庭に神棚を祀るようにと総督府からのお達しがあって、キリスト教徒の家にも神棚が祀られたという件。
たしかにそういうことがあり、台湾人の管理する廟にまで及んだということでした。
そして、当時の台南市長はそのお達しを断固拒否して廟内に神道の神を祀らせなかった、と言う話もききました。その台南市長さんは、後年台湾の方により顕彰され、群馬県の珊瑚寺という寺に胸像が建てられたとか。
この方のこと全然知らなかったのですが、羽鳥又男という方だそうです。

台北の「南機場」についても質問してみました。
陳昇の新譜のタイトルになって、にわかに興味の湧いているエリア。
住んでたエリアが離れていることもあってか、あまり記憶にないとおっしゃってました。その話からなぜか「指南宮」の練兵場の話になり、それも興味深かった。あの山の上まで歩いて行って訓練するんだって。 


小5の宜蘭1泊旅行で蘇澳冷泉へも行ったそうです。
担任の先生が「お前たちここの水は天然のサイダーだぞ!みんな水筒に詰めてお土産に持って帰れ」と言うので、子どもらはめいめい持ってきた水筒に詰めたのだけど…。当時の水筒のふたは今のようにしっかり閉まるタイプでないので、帰りの汽車の中でふたがポンポン破裂、皆びしょびしょになったそうです。あとで聞いたら、先生は毎年同じことを言って、子どもたちをからかっていたらしい。「伝統行事」って言ってました^^。隣で聴いていた女性は「私たちの時はそんなことなかったわ」。男女差があったのかもしれませんね。

男女差と言えば、小学校でも男女別々のクラスだったそうです。
当時のクラスは1学年に60人、それが5~6クラス。男女別クラスの外、1学年に1クラス混合クラスがあったとか。講堂に全校生徒が入りきらないので、何かの式典の時には2部に分かれてやったのだそうですよ。  


台湾神社(今の円山大飯店)の祭礼は10月28日。
町内を「樽神輿」を担いで練り歩く。子供みこしを担ぐ子は学校を休んでも良かったらしい。町内の商店会のおじさんたちとこどもたちで御神輿を担ぐ。神社までは遠いので町内だけで済ませてたとか。行く先々でお菓子がもらえたそうな。


お正月のお餅の形のはなし。
台湾には西日本出身者が多く餅は丸餅だったそうです。お雑煮も関西風だったのだそうです。


台北に住む日本人の中でも台湾語の単語は使われてたみたい。
「とあちゃー」=人力車。
「ぱんさい」=牛馬糞

人力車のことは祖父の中国時代の話に「ヤンチョー(洋車)」とかって書いてあった記憶有り。
車引きは現地の人が多かったので、日本人も現地語で呼んだのかな? 


学徒出陣の話。

師範学校に通っていて兵役が免除されていたが「学徒出陣令」がでて軍隊に入ることになった。3か月の訓練を終え外泊が認められ帰省した。その時お母さんが「死んで靖国神社に祀られるって言ったって遠すぎる。お前は突撃命令が出ても一番最後から出ろ。死ぬな」と言ったそうだ。でも、いざ出征となり駅で見送られる際には、お母様が「誰よりも頑張りお国のためにしっかり働いてこい」と大きな声で言ったのだとか。本音は大きな声で言えない時代。まえまえから身内が靖国に祀られて喜ぶ家族はいるのだろうかと思っていたけど体験者から聞くお話は重たい。
その方に、上田にある「無言館」と言う美術館のことを教えていただいた。学徒出陣で戦場に散った美大生の作品が集めてあるのだそうです。『美術学校の生徒たちは、兵隊に行く直前まで、もうすこし、もうすこしって言って作品を完成させて、それから出て行ったんだそうですよ」と。  


湾生の方が「台湾そば」って言ってたんだけど、今で言う何を指すのかな??
米の麺だろうか??米台目びーたいば、みたいな? 
麵線と言う説もあり。



会でいただいた戦前の台北住宅地図がすごい!
13年ほどの歳月を費やして、記憶を頼りに作り上げたんだそうです。

それを見てて、今の林森公園の東側に川が流れてて「こんなところに川あったっけ?」と思いました。
今の地図と見比べると、新生北路ですね。
あそこ妙に高低差があって不思議だと思ってた。川だったんだ。
今は暗渠でしょうか?それとも埋め立てられた?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PFCバランスの話

