金四郎 たのんまっせぇ~

夫と、老柴犬金四郎と南房総に移住して11年.
身も心もスッカリ房総人♪今は亡き愛犬との思い出とつづる日々の出来事

メジロ押しの予定こなして、少しホッとしました

2018-12-09 19:58:46 | 日々の暮らし、思い出
少々の御無沙汰でした。

体調イマイチと言いながら、12月はまずはコンサートから始まって・・昨年は自分で歌ったけど、今年はプロのをね・・聴きにでございました♪

本当は行くのをやめようと思ってたテノール歌手のコンサート、サークルの先生がご自分のコンサートで忙しくて行かれないからチケット買ってなかったら上げるから行ってちょうだい、って♪

思ったよりバリトン系のテナーで、期待してたよりはちょっとでしたが・・でも素敵でした。

やっぱり自分の知ってる、好きな曲になると、聞き入りますね・・・トスカの「星は光りぬ」とか スケートで有名になりすぎた、トゥーランドットから「誰も寝てはならぬ」とかね。

ショパンの「別れの曲」は・・少し・・イメージ違ったな・・なんて 分かったようなこと言ってんじゃないのよ!って、、怒られそうね^^; 要は好みか好みじゃないか・・です。

翌日は、横浜、みなとみらいホールで「プロースト」の演奏会♪

このプローストは、セミプロ集団なんだけど、オーケストラを職業にしてないと言うだけで、皆、何かの形で音楽に携わってきた人たちだから、、それはそれは・・バカにしたもんじゃない!!

松田里奈さんという、素晴らしいヴァイオリンニストをゲストに迎えて、ブルッフのバイオリン協奏曲や、大好きな
ムスログスキーの「展覧会の絵」などが演奏曲目でしたから。

みなとみらいなるすごいホールでのコンサートなのに、予め申し込んでおくとお客様として、無料の交換チケットを送って下さるのですから、かなり交通費はかけても行く甲斐ありで、毎年2回のコンサート、一回は必ず行ってるんです♪

みなとみらいは、すっかりクリスマスムードでブログでお知り合いの、さくらえびさんがブログで紹介してらしたけど、大きなクリスマスツリーが建物の中に飾り付けられてイルミネーションも素晴らしかったです

今回は、そこで、いつもの兄夫婦も誘っていたので、おちあい、息子ちゃんペアとも会って、コンサート後、みんなで食事したり飲んだり・・で、その後は兄の家に泊まって、翌々日は、高校同期との泊りがけ忘年ゴルフ(私は今回が初めての参加です)

など、大きな荷物は送っておいても、やっぱり泊まるとなるとの荷物などもあって、カメラは持てませんで・・
写真はありません^^;

体左半分が、痛いのかつるのか、顔もまだ時々ピクピクしてましたが、そんな風になるなんて思いもしない時期での予約や申し込みでしたから、少々自信はありませんでしたが、まぁダメならみんな、気心知れた人たち、途中でやめてもいいし・・・と。

全て実行することに!!

完遂しました!

ゴルフの朝は兄の家から、その近くまでクラスメートが迎えに来てくれるので・・でも・・場所は栃木県の那須の近く「ジュンクラシックカントリークラブ」

朝、4時半の待ち合わせ!
兄たちが寝てるうちにソぉ~っと出てね・・12月の朝は、5時前なんて真っ暗で、新聞屋さんぐらいで人っ子一人いないかと思ったら・・都会はすごいねぇ~~コンビは明々と、朝帰りの人を乗せるのか、タクシーも何台も通るし
田舎のネズミにはかつて見慣れた光景のはずだったけど、もうダメね♪

時間通りに来た車に乗り、世田谷に住む友人二人を拾って(みんな男性です、車の中は紅一点♪)、一路首都高から東北道に入ってゴルフ場へ、でした。

ワンプレーして、その日は、そこのホテルで 食べて飲んで♪♪

部屋に戻ってしばらく飲み会♪
私は、食事でビール飲んだからね、それぞれ持ち込んだワインや焼酎などあったけど、誰かさんの梅酒をたしなむ程度に・・ヒヒヒ・・^0^

スッカリ学生時代に戻って、当時の恋人やら、先生やらの話が飛び交ってね・・エッ!?という話まで聞いちゃったぁ~~^0^

でも、疲れもあって、9時半には解散、10時前にはみんな、ベッドイン!

