金四郎 たのんまっせぇ~

夫と、老柴犬金四郎と南房総に移住して11年.
身も心もスッカリ房総人♪今は亡き愛犬との思い出とつづる日々の出来事

16歳9か月です♪

2016-09-28 13:30:20 | 日記


ぼく、金四郎、今日で16歳9か月になりました。

こっち向きにね寝ると、お首がすこし曲がっちゃってるんで、お顔がちゃんと見えていい・・って、おかあちゃまが言うの♪

でもね・・


「もう少し、もう少しこっち向いて・・」っておかあちゃまがカメラ向けると、ちょっと面倒くさくなってプイっとしちゃいます。

立って歩くのも少し大変だけど、体の為だと思って頑張っています♪


おかあちゃまは、いつも僕と一緒に寝てくれて、オチッコでてちょっと気持ち悪いなぁって、フンフンっていうと必ずそばにいて、すぐに取りかえてくれるんです♪

でね・・そのあと、ちょっぴり寝られないでお部屋をお散歩してても、電気をつけて「金四郎、どこ行くの?そっちは足滑るよ」とか言って、僕の後着いてくるんだよ♪

おとうちゃまも、僕が一回喜んで食べたからって、大きな大きな鶏のつくねをゴルフの練習の帰りに買ってきてくれて、刻んで僕のお口に入れてくれるんだ♪

夜中、あまり暑くなくても、ちょっと歩くだけでハァハァって言っちゃうときあるんだけど、少し休むと大丈夫になるよ♪

そんな時、おかあちゃまは「金四郎、大丈夫?苦しくない?」って言いながら、背中さすってくれるんだけど、気持ちいいから、少しね・・ハァハァって言ってみるの♪
で、ネンネ・・・て、寝るとね、楽ちんになるからね・・。


ネンネしても、こうしてチッポがピクンピクンって上がる時あるんだ!

そんな時お母ちゃまの楽しそうな声が聞こえるんだけど・・寝たふりしてやってるんだ♪

この間、ロシアに遊びで旅行してたお兄ちゃまが、帰国してまっすぐ家に帰ってきて
「金四郎!お前に会いに来てるんだぞ!!」って言ってた♪

僕はみんなに愛されてるんだね♪

明日から、お姉ちゃま達家族は、義理のお兄さんのお仕事がスイスの大学にあるって、家族でスイスに行っちゃうんだけど、12月の末には、戻って来るって。
その時、僕は17歳だよ!!

僕ね・・心に決めたんだ!
その時まで頑張ろう~~って


お姉ちゃま達に遭うまで頑張ろうって・・

おかあちゃまが書いてるブログのお友達も、みんなで応援してくれてるよ、ってお母ちゃまがいつも言ってるの♪


だから、ぼく頑張るよ♪
だから、これからも応援してね♪


この間、お家で何時も読んでる新聞にこんな記事が出てたんだって


2度も飼い主さんに捨てられて、事故であんよを2本も無くしても頑張ってる柴犬ちゃんの話。

おかあちゃまは、読みながら涙を浮かべて僕を見ながら
「金四郎・・がんばろうねぇ・・君は幸せなんだよ♪」って言ってた・・・。

うん、僕もそう思う!!

時々変な声出しちゃうけど、どうにもならない時もあるけど、でも、一生懸命生きるよ

おかあちゃまは、いろいろしてて、これから、好きじゃないお裁縫もあるんだって・・
おとうちゃまのズボン2本も買ってきたけど、おとうちゃまアンヨが少し短いから、裾をあげなくちゃならないとか、あれ作って、これ作って・・とか・・。