2018年02月01日 | ☆腰痛対策&ダイエット
今やっている糖質制限は、ダイエットの一つの方法です。
昔、ダイエットで食事制限といえばカロリー計算して、というようなものが主流でしたが、今やっているのは栄養素に注目して行うダイエットです。
その中で、PFCバランスという言葉を知りました。
P=タンパク質
F=脂質
C=炭水化物

です。この3つを三大栄養素といいますが、このバランスを考えて行きましょうというわけです。これは減量するしないに関係なく、健康的に長生きするために必要な考え方だそうです。

このPFCバランスをチェックできるサイトがあったのでやってみました。
まず、1月18日の絶賛糖質脂質制限していた頃の食べ方をチェック。


そして、昨日のもの。
脂質を解禁したら急に取り過ぎになっています。
これはいけません。


今は炭水化物をを制限してるのでいびつなグラフになってますが、ゆくゆくはきれいな三角形になるようにするわけですね。
このグラフを作るためには、何をどれだけ食べたかわからないといけません。外食ばかりだと難しい。今はかなりシンプルな食事内容なので簡単に計算することができました。これからも少し意識していきたいと思います。



そして今日。
エネルギー 1179kcal 基準:1608~2253kcal
タンパク質 73.08g (292.32kcal) 基準:45~102g
脂質 69.5g (625.5kcal) 基準:39~60g
炭水化物 76.99g (307.96kcal) 225~315
食物繊維 総量 24.5g 基準:17.1g~
食塩相当量 11.59g 基準:~7.5g


まだ脂質がとりすぎなのかな。
それに塩分もとりすぎています。
気をつけなくては。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湾生の皆さんのお話会

2018年01月31日 | ☆記憶
先日、友人に誘われて、「台北建成尋常小学校同窓会~建成会」の皆さんによる「お話会」に参加してきました。
建成会は、戦前、台北にあった建成尋常小学校に通っていた皆さんの同窓会で、なんと今なお活発な活動をされています。2015年に講演を聴いた群馬の岡部さんが生前ずっと同窓会会長を務めていらっしゃいました。
幹事会を毎月のように開き、年に一度同窓会を開き、会報を発行し、3年に一度台湾の母校を訪ねる里帰り同窓会も開いていらっしゃるのです。一昨年は、台北に残る母校(現在は建成国中と言って中学校になっています)の体育館で、現地台湾の若い世代の人たちと交流をするイベントも盛大に開かれたようです。新聞の記事にもなっていました。台湾側の記事(日本語)

すごい。

同窓生の皆さんは、一番若い世代でも80歳に近いのですよ!


今回は、幹事会のあとに、若い人を入れてお話会及び懇親会を開くので興味があったらいらっしゃいとのことで、どんな話が聞けるのだろうかとワクワクして出かけてきました。開場は市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷(私学会館)です。




湾生の方10名弱、聞き手10名強と言う参加者です。
当時の写真などをスライドで見ながら、日本時代の台湾の生活、引き揚げの話、引き揚げてきてからの話などを伺いました。
ときどき聞き手から質問も飛びます。



湾生の皆さんの記憶力のすごさには驚いてしまいます。
70~80年前のことを昨日のことのように話してくれます。



聞き手側も多彩でした。
わたしは初参加でしたが、皆さんもう過去にも参加されてたようでした。
・日本時代の台湾を扱ったアニメを作りたいという方
・現代アートをやってる芸術家の方
・大学で台湾に残る日本時代の町並みなどを研究している学者の方、
・日本の大学に留学している台湾の若者たち
・台湾で仕事をしていた新聞記者の方
・ただの台湾好き(うちの夫とワタシ)
などなど。



懇親会は会場をカフェに移してケーキセットなど頂きながら、おしゃべり。
わたしは、現会長さん(御年90歳)の隣に座って、1時間以上独占インタビューを試みました。興味深いお話がたくさん聞けました。整理して後日別記事にしてみようと思います。


建成会の活動は、「昔を懐かしむ同窓会」という面にとどまらず、台湾や日本の若い世代に伝えたい、残したい、と言う思いも持って活動されていると感じます。年に何度も開かれる幹事会の際には「ランチ会」と称して、若い世代が話を聞ける交流の機会も提供されているそうです。私も次はランチ会に参加してみたいと思います。

建成会の活動はこちらで紹介されています。
建成会FBページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限3週間