そして翌日も、もうワンプレーして・・・すごいよね・・みんな古希を間近にしたジジィとババァでさぁ~~(笑)

それも山から谷に、谷から山へみたいな山岳コースで、一日目なんか万歩計は15000を指してた!

そりゃ、ヘタクソだからもあるけど、でも、歩くんだわ♪
うっかり脇へ落そうものなら、那須登山だもんね^^;

その日は、友人の車を頼らず、東北線の氏家まで送ってもらい、宇都宮へ。
宇都宮で新幹線に乗り換えて、東京駅。
東京駅から、高速バスで最寄バス停まででしょ・・そこから駐車場に置いてた車で30分、無事帰宅。

夜8時半過ぎ。

ゴルフ場出てから5時間の旅程。

東北新幹線に乗ったの、久しぶりでね・・嬉しかったわ♪
途中、大宮に停車した時は、ここにブロ友さん住んでるんだなとか・・ネ♪
顔知らなくても、何となく嬉しくなるのよね♪

夫へのお土産は、もちろん宇都宮餃子。

4日間留守にしてると、庭の水仙はかなり咲いてて・・



クチナシの実も大きくなって色づいて

お正月のきんとんの色付けに使えるわ^0^

ベランダに置きっぱなしのクンシランは、寒さにチャンとあてないから、茎を延ばさず、花が咲いちゃってて・・困ったもんだ^^;


一人留守番の夫・・いつも洗い物は流しに置きっぱなしとか、回覧板回さないとか・・留守にするのが心配な人なんだけど、、今回は、、、すべてクリアしてて・・なんと・・宅急便の留守配も再配達してもらってあった

やればできるじゃん

さすがに翌日は疲れながらも、片づけや何やらですごし、かなり色づいたゆずを100個ほど収穫して娘に送り、翌日はサークル、そして、昨日は近所の教会のコンサート♪

やっと、今日、ゆっくりとして、足りなくなった品物の買い出しに行って来ました ホッ

夜帰宅すると当然亭主殿はすでに寝ておりますが、、2階に寝ていても、ストンストンと階段を下りてきて迎えてくれた金四郎が懐かしく思い出されました。


4年前の、12月初め・・・もうコタツ作ってたんだわ♪

暖かい陽だまりを独り占めしてたね♪

そうじゃない時は

こんな風になったり

こんな風になって、気持ちよさそうだったなぁ♪

そうそう、メジロ押しの予定でね・・・なんでメジロ押しっていうの?

メジロって鳥の事よね・・・デ、調べたら、メジロは大群で枝に留まって、押し合う様に止まるから、そういう情景から来た・・と・・。

確かにメジロは、梅の花が咲くと沢山で来るけど・・そんなに一枝に止まってかしらねぇ・・スズメなら見たことあるし・・ムクドリもすごいことあったし・・

11月半ばのある日のことです

ムクドリの大群が来て、ザザザァ~っと音を立てるように飛んできて、我が家の上の電線に止まったところです♪

私のムクドリ押しの予定は消化しました!!

コメント (20)

思いがけないこと

2018-11-22 02:28:27 | 日々の暮らし、思い出
とんでもない時間にアップしています

色々と考え事しながらベッドに入りましたが、雨の音に眠れなくなって・・・そしたら、突然、家の中の警報機が

ピンポンパンポン~~~♪

「こちらは防災南房総です・・・ただいま大雨警報が発令されました!」と・・・

ついでだ!

