金四郎 たのんまっせぇ~

夫と、老柴犬金四郎と南房総に移住して11年.
身も心もスッカリ房総人♪今は亡き愛犬との思い出とつづる日々の出来事

生きてて本当に良かった・・・その3・・・その後の色々、心を鬼にすることも!

2018-09-04 16:28:50 | つれづれ思うこと
事故から19日経ちました。

お陰様で夫は、それなりに順調に回復しています。

8月28日、救急で運ばれた病院で、右手中指裂傷で縫合したところの抜糸も済んで、傷口はきれいに閉じていましたが・・弱虫夫は、保護の為とまだバンドエイドをしております・・・蒸れないようにしてね・・と妻は口うるさく申しますが・・後は・・知~~らない!っと!!(笑)

その時に、血胸(骨折や後から滲み出す体内出血)も無いとレントゲンで確認したとのこと・・それなら・・後は整形でというので、予約をとったり、駐車場も料金がかかるそこでは無くしたいので、「情報提供書と紹介状」を頂いて、近くのクリニックに変更しました。

湿布も無くなりましたので、昨日、そのクリニックへ行って、改めてレントゲンを撮り、初めて骨折箇所を確認。

左肋骨、5,6,7の背中に近い外側に、薄い、細い筋がありました。

胸骨は、よく確認できませんでしたが・・そのぐらいなので、太い線ではないだけで、ホッとしました。

そこのドクターも、これだと、やはり自然治癒を待つしかない・・と・・。

・・で、頚椎損傷もないと言われたけど、首の痛みについて聞きました。

「多分、衝突する!というときの強度の緊張に寄る、捻挫のような物でしょう、これも湿布と痛み止めと時間ですね・・あとは様子見ながら、リハビリで・・」と。

見える傷は癒えてきても、決して軽い症状ではありませんが、眼で確認し、時間薬と納得できて、二人とも安心。

これからは、そのクリニックにしばらく通うことになりますが、前の大病院と違って、車で15分足らず・・道路が混んでないので気が楽です。


さて・・本題は・・

事故後すぐにあちらが契約してる保険会社から、電話がありました。

夫は当時は、話せる状況に無いので、すべて私が代表者ですから、知ってる個人以外からの携帯が頻繁になるのは、ドキドキします。

先ず、人身傷害については、病院変更が可能なこと・・何軒かかっても、その旨の連絡をすれば、保険から医療費は支払われるので、こちらが窓口で払うことはないこと。

あちらは、個人情報の関係が有るので、夫の傷害状態には関知してないこと・・も、初めて知りました。

足は比較的大丈夫でしたが、起き上がるのが、ままならない状況で、「なにせ肋骨を3本も骨折してますからね・・」と 当たり前のように話したら、

「えっ!そうだったんですか?」と・・・で・・初めて知ったのです。 保険会社は、病院から言ってくる請求書に準じて支払だけをする・・そういう機関であることを・・。

それから、直ぐに車・・いわゆる物損担当者から電話があり・・

これが問題でした!!

思わぬもらい事故で、何の落ち度もなく、乗りやすくて、まだこれから4~5年は乗ろうと思ってる車が、あの壊れ方!

全損です!!

「もし修理するとしても100万超で、ほとんど修理不可能なので、全損ということでよろしいでしょうか?」と相手の、人身係りは男性で、今度の物損は、女性でした。

当然、現物を見てる私は

「はい、、ですよねぇ・・」

係りの女性「・・ですと・・廃車の手続きと、それから今回廃車するお車に支払われる金額はン十万です」と気軽に言いました。

私も、その時は、そんな物か・・でも、・・仕方ないか・・と思って、直ぐにレンタカーの手配をしますとか、廃車業者にそちらの携帯番号お教えしてよろしいでしょうか・・とか・・事務的なことを言うので・・