2018年01月28日 | ☆腰痛対策&ダイエット


糖質制限と筋トレでダイエットを始めてから約3週間となりました。上記は私の体重グラフ。ひとメモリが600グラムになってるようです。結構減っているでしょう?現在のところジムでの筋トレ6回。あと10回行きます。毎回、もう無理!っていうくらい辛いですが、一時間がすぎるのはあっという間です。

食事は、第一段階の糖質、脂質完全カットからの、第二段階の糖質完全カット、脂質は選んで摂る(オリーブオイルやオメガ3の油脂を中心に)というステージに入りました。昨日友達と夕食を一緒に食べたんですが、やっぱりステーキやさんに行ってしまいました。付け合せのじゃがいもや人参は友達に食べてもらったり。工夫してます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

地下謎への招待状2017

2018年01月27日 | ☆旅行─東京散歩
東京の地下鉄、東京メトロが昨年10月からやってる電車を使った体験型ゲーム「地下謎への招待状」やってきました。こういうゲームの存在を教えてくれたホームズ友のナツミさんと。

ゲームは今月末まで参加できます。
興味のある方、ここへ!
http://realdgame.jp/chikanazo/

そしてここにはネタバレは書かないつもりですが、「これからやるからミジンも知りたくない」という方は、以降の文章は読まないでね。
















都内主要駅のメトロ定期券売り場で、このキットを買います。2160円です。メトロ24時間乗車券もついています。
私たちはミステリー文学資料館からの流れで池袋駅からスタート。指定された「はまりの場所」へ行くとこんなはり紙が。


目の前のカフェでは、このゲーム参加者対象で割引ありとのことだったので、コーヒー飲みながら最初の問題を解きます。なかなか難しい。相談しながら解き進め、何とか答を出して、次の駅へ移動します。



参加者たくさんいます。
こんな張り紙があちこちに。


駅の構内で解ける問題もありますが、外に出ないと解けない問題も。
この日は天気もよくて、外に出るのが気持ちよかったです。


とある駅の問題がとても難しくて、二人でどんなに知恵を出し合っても解けず、公式のヒントを見ても解けず、1時間くらいベンチに座って、あーでもないこーでもないとやってました。すっかり外は暗くなり、ちょっと場所を変えて暖かいところでコーヒーでも飲みながら…なんて移動はじめたら、ひらめくものがあり、やっと次に移動できる…なんてこともありました。

ホント難しいよ。


途中で専用自販機でミネラルウォーターを購入。
コカコーラさんの協賛です。
この「いろはす」にも問題がついています。
飽きさせない工夫がたくさん。よく練られてるゲームです。

「いろはす」の問題は、自販機の近くのカフェで解いたんですが、周りのお客さんもみんな同じ問題解いていて、連帯感がありました。


そろそろ終わりかと思ったら、どんどん問題が難しくなっていきました。
最後まで終わったの午後8時過ぎてました。
午後1時過ぎからスタートしたから 7時間かかったことになります。


ひゃー。
楽しかった。

でも疲れた~~~。
またやりたい~~~。

お付き合いいただいたナツミさんありがとうございました。
あなたがいなかったら途中であきらめて帰ってしまったかもしれません。
来年もやりたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田園調布で「ブラタモリ」

2018年01月26日 | ☆旅行─東京散歩
NHKの街歩き番組「ブラタモリ」。
好きで毎回見ています。
地理班にとって、ゴールデンタイムに地理の話をしてくれる貴重な番組。
タモさんのおかげで、長年「好きな地形は河岸段丘」とか言って、変人扱いされていた私も市民権を得たような気持ちです。

さて、今回は「田園調布」でした。
わたしは田園調布に住んでいるので(大嘘)なじみの風景でしたが、いろいろ知らないことありました。
「田コロ児童公園」は知ってますが、「タコロ」なんて読んで、なんのこっちゃと思っていました。
「田園コロシアム!」知らなかった…


住んでいるわけではありませんが、よく歩く所です。
今日も通って写真撮りましたので、載せることにします。


おなじみの駅舎。


今の駅舎はこれです。



こちらは、商業施設、生活関連サービスがコンパクトに集まった駅東側。


駅西口。道が放射状に伸びる起点のロータリー。
このむこうに高級住宅地が広がります。



ロータリーの池は氷が張っていました。
今日も寒いです。



道もまだまだ雪が残っています。


瀟洒な建物群。



道がカーブになることで、緑が目に入りやすい。って番組で言われるまで気がついてませんでした。
でも交通事故は起きやすそうじゃないかな?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「賣田」陳昇  まだ途中ですが…