それなら起きちゃえ!!でして・・

ここは海に近いので、山も高い山や崖はないので、土砂崩れ、川の氾濫の心配はありませんが、大嫌いな雷がかなり近くに鳴っています^^;

金四郎も、雷は大嫌いでした


ん? んんん??? なんか気配がするぞ・・となりますと、落ち着きません

「か、雷? そうだ・・あの音だ!」


耳をピ~~ンと・・三角耳にして、、、聞かなくていいのにねぇ~^0^

こちらは嬉しい思いがけないこと

いつも前向きで、明るい話題を提供してくださる、ブログの知り合いのラッシーママさんから、贈り物が有りました!


手作りの品ばかりです♪

手指が変形するほどの病気を持っていらっしゃるのに、これだけ、いやこれ以上の物を沢山、製作されてる方でいつもその生き方はお手本にしなくちゃ・・と思っている方です。



これは這う子人形と言って、赤ちゃんが這っている様子です。
触るととても感触が良くて、最初、和室に飾ろうかと思っていましたが、私のベッドわきに置いて、寝る前によしよししようかな・・と。



こちらは・・・大好きなワンコ、、と、思ったのですが、ニャンでしょうか・・いや、私はワンと信じて(笑)

金四郎グッズの所に飾りました♪

そして、絶品なのが・・


お手製のあんぽ柿♪

自然の甘さに柔らかさ、絶品でした♪

あと、ペットボトル入れの袋も頂きました・・・ごめんなさい、カメラにとり忘れてしまいました。
でも、コーラスには飲み物が欠かせないので、重宝に使わせて頂きます。

伊東の別荘の畑に、まいていただけると嬉しいな・・と、以前、ソラマメの種をお送りしたのですが、それが芽をだして、順調に生育してるとブログで読んで、、これも嬉しいことですが・・

沢山の心ある品々を感謝して頂きます、ラッシーママさんありがとうございました。

なんだか、こんな警報が有って、思いがけない時間にアップするブログ、いいのかなぁ~~^^;

これから、眠れそうにないな・・・明日は色々とすることもあるのに・・・まっ、いいか・・ナントカなんだんべぇ~~(^_^;)

これからしばらく、色々と忙しくなるので、コメントはお休みします。
コメント

芸術の秋というのでしょうかねぇ♪

2018-11-17 22:18:16 | 日々の暮らし、思い出


一昨日、東京の乃木坂にある、国立新美術館で開催されてる「東山魁夷展」に行って来ました。

夏になる前からの情報で是非!と思っていましたが、36日間という比較的短い期間で、隣の友人も誘っての事、

この田舎から出ていくのは、エイ!という勇気を奮ってでした。

生まれ育ち、学校も勤めも東京でしたが、都会に縁がなくなって40年以上になると、まして、こちらに来てからは高速バスで2時間、そこから地下鉄でとなるとね・・ホント、思いきる気持ちがないと、簡単には動く気にならないのですが・・・

でも、今年は早春から初夏と、熊谷守一や、横山大観展など行ってきてましたし、今回の東山魁夷展は、唐招提寺の襖絵や障壁画が来てるので、是が非でも・・でした。

ご紹介できる写真が無くて残念ですが、とにかく襖絵は圧巻でした。
最後まで行っては戻って見入りました・・涙が出そうでした。

薫風という障壁画もまたしかり。

東山魁夷は比較的近代の画家なので、単品作品は色々なところで見られます。

青を基調として、白い馬が入る絵はあまりにも有名ですが、それは北欧に行って、森を描いている時に、たまたま横切った白馬の美しさから、絵に入れるようになったと・・。

水面に映る、景色の対称性も、素晴らしく・・それも北欧に行って湖に映る森の影を入れてから、それにこだわるようになったそうです。

今回は解説する器具も借りましたので、場面によってはその画家の好きだったモーツァルトのピアノソナタ23番が流れてね・・

って・・・こんな説明は野暮ですわね♪

まっ、遠路はるばる行った甲斐が有ったというものです♪

我家の春に収穫した玉ねぎ・・・そろそろ終わりかけて、最後のを・・と、箱から採りだしたら・・

もうこんな風になっちゃってて・・

これでも剥けば真中位は、食べられるのですが、なんだか無理に食べなくても・・と・・ネッ、かなり芸術的になびかせてるでしょ

もっと伸びたら、上の部分だけでも薬味にでもしましょ!