で、なかなか2階に上がってこられないから・・・僕はコメント書くことができないから・・・お休みさせて下さい。

おかあちゃまがまた近いうちに、アップします!って言っていました♪ By金四郎






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ何とかなっています、腰も金四郎も♪

2016-09-25 16:22:24 | 健康のこと 人間、犬
ご心配おかけした、腰・・ナントカね使っています♪


この花壇の草取りしててやったんだから・・・

まだ十分きれいじゃないけど、もうポストまで新聞、郵便、取に行っても見ぬふり・・・できず・・でも今度はね・・上手にまげて、ほんの少しだけでやめてね・・。

休んだ方がいい・・ゆっくりしようとソファーにどっしりと腰かけた姿勢を続けても、立つ時にあっぁあっ!ってなるので、これまた慎重に・・

2日半、ロキソニンの飲み薬使いまして、後はテープだけ・・それも一昨日から、朝起きた時の違和感や、仕事後の疲れでいやぁな感じがしたときだけにしています。

もともと腰は丈夫な方ではないようです。
母も、40代後半から50半ばまで、ぎっくり腰のような症状結構ありましたね・・・兄もです。

仲良くしなくちゃならん年ですね♪

たまたま読んでいた本に、腰、自分で防ぐ腰痛とひざ痛と有りました。

かの有名な酒井先生のお話です。

私は、40歳で、左ひざの靭帯も伸ばしてることもあって、かばい腰もあるようで、腰をかばうと膝からふくらはぎまで張った感じで痛みが来るときありますから・・・連動してるんですね・・・頭も・・だんだん悪くなるようデ・・・ヒヒヒ。

尾てい骨にコブシ一つ置いて、その上の両側にテニスボールを置いて寝る・・という療法ですが、以前から知っていてもやらなかった・・今度は・・と確か、物置に有ったな・・テニスボール・・と探しに行くとない・・^^;

明日、買ってきて試します♪

金四郎も 抗生剤2週間分頂いて飲ませていて、チッコに変化なく、食欲もまぁあぁで、落ち着いています。

でもね・・・やっぱり抱っこは必要だから、頑張りませにゃぁねぇ・・で・・テニスボール・・忘れないようにしましょう!

ソファーの下に寝てるうちに、なんとなくずりずりと・・ソファーの下に顔を突っ込んだら、フンフン言ってたのが暗くなって気分よく寝ています。

こんな姿もカワイイであります♪

先日、お彼岸で作ったおチラシの材料、作りすぎて取っておいたので、お彼岸過ぎたけど、おチラシの2番煎じを作りました。
7月のお盆の時は母の退院、施設入所など忙しくて、出来あいのおはぎだけだったから、仏様に、お彼岸には・・と、お参りしてたのでね♪


今回は、干ぴょうも良質の国産品で自分で煮ましたし、金四郎も大好きだから、錦糸卵も甘く多めにしてね♪


上に乗ってる緑色は、ゴーヤなんです


莢エンドウなんてないし、家にある物で・・と・・。

紅ショウガも無いから、手作りの甘酢漬けとミョウガの甘酢漬けを刻んでね♪

我ながら良い出来で・・美味しかった・・・体重、減らせないで大変なのに・・お替りしたくなる・・・手前味噌!

そうそう、その雑誌にベジ冷凍の話が載っていてね・・ゴーヤやかぼちゃは以前から自己流で冷凍してるけど、きのこ・・キノコの冷凍もそのまましててね・・・

こうしておくと、使いたい分だけ、さっとだせて便利!


シメジが2個で150円で、安かったので何にしても便利だから・・・

シイタケもよく冷凍庫にそのまんま入れちゃうんだけど、直ぐ使えるようにして、ジップロックに入れておくと、確かに便利♪

これから野菜、高くなりそうです。
我家の畑も、シシとう、オクラ以外は、しばしお休みになるので、上手に買って上手に保存を心掛けたいものです。



コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

たたた・・・この腰痛、ナントカしてぇ~~!!

2016-09-19 16:06:35 | 健康のこと 人間、犬
朝は違和感がありながら、なんとか普通に起きられましたのですよ♪

金四郎をチッコに出して、そのついでにもうもう前々から気になってた、玄関までの道の脇の花壇。

昨日も、ちょいメヒシバのドデカくなったのや、ドクダミ、コウブシ・・・少し抜いたら、ちょっぴりね・・自己満足程度に綺麗になってきて、下の土も見えて・・・。

・・・で、今朝も、残りを・・・

チッコも出て、砂利道で寝転がってるの嫌です!
という金四郎の雄叫びに ヒョイと立ち上がったら・・ギャァ~~~~!!! でででで・・・腰が伸びない!!^^;

それでも金四郎を抱かないわけにはいかず(ダンナ殿はすでに畑にお出かけあそばされてね・・)

腰を低く曲げながら、なんとか10キロ近いヤツをぶら下げるようにして、家の中に・・・

玄関に上げてからは、押したり、引きずったりで、やっとリビングに入れて、彼は転がしておいて・・^^;

どうにも腰が伸びない・・・少しでも伸ばそうとすると、左足までビ~~ンっとしびれる。

ヤバッ!

