nasu_star's blog

那須で自然に親しみ、星と自然を愛するブログ

遂にGARMIN「EDGE 1030」が来てしまった。

2018-09-19 19:08:52 | サイクリング

1年以上前から検討していた本格的サイコンを遂にポチしました。

敬老の日の前日の夕方、ピンポーン! 宅急便で~す!

来ましたよ~。「GARMIN EDGE 1030」が

さてさて。

ちょっと、別なモノも入っていますが、これはこれで後日。

買ったものはこんだけ。

サイコン本体と、保護用シリコンカバー(黒)、画面保護用ガラスフィルム。

ガラスフィルムは反射防止のすりガラスタイプもありますが、私は透明なのが好きなので透明ガラスフィルムにしました。

開けると、どーんと本体が出て来ました。

本体を取り出すと付属品が沢山入っています。

実は、本体のみの販売は無く、ケイデンス、スピード、心拍のセンサーが漏れなく付いてきます。

今回実際に自分が使うのは、以下のものだけ。

でも、ハンドルバーに取り付ける際の保護用プラスチックの輪っかは薄い方で付いたので、太い方は使いませんでした。

自転車に取り付けた時の感じはこんな感じ。

今までは、GARMINのVivoactiveJをハンドルに巻いてサイコンとして使っていました。

でも、普段は不満は無いのですが、長時間走る場合などは電池切れを生じるので心配でした。

また、知らない道を走るときにはVivoactiveJにはナビ機能は有りませんから分岐点などでいちいちスマホを取り出してルートを確認しなければなりませんでした。

それらの不満を解消すべく今回、意を決して「EDGE 1030」を購入しました。

機能が凄くて、使い方をある程度マスターするのに3時間かかりました。

ナビも設定してナビの性能、使い勝手等も検証する予定でしたが、天気が悪いとの予報のため今回はナビの検証を諦めました。

 

●チェックポイント1

これまでVivoactiveでは、勾配の値を確認出来ませんでしたので、帰ってきてから距離と高度差から知りたい場所の勾配を求めていました。

過去のブログではMyトレーニングの鴫内山の左回りの登り勾配を13%位と計算していました。

しかし、この1030はリアルタイムにその場の勾配が確認出来ます。

実際に何時ものMy・トレーニングコースの鴫内山左回りで、確認しました。

急勾配を走りながらの片手運転で撮影ですからちょっとボケてしまいました。

一番右下の角のデータ表示が勾配です。

「17%」の勾配になっています。

このコースの殆どが13%~15%で、17%の箇所が3箇所もあるかなりの高負荷ヒルクライムになります。

中腹過ぎは殆どが15%の連続でした。

思った以上に凄いところをいつも走っていたんだと自分でも感心した。

でも、殆どのチャリダーの方はこのコースを右回りで上がりますが、その道を下りながら勾配値を確認したら、右回りは13%止まりで一箇所だけ15%が僅かに有るだけでした。

まあ、還暦近いオヤジのデータですが、左回りの激坂タイムとしては3年前の「24分ジャスト」と云うタイムが私の自己ベストタイムですので、参考まで。

歳とってあまり頑張り過ぎると活性酸素により、がんが出来やすくなりますからほどほどに。

ちなみに、その坂道のグラフに縦線を入れると、若干左側の登りの方がやはり傾斜があるように見えます。

●チェックポイント2

それと、マニュアルに載っていないと思うのですが、激坂走っているときに妻から「昼ごはん食べるの?」とLINEが来たのですが、Vivoactiveでも画面にメッセージ内容の表示は出ましたが、返事を書くとなるとスマホを取り出して手で文字を打たなければなりませんでした。

ところが、このEdge1030の画面には漫画の噴出しの様な表示が出ていたのでそこを試しにタップすると・・・

「はい」、「いいえ」、「今走行中」、「今出られません」とか定型分の一覧が出てそれをタップして「送信」ボタンをタップすると、なんとLINEが送れちゃいました。

これはすごく便利で良い機能ですね。

足を着かずに上り切ることを心情に頑張ってますから、そんなことで足を着きたくないわけで・・・

因みに、「いいえ」を返しました。 

それで、前々回のブログのレトロカフェ「レコード喫茶MORIYA」の発見に繋がった訳です。

 

