金四郎 たのんまっせぇ~

夫と、老柴犬金四郎と南房総に移住して11年.
身も心もスッカリ房総人♪今は亡き愛犬との思い出とつづる日々の出来事

やっとその気になって・・最近の事などなど・・

2015-09-17 22:07:13 | 日々の暮らし、思い出
急に涼しくなりましたね・・・
でも、また暑さがぶり返すときもあるということ、早々に夏物はしまえませんですね。

さっさとまとめてアップすればいいのに、なかなか気が乗らないことがあって・・・嬉しことで忙しいならね・・きっと夏の疲れとか、知らないうちに気持ちも下がり気味の所へ次々とでしたから・・・ちょっと堪えてもいたようです。

雨降る前に芝刈りもしたい、伸び放題の花壇の草取りもと気ばかり焦ってたのですが、昨日、芝刈りだけは何とか済ませてね・・その様子は後日にして・・

・・って、いつも言い訳と前置きが長い!

数日前の少々曇ってる日、我が家のデッキにいた青ガエル。

朝からずっと動かず、ただひたすらそこにとどまってるのです。



向きも変えません。

ダンナ殿が朝から気が付いて、「ブログにする価値あるぞ!」って・・・昼過ぎに嬉しそうな声を立てて入って来ました。

私は洗濯物を干すときから、そっとして、あまり近寄らないようにしてみていましたが、微動だにしない・・・
カワイイの♪



カメラを近づけたら、フラッシュがついてしまって、ぴくってね・・

でも、すぐにはその場を離れません


早朝から、ただひたすら・・何を待っていたんだろう?
カメラに収めたのが、2時頃でしたから・・それまで全然動かないんだから、かれこれ8時間・・・しばらくはまた同じ格好でいましたが、人の気配を感じたからかな・・・4時ごろみたらいませんでしたけど・・・気が付いてからでも10時間近く・・・一匹狼じゃなくて、一匹カエルでした♪


14日は、金四郎の通院日でした。
涼しくなって来たせいもあるのでしょう、ヨタヨタしながらでも少し調子を戻して来て、皮膚の状態もそれほどひどくはなっていませんでしたが、その数日前に左耳を、かなり強く掻いていたので、ローションクリーニングをしたのですが、手の小さな私にはなかなか上手にできなくて、片耳下げちゃった話などを院長先生にしました。

耳を覗いて、またクリーニングをしておきましょうと、して下さり、ついでに、金四郎の大嫌いな耳の毛もカットしてくださったのですが、その時にまた例のギャァ~ンと言う声を立てながら、プイっと動いたら、先生間に合わず、ハサミで、ちょっと耳を引っ掻いて流血騒ぎになりました^^;
看護師さんも呼んで押さえて頂いたら・・・はぁ・・またまた・・ウンPを出しちゃって・・・^^;

ギャンギャンついでに足の爪も切って下さったのです。
踏まれるとすごく痛くて、私が被害者なので、助かったぁ~って思ったのですが、その時も残りのウンを全部出しちゃったの^^;

診療代の上はそれはそれは・・・デございました。

私、申し訳ないを連発して、必死に抑えたのですが、金四郎の足はもとより私のブラウスにまで飛び散りまして・・・

看護師さんがぬれタオルを下さって助かりました。

先生は、消毒剤をシュッシュとしながら、「大丈夫ですよ・・」って言いながら、状態の説明とまた同じお薬をなどなど・・ね。

でも・・耳の傷、まだ血の塊が見えて・・・ちゃんとかさぶたになっていないのです。

可愛そうなことしました。

まぁ金四郎は、それほど気にしていないので、消毒も済んでるし放置しているうちに癒えることでしょう。

一昨日は、朝も比較的早めに目をさまして、チッコにも積極的に外に出てね・・・

線路わきの道端をクンクン

クンクンクン・・・
オッ、そろそろかな・・・


始まる始まる・・・よ~~い・・


えっコラショ


ハイ、ハッケヨイは健在です♪


病院でも、コントロールが利かないで、恐怖心など本能の赴くままに出してしまうようになって、だから家でも、タイミングを計らないと、「あぁ~~!!」って、間に合わず、ポッテントンと・・・^^;