了解しながらも

「あなたね・・簡単に色々と事務的にお話なるけど、、こちらは毎日けが人を前にして、そして、思わぬ事故で、気持ちも落ち着いてない時に、もっと、深刻な状態であることをちゃんと考えて物を言って下さい!!」

・・と・・つい感情的になってしまったら、あちらも急に改まって・・「あっ、はい、・・スミマセン・・」

でも、車両値段については、こちらの保険屋さんにもすぐに返事しないで、ちゃんと調べてからにして下さい・・と・・言われてたので、それについての返事は留保しました。

・・・でね・・そういった、交渉ごとは、こちらの保険屋さん、まして、夫のゴルフ仲間・・・知りあいのような物だから、彼がしてくれるのかと思ったのですが・・・

彼曰く・・「そういうことは当事者と交渉するの一番良いのです・・私が入ってもいいけど、向こうにしたら、あなたどなた?その要望は、誰の要望ですか?・・・当事者なら、そちらと交渉します・・となりますよ・・」って・・。

そっかぁ~~

ホンジャァ、みんな私に掛かって来るのか・・・

・・・で、我が家の車のホームドクターね・・なんて言って、御世話になってる自動車修理工場をやってる車やさんに、相談に行きました。

・・で、色々と話して・・

まず、この値段では、もう今まで乗ってた車は購入できない・・できても、あと数年しか乗れない経過年数になること・・車だけの値段ではなく、購入すれば、こちらに手渡すまでにも税金も含めて色々とかかるから、等々・・・

それを「乗り出し値段」ということも!!

そっかぁ~~

・・・で、次に電話が有った時は、少し値段が上がっていましたが、夫は、こんな思いして、そんな値段では納得がいかない!と・・

・・二人でいろいろ話、自動車やさんとの話も加味して、また考え・・最後は、私に任せると・・・。

家計を預かる身としては、5年近く前倒ししての自動車購入は、完全な予定外だから、ホントの話困るんです・・。

それも 純然たる年金生活者・・夫は早期退職してるので、65歳まで働いた方より少ないですしね・・・ホントの話^^;

それでも、田舎で、普通に生活していかれるぐらいは・・なんですが、大金出費は、人生の予定を狂わせます!!

足りない分は、加害者側に払ってもらったら?
なんていう友人もいますが・・

これは、、やっぱり・・マナー違反かと・・・だから、あちらも保険に入ってるわけで、昔なら、財産無くすと言われてる交通事故を救うために、国が受け持つ、自賠責なるものもあるわけですからね♪

それなら・・やっぱり・・私・・頑張るわ!!

・・・で・・・


疲れています!!

レンタカーやさんから、廃車業から・・書類、書類・・あちらの保険屋さん、こちらの保険屋さんからも書類、書類、印鑑、印鑑証明・・もうねぇ・・

何から何まで私!!

そこへきて・・・二階トイレ、水漏れ!!

TOTO専門代理店扱いで見てもらったら、もう13年経つと部品がない・・部品劣化なので、後は、蓋だけ全部取りかえだと!!!!

金額は、今までのだと10万超!

じょ、冗談じゃない!!

・・で、少し機能を落して、安いので・・・ネ♪

それが、今日午前中終わりました・・・が・・・んんもう~~~


ブログでお邪魔してる「さくらえび」さんが、私のこのブログから、ご自分の過去の話を思い出して、書いていらっしゃいましたが、この記事、こうして、皆さんへの警鐘になれば・・ありがたいことなのです

業者の回し者ではありませんが、自動車保険の大切さも、改めて思い知るし・・

いくら仕事とはいえ、被害者側担当になる保険会社の担当さんも大変なことと思います。

・・・でも、それはそれ!!