●チェックポイント3

保護用ガラスフィルムは透明なものを購入しましたが、特段光って見づらいと言う事はありませんでした。

でも、サイコンの設置角度によっては空が写りこむ可能性もあるので、角度調整が必要かもしれません。

個人の好みですが、反射防止のすりガラスタイプは全体にボケた感じで明るく空が写り込むので好きではありません。

--

かなりお高いサイコンですから、おいそれと手を出せるシロモノではありませんので、おいおい気が付いたところなどをレポートして行こうと思います。

興味のある方は今後のブログレポート記事をご覧になって、良さそうだったら購入に踏み切ってみてもいいんじゃないでしょうか。

私も買うのに1年半掛かりましたから、まあゆっくりと検討するのも楽しみになるかも知れません。

【国内正規代理店商品】GARMIN ガーミン Edge エッジ 1030セットクリエーター情報なしガーミン

コメント

昭和一色!レトロCafe発見。

2018-09-17 20:43:55 | サイクリング

本当は、今日ある物をゲットしたので、その試験走行と云うことでブログ書こうと思っていました。

でも、その試験走行途中で超レアなカフェを発見してしまって、感動モノでした。

実は昨日と今日、2日連続でサイクリングして来ました。

猛暑の後は雨続きで、ずっと走れませんでしたから。

今度の木・金で、人間ドックだし・・・

今年は駄目だね。全く走れてなくて胴回り85cm超えてるわ!

あるモノは昨夜届いて、昨晩は0時まで掛かって使い方をマスターしましたよ。また後日ご披露しましょう。

で、今日は行くぜ!白河南湖公園!と思ったけど天気予報だと昼から雨。

近場で遊ぶか~と、いつもの鴫内山標高800mのヒルクライムに行ったけど、昨日に引き続きスッゴク体調が良くて走り足らない!

晴れ男ですから、いつの間にか青空になり、ネットの天気予報も降水確率午後まで60%が10%に変更になってしまった。

板室経由で那須の方まで走る事にしました。

で、板室街道を走っていると、右手に見慣れないCafeがあった。「レコード喫茶」??

通り過ぎてからも何度も後ろを振り向きながら走った。

ん~~!気になるなぁ。 今まで、何度と無くこの道走ってるけどあんなお店あったかな?

谷に下って上って、更に下って板室温泉まで来てしまったが、やっぱりあのお店が何物なのか確認したくなって、引き返す事に。

 

登って、下って、また登り、やっとあのお店に戻って来ました。

サイクルバーも有ったけど、残念なことにバーが低すぎてサドルが引っ掛けられませんでした。

なんかレトロな感じ・・・

赤い車も年代モノだし、大八車まであるし・・・古いバイクもある。

レコードも恐らく「レコード」と云うくらいだから昭和のレコードだと、察しがつく。

早速、お店の中へ。

奥さんが居たので、「サイクルバーは低すぎて残念ながら掛けられませんね~」と云うと、奥に旦那さんらしき方が居るらしく、「サイクルバー低くて駄目だって」と言いに行きました。 お手製なのかな?

入っていきなり左手にはレジが在るものの、手動の上から下に数字のバーを引っ張るもので、電気いらないね。

ミシンも動くみたいです。 今の若い人はどうやって動かすか分かんないだろうね。

食事は、パスタ系が5種類くらいとカレーが有るようです。

私は、その中から一番昭和の香り漂う「ナポリタン」にしてみました。

ジュークボックスからは山口百恵とか、チェリッシュとか、野口五郎などの70年代から80年代の曲がかかっています。

ただ、お店の奥さんに聞いたところ、この音源はレコードでは無いらしい、でも音はジュークボックスのスピーカーから出ています。

瓶のコカコーラの販売機もあります。右側には王冠をはずす箱が付いてますね。

私の実家はお店だったので、これありました。

自転車もあるでよ!