2018年01月25日 | 【特集】陳昇 Bobby Chen
もう一つ「帰郷」から。
「七叔」と連作になっている「賣田」。
CDへの収録順はこの曲の方が先になっています。




「賣田」  作詞 作曲: 陳昇

自從七叔走了以後      七叔(7番目のおじさん)が出て行ってしまった後
就沒有人再提起        誰も言わなくなった
那塊毫不起眼的田地      このみすぼらしい田畑のことを
那田本來就是要種莊稼的    この田畑は作物を植えるべき場所だった
你們儘圖個什麼勁       力いっぱいやらなきゃダメだったのに
爺爺説你先把門給掩上了    じいちゃんが「さっさと門を閉めてこい」という
我來說個故事給你聽      お話を聞かせてやろう
濁水溪的水源頭        濁水溪の水源は
埋藏在鬼魅般的雲霧裡     魔物みたいな濃い霧の中に埋まっているんだぞ

我問你那裡來的呀      お前はどこからきたんだと訊ねよう
你取了名字你沒有改了姓    お前は名づけられたが、姓は変えていない       
你吃了莿仔埤養的稻米    莿仔埤ではぐくまれたコメを食べ
你喝了黑泥漿洗的水      黒い泥水で洗った水を飲み
你別信了掌權的人說      権力者の言うことなんか聞いちゃだめだ
英明的人出了好價錢      頭のいいやつは高い金を出して
土地上長出了煙囱        地面に高い煙突を立てる
爺們窮到只剩下了錢      爺たちは、貧しくほんのわずかな金を残せるだけ

真想喝杯酒啊        酒が飲みたいなぁ
在從不下雨的南溪州      雨が降らない南溪州では     
蛙鳴埋葬在高牆之下     蛙の声は高い壁の下に葬られる
掩在霧霾裡的文明       煤煙の文明の下に  
七叔你不要回頭啊       七叔、もう元に戻らないで
在從不懺悔的南溪州      懺悔することもない南溪州では
良心埋葬在情欲之下     良心なんか欲望の下に埋められてしまった
真不知道           全く分からない
該如何去對以後的人説     未来の人々にどう話したらいいのか

自從七叔走了以後       七叔が出て行ってしまった後
再也沒有見過         二度とまみえる事はない
那老欺負孩子的陳老師     あの子供たちをいじめてばかりの陳先生には
聽說他去了村子的那一頭    聞いた話では、彼は村のある場所に
種了一園子火紅的鳳凰花    真っ赤な鳳凰花を庭じゅう植えたんだそうな    
花間裡隱藏了許多的秘密    花の間には秘密がたくさん埋まっている
陳老師的故事最神奇      陳先生の話はいちばん不思議だ
而我們最愛的校花       そしてわれらの大好きだった
她嫁去了美利堅         学園の花はアメリカに嫁いでいった

別問我哪裡來的呀       どこから来たんだと聞かないでくれ
換了個名字我沒有改了姓    名前は変えたが、姓は変えていない
你愛上了城的鳳凰       城の鳳凰を愛し、
你喝了西方來的黑牌      西から来た「ブラックラベル」を飲む
你別信了城裏的人說      街から来たやつのことを信じるな
掌權的人比你聰明       権力のある奴らはお前より頭がいい
土地上長出了煙囱       土地に長い煙突を立てて
爺們苦澀的回憶著從前     爺たちは苦い思い出をまとう

老天爺啊它不哭泣       お天道様は泣きはしない       
在從不下雨的南溪州      雨も降らない南溪州では
白雲躱藏在紫霧之外      白い雲は紫の霧の外に隠れている
掩在謊言裏的文明       ウソで固められた文明に埋もれて
老師你不要回頭啊       先生、もう元に戻らないで
在從不下雨的南溪州      雨も降らない南溪州では
秘密埋藏在溫柔的心裡     秘密は優しい心の中にうずもれてしまって  
永遠不會說出去         永遠に口をついてくることはない