私は、「あなたに文句言っても仕方ないなんだけどね・・」といいつつも心を鬼にして、やはりこちら側の状況をちゃんと理解して、よりよい、条件提示をお願いしたい次第です。


今、台風21号、徳島から、神戸に再上陸して、石川県沖へと抜けつつあるとか・・・途中経過の地域の方がたに 被害の無いことを祈っています。




コメント

生きて本当に良かった・・・その2・・罪を憎んで人を憎まず・・・

2018-08-27 13:59:56 | つれづれ思うこと
夫の今回の事故では、メールやブログコメントで、お見舞いやいたわりの言葉を頂き、心から御礼申し上げます。


どんな事故でも幸いと言うことはないのですが、それでも、夫があまりスピードを出していなかったこと、軽自動車と普通乗用車とうこと・・で、トラッ

クやダンプカーも沢山通る国道でのこと・・もし大型だったら・・と・・今、考えてもぞっとしました。


さて、当日の事、救急病棟に着いたときの様子はお話しましたが、その時に色々とありました。

まず、保険です。

自動車保険は、夫のゴルフ仲間で、代理店をやってる方にお願いしてたので、その方に連絡をしなくてはなりませんが、その電話は、夫が持ってる携帯に直接入ってるので、私が自分の軽自動車に戻って、車検証の間に入ってる、書類を探さなくても済みました。

・・というより、とっさに、その中に書類が有るなんて思い浮かびませんでした。

・・で、夫の持ち物を病院側から受け取り、電話した次第なのですが・・・

その前に、荷物も簡単には渡されません。

色々な検査、治療が入ってて看護師さんも、そこまで手が回らず、いったん会ってからも、また控えのソファーで、待たされていました。

そこへ、事務の方が

「相手の方が、お会いしたいと言ってるんですが・・」と声をかけに来ました。

私は、とっさに「事情がはっきりしないで、感情的に名ても困るので・・」と少し躊躇したら

「いや・・なんか・・謝りたい・・と・・なので、事情は理解していらっしゃるかと・・」  それならば、お互い今後のこともあるから顔位は・・と

待合室に行きました

そこには

若い・・・多分40歳半ばにはならないであろう、母親と、すぐ後ろに中学生ぐらいの男子、ちょっと離れた壁際に白のTシャツに、作業ズボンのような男性が立っていました。
父親です・・と・・少したってから紹介がありました。

その女性は、私を見るなり

「すみません、、、娘が・・娘が・・・」と頭を下げてきました。

思わず

「いぇ・・そちらさまはどんなお具合で・・?」と聞いていました。  ちょっと駐車場に出た時に、多分電話の様子から、関係者だと思われる男性の

「左股関節脱臼と、右足は今すぐに手術できないぐらいで・・・えらいことになっちまったよ!!」という声を聴いていたので・・

すると

「うちのことまで・・・いぇ、そちらさまは・・本当に申し訳ございません」と深々と謝られました。 そしたら壁際にいた男性も、どうしたらよいか・・という表情で、ひょこっと頭を下げたのです。

私は、簡単に夫の状態を話

お母さんが、症状を聞いたときに「頭と心臓と、肺は大丈夫だとは言われました」と言ったので、

「とにかく、あれだけの事故で命が有った!!それだけで、今は良しとしましょう!!」・・と・・

それから、あちらが用意してきたメモ用紙に、あちら様の住所、氏名、電話番号などの、連絡先などとこちらのも書いて、交換して、、というか・・私は何も持たなかったので、渡して下さったメモ用紙にこちらの連絡先を書いたのですが・・

それから、保険やさんが来て下さって、あちらの保険やさんと話て・・

センターラインオーバーは、相手側100%持ちの事故、ということですぐに話が着いたようで、とりあえず、面会のできる夫の病棟まで二人で来て、挨拶して、あちらの保険やさんは「ご心配なく、直ぐに手配しますし、入院治療費は、全部こちらで持ちますので、何も支払なく出来るよう手続きもしますから・・」と・・

それだけだってホッとしました。

もし、とりあえず、立て替ええて・・なんてなったら、カードしかない・・なんて、色々と考えていましたから・・

その日の夕食は、当然処置も終わって、入院と決まれば、時間が遅くて、食事の用意はできないので、病院内にコンビニが有るので、そこで用意して運んでください・・と言われました。

・・・で、夫に何がいい?