ぎっくり腰か!!

腰をかがめながら、右足で引きずるように歩きながら、先ずは、ロキソニン湿布2枚をべたべたと痛いと思うところに貼る。

脂汗が出るような痛みが次から次へと来る・・・まずいなぁ・・・

和室にたたんである布団に寄りかかりながら、少しじっとしてるが、じっとしてても痛みがジンジンと来る。

まずいなぁ~~~^^;

今までの、ちょいちょいと痛くなるのと少し違う? と 不安も手伝うもんだから、気持ちまで悪くなってね・・・少し、ほんの少し、眠ってみた。

転がされてた金四郎の、クゥィ~ンという声で目を開けて、すこ~~し ほんの少し動けそう・・・で 起きる・・が・・痛い^^;

でも、ナントカしなくちゃ・・

ここぞ!とロキソニンを一錠飲んで、左足を引きずりながら、金四郎に薄切りハムを3枚。
夕べは、チュルと吸い込むように食べてくれたのに、今朝は、舌でべろべろと押し出してうまく口に入れられない・・・痛む腰に嫌気がさして、もう根気も限界。

「食べて!」
と、いつもa/d缶や、老犬用缶詰を食べさせるように口の脇から押し込んだら、まぁ美味しそうにくちゃくちゃと…。

人間も犬も 老いると横着になる・・・って・・・人のこともわんこのこともよう言えん我が身^^

小一時間したら、ロキソニンが効いてきたらしく、鈍痛に変わり、腰は伸ばせないが、なんとか前進歩きできるじゃないの♪

ホッ!

少しじっとして、また、金四郎にご飯を食べさせて・・・

ダンナ殿が畑から帰ってきたけど・・・腰が・・腰が・・なんて言っても、耳を貸さない・・・そうさ・・この春に風邪を引いた時だって、本当に迷惑そうにして、頼んだこと、シブシブしたの・・。

それに今朝だって、腰と首から肩が痛いのは、金四郎を抱くせいね・・なんて言ったって、「俺も痛くてな・・でも仕方無いからねぇ・・言っても治る物でもないし・・」とか「オシッコはちゃんと外に連れて行ってね・・じゃないとかわいそうだから・・」としか言わなかったんだから・・・

シ~~ン・・

それでも畑から帰ってきて、一休みすると伸び放題になって、これも気になってた庭の芝生を草刈り機でウィ~ンウィ~ンと刈りだしたので、少し楽になっても来たし・・・と 刈った芝生を掃き集めに出た。

腰を曲げながら、掃き集めた大量の芝生をてみに取りこみ、つつじの花壇の足もとに雑草除けに放り込んで、おおかたを片づけられた♪

まぁねぇ・・・人間、成せば成る物でしてね・・

昼ご飯の後、少し休んで、またぶり返して来てた痛みを ロキソニンは本当は6時間間、開けたいけど、4時間以上開けばOKと判断、なんとか5時間置いて、飲みまして…少し落ち着いておりますが・・・。

太極拳で習った腰痛予防の体操もしてみてはいますが、なにせ予防で、起きたのはね・・でも、治りつつある時には少し効き目ありそうです♪


介護疲れも手伝ってのぎっくり腰もどきでございますから、、油断はできませんね。

義母の時も 背中、腰・・たまらんということありましたが、あのころはまだ若かった・・・。

はぁ~~~頑張りませにゃぁ~ねぇ~~~

チッコをオムツにさせて出切らないとまた膀胱炎にでもなったら大変と、それ以来ダンナ殿の 金四郎、外チッコのこだわりは、大変な物が有りますが、でもねぇ~~


金四郎君♪
お家でもいいから、ちゃんとしてね、チッコ♪
お外に出ても近くでちゃんとしてね、チッコ♪

おかあちゃまの腰が少しでも良くなるまでは・・・

金四郎~~たのんまっせぇ~~~


オムツしてないとね・・やっぱり 気持ちいいんでしょうねぇ・・ぐずらないでヨタヨタとよく歩き回ります。

昨夜は、蒸し暑かったのかぐずってぐずって、横になるとすぐにクゥィ~ンと鳴いたり、ギャンギャンと騒ぐので、少しオムツを外したら、だまぁって・・ヨタヨタと、台所の板の間にストンと横になって寝ていました♪
その後、引っ張ってリビングへ連れてきたらまたギャンギャンと鳴くので、室温見たら26度。蒸し暑いのですよね、エアコンを24度設定でつけてね・・・私はお布団かけるようでしたけど・・^0^