だから、お散歩、あまり歩きたがらなくなって、なだめたりすかしたり、引っ張ったり押したり・・あの手この手で歩かせる時も多く、その中で用足しが済むと本当にホッとします。
チッコだけは、おもらしなしでね・・・それだけは救いですね。


暑くないので、その後は、ちょっとリズムがつくと ゆっくりだけど一番短いコースでも200~300メートルを歩くので、1日はそれで良しとしていますが、夕方もややもすると歩いてくれる時は本当に嬉しくなります♪
無理なくね・・嫌がれば戻りますし・・ほとんど歩かない時もありますが、ご用が足せればそれで◎です。


年を取っていくって・・・こういうことなのですね。
昨年のブログが、載って来ると、やはり随分と衰えが目立ってますね。
まぁ仕方のないことです。

今を少しでも、より良く楽しく・・金四郎はおかまいなしで、美味しい物と睡眠が有ればなのでしょうけど・・♪


数日前にダンナ殿が釣ってきたイシモチ、釣りの記事などを書いている、ダンナ殿の甥っこ君が、FBで、教えてくれた料理にしてみました。

酒蒸しにして、その上に白髪ねぎを乗せて、アツアツにしたごま油をじゅわ~っとかけて食べるの。


大きい方は31センチ



小さい方が27センチ

いやぁ・・美味しかったです♪

一杯やりながらどうぞ・・と甥っこ君がかいてくれたけど、あまりに美味しくて食べるのに夢中で、お酒は飲むどころか用意するのもそこそこで食べちゃいました^^

まんまのお魚は骨を出すのがヘタクソなダンナ殿、この手の魚は本当に上手に食べられず、いつも3枚におろすか、毟って上げて・・だったのが、これもぐちゃぐちゃ食べでも、美味しい美味しいって・・「お客様料理になるね・・」って・・。

この間の日曜日には、船で鯛釣りにいって、大した鯛はつれず、イサキが少々、釣れたので、そんな小物でも白身のお魚にはあいそうな・・・試してみようかな・・って思っています♪

チリで、マグニチュード8以上の大地震が起きたそうです。
津波が日本に来る可能性もあります。

先日の大水害もそうですが、想定外などと言っていられない被害です。

国内災害をもっと重視して、政府に取り組んでほしいですね。

特定の支持政党や主義思想、宗教があるわけではありません。

でも・・

安保法案は、国全体を守るためならば 何百時間の論議という数だけの問題ではなく、もっと納得のいく説明が欲しいです。
将来、わが子や孫たちが戦争に参加させられることのないように・・・
いくらアメリカの力があったとしても、その法律の骨子はアメリカに作られた平和憲法を70年も守り抜いてきて、今日の平和があることをもっともっと誇りとして良いと思っています。





コメント (25)

久しぶりの海や散歩道とイシモチパーティー

2015-09-08 15:02:29 | 日々の暮らし、思い出
秋近しかと思われるようでいても、なんとなく蒸し暑くて、ちょっと動けばやっぱりじわじわと汗が出てくる。

突然に発生した台風18号に翻弄される日本列島。
どうなっちゃってんでしょうねぇ・・・って、いつもブログの初めには気候の変動を嘆いてるような…。

そろそろイシモチが浜で釣れだしたという情報が入ってダンナ殿、畑仕事にめどがついたら、早速、夕方、早朝と出かけまして、釣ってきましたよ♪



初日の夕方、3匹。 一番大きいのは30センチ弱。

翌日は

大、中、小で、一番は31,5センチ。

最初のは、大きいのをお隣におすそ分けして、小さい方を二人でムニエルにしました。

それからは、数日通いまして、15匹ほどの釣果です。
お天気が回復して、海の状況が良くなればまだ期待はできますが、なんとなく本物の魚を食べた気分になりましたです。(みんなお魚は、本物ですよ、売っているのはね(笑))