彼・・甘い物大好き人間は

「う~ん、あまり食べたくないけど・・あそこならおはぎか、何か甘い物あっただろう・・あとコーヒーね・・コーヒーが飲みたい」と。

お~~おはぎが、出るなら、大丈夫!!

と コンビニに行ったら、比較的大きめの2個入りが1パックだけ残っていて・・それと 微糖のボトルコーヒー、それに夜中飲めるように、一番小さなペットボトルのお茶を持って行ったら・・・

ベッドに起き上がり、点滴をしたまま、その管をどう扱っていいか手惑いながら、なんとかおはぎは口にしましたが、普段早食いでいつも注意する御仁が、ゆっくりと、やっと一個食べました。

そして、もういい・・・って・・

部屋に冷蔵庫あるけど、明日起きて出せるか分からないから、持って帰るわね・・と・・

翌日、午前中、回診が終わった頃なのでしょう、10時半ごろでした。

「退院できそう・・何時にこれる?」メールが入り、びっくり!!

その病院は受付で、面会カードを、セキュリティカードを受け取れば何時でも病室には行かれるので、そろそろとは思っていましたが・・早すぎるだろう!!

でも、荷物が有るわけでもないので、早々に病室に行ったら、まだ点滴針も入ったまま・・何も、準備もなく横たわっていました

とにかく一晩中痛くて眠れなかったというのです。

入院の目的は、痛みのコントロールってなっていたのに・・・痛い時、ナースコールすれば、直ぐに傷み止め足した下さったでしょうに・・本当に何にもしないで、ただただ、ひたすら痛みに耐えて、今朝になって飲み薬もらって、今・・眠くなってきた・・って・・!!

そんなこと・・と・・

カーテンが揺れて、ふと顔出したのが昨日の加害者のお母さんでした。

顔見るなり、声が出せず・・手が震えてて・・

「本当に申し訳ありませんでした・・・スミマセン、すみません・・」と蚊の鳴くような声でいうのです

夫は、眠くなったと言うところでしたから、横になったまま顔も上げずでした。

私はまた「そちらも大変でしょ? いかがですか?」

そしたら、やにわにこみ上げたように泣き出したのです。

「うちのことはいいんです、、ただ、申し訳なくて・・」

だから

「起きたことは、戻りません、起こしてしまったことは戻せません、それならば命が有ったことに感謝して、せめてもの救いとして、前を向いて治療に臨みましょう!・・ね、お母様が泣いてたら、お嬢さんも、、」

・・と少しもらい泣きしそうになる自分を抑えて、彼女は涙と鼻水で、ぐじゅぐぐなので、私のバッグからティッシュを何枚か取って渡して・・

お嬢さん、意識は? 何でこんな事故?

頭と、肺と、心臓は、大丈夫だそうですが・・足が・・歩けるようになるか・・・その辺の臓器はまだはっきりしてなくて・・。本人も、ふと眠ったのか・・何が何だか分からないと・・・。

・・・と、また泣きだしました。

なんだか、、やりきれなくなって、思わず、彼女の肩を抱いて

「起きてしまったの・・お宅様の心、お気持ちは通じてますから、もうね・・頑張って少しでも、良い形に向かうようにしましょ、泣いてちゃダメですよ、お嬢さんは家族で支えて上げなくちゃ…

私も、一生懸命夫を支えますから・・ねっ、ねっ!!」って・・

泣きじゃくり、鼻をすすりながら、うんうんと軽くうなずいて、最後に絞り出すような声で

「む、娘が・・娘が直接お詫びできなくて・・本当に・・申し訳ありません・・・」と頭を下げたのです。

両肩を抱いて起こして・・

「仕方ないのです・・これからは・・ねっ、お互い家族として、頑張っていきましょ!」・・本当は、私が泣きたかった・・・なんで、こんなに!!

