金四郎 たのんまっせぇ~

夫と、老柴犬金四郎と南房総に移住して11年.
身も心もスッカリ房総人♪今は亡き愛犬との思い出とつづる日々の出来事

はかりめ丼、ついでに東京湾観音へ

2017-12-21 21:25:12 | グルメ
いつだったかテレビで房総散歩ついでに寄った富津のお店のアナゴ丼を紹介していたんです。

アナゴの大きさ(長さ)で計ってその分量で蒲焼風にして、ご飯の上に乗せるので「はかりめ丼」というと・・・

うなぎ、あなご、長い物大好きダンナを誘って、今日行ってみました。




私は、アナゴ、うなぎほど嫌いではありませんが、イマイチ沢山は食べられないので



小ヒラメの煮つけ、ランチセットで、鮪のお刺身、茶わん蒸し、香の物、生のりの入った味噌汁付きでした。

「はかりめ丼」の方も、ランチだと、茶わん蒸しと味噌汁、漬物が付いていました。

かなりたっぷりと入ってて、ご飯もしっかりと有ったらしく、早食いで、いつも私が終わるより早く食べ終わり席を立つダンナ殿が今日は同じぐらいに終わってね♪

チョットだけアナゴもらって食べたら・・・美味しいです!
これならもう少し食べられそう・・・でも・・くれなかった(笑)


ヒラメも今の時季、小さいけど(30センチに満たないのはヒラメとは言わずソゲというのですが・・)ちゃんとヒラメの味がして、味付けも、私はもう少し甘目が好きだけど、でも、美味しく頂けました。

外に食事に行っても、さっさと食べ終わると一人で外に出て待たれるし、何の感想もない、味気ないヤツなので、本来夫と食事は本当にただお腹を満たすためだけで、面白くないのですが、さすがに好きな物だと・・・それなりの言葉ありまして・・「美味しかったよ・・まぁ、富津はアナゴで有名だから、店はここだけじゃないはずだけどね・・」と・・・

何!? 今度は他へも行こうとか? まぁねぇ・・テレビに出てきたところ、車で1時間位で来る、房総に住んでるんだから、話のタネにと出てきたわけでして・・・

はかりめ丼ーーー1620円
煮魚セット―――1080円

キスの天ぷらや カマ(今日はカンパチ)の煮つけもありましたが、どれも魅力はありましたが、以下次号で・・・


帰りがけにこれも話のタネ、いつぞや木更津に行く途中で行き損ねた「東京湾観音」も拝観してきました。



全高56メートル
真下からだとこんな風にしか撮れません


拝観料大人一人500円

中にはらせん状になった階段、約16段ことに踊り場があり、20階、頭のてっぺんまで上れます


その踊り場には同行観音として、何百も小さな観音様が壁に組み込まれてたり、菩薩や如来像、七福神などがかなり大きな像で置いてありました


こんな風に、説明はあるのです…読んで、ナァルホドぉ・・と・・通り過ぎた途端、忘れてる・・???^^;

途中、小窓が有って、景色も見られますが、寒い風が入ってきて、今日はイマイチでしたね・・

頂上てっぺんには


この観音様のお顔が

途中の何か所かに、「思いをつづって見てください」「願い事を書いてみましょう」と、ペンとノートがありました。

日にちの横にある願い事

**宝くじが当たりますように

**大きい家に住みたい

**OOに合格できますように

**恋愛が実りますように、すてきな出会いがありますように

などなど、思わず笑ってしまうものもね♪

私は、御本尊様が有って、お札に書くと、節分にお炊きあげをして下さると言うところで、自分たちも含めて家族一族の健康を祈願してきました。

200円と書いて無人ですから・・・お札が沢山積まれててもお金を入れるところがありませんので、仏様の前に投げて来ちゃった^0^
それにしても・・・仏も神も(マリア像もありました)金次第かと・・??(笑)


上りは慎重でも、せっせと上るけど、下りるときが大変!!
全部おりきったら、膝が・・足がガクガク・・腰は痛い!^^:  

夫も 足がつっちゃいそうで、ガクガクしてる・・こんな軟じゃしょうがないなぁ~って! いくつだと思っとるんじゃ? 普通じゃろ!!

階下でお会いした少し年配のご婦人は「目が廻りそうだし、足が上がらなくて12階であきらめて下りてきました」って行ってらしたから。



帰宅するとね、こうして金四郎が待っててくれたから


金四郎~~ただいまぁ~~!!ってね♪

リビングの窓の前にこうして覗いてて・・・この頭の丸みが好きでしたねね♪

         私の検査は昨日、検診を受けた病院の専門を予約して済ませました。 説明によると、とりあえず、前回の決められた過程における検査では 疑いがある・・と出てしまってけど、何でもないかもしれないし、もしかしたら、これから進んでいく過程にあるかもしれないので、もう一つ進んだ検査を・・という段階であると説明を受けました。
         納得です
・・で、内視鏡での外見では異常なし、違う検査をするための検体採取をした結果は年明けとなりました。

もし、それで(+)が出たら、数か月間隔で経過観察となってくようです。

自覚症状もなく、健康だと思っても、突然にやってくる病は沢山あります。

わずかでも疑わしければ、やはりドキドキしても、好きじゃない・・と思っても、こうして検査は受けた方がいいんでしょうね。

それにしても今回は、まったく予想だにしてないことでしたので、本当に驚き、しばらくは憂鬱でしたね・・・案外意気地ないんですよ♪♪





コメント (16)