小学生のころ、こんな自転車に斜め乗りして乗ってましたね。

ブレーキはワイヤーではなく、全て金属棒でブレーキまでレバーの動きを伝える仕組みですね。

これが、「レコード喫茶」の由縁らしいレコード室。

実際に聞けるらしいです。

お店の左側の風景。

レジのところで、顔なしも静かに立ってます。

ちょっと気になるものがちょっと写ってるでしょ。

東芝の扇風機。私の家にも中学生くらいまでこの扇風機ありました。

単なる飾りかと思ったら、この後食事を食べ始めたら電源入れて涼しくしてくれました。

ナショナルのラジカセ。

学校給食コーナーまであります。

これこれ! この皿とおわん。 先割れスプーンと。。。今気が付きましたが、袋らしきモノはもしかして「ミルメーク?」

黒い物体は、べーゴマで対戦するための桶だよね。ベーゴマと紐もありました。

その隣の丸い椅子も、冬に暖をとる赤い火鉢も私の実家のお店でお客さん用に使っていました。

お祭りの夜店などで良く見かけたゲーム機。

実は私の実家にも小学生の頃あって、店の子供の特権でパチンコやり放題でした。(パチプロにはなれませんでしたが・・・)

メンコも散々やったね。 でも、何故かビー玉が見当たらなかった。

当時の子供の遊びといえば、ビー玉、メンコ、ベーゴマ、これってはっきり言って勝負事でしたよね。

勝てば相手のものを貰えるけど負けると取られる。子供ながらに真剣勝負でした。

そんな思い出を脳裏に浮かべながら飽きる事無く眺めていると、ご注文の「ナポリタン」が出来たようです。

ウオー! 凄いボリューム! 旨そう!

はやる気持ちを抑えて、先ずはカメラでパチリ!

サラダと、スープもついてまっせ!

見た目の期待どおりの「おいし~~い」ナポリタンです。

はずかしも無く、ばくついてしまいました。

何も残りません。 おいしかった~!

完食。

アイスコーヒーも頼んでおいたので、出て来ました。

と、言っても既に半分飲んでしまった写真ですが、作り置きでは無くその場で豆挽いて作っているので、これも凄くおいしいです。

良くメニュー見ずに頼んだのですが、ランチコーヒーは200円でした。安っす!!

ところで、お会計は・・・まさかのあのレジで「ジャカジャカ・チーン」と音がしてちゃんと動くではないですか。

このあと、ご主人が写真を撮らせて欲しいと言うので外で自転車と一緒に撮ってもらいました。

恐らく、入り口正面の壁に貼ってくれるのだと思います。

--

ご主人と話をしていて、今までなぜ気が付かなかったのか謎が解けました。

実はこのお店、日曜、休日のみ 開店するそうです。

私は殆ど土曜日に走ってるので、恐らく今までこの店が開いているところを見たことがなかったのかも知れません。

皆さん。ここんとこよろしくお願いします。

興味のある方は、是非日曜日に立ち寄ってみてください。特に、昭和生まれのあなたは行くっきゃないです。

詳しくは「レコード喫茶MORIYA」で検索するとこのお店のホームページがあります。

時々、ライブやイベントなども開かれているようなので、今度行って見たいと思います。

--

あーと、ロードバイクで行かれる方は、早速バイクスタンドの高さを直しておくそうなので、ご安心を。

バイクスタンドは2基もあるので、6台くらいはスタンドに置けると思います。

コメント

野宿サイクリング 明らかになった45年前のお寺

2018-09-09 11:09:42 | サイクリング

45年前の高校1年生の時、3年生の先輩がサイクリング同好会を作り、即刻入会。

同好会として定期的に、10数名でいろんなところへサイクリングしました。

そんな楽しい思い出の中、その年の夏休みに友人と二人だけで野宿の旅に行く事を企て、当然学校には届け出を出せるはずも無く、現金は5千円だけで後は3日分のお米や自炊用品をサイクリングバックに満タンに詰めてある晴れた早朝、朝霧の中をさっそうと出かけました。

予定したルートは、

一日目:実家の烏山から那須のロープウェイまで登って、白河から福島県に入って海に向かいつつ一泊。

二日目:山を越えて福島県いわきの勿来海岸に出て、そこから海岸線を南にひた走り、茨城県の海岸付近で一泊。

三日目:帰宅

そもそも野宿ですから、泊まる場所は現地調達。

雨? そんなものだって降ったら降ったで、現地で何とかする。完全サバイバルの旅。

ほぼ、毎日約100kmコースです。

当時はコンビニなどありませんし、田舎道なのでスーパーなどもありませんから、何かを調達するにはある程度の町を通過する必要があります。

一日目、朝6時頃友人と出発、那須の大丸温泉まで登りましたが家からそこまで70kmあり、しかも標高1300mまで重いサイクリングバックを付けた自転車で登るのは三苦労でした。