娘たちも帰って落ち着いたところで・・なんて翌日の事考えてのに・・

青天の霹靂というにはあまりにも突然のこと・・でも、命が有ったという余裕がどこかに有って・・そして、そして・・自分勝手だけど、夫が加害者では

無かったという、安堵感があって・・

翌日、日曜日、軽自動車に前の壊れた車から持ってきた荷物など載せてきたのを整理してたら・・見知らぬ年配の方が一枚の紙を持って歩いてくる・・その脇を軽ワゴンがゆっくりとついて来て・・・

その年配の方が私に
「この辺に・・」と言いかけたら、軽ワゴンから降りてきたのはあの男性・・事故を起こしたお嬢さんの父親でした

顔見るなり・・・どうも、どうも・・と頭を下げるので、いぇいぇと言いつつ隣の方は?・・・「あっ、オヤジです」

そう・・おじい様まで・・・

その年配・・と言っても、夫よりいくつか上が、同じか・・のような・・大体両親が娘より少し上ぐらいの感じなんだから・・19歳が長女で、下に男の子がいて・・だから・・

その父親は 隣の市の漁協組合の役職の名刺を下さいました。

もうね・・何を言っても、取り返しはつかないんですから・・

ただね・・車は走る凶器ですから、これだけの事故で命が有ったこと、そのことだけを幸いとしましょ!って・・

そして・・付け加えました。

これからは保険やさんが間に入るでしょうから、色々とまた出てくると思います。

それなりに私どもの都合で、条件の合わないことなど、申し上げることになるかもしれませんが、お宅様を悪く思ってではなく、これはあくまでも事務的にですから、、なにか保険やさんから、言われても悪く思わないでくださいね・・お宅様がこれから抱えていくことは十分承知はしていますから・・

ご主人は、それは、、もう!! はい、本当に・・と・・何回も頭を下げて帰られました。

一番悪いのは、そのお嬢さんです!!

免許もとって数か月で、どれほどのスピードを出していたかは定かではありませんが、居眠りとか・・よく覚えてないと言ってるそうですが・・なればこそ 言語道断です!!

でも、起こしてしまった・・これから、彼女は、自分のケガ、心の傷とも戦っていく・・まだ19歳で・・若い遊びたい年頃で・・

その家族も同じ苦しみを背負っていく・・・

我家だけではない・・同乗者の友達の分も・・・同じ年の友人の分も・・・

自然災害とは違う・・ちょっとした不注意が・・こんな不幸を生んでるのです。

本人も、家族も、これから背負っていく、苦しみ、悩みを思えば、これ以上の辛さはないでしょう!! それを思えば・・・


交通事故は、一方的だとしても、ともに不幸なのです。



ねっ、金四郎~~~おとうちゃまを守ってくれて本当にありがとうねぇ~~~

金四郎~~これからも、たのんまっせぇ~~~~




5年前の8月31日、やっぱり暑かった、、この残暑は5年ぶりだと言ってたから、この年ね。

エアコンかけてたけど、寝てると熱いからだがかわいそうで、冷凍庫のアイスを持ってきて乗せてたのね♪

    そろそろ涼しくなってきたら、また皆様とコメントでお話したいと思っていましたが、このような事情で、もう少しお休みさせて頂きます。       



コメント

私の春休みは終わりました

2018-04-03 22:37:45 | つれづれ思うこと
5日ほど滞在した、お兄ちゃんを送りながら娘の所に行き、昨夕帰ってきました。

今回は、家に来るといつもピアノの練習でお母さんである娘と喧嘩しながらピアノに向かうおっそろしく強いチビ嬢様の発表会を見るという名目で・・

先年の七五三で行った時に、あいも変わらず練習する、しないで、お母さんと喧嘩してるお嬢様。

「来年の発表会にはバァバが見に来るから、頑張ってね♪」と励ました関係上、お約束は守らねばなりません。




ストーリーボックの「すみれ」という曲を弾きました。

3年生になりますが、6歳児なみの大きさしかありませんので、手も小さく・・それでもちゃんと目いっぱい開いてなんとか弾けたので花丸です♪


音楽教室全体の発表会ですから会場も広く、ピアノだって、普段は電子ピアノだから、鍵盤の感じも全然違うでしょうのに・・・技術よりも雰囲気で弾いちゃう子なんですね・・・それも取り柄かと・・