自從爺爺走了以後    おじいさんが行ってしまったあと
就沒有人再覬覦    誰も欲しがらなくなった     
那塊毫不起眼的田地    あのみすぼらしい田地のことを   
那田本來就要種莊稼的    作物を植え、
你們盡圖個什麼勁    励まねばならないはずだったのに
孩子先把門給掩上了    子どもらよ、門を閉めておいで
我來說些故事給你聽   お話を聞かせてやろう
濁水溪的水源頭     濁水溪の水源には 
住著會唱歌的祖靈    歌を歌える先祖の霊が住んでいる

都問你那裡來的啊     皆があなたはどこから来たのですかと尋ねる
你換了個名字    あなたは名前を換えた上に
你甚至也改了姓    姓まで変えてしまった  
你吃了爺爺親手種的稻米    お祖父さんの植えたコメを食べ
你喝了母親河流淌的奶水    母なる川からポタポタ滴る乳を飲み
你別信了掌權的人說    権力者の言うことを信じるな
英明的人會給你好價錢    頭のいい人は金儲けをさせてくれる
土地上長出了煙囱    地面に高い煙突を立て
爺爺死也不賣的田    お祖父さんが死んでも売らなかった田
真想喝杯酒啊     ああ酒が飲みたいなぁ
在晴朗如洗的南溪州    洗ったように晴れやかな 南溪州では
祖墳已埋葬在高牆之下    先祖の墓は高い壁の下に埋められて  
走在紫色沙塵裡的人民   紫の砂塵  
爺爺你不要回頭啊
在從不懺悔的南溪州
良田埋葬在貪欲之下
真不知道
該如何去對以後的人說

七叔你不要回頭



不起眼=ぱっとしない
莊稼=農作物
莿仔埤=彰化縣にある灌溉系統
鳳凰花=真っ赤な花を咲かせる合歓の木
黑牌=ジョニ黒
覬覦=ji yu 希望得到不屬於自己的東西。造句:他處心積慮,覬覦這個職位已經很久了。日本語と同じ意味みたいですね。この日本語知らなかったけど。きゆ。高望みする、不相応なものを望む。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京大雪の降った日

2018年01月24日 | ☆個人的日記
1/22(月)関東地方に大雪が降りました。大雪とはいっても関東地方にとっては、と言う意味ですね。雪国の方からしたら笑っちゃうくらいの雪です。

昼前から降り始め、夜半に止みました。積雪が20cm以上だったようです。わたしは所用あり8時ごろに職場近くを出たのですが、幸い電車が止まるような事はなく、さしたる混雑もなくのんびり帰ることができました。
よかった。

大雪警報が出たこともあり、各企業も早じまいをして従業員を帰宅させたりしたようですね。そのため5時くらいに帰宅ラッシュがピークになり、主要駅ではホームへの入場制限まで出たとか。私の職場は、3時までには退社したので、混乱なく帰れたようです。

久しぶりの雪景色はキレイでした。













過去の東京の積雪について調べました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「糖質制限」2週間

2018年01月23日 | ☆腰痛対策&ダイエット
トレーナーの指導の下、糖質制限をはじめて2週間になりました。糖質制限ってどういうものだろうと思っていたのですが、やってみると案外できるものですね。ただ、外食となると厄介ですが。

私のやってる糖質制限は、以下の通り。


●炭水化物、糖類は徹底的に避ける。


 甘いもの、ご飯、麵、パンはもちろん、根菜類、イモ類、フルーツも避けます。
 お酒も日本酒、ワイン、ビールなどは避ける。

●脂質も徹底的に避ける。

 料理に油を使わない。脂肪分の多いもの(乳製品、肉魚の脂身)はとらない

●調味料も吟味

 糖質の多い、みりん、酒、ポン酢などは使わず、塩コショウ醤油程度。


●蛋白質は毎食20~30グラム摂取、野菜、繊維質は積極的に摂る。


この条件で、食事をとっていたら、以下のような食事になりました。
朝からステーキとか食べてます。
お酒はなんとなく飲む必要を感じなくて、2週間禁酒しました。


















外食のときはステーキ屋さんだより!