早朝、ダンナ殿が出かけた時は、好きな音楽を聴きながら、コーヒーをゆっくりと飲んで、至福の時を過ごします。

この時は、五島龍のヴァイオリンでした♪

夕方、金四郎を連れてへ行ってみました。
海まで400メートル弱の距離も歩かなくなった彼を、車に乗せて、近くの公園広場に車を止めて、歩けるところまで。
「おとうちゃまが釣りしてる所までね・・ほら、あそこよ」


目も見えないし、何が何だか分からない様子でしたが、足の砂の感覚はあるのでしょうね・・ヨタヨタしながらも、一生懸命あるいて、砂浜や土手沿いをなんだかんだと、時々抱っこしながら、400メートル近く歩いたんじゃないかしら・・。



砂浜には手前に情報を下さった土地のオジサマがいるだけで、おひとり様専用になっていました♪
この日は4匹でしたね。

釣れたのは3枚におろして、ためておいて、先日日曜日、隣の友人夫婦を呼んで、「イシモチバーティー」としました♪



前日夕方につれたのは、そのまんまのムニエル、残りの3枚おろしは、レモン塩に漬けたのと、カレー粉をまぶしたので唐揚げにして、ピーマンの煮つけ、豆腐白和え、ゴーヤゴマドレッシング、かぼちゃと人参玉ねぎのスープ、オクラとインゲンの胡麻和え、ミニトマトピーマンなどの生野菜サラダ(2品は友人作)・・と全部自家製で・・。

豊かな気分でした。

季節の変わり目なのか、体の変化なのか、先日まで口の中が荒れて、唇、頬、舌、歯茎、全部が腫れたようになり、順番に広がりながら治っていくのですが、なんとも不快な1週間でした。
病院に行っても、口内炎のように熱が出るわけでもないので、「何なのでしょうねぇ・・・」と首を傾げられて、とりあえず、抗生剤、炎症止め、ビタミン剤をもらってきて飲みましたが、薬が効いたのか、自然治癒の時期が来たのか少しずつ治まってはきましたが、それ以来、少し味覚が変わりました。

ビールがあまり美味しくないのです(^_^;)

日本酒がうまい!!(*^_^*)

ちょっとまずいでしょうかしらねぇ・・(^_^;)

そんなこんなで、美味しく食べて飲んでの3時間でした。

認知症状の出てきてる金四郎ですが、人間介護の経験からも、時々、過去の思い出や、新しい変化を少しで刺激も味あわせたいな・・と、時間的に余裕のある時は、車に乗せて、今まで、ついこの春まで歩けてた所や、以前気に行って歩いたところに連れて行くようにしています。

数日前は、ダンナ殿の畑のある山、いつも当たり前のように歩いていたところへ・・

ちょっと突き出た三角地になってる所から眺める海・・・私の大好きなところですが・・・雑草が身の丈ほどに生えてて・・。
少し眺めを回すと、早場米のこの地域では、例年より少し遅めの稲刈りの最中でした。


毎年、当たり前のように毎日のように来ていたところが、久しぶりで、懐かしくさえありました。



まだ刈り入れをしてない、山の田んぼの脇には、キジバトが数羽・・


また海の砂浜には、「浜千鳥」が2羽

(一羽しか写せなかったの・・^^;)

チドリの足取り、ご存知ですか?
チョチョチョチョチョ・ピタ・トトトトト・ピタ・・・って・・・

可愛いんですよ♪

ここは、童謡「浜千鳥」(青い月夜の浜辺には~~~♪)っていう歌ね、あの作者、鹿島明愁が作った土地でもあるのです。
だからお昼を知らせる音楽はそれです♪




ヨタヨタでもね、こうして歩いてる姿は、いじらしくもあり、愛おしさが一層募りますね。
何を考えてるんだろう・・・



ね、がんばろうね~~金四郎~~たのんまっせぇ~~~~♪♪♪
コメント (26)