一部での演奏でしたから、写真やら何やらあるとかで お兄ちゃんと、一緒に帰ってきました。

娘は、午後から、彼女の主催する野草で作る料理(今回はオヤツだとか・・)の講習会があるとかで、さっさと会場を放れ、若だんな君がちびさんのお付添いなのでね。

犬山と言っても、岐阜方面に2駅ほど入った所で、本当に田舎です。

でも、駅から徒歩3分。

これは魅力的ですが・・



家の隣には大きな桜の木が有って、今、まさに満開!

娘の家から、山の方に向かって、5~600メートル位行ったところに「大洞池」というため池があります。

周りは自然の林で囲まれてる、神秘的な池です


ヒスイ色のその池の美しいような・・・神秘的な・・というか・・ややもすれば吸い込まれそうな雰囲気すらある池ですが、ステキです♪

そこまでの道周りに広がる森林の足もとにはもう花柄になってしまった自生してるショウジョウバカマや、スミレ、普通のスミレからタチツボスミレや、小すみれなどが沢山咲いています。

私のカメラでは綺麗に撮れないので、眼のシャッターを切ってきました。



椎の木もこれだけの種類あります
どんぐりの色々、と紹介されてる立札あります



モグラもね・・・我家の芝生や畑を荒らすやつは・・・一番下だわ!

でも、絶滅危惧種になってる物もあるんですね

とにかく興味深い物ばかり!

若だんな君がここにある研究所の先生なので、彼女も植物大好き人間、家を建ててまで住み着く気になったのですがね・・

私も大好きな物がいっぱいのこの土地は魅力的。

年取ってもし一人になったら、ここにお離れでも建てて(土地がかなり広い家なの)一緒に住もうかな・・ってつぶやいたら・・

「ダメダメ!母さんは近くでも、犬山市内とか街が近くないとダメよ!ここはお店もないし、病院も遠いし・・」って・・即却下!
^^;

朝、ちょっと寒い時に火が入ったペレットストーブ


素朴な木でできた床の広いリビングに似合って何とも言えない風情がありました。

上に乗ってる鉄瓶は、実家をリフォームするときに娘が母に頼んで、色々捨てる中に入っていたものをもらってきた物です。

実家の古い家具や、道具を好きで新築の家に入れてる娘の好みは・・・ここにいるとまるで私が若い頃の家にいる感じすらします♪

娘の家は以前もご紹介したことありますけど、今回実家を片づけるにあたって、彼女の引き取った物がいくつもあって、ますます古き良きものが増えています♪


翌日は「尾張富士桜太鼓」という土地の伝統文化の太鼓を親子で演技するので、それを観に、尾張富士の上り口にある熊野神社へ


孫っち、センターを務めました♪

好きなんですね・・とても力強くて、、リズムも良くて、お腹の底に響く太鼓の音は、胸がキュンとなります


娘たちお母さん方もこんな勇壮な姿になって・・・



境内には桃の花が今を盛りと咲き誇っていました


ちょっと遠くに目をやると・・桜も満開!

この日は午後は、「リトルワールド」にも行って、えらい強行軍!