そこから先のロープウェイ駅まで行く気力を無くして、大丸温泉で下る事に。

その後、山を下って福島県に入って白河を通って東に向かいましたが、夕方になり西の空には入道雲がモクモク。

やばそうな雰囲気で山間の小さな町に差し掛かって野宿の場所を探していた時に、道路の右側に小さな川が流れる静かなところに橋があり、その先には住職が住んでいそうな大きなお寺が見えました。

ふと、私が友人に「あのお寺に泊めてもらおうか?」と云うと、「雷雨が来たら困るからそうしてみようか」と友人も同意。

早速、橋を渡るとそこには龍宮城のような赤い門があり、その奥に大きな本堂がありました。

お堂右手に人が住んでいそうな家があり、行って宿泊を頼むと「いいですよ。それなら、お堂に泊まりなさい」と云ってお堂に泊めて頂く事に。

更に、食事もどうかと聞かれたので、自分達で作りますと云うと、奥さんに「xxxを持ってきてあげる」と云われたが???

お堂裏山のお墓のところの枯れた杉の落葉を集めて庭で火を焚いて飯ごうでご飯を作ってカレーも作って出来上がった頃、奥さんがお茶碗に味噌汁を入れて持ってきてくれました。

「xxx」は味噌汁の事だったんですね。単語が違っていて分かりませんでした。未だに何と云ったのか分かりません。

そして暗くなり、真っ暗なお堂の中央には大きな仏像が鎮座していて、その仏像の目の前の座敷で寝かせて頂きました。

トイレは周囲の回り廊下に出てお堂の裏手にありましたが、とても怖くてなかなか行けず、朝4時頃になって明るくなり始めるまで我慢していました。

朝になって周りをいろいろ見渡していたら、石碑か何かが有って戦没者の方々の名前が沢山書かれていた記憶があります。

朝も、飯ごうでご飯を作って食べてから住職と奥さんに何度もお礼を云ってお寺を後にしました。

この野宿サイクリングで無料で泊めて頂いたお寺の事は、当時のTBSラジオの「パックインミュージック水曜パック」通称「そらまめパック」という「滝良子さん」がパーソナリティの深夜2時?からの番組で葉書を読んで頂きましたし、とても思い出に残るサイクリングの旅でした。

2日目は途中国道6号線を南下中に土砂降りの通り雨に遭いましたが、間もなく良い天気になり茨城の砂浜に有ったテトラポットの下に寝ました。

あれは、日立の河原子海水浴場だった様な・・・? これは定かでない。

3日目は大洗海岸まで南下して、そこから家に帰る道を辿った。

--

でも、このお寺がどこに有って、なんて云うお寺なんだろうと40年以上も気になっていましたが分からずじまい。

なにせ、どこを走ったのかも大まかな予定しか立てて無かったし、地図上に書いたわけでも無いので明確に分からない。

ただ、周囲の山々の景観と、道路に沿って右手に小川が流れていて、お寺に行くための橋とその先に龍宮城の様な赤い門。

そして大きなお堂と杉の木の裏山が有ったことは脳裏に写真の如く焼きついていました。

近年になって、googlマップでストリートビューが日本全国の田舎道まで入って情報が載って来ています。

それで、昨年の丁度今頃から何度もそれらしき道をgooglマップでストリートビューしていましたが、全然見つからず「あの思い出は夢だったのか?」と思うようになりました。

ところが!!

先日、会社の同僚達とお酒飲んで帰って来てエアコンの前で寝転んで涼んでいたら、思い立った様にスマホを開いて地図を見たくなり、適当に画面を流して行ったら・・・・

あっ! ほぼ南に向かった道路の右側に小川・・・

エーッ! お・・お寺だ!

早速、ストリートビューで周囲の確認。

「あった!! ここだ!」 思わず、大声で叫んでしまった。

あの龍宮城の様に感じた赤い門に、お堂。

そのお寺は、「亀堂院」というお寺でした。

一年がかりで発見しました。

でも、実際には南に向かっている道ではなく、南東向きの道でした。まあ、でもそこそこ方向感覚は狂ってはいない。

ストリートビューの画面ではこんな感じです。

当時はもっと見晴らしが良くてお寺がこの場所から橋の向こうに見えました。

今住んでいる場所からだと、最短だと途中、八溝山系の峠を越える必要がありますが片道65kmくらいで行ける場所でした。

あの時の住職と奥さんはまだ居るだろうか?