量はかなりもりもり食べているのでストレスはありません。毎食ちゃんと作るようになったので、かえって健康的かも。

2週間で3キロくらい落ちました。暴飲暴食をしてないからかな?
引き続きトレーナーさんの指導どおりに頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半七100年、ホームズ130年

2018年01月21日 | ☆旅行─東京散歩


池袋の出版社光文社社屋に入る「ミステリー文学資料館」へ行ってきました。

半七捕物帳とホームズ物語の合同企画展示があるらしいとのことで。入場料300円。中は図書館。ミステリー関係の雑誌、書籍がたくさん収蔵され自由に読むことができます。展示はホームズ9割くらいでした。半七についてもも少し欲しかったけど、まぁそこは…。

他の捕物帳はほとんど読んだことがないけど、半七は原文がちっとも古くならないのがすごいと思います。

やはり、作者の岡本綺堂がホームズ物語を原初で読むほどの近代文化人で、論理的な思考と手法をもって江戸を舞台に探偵小説を書いたからなんでしょう。


光文社のあるところは「乱歩通り」。江戸川乱歩の自宅が近くにあります。見に行ってきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「七叔」 陳昇

2018年01月16日 | 【特集】陳昇 Bobby Chen
去年の7月に発売された「帰郷」と言うアルバムから。
農村にすむ青年の話。
都会と田舎の対立、都会に出て行きたい若者がテーマの歌のようです。
このテーマでは陳昇はたくさん歌を作っています。
台湾映画にも以前このテーマがたくさんあったような。
日本でも多かったのでしょう。

「七叔」というのは、7番目のおじさんと言う意味だと思います。
語り手の少年は、多分長男の息子で、お祖父さんと一緒に住んでいる。父親にはたくさん兄弟が居て、7番目の弟はまだ家にいる若者だと思われます。
ピカピカのオートバイに乗っていたり、外国たばこを吸ったり、都会の女の人と付き合ったり、多分牛を飼って、田んぼを作っている田舎の暮らしのなかでは浮いた存在。おじさんは父親とけんかして家を飛び出すんでしょうね。そして、成長した語り手の少年は、おじさんにあこがれを抱いて自分も出て行きたいという気持ちがあることに気がつく。
こんなストーリーでしょうか。

田舎の象徴としての「牛」、食卓の「干し魚」

いろんな言葉で、情景がぱっとうかびます。
陳昇歌を聴きながら聞くと、さらに臨場感があります。
美輪さんのヨイトマケの唄みたいな物語力だと思いますが…母語じゃないのが辛いですね。


七叔 作詞作曲:陳昇

天空的雲朵結在一起      空の雲がつながって
像卡通裡的大力水手      マンガのポパイみたい
孩子們扔了書包        子どもらは学校のカバンをほおりだし   
追著埤仔的老牛在奔跑     水路沿いに放してある牛を追いかける
晚風裡帶點甜甜的鹹魚味    夜風に干し魚の甘い臭いが少し運ばれる
七叔他站在橋頭        7番目のおじさんは橋のたもとに立っている
身邊是他閃亮的Motorcycle   傍らにはピカピカのMotorcycle

孩子我跟你說          おまえたちよくきけよ
叔叔要去一個遙遠的地方     おじさんは遠いところへ行くんだ
那裡是男人的方向        そこは男が向かうところさ
情欲的理想國          なんでもできるユートピアなんだ

餐桌上涼了的鹹魚        食卓の上の冷めた干し魚       
早就已經沒有滋味        とっくに味などなくなってる
七叔張著鐵青的臉        おじさんは青ざめた顔をして
爺爺拽了門之後的咆哮      じいちゃんは門をぴしゃりと閉めて何か怒鳴った

城裏來的女人           街から来た女の人が
讓七叔變得好有精神         おじさんを生き生きと変えた
鄰居們都說她是外省來的狐狸精    近所の人はみんな口をそろえて「あの女はよそから来た女狐」だという

我那裡想得這麼多 ※1         ???
七叔的眼裡映著烈火       おじさんの瞳にメラメラとした炎が映っている     
村子裡的人說他著了魔     村の人は「ヤツは憑りつかれたんだ」という
他搭上了城裡的壞種       都会の悪いものにのっかってしまったんだと。

好冷好冷的一個冬天       とてもとても寒い冬のある日
七叔他輕輕敲著我的窗      おじさんがコツコツと僕の窓をたたいた
看起來臉上都結滿了風霜      おじさんの顔にはすっかり世間の厳しさが刻まれているみたい
他點了一根時髦的西洋煙     おじさんは流行の外国たばこに火をつけて 
問起了家裡的種種        家のことをいろいろ僕に聞いた
爺爺是否還念著他        じいちゃんはまだおじさんを思ってるだろうか
不孝的他            親不孝なおじさんを
 