各国の家々や、その文化、そこに出てる国のお菓子や食べ物・・・沢山楽しみました(写真あるんだけど、顔・・まだ加工してないからね♪)パソコン壊れちゃうとまずいから・・・^^;

なんだかんだと孫っちと暮らした一週間

待ってる楽しみ

一緒に遊んだ喜び

違う生活を見た嬉しさ

一杯一杯、幸せをもらって帰ってきました。



中学生になるんだと!!
制服姿を照れながら見せてくれました♪

その間、ジィジはおひとり様で、疲れ休めをしたようでした♪

はい、ご苦労様でした^0^


コメント (22)

毎日チョコレート食べてるからね♪ 

2018-02-14 21:58:04 | つれづれ思うこと
バレンタインデーという今日。もう、夫にチョコレートを贈るのは止めた。

昨年までは、親しくしていたお隣のダンナサマ、余命一年と言われてからその月日を二カ月過ぎても、少しだるそうな時もありながら畑にも行き、普通の生活をして、あえば、お~~!っと手を上げてくれていた、そのダンナサマの為に、チョコレートを買っていた。

夫にはついでね・・って・・


夫はいつも「なんでそんなことするの!いいんだよ、いつも食べたいときに食べてるんだから・・」と 当たり前のように受け取って、自分のお菓子を入れておくお楽しみ箱に無造作にしまってた。

それで良かった・・・


先ほど夕方、隣の友人が、夫にとカカオ86%のチョコレートをMさんにね・・って持ってきてくれた。

「夫は、ありがとう・・でもね・・もうやめましょう・・いつも欲しい時に頂くから・・」って・・

彼女も、そう思ったけど、息子にも買っておいて・・この間法事に来た時に渡すの忘れちゃったから・・・で、仏様の前に置いてあって思い出したの・・と。


夫婦二組そろってて、一人前の隣組だね・・なんて言っていたけど、その幸せは8年で終わった。

負けず嫌い、勝気、ちょっと大変なところのある奥様だけど、本当に一人になって、どれほど支えてあげられるか分からなかったけど・・とにかく、私たちは二人でできるだけ支えて上げよう・・・と夫が昨年、云い、おせっかいかな・・と思いつつ、私は時あれば顔を出すようにして少しずつ、彼女は変わっていった。

「ごめんね、セツジさんに私、上げてないけど・・・」

「いいの、お父さんいつも食べてるから・・置いてあるけど、減ってないから、私が食べちゃうけどね・・」と静かに笑った友人。
だよね

「お父さんには、楽しかった♪ お父さんありがとうって言ってるんだ♪」って・・生きてる時から仲良く喧嘩してたなぁ~

ハッピーバレンタインはもう来ないから・・

夕方、好きじゃない歯医者から帰ってきた夫に

「もうチョコレート上げないわよ・・かわりに・・ありがとうを上げるわ」

夫「何?どうしたの! 言葉だけ?・・チョーダイ!」と手を出した。 んもう~~お小遣いの催促・・


「べぇ~~~!!」

「すぐに調子に乗るやつめ!」・・・と大笑いした。


お隣のダンナサマの一周忌は遠い所に住む息子さん達の予定も考えて一か月早く執り行った。


これから、私たちには辛い2月の残りの日々がやってくる・・・

昨年の17日は母の納骨だった

月末には最愛の金四郎をこの腕の中で見送った

最近テレビで柴犬が出てくると、金四郎にそっくりの歩き方、喜び方の様子をみると二人で黙る。

「そっくり!」と私が言いながら、ティッシュをとると、夫も顔をそらして鼻水をすすってる・・・


数日前 JBMママさんがこんなに可愛い金四郎のフェルト人形を作って送って下さった。

参考になる写真は若い時のを送ったから


こんな風に首をかしげてるのもそっくり


夫はちょっと見ただけで、それ以上は見ようとしない・・・プイと横を向いて、鼻水をすすった。

私には宝物がまた一つ増えた。

ブログの中でも、思って下さる方がいる・・沢山の人に支えられている・・感謝だなぁ・・・しみじみと思うバレンタインデイの夜、オリンピックで嬉しいプレイも見たし・・今日はゆっくりと眠れそう

お付き合いしてくださる皆々様に感謝と共に・・・おやすみなさい

    コメントお休みします
コメント

うん、もう・・おっちょこちょいなんだからぁ!