もう一度自転車で行ってみたくなりました。

まさかこの年で野宿と云うわけには行かないので、どこかに一泊して2日コースなんて言うのもいい。

車で行けば直ぐだけど、それじゃ駄目だね。自分の心が許さない。

今年が無理なら退職した来年にでも行ってみたい。

これで楽しみの目標がまた一つ増えました。 良かったぁ!

ーー

今更、地図で走ったと思われるルートを確認すると、

一日目は120km、二日目は85km、三日目は100kmくらいだったと思われる。

高校1年生で、しかも45年前の当時は5段変速の重い車体のクロモリフレームの自転車で、未舗装など道路事情もあまり良くなかった(特に茨城県内)あの時代に3日で約300km走ったなんて、今に思えば凄い旅だったと言わざるを得ない。

でも、その半年後の春休みに銚子までの片道約170km22時間のサイクリングしてますから、まあ物好きな奴だった訳です。

この銚子までのサイクリングを今の道路環境や自転車の進歩を加味して現代に置き換えれば、300kmに匹敵する連続で走るブルベに近いサイクリングだったかも知れません。

コメント

garminケイデンスセンサーバンドが無いー2

2018-08-26 21:33:02 | サイクリング

先日のブログの「garminケイデンスセンサーバンドが無い」の続編。

やっと注文した品物が届きました。

何で、こんなに届くのが遅かったかというと、楽天のあるショップに在庫有りとの表示で注文し、自動送信の受領メールが来たのを確認して安心していたら、2日経っても来ないのでメール確認すると、「在庫切れでメーカも欠品してるのでどうしますか」

 なんてメールが注文確定の翌日届いていた。

楽天やyahooのショップでは過去にもこの様なことは何度かあって、気にはしていたけど何時も思うのだが確信犯的に欠品なのに表示をしないで居るのでは無いかと考えてしまう。

欠品している事で同時買いしたい他の商品まで注文が来ない可能性を無くしたいと思っての非表示のようにも感じます。

今回も、ケイデンスセンサーバンドとスピードセンサーフォルダーの両方が欲しかったけど、Amazon以外だと送料がその価格の半分くらい占めるので、2つ同時に買えるショップを捜して送料を節約しないと高くて仕方ない。

Amazonでは残り1点とかで他の方と競合しなければ欠品商品は正しく表示されているし、仮に注文しても確定時点で分かるし、そう言った事は殆ど無いので過去に1回くらいしか欠品となった事ないし安心です。

そもそもpremiere会員だと送料無料ですから・・・

そんなところもあってAmazonの販売額が上行くんじゃ無いでしょうか。

表示がいい加減だと騙すつもりは無かったとしても、ユーザーは騙された気分になります。

それに、楽天等のショップに行くとバカみたいにHP内を盛りすぎて、自分の目的の商品が何処にあるのか分かんないし、うるさすぎる。

私は目的以外の物を衝動買いしないので、不要な広告は本当に煩わしくて、買いたいものも買いたくなくなる心境です。

そんなこんなで5日間も掛かって商品が来ることになってしまった。

ましてや現品限りの様に何処のショップも品薄状態の物だと時間勝負だったりするのでそれが原因で買えなくなったら腹立ってそのショップでは二度と買わない。

 ネット上の情報は誠実であって欲しい。

そもそも楽天やYahooの場合だと、販売元のショップはそれらのサイトを利用して客を自分のHPに誘導するだけで、楽天やYahooは何もせず、在庫管理はショップ任せの様に思います。

AmazonはAmazonが直接販売元の代理をして在庫管理から発送までするので(ショップ販売の物もありますが、どこが出荷するか明記されている)、Amazon一括管理となるので在庫情報が正確なのだと思う。

楽天やYahooは改善の余地があると思います。

コメント

garminケイデンスセンサーバンドが無い

2018-08-21 23:11:24 | サイクリング

つい先日のブログに書いたgarminのケイデンスセンサーをクランクアームに固定するゴムバンドが切れかかっていた件。

日曜日に「HT&B」に行って、注文しようとしたら・・・

garminのカタログに載ってない。

ネットで見たら殆ど販売されていないんですね。

急いで販売しているショップで注文できましたが、私の注文で終わりだったみたいで、今は売り切れになっています。

Amazonでは既に売り切れ表示でしたし、よく見たらスピードセンサの取り付け用フォルダも無いみたいです。

スピードセンサの取り付け用フォルダも結構ゴムが劣化してきているので、Amazon以外で売っているショップで注文しました。

しかし、何故こんな消耗品の部品が品切れなんでしょう?