オムツは暑いんでしょうかねぇ・・普段裸族でしたから・・・
冬を待つか・・・冬が待てるか・・・


前庭の疾患のせいで、どうしてもななめになっちゃうけど、それでも踏ん張って歩いてるんです

いじらしいほど・・・・でも、彼はそんなことかまわず・・今の自分をありのままに受け止めて・・ただひたすら生きてることを頑張るのみ・・・

一杯、一杯、教えられてるなぁ・・金四郎に・・・

・・と言うわけで、あまり長いことパソコンの前に座っていられませんので、今日もコメントお休みいたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金四郎のその後と母

2016-09-17 14:50:56 | 健康のこと 人間、犬
3日間ほど留守にしました。

高校時代の同期会ゴルフをかねて、一か月ぶりに母に会って来ました。

金四郎の膀胱炎のひどさに、一度は断ろうと思っていたのですが、おかげさまで急激にと言っていいほど症状は改善され、ほとんど夜、ロクに寝ていなかった体には良いストレス解消になると・・・夫も当たり前のように留守を引き受けてくれたので、かなり心身の休養は取れたカモ・・・。


金四郎は14日、膀胱炎の診断後の診察で、桿菌の種類は大腸菌だ、ということでした。

それならば、今、頂いてる抗生物質で十分、効果があるので、再発防止を含めてあと2週間の服用となりました。普段から、抗生剤などを飲んでいなかった金四郎の場合は、大体の抗生剤でこの類の菌には勝てるそうなので、助かりました。

以前、皮膚炎のひどかった時はステロイドと抗生剤はタイアップして出されていましたが、春前に夫のステロイド拒否で、やめ、それ以上炎症も見られなかったので抗生剤も飲ませなかったのが功を奏したようです。

14日の午後に出かけた時は、少し緩めのうんpで、外でさせて帰ってきた夫も ちょっと困った顔していましたが、昨日午後帰宅した時は、その日の明け方(午前2時ころだったらしいのですが明け方?・・まぁ言葉尻はとらずね・・)にはコロッとしたよいウンpをオムツの外に転がしてたから、ちゃんとおしりを拭いて、オムツをした・・・と。

最近の夫は、金四郎には花丸であります♪

そして母・・・

ホームについたのは5時前で、もう食堂のテーブルについていました。
私の顔を見るなり、あぁという声を出して嬉しそうでしたが・・・今回は名前もちゃんと出ました。 夫の名前も、娘と息子の名前もね・・・でも・・お正月の時に言っていた、息子が私の息子だったとは・・・を繰り返してね^^;

食事も、一人ではできますが、両手が震えて、箸やスプーンを持つとやはり力が入るの、極端に震えて、なかなか口元もでゆかず、口を出して食べに行くさまは、見ていて少し悲しい物が有りました。

お向かいの上品なご婦人方も、私に気の毒そうに「見ているとイライラするでしょ?」なんて・・・皆さん、この時の事しか覚えていらっしゃらない感じの方ばかりですが、それでも感じる物はあるのですね。

口も上手く回らず、しっかりと動かさないでしゃべるし、言葉も途切れるので、意味が通じないことが多くて・・・お向かいさんもそれを思うらしいのです。
だから・・

「本当にお世話になります。 耳も遠いので、意思の疎通がうまくいかないと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします・・・」と頭を下げたら

「いえいえ・・お母様は、このお年にしたら、ちゃんと召し上がるし、ご立派ですよ。」なんて・・・ホっ・・デあります。

「つい4年前までは、この町に70年住んでて婦人部の文化部の部長までしていたのですけど、通うのが大変になってやめたら、とたんに下り坂になりまして・・・」とちょっと母の名誉の為に言いました。

お向かいお二人
「あらぁ~~!!まぁ・・素晴らしい!! 私もこの町にずっと住んでるけどほんの40年、かないませんわね・・」 って、まぁ年配のご婦人たちのお話は・・・ですね♪