先日、3年生に読んだ本です


「はなのすきなうし」

中は全部ひらがな、なのですが、中身は濃い話です。

読んでいくうちに胸打たれ、ジーンときます、来るかも・・ですかしら・・。

童話とはいえ、大人に読んでほしい本って、読みなおしてほしい本って、沢山ありますね♪




幼い時から



どんな格好をしても、君は芸術的だわよ♪ まだまだ親ばかを丸出しにできるのであります^0^


最近、2週間ほど前から、今までの疲れからか左半身全般がこってるような、つってるような・・・痛みでもあり、コリの様でもあり・・顔にまで痙攣が走ったり、、体調イマイチです。

色々と落ちついて来たら、歯の具合が悪くなったり、つまらないこと考えて眠れなかったり、途端に年を感じるようになりました。

でも、食欲もあるし、いざ、となればこうして、遠路出かけるし、、でもねぇ・・帰ってきてからがまたガックリと来るんですよね・・。

疲れが取れなくなりましたね。

気分がそれほどでもない、と思っても、体自体は正直で、暑い中に起きた大きな出来事、夢中で過ごしてきた数か月に 反応してのストレスかもしれません。

なんちゃってぇ、自分をかわいがってると同居してる約一名がね・・本当に大変なのはご自分だとばかりの態度になるので、、ハイハイよしよし、、でございます。

もうほとんど普通生活ではありますが、頸の痛みだけは取れなくてね・・リハビリには通ってるんですよ・・トホホホ・・・いつスッキリすることやら・・・



コメント (20)

新しい体験、読み聞かせ

2018-11-09 15:54:58 | 日々の暮らし、思い出
しばらく暖かい日が続いてますね。

あんなに慌てて冬支度しましたが、幸いまだファンヒーターも使わないで済んでいます。


この二学期から、土地の小学校で週一回、朝15分だけの読み聞かせのボランティアに参加しています。

私の子供たちが置いて行った残り少ない童話や、お話集から、その学年に適してると思われる物を選び、

何回か音読練習をしてから、当日に臨みます。

何にしようか・・と・・えらんでいる時は、私自身がワクワクしながら、遠い昔を思い出すこともあります


 お化けの話は2年生に、三人むすこ、は3年生

一生懸命に耳を傾ける子供達、何かを考えながら聞いてる目を読んでる本の脇からそっと見て、その姿に新しい出会いを嬉しく思える時です。

今週の月曜日で、6年生までの一巡が終わり、来週は3年生です・・

このお話集からは、4年生、5年生、6年生に。


これは1年生に

この本には特別な思いが有ります

娘が大学生の時にアルバイトのお金で私の誕生日にプレゼントしてくれたもので、20年前の物、私の宝物でもあります

学年によっては、読んだ本の感想なども頂け、時には7通もありました。
一通頂いたときは嬉しくてねぇ・・


読んだ主旨と違うことも沢山あるのですが、子供たちがどこに思いをおいたのか、とても新鮮な気持ちで大きな字を読みます♪
楽しいですよぉ~~~^0^

かつて住んでいたところでは市民講座でNHKの放送劇団の先生が来ての朗読講習会に数か月通いました。

学生のころから、普通の部活とは別に放送サークルにも属していましたから、朗読は好きでした。

ただ、結婚してからは同居してる義母がいくつもの目の病気から、視野が狭く視力も落ちて新聞も読めなくなって、読み聞かせて上げることを目的に受けたので、講習会終了後はいくつもお誘いを受けましたが、他の活動には参加できませんでした。

・・・で・・今回・・

ただ、過疎地の学校の宿命、移住した当時は94名位いた生徒数が、現在は54名ほどだそうで、来年度からは隣町と統合になります。

最後の活動に間に合った・・・というわけです。

今の子供たちがどれだけ本、読書に触れているかは、分かりませんが、テレビやネットと言ったもの以外からも、沢山の情緒や豊かな思いや事柄を知り、仕入れて欲しいと願っているのです。