我那裡想得那麼多 ※2         ?
我心中也有烈火         僕の心にも炎が燃え盛ってる
發動起來吧摩托車        オートバイのエンジンをかけて
要去夢想的那一方        夢見た方へ出かけるんだ
我沒有問他             僕は訊ねなかった
七叔是不是已經到了他的理想國     おじさんがユートピアに辿りついたのかどうか
七叔的眼裡有種迷人的空洞       おじさんの瞳には魅惑の空洞がある
迷人的空洞              魅惑の空洞が

他身上有好聞的洋煙味      おじさんの身体からは外国たばこの匂いがする      
和抹了香精的浪子頭       それと浪子頭に着けた整髪料の匂い

浪子在那個冷冷的夜裡      浪子(遊び人)はあの寒い夜に     
掩沒在黑裡再也沒有了消息    黒い中にうずもれて二度とその消息は分からない

村子裡的人說他著了魔      村の人は「ヤツは憑りつかれたんだ」と言う
任誰勸也不回頭         「誰が説得したって、もう元には戻らない」
溪畔的稻子已經垂了頭      川沿いの稲穂はすっかり頭を垂れている
七叔沒有遲疑的大步走     おじさんはためらいもせず大股で歩いて行く




<単語メモ>

大力水手=ポパイ
埤仔=地名、水路?
浪子頭 ヘアスタイルの一種。横浜銀蠅みたいな、前髪がV字になって後ろの真ん中だけ伸ばすような不良やチンピラで流行ったあの形らしい。
外省來的狐狸精=よそから来たとしたけど、おそらく台湾特有の「外省人」との対立問題も含んでいるのでしょう。「狐狸精」は美しい姿で男を惑わす妖怪のことですね。
鹹魚=干し魚としましたが、発酵させてから干す、日本でいうと「クサヤ」みたいなものらしいです。台湾の田舎の象徴かも。
著了魔=「取り憑かれた」と訳したけど、恋に狂ってしまうようなニュアンスのようですね。




歌の中の「我那裡想得那麼多」の意味がうまくとれません。
どういう意味合いかな???
おしえてくださ~い。
反語の意味だから、「どこにあんなに考えることがあろうか?」
「考えなくたっていい」かな?「考えるまでもない」とか?
(わかり次第、コツコツ訂正していきます)

もう一個疑問点
※1 と ※2の部分、初め、1の主語は七叔で、2の主語は語り手がと思ってたんですが・・・陳昇の歌を聴くと、どっちも七叔かも?と思えたりもします。そうなると解釈ががらりと変わって、語り手は、それほどおじさんにあこがれてなくて、都会に出て根無し草になってしまったおじさんを憐れんでいるのかもしれない・・・とも思えます。




2018.1.18
友人に質問を投げかけてみました。(以下はメモ)

假設這個故事 那個「我」是個青少年的孩子
第一段是指一個孩子看到大人為了愛情 不顧一切 ,不能理解大人為何會這樣,想了很多
第二段還是指那個孩子,心中也有自己像七叔一樣的夢想

烈火是指愛情
兩個「我」都是同一個孩子

我那裡想了那麼多=我當時想了那麼多=我想了那麼多
歌詞中「那裡」是在那裡的意思 簡單講就是「當時」

這首歌是描寫孩子回憶青少年時期看到七叔為了愛情不顧一切的故事

以前台灣鄉下都是種田,種田需要人力,所以會生很多孩子,中國人講「多子多孫多福氣」當時孩子通常生很多
現在都沒人要生孩子了😂
昇哥寫的就是你媽媽那個年代發生的故事喔 看昇哥的歌詞很有畫面,像在看電影一樣

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

YOKOの好きなもの羅列

(順不同)地図、河岸段丘、保存樹木、宮本常一、縄文時代と日本の古代、文明開化と江戸時代、方言、水曜どうでしょう、シャーロック・ホームズ、SHERLOCK、陳昇、John Mellencamp、Kate Bush、イ・スンファン、カンサネ、1997年以前の香港映画、B級コメディー映画、SNL、The Blues Brothers、台湾、旅行の計画、イタリア、エステ、宮部みゆき、ショスタコーヴィチの交響曲5番、森川久美、のだめカンタービレ、くまモン
台湾旅行一覧 ただいま61回
海外旅行一覧 ただいま117回?