犬山名物、まぜそば・・その他

2017-11-11 21:13:23 | グルメ
先日娘の所、愛知県犬山市に行った時のことです。

せっかく来たからと珍しい物を食べさせてあげようとい思う娘ちゃん

「何が食べたい?」

私・・「そうねぇ・・味噌カツも食べたし、きしめんはどこでも食べられるし、・・・」とあまり記憶にも無いのでムニュムニュ言ってたら、

「まぜそば知ってる?」 「結構有名で、最近はあちらこちらでやってるんだけど・・」

「知りません!」 「初めて聞く名前だわ!一昨年の夏来た時まで何回も来てるけど、それは聞いたことないわ!」

と、言うことで、なんだかの用事を済ませながら、名鉄「鵜沼」駅の近くの「あらし」とかいうお店に連れて行ってくれました。(店名は、確実ではなくよく覚えてもいなくて後からお兄ちゃん孫に聞いたので・・・正確かどうか・・・^^;)

カウンターだけの狭い店内、息子も一緒に大人3名子供2名、席を寄せて頂いて丁度座れました。

「まぜそば」

最初にチケットを買うので、どれにする?と聞かれても見当もつかず、まず代表的な、その店の一押し「特製」とやらを・・



右側のです。

左側は、娘が頼んだ台湾風・・だそうで、ひき肉味噌がたっぷりと掛かって、ジャァジャァメンの生卵入り見たいのでした。

孫たちは、お兄ちゃんはおつゆのある、ラーメン風、息子は辛子にんにく入りとか(?)何だってしつこいヤツをねぇ~~!!

ちびさんも一人前食べるとのことでしたが・・・何を頼んだのかしら・・・すでに記憶にございません・・^^;

おつゆがなくて、色々な具が全部、乗ってきて、食べ方・・と書いてある目の前の表には「まず全部かき混ぜて、好みによってお酢を入れるとマイルドになって美味しいです」と有りましたのでその通りにして食べてみました。

色々な味が何とも言えず入り交り、太い麺としっかりからみあって、なかなか美味しかったですよ♪

子供達は「以前流行った油そばの全部乗せだね・・・」って・・・息子はそれでも油そばの方が美味しかったなどと・・・私も油そばの名前は知っていましたが、名前からしてハイカロリーの感ありで、食したことはございませんでしたから、まったくの新しい味で、新鮮な気分でね♪

麺類、全般に好きですから、はじめての物でも、そう嫌でなく食べられますが、この「まぜそば」お店によって色々と特徴があるらしく、それはそれであちこちで試してみたくなりましたね。

今度娘の所へ行くまで、流行っていたら、あちこち行ってみようかな♪


犬山は、名称でも犬からでしょうか・・桃太郎神社なる物が有って、今回はそこのお祭りの呼び太鼓を娘たちのお母さんグループと子供達でたたくというのでそれも見て来ました。



母親組

子ども組


いざ演奏に入ると、ドンドンドンドドドン とお腹の底に響くような勇壮な音に、なんだかジ~~ンときちゃいました



きびだんご!

きな粉でできた丸い飴玉位の大きさの噛むときな粉ダンゴの味です


ラインの小石

これもきな粉を主体としてますが、きびだんごほど柔らかくなくて、コロコロ小石のようにテトラ状になった小粒のお菓子・・初めて食べましたが、甘さも硬さも程よくて、後を引いてしまい、我が家様に買ってきたのはほとんど私めが・・・頂戴いたしましたです^^;

名鉄は岐阜まで行ってますが、名古屋からいくつにも支線があって、木曽川沿いに走る所もあります。

その上流の眺めの良い所を、ドイツのライン川になぞらえて「日本ライン」と称しているところがあるので、多分そこからの命名なのでしょう

私は、「鵜飼」は、一昨年経験しましたが、まだその日本ラインなる所は知りません。

まだまだ 色々沢山あるのですが、とりあえず、今回買ってきたお土産からの御紹介です♪


今日、11日は、亡き母の誕生日でもあります。
生きていれば98歳!
昨年、兄たちにケーキでお祝いされて、「こんなに美味しいケーキ初めて食べた♪」と精一杯のお世辞を言って全部食べた翌朝の緊急入院から、アッと言う間の1年が経ちました。



婦人会の新年会に行くとき、久しぶりに着物を着ていくので、上手く手が届かないから手伝って、と言われて私が着付けた、母の着物姿最後の写真です。
92歳でした。

下げている、着物と共布のバッグ、私が使っています。

沖縄での甥の結婚式や10月末のもう一人の甥のお嫁ちゃん紹介食事会にも持って行って、兄たちに見せました。
「お母さん連れて来たわよ♪」って・・・「ありがとう~~」嬉しそうな顔してくれました。 母が気にしていた孫達でしたから・・・さて・・同じ年の我が息子殿は・・・????

ご心配いただてる風邪・・年のせい?イマイチですが、今日一日、おとなしく薬もちゃんと飲んでいたので、かなり落ち着いてきました。
咳も少し出るし、ぜーぜーもまだ残りますが、まぁあと数日かな・・・負けてたまるか!!精神で頑張っています←大げさ?^0^
コメント (18)