文章を読む力のある子は、人の言葉への理解力もそれなりについて来て、自分だけでなく、人の心も大切にできる人に成長していくのではないかとも思うのです。

だから、本を選ぶのに迷いはありましたが、子供たちが好んで読んだから・・と・・教訓めいた本じゃなくてまずかったかなぁ・・って思って、担当の先生にお話したら、若い先生ですが、

「おとぎ話とか、昔話って、今の子あんまり知らないんですよ・・だから、いいんじゃないんですか♪」

と言われて意を強くして、読むと、、本当に面白い感想ももらってね^0^

2学期は行事も多くて、残りはそれほどありませんが、私も思いを日々新しくしながら、楽しんで本を選んで行こうと思っています♪


キミたちはちゃんとお話し聞けるのかな?


僕たちは・・・やっぱり活動はだよね・・お話もいいけど、遊びたいよね♪



お友達と逢うと、本当に楽しそうに遊んでいたなぁ~~金四郎・・いい子だったね♪

コメント (16)

ちょっぴり大げさに、プチ房総めぐり

2018-10-29 14:35:42 | 日々の暮らし、思い出
もう10月も残すところ、今日を入れて3日!!

秋の気配がかなり感じられます。

26日から昨日の28日まで、いつも来てくれる2番目の兄夫婦が来宅。

お嫁ちゃんであり義姉がソラマメ大好きで、昨年は甥っ子の結婚式なんぞが有って、沖縄に行ったので来られませんでしたが、今年は、ちゃんとこちらの畑の一角に種をまきに来ましたよ♪

・・・で、恒例のバーベキューをして(写真無し) 

兄が畑仕事・・お嫁ちゃんは、監督と称して、見張り(笑)

夕食は、こちらに来たなら・・と、いつもながら金目鯛の煮つけを主にして、ある物を並べて・・・


写真が雑です・・
だって・・みんな、お昼に食べ過ぎたとかで、あまり箸が進みませんでしたから・・・。
私も、作って並べては見たものの・・・
一応、献立は。、キンメの煮つけ(今回は半身ね♪)、春雨の酢の物、北海道からの頂き物の柔らかい昆布の煮物、ひじきの煮物(人参、油揚げ、高野豆腐、コンニャク、など入り)後・・なんだったかなぁ・・・ほんの少しだけあったけど・・まぁ黒い色が多いわね^^;


翌日は、いつも来ると、近間で遊んで、釣りをしたり、朝市行ったりぐらいでこの春に、電車で大多喜城に行ったのがとても楽しかったと言うので、電車で銚子まで行くことも考えたけど、ついたら2時間ぐらいで戻らないと、同じルートでは帰れないので、あきらめ。

・・・ほんじゃぁねぇ・・

毎回来てもホント、房総知らないね・・・で・・私が兄の運転する車でちょい興味ある所案内することに・・。

夫は、リハビリなど有るので、お出かけが違うからね。 彼が全部知ってる所なので・・私だけで十分。

先ずは、金谷港へ。

神奈川の玄関先、横須賀の鼻先の久里浜まで行くフェリー乗り場へ。

波止場・・小さいけど、かなり立派なフェリーが横付けされてて、ラッキーなことに出港も見られて、ちょっぴり感激の兄夫婦。


「結構大きい船なんだねぇ!」  息子を送ると、後ろのデッキに出てきて、ちびさん達に手を振るのよ・・と説明したら・・



「哀愁があるね・・船の良さだね・・・」

「なんか、かっこいい~~~♪」と義姉♪^0^

金谷港は、のこぎり山を抱えてるので、波止場から来た道を戻って、鋸山の裾にある、日本寺大仏を見せる


この写真は、5年前の物、

とにかく大きさといい、何と言い、初めてみる石造大仏に 夢中で写真を撮る兄。
二人を写してあげるわよ・・と私・・・で・・自分で写すの忘れてね・・昔の写真を引っ張り出してきました。