そもそも、カタログにも載って無いというのがおかしい。

Gaminは、ゴムが劣化したら新しいセンサを買えとでも云いたいのだろうか?

ケイデンスセンサーバンドについては、Oリング2本で代替可能と思うし、これまでもゴム劣化を考え念のため結束バンドでも固定していたのでどうにでもなりますが、スピードセンサーフォルダーはちょっと代替品は難しいのでこれはヤバイです。

こちらも結束バンドを上から掛けているので切れてもぶっ飛んで無くなる事は無いと思いますが心配です。

このところ、故障続きです。

6月のガス耕運機の故障に始まり、サイクルライトが壊れ、ケイデンスセンサーが電波飛ばなくなったり、バンドが購入できなくなったり。

しかし、どれも無料修理だったり、新品交換だったり、自分で直せたり、超ギリで購入できたり・・・

際どいところを行っている今日この頃です。

そしたら、昨日以前に絶賛したバイブレータ草取り機が使用3回目で壊れてしまい、昨日着払いで無料修理に出しました。

これだけ故障が続くとは、厄年?

そうだ、今年は前厄ってやつでした。 

年初めに日光で厄払いはしたので、際どいところで止まっているのかな?

気をつけないとね。

コメント

3日目のサイクリング

2018-08-19 21:29:22 | サイクリング

こう涼しくちゃ走りたくなりますよね。

孫の誕生会は午後からだと云うし、写真館に写真撮りに行くらしいので、結局朝一番で軽く走って来ました。

2日前がジャスト70km、昨日が57km、今日は50kmでした。

でも、距離だけじゃ大変さは分かりません。

昨日の57kmは2日前より消費カロリー数は少ないですが、4kmの激坂ヒルクライムが入っているので、辛さではダントツ一位です。

今日は、用事があるので一番短い距離です。

2日前のコース(69.62km獲得標高473mカロリー1,661Kcal)

昨日のコース(56.7Km獲得標高757mカロリー1,235Kcal)

今日のコース(49.6km獲得標高525m874Kcal)