2017-09-25 22:07:23 | つれづれ思うこと
どこでどう間違ったのか・・・

思い込みは怖い物ですねぇ~^^;



一か月も前に、買ってきたプリンター用のインクです。

「そろそろ切れますよぉ~~」っていうお知らせが印刷するときにご親切にお知らせ下さったもので・・ついでにとホームセンターに行った時に購入してきたのです。

いよいよ「もうこの色は全部無くなりました」と出て、プリンターが動かなくなりました。

買ってきてあるもんねぇ~~♪

早速取り替えようとインクの爪まで折ってはめてみたら・・・はまらない・・(^_^;)サイズが明らかに違う(;_:)

え”~~~!(^^)!

キャノンのピクサスで、ナンバーは・・・確か 3とか5とかついてたような・・・携帯メモに入れてたんだから・・・で、ipNOをみたら、明らかに違う! 私のはip4830 これはip7230/p8730/ix6830 etc. 

んもう~~~~~~~~~~~~~

あぁぁぁぁぁ~~~~~~~~やってしまった(^_^;)



本当はこちらなんです♪

後から買ってきました。

前のは、もうひと月以上も経ってるし、だいたいレシートもない・・・一個は爪まで折ってる・・・で、あきらめまして・・・

はぁ~~~~~~

どなたか、この種類をお使いになってる方ありませんかしらねぇ・・・引き取って頂ければ、無駄にしないで済むというものですから・・・

それにしても、最近、こういうこと多すぎまするぅぅぅ~~~(^_^;)



その悲鳴はなんですか? お呼びになりましたかな? といってるような4年前の金四郎


ハァ・・その程度のことですか・・・

でも・・一緒に腰を抜かしてあげましょうかねぇ・・お付き合いで・・・



4年前の昨日の日付の写真

勝手に「母のオッッチョコチョイコチョイ劇場」に登場して頂きました♪


最近作ったお料理をいくつか・・


オクラを刻んで炒めて作る、「和風チーズオムレツ」
刻んだオクラを炒めて真中に寄せてシュッレッドチーズをタップリ乗せて、上から溶き卵を人数分掛けまわして、1~2分の蒸し焼き

とれすぎオクラを使うのにはもってこいの料理でした。

和風・・って 愛読してる本に載ってるレシピにかいてあったけど、この上のたっぷりとおかかをかけるのです・・・忘れています

採れすぎたゴーヤもやっと佃煮にして、かなり消費できました


本当は小魚やゴマを入れるのですが・・・忘れて・・出来上がり、食する前にすりごまをパァラパラ♪(*^_^*)

ゴーヤと、オクラの肉巻きです


ゴーヤは以前もやりましたが、オクラは料理上手の次兄のお嫁ちゃんから仕入れました♪

オクラの両端を少し切り落として、豚バラでクルクルと巻いて、ジューって焼いてから、焼き肉のタレで味付け。

私は、焼き肉のタレ・・買い忘れて・・(^_^;)・・・で、まぁねぇ甘辛醤油で適当に味付け・・美味でありました♪



1週間ほど前に夫が畑の整理をして、残ってるスイカ、大小、7個ほどとってきました。
うらなりではありますが、結構甘くて、ここ数日暑い日には水分としてなかなか美味しく頂いております。

毎回、忘れる忘れる・・・とぼやきが多くてねぇ・・・その上、カン違いと来てる・・^^;

お名前は?
どこにお住まい?
お年は?

とりあえず、全部答えられますわ^0^

まぁ・・せめて命だけは忘れないようにしなくちゃねぇ~~~~~~~~金四郎~~~たのんまっせぇ~~!!


明日から、いろいろあって、しばらく忙しく留守も多くなりますので、コメントはお休みします。

もし、プリンターインク、お使いになれそうな方がありましたら、違うブログへコメントを入れておいてくださいませ・・あとから、ご連絡しますので・・・よろしくお願いします

コメント