実は、その前にこのうちのおひとりが、近くの方に、オヤツの時にこぼしたまま席を立ってるから、片づけて・・とか 何となく口うるさく注意してるのを見たのです。
言われた方は、無表情で、うんうんとうなずいてるだけでしたが、その方が食事を終えて立ち上がってもその場を、向かい側から伸び上ってみてて・・・・
だから・・こんな食べ方をする母の後はかなり汚れもあるでしょうから・・・イヤミなど言われるとかわいそうな気分も手伝って、娘はつい余計なことを・・・

でもね・・その方
「いいわねぇ・・娘さんは・・娘でなければ、こんなところ来ませんよ・・・」とか もう一人の方も

「私は息子しかいないけど、本当に滅多に顔も見せないの・・・お宅は本当にお子さんがいらして、娘さんは行き届いて・・・年は取りたくないわね・・成れの果てですよ!」と、半分、寂しげにまた、うらやましげに言うのです。

「いえいえ、私たちも、これから行く道です。 それにこちらのお世話になれるだけ、お子様も奥様方もお幸せですよ」と私
「でもねぇ・・娘はいませんからね・・お母様の思いはできないわ・・」と・・・たまにしか来られないご家族がほとんどだと思います。
我家は、兄たちが近いので、時間が有れば来てるから・・・確かに母は・・ね。

母を車いすに乗せて動くときに、恨めし気にそう話す方々に

「何も役に立ちませんが娘代わりのことは致しますよ」
と申し上げたら、

「あらぁ~~♪、なんて嬉しい言葉でしょう! あらぁ・・なんだか本当に嬉しくなるわ♪」って・・・

みんな、みんな、寂しいんですよね・・・手厚く、行き届いたケアをされてても・・・背中にその声を聴きながら、涙が出そうになりました。

翌日朝、兄が実家の方に来て、色々と話しましたが、彼も母を自分の手で最後まで看てあげられないことを少し後ろめたくおもうのか

「前はあんなじゃなかったのに、たった3か月であれだから・・・と・・」

「あのね・・お兄さん、生きてるって、お母さんがここまで生きてこられたことだけどもすごいことだし、お兄さんのこの決断が無かったら、みんな倒れてるわよ・・私たちだってそんなに若くないし・・お兄さん花丸だとおもう」って私

「僕が!?」「そんなことは無いと思うけど・・・」と言いながら、目の奥に薄く涙をためてホッとしたような兄の顔。

他の兄弟たちの手前もあって、兄嫁とのこともあって、長兄は本当に大変だったと思うのです。

結婚当初から、義父母と、ただでさえ面倒くさい義母と26年の月日を過ごしての私の経験から言える言葉だと思います。

その日(昨日)午前中、母の所に行ったら、車いすで同じ階のホールの皆さんといて、テレビが付いていましたがコックリコックリとしてるのです。
髪の毛も短くカットされて、その後ろ姿には胸が締め付けられそうになりました。

でも、起こしたら、嬉しそうにして、自力で自室まで行かせて、ちょっと持って行ったお菓子を食べてから、母のなんだかよくわからない、どうも食事の内容と自分の食べ方が、始末の仕方の事らしいのですが・・・聴いてね・・。

・・で、母に
「お母さんドイツ語で歌える歌が有ったでしょ?」といった途端

振り絞ったような地声でローレライを 全部、ドイツ語で歌ったのです♪

すごいすごいと 母を誉め、体中をさすりながら、こんな歌は?こんな歌は?と、「ふるさと」「赤とんぼ」「われは海の子」「海」と次々、私が口を大きくあけながら小さな声で歌うと一緒に歌うのです♪

手が震えるので施設でさせて下さるお習字や、折り紙など、上手く出来なと嘆いていましたが、歌は歌えるので、好きなことはまだまだできる・・・心から嬉しく思った時でした。

また、金四郎の様子を見ながら、母にも会いに行かなくちゃ…娘なんだもんねぇ~~^0^


今日は写真も有りませんし、コメントをお返しする気力も足りませんので、お休みしますね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金四郎、膀胱炎でしたが・・・