形に変化はなかったからね♪

昼食をその近くにあるテレビでも有名な「ばんや」で食べようと思ったら土曜日で、すごい混雑。

名前を書いておく用紙の2枚目の中段で・・まだ一枚目も終わっていない。

「ばんや」は、そばに保田漁港直売の魚料理が主の食堂で安くて、美味しく食べさせてくれるので有名なんだけど、前日、金目鯛の煮つけまで残した方がた・・夜にそれを食べれば十分だと、となりの「ばんやラーメン」で竹岡式ラーメンを食べる。
醤油色がべったりとした、濃い色のラーメンだけど、味はそれほど濃くなく出汁が利いて、美味しかった。

そこからは帰り道に沿って、行かれるところ・・と、思いながら、忘れて通り過ぎちゃった崖観音は、また次回ねと・・。

道の駅めぐりで、来るときは地元の「WAO]、
隣村の三芳の「鄙の郷」
金谷までで15分の「冨良里(ふらり)」で野菜やハイビスカスの実・・ローゼルを買った義姉。
私も、ミカンや、落花生を購入したけど、もう一つ、大きな道の駅「枇杷倶楽部」で、ビワソフトの特性をごちそうして・・

そこからは私の運転で、白浜方面
(兄貴殿は昨年、ウィンダムからレクサスに車を買い替えまして・・私は初めて運転する大型の高級車!運転席の仕様がまるでいかにも次世代風・・アナログ運転の私には宇宙船の用で(笑))
でも、ハンドルはやや重めだけど重厚感あって運転はしやすかったな♪)

「満徳寺」の寝大仏をご案内!

日本中にはいくつかの寝大仏はあるけど、青銅製では、ここのが一番大きいとのこと。

ここも以前、夫の兄弟会で来て、紹介したことあるけど、兄夫婦は初めてで、真面目に下の段から3回廻って、大仏さんの足に頭をつけて願い事をしました。

それから、安房の国随一の、安房神社へ・・(写真は・・兄だけが・・(笑))

静観で落ち着いた趣に二人ともしばしゆったりと。

夕刻も迫ったので、これで・・と思ったら、帰り道をちょっと入ればある、「高家神社」へご案内。

これは「たかべ神社」と言いまして・・もともとは高部家から出てるそうな・・これも全国的に有名な「包丁式」が執り行われる・・料理の神様であります。


何回か来てるんだけど・・やっぱり行事の無い時はひっそりと、、、こんなに階段あったかしらねぇ~。



屋根が茅葺で趣あるでしょ♪

かなり端折った近間周りでしたが、兄夫婦は全部初めてで、「へぇ・・房総ってかなり見るところあるんだねぇ~」て・・そんなにないんだけど、たまたま、何回も来てても案内しなかったからね、ごめんね♪

帰宅してすぐ、ダンナ殿がお風呂沸かしておいてくれたので、二人に入ってもらって、簡素な夕食で乾杯!

昨夜の残り物に、こちらでは私、御推奨のお店の鯖の干物と 夏に冷凍保存して置いたオクラと豚肉のオイスター炒め、キャベツ、もやしの蒸しものにハスのきんぴらを散らして、お豆腐にお隣さん手作りのピーマン味噌を乗せて。

このピーマン味噌が、美味しいの!

夏に採れすぎたピーマンと、砂糖や醤油、みりんに麹を加えて煮詰めるんだけど・・そこに青唐辛子が少し吐いttピリッとしてね♪

ご飯が済んで、夫は日本酒でチビチビ・・私たちはとっておきの、北海道からの取り寄せワインで・・・^0^

遅くまでおしゃべり・・・というがいつもなんだけど、みんな年でねぇ・・10時半にはおやすみなさ~~いでした。

この日は、私たちが縁もゆかりもないこの土地に移住してから丸13年、埼玉の入間から引っ越し荷物をいれた日です。  良い記念になりました♪


5年前兄たちが来た時の金四郎坊ちゃん、、、いや、じいちゃまです♪(12歳だもんね)

足の付け根をカイカイカイとされると、もっとぉ~~~♪と手を上げて催促してましたね^0^

コメント (22)