2016-09-07 17:16:03 | 健康のこと 人間、犬
先日は、金四郎の血尿で驚かせて、ご心配おかけしました。

今日、主治医の院長先生に、それ以降の状態も含めて、診察して頂きました。

エコーと尿を採取しての分析で、とりあえず、膀胱炎と病名はつきました。

エコーに写る膀胱は、内部にもやもやとしたものが有ったり、また別の角度では、見えなかったりで、このもやもやは膀胱炎の特徴とのことです。

尿を採取して、遠心分離機にかけて、下に沈殿した内容と顕微鏡検査では、少し異常に近い尿色素と、桿菌がかなりいました。
普通の桿菌は、大腸菌なども含めて、体内に常在してる物も多いのですが、それが他の菌も頭にくっつけて、悪い菌となることが多く、今回、気になるのは、その中でも長い菌、長桿菌という種類が見つかったことです。

調べてみても、この「長桿菌」なる言葉は見つかりませんが、多分、細くて連なってる連鎖桿菌の仲間かもしれません。

それは、決して達の良い物ではない物が多いので(ボツリヌス菌や、炭疽菌などがありそうですが・・)その菌の種類を特定して、抗生物質を飲むのが一番良いらしいのですが、それには時間もかかるし、だからといって、また今度・・と言うほど悠長なことも言っていられませんから・・・と、先生は・・。

「とりあえず一般的な抗生物質をお薬として飲む、でよろしいですか?」って・・・もちろん答えはYesですが、

「よろしいですか?とは?それ以外の選択が有るのですか?」って、ちょい気になって聞いちゃいました。

「いや・・・中には、抗生剤はどうしても使いたくない・・と言う方もあるので・・・」って・・。

確かに、やたらにステロイドと抗生剤は、特効薬として、長期間使われやすいので、拒否反応を出す方もあるでしょうが、こんな時は、そんなこと言っていられませんから・・・。

とりあえず、一週間分頂いて、また来週、検査でその桿菌の状態を見て、考えていきましょう・・・と言うことになりました。

原因としては、もちろん年齢的に免疫力や抵抗力が無くなっていって、体内の桿菌が増殖したり、悪い物質を発したりしてのこともありますが、年を取ると、チッコの切れも筋力が弱って、なかなか出しきれないことや、チッコに菌が増殖してしまう体力の時に、上手く出せないこと・・なども考えられると・・・。

オムツの使用は?

オムツ自体を否定はしませんし、出来ませんが、外でしてる子は、時として、違和感なども手伝ってオムツの中に十分に出しきれない子もいますから・・・と、。

それだ!!

金四郎は、それほど沢山していなくても出ると、少しでも、ヒャンヒャンと鳴いて、落ち着かなくなります。
そのせいじゃないと 私は思ってるのですが、夫は、絶対、チッコだよ・・・と・・・で、もったいないと思わないですぐに取りかえてやって・・・と。

それはもとよりではございますが、確かに分量的には外でしてるより少な目に塗れてることが多いのです。

それで、膀胱内に残ってるチッコに細菌が増えちゃう・・・そうかもぉ~~~~^^;

チッコが済んだ後は、出来るだけ周りも拭いてあげるのですが、そういった、外部侵入よりは内部の問題なのかもぉ・・。

まぁ、原因ははっきりしないというのが本当の所ですが、今の所、目に見えての血尿は先日頂いてお薬効果もあって、出ていません。

ただ、尿の色は、決して正常な状態ではないと・・・沈殿物からも判断できるそうです。

とにかく、それなりに結論も出て、お薬も頂いて、いつものように、食事にはムラが有りながら、好きな物は食べるし、気が向けば口も開けるし、前回頂いたAd缶も、脇から強制的に入れると、飲み込みやすいのか、時間をかけて、一缶食べてくれるので、今回も補助的に少し多めに10缶頂いてきました。

1缶、約140Kcalですから、あとは、ヤギミルクや、チーズ、豆乳、麺類など口に入れやすい物で補っていこうと思っています。
時々、まだ残ってるシニアアドヴァンスのカリカリも柔らかくして、口に入る時にね♪


今日は、病院の待合室は、混みに混んでいましたが、診察が終わるころ、少し空き加減の時に、いつもお会いする足に腫瘍が出来て、もうダメと言われて一年になるというボーダーちゃんのお父さんにお会いして・・まだナントカがんばっていますとか、他の方にも金四郎の年齢を教えていたらしく、先代のワンを11歳や、9歳で亡くされ方々が、口々に うらやましいと言って下さり、飼い主冥利に尽きました。
親ばかながら、励みになる物ですね。


病院から帰ってきたら、大好きな玉子焼きを食べて、疲れ切ったように、寝ていました。

とり急ぎご報告まで・・





コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加