今年はこの手のブログには消費カロリーを載せてます。

これは何かと云うと、9月に人間ドックがあるので、メタボ予備軍から脱したいための準備です。

この調子じゃ、今年も無理だわね。

でも、一度もメタボにはなった事はありませんよ。あくまで予備軍。

胴回りの85cmを下回れないだけで、他の異常はありません。

昨年もあと1cmだったんですけどね。

---

では、今日のおさらい。

鴫内(しぎうち)にあるお地蔵様でちょっと休憩。

広々とした敷地に六体のお地蔵様が居て、何時来ても赤い前掛けは新しい気がします。

地元の方が大切にしているのでしょう。

今日は、山岳コースは行かずに北に向かい、昨日に引き続き百村(もむら)の標高564mにある光徳寺の山門のお坊さんに会いに行きました。

今日も、昨日同様に頭に毛が生えてました。

参道には立派な杉の木が生えています。

この付近の沿道には地元の方が植えている花々が毎年沢山咲いていてきれいです。

ここからは、那須山からのスロープがきれいに見えます。

写真中央付近には那須ハイランドパークの観覧車が見えます。

山の中腹に見える白い建物付近が今年もブログした標高880mの那須と板室を結ぶ道路の峠付近です。

ここから那須山に向かっていくと、板室街道に出て板室温泉に向かって進みます。

2つ目の谷に下りたところが板室温泉です。

「板室健康のゆグリーングリーン」の脇の那珂川の清流では、家族で水遊びを楽しんでいます。

ここは谷間ですから、この先また登り坂になります。

その途中には「篭岩神社」(鳥居の字は「籠岩」ですね)が道路の直ぐ脇にあって、巨大な岩が鳥居の奥に見えますし、左上にもかなり大きな岩が見えます。

車で走ってたら気が付かないだろうし、気が付いても止まってまで見ていく人は居ないでしょうね。

花もそうですが、何気ない地元の風景に出会うのは自転車ならではの楽しみ方の一つです。

この先、標高594mの那須に向かう分岐の交差点で右折で、谷底にある那須フィッシュランドまで下がって、また登って板室街道に出ます。

後は家まで20kmくらいの広い道をひたすら平均時速35km~50kmで全力で走って30分程度で家に着きます。

ここで、カローリー消費しないとね。

心拍数も180台に達して急坂登る時よりも高くなります。

---

わたしは、ガーミンのサイコンを使っていますが、いつも表示される消費カロリーが単純に走ったキロ数だけで計算されているのではないかとの疑念を持っていました。

でも、前述の3つのデータで比較すると、1キロあたりのカロリー数を求めると、

2日前=23.8Kcal/km

昨日 =21.8Kcal/km

今日 =17.6Kcal/km

やっぱり、何かの条件を考慮した消費カロリーになっているのだと思います。

まあ、今日も孫娘の誕生会でそれ以上にカロリー取得したことは間違えない。

あ~ぁ。虚しい。

コメント

2日連続のライド

2018-08-18 22:58:40 | サイクリング

昨日は山だけ雨が降っていたので坂道らしい坂道を走れなかったので、今日も走って来ました。2日連続で走るのはかなり久々です。

昨日からトラブル続きで怖い感じがします。大丈夫だろうか?

昨日、那須の広谷地交差点を渡って間もなくチエンが切れ、持っていたミッシングリンクで繋げて走って行くと、山で降っている雨が強風で飛ばされ雨粒が結構落ちて来るし、いつの間にかケイデンスセンサーが無応答となっていた。

こんだけ続けばなんかやばそうと思わない方がおかしい。

昨日の帰りは慎重にも慎重を心がけて帰りました。

昨日はぴったり70km無事走って帰って来ました。

なので今日は、逆方向に行くことに。

朝確認してもケイデンスセンサーは相変わらず反応しないので、電池切れかと思い近くのコンビにに寄ってCR2032を買って電池を交換してみましたが、やっぱり反応しません。

この時、センサーを固定するゴムが切れ掛かっていることに気が付きました。

センサー異常はこれを知らせてくれるためのものだったのか?

修理に出そうと思いましたが、家に帰って構造を調べて電池の電流の流れる経路を確認したところ、電池の蓋の部分と本体との接触金具がもしかすると上手く接触していないのでは?

少しピンセットで接点部に圧力が掛かるように調整してみると、想像どおり直りました。

何時もの、原因が分かれば直せるの私語録の証明がまた出来ました。

常に路面の振動がかかっているので、接点部の金属もゆるくなってしまうのだと思います。

さて、今日走った内容です。

先ずは、那須野が原公園の展望台からの眺めです。(展望台に登ってはいません)

そこから、先日ブログした高原山ライドの時に偶然通った道を再び。

昨日、今日は何も無くとも超涼しいので、あまり気温の恩恵は感じませんが、気分はとてもいいです。

すがすがしい!

そこから別荘地を抜けて行きました。

そこで、イングリッシュガーデンのような凄く素敵な庭を発見。

いろんな植物が同居しながら調和した素敵な庭に人目惚れ。写真を撮らせてもらいました。

その先、横断道路に出て、鴫内に向かいました。

そうですね。 何時ものトレーニングコースです。

麓の標高500mから一気に標高830mの330m登る結構きつい坂道です。

その峠に到着。

ところが、これからが大変でした。

汗だくになって上り詰めたと云うことは、次は下りです。

下界だって涼しいのに830mの地は何もしないと寒いです。

しかも、汗だく状態のところへ、下りの風を切ってのせいぜいいいところブレーキ掛けるための腕の筋肉使うくらいなので、超サムッ!

途中の清水の湧き出るところで休憩。

ここで、昨日に引き続いて新しく買ったボトルの性能・・・

先程の峠までの坂道で水は全部平らげてしまいましたが、そこまで3時間で、まだ氷が残っていました。

下界に降りて来ると、やっぱし上よりは暖かい。

何時ものお寺の坊さんにご挨拶。

あれ? 頭に毛が生えている・・・

ここからは、緩い下りが続きます。

開放感たっぷりの景色を見ながらの走行。

途中、トラの尾が満開の場所を見つけました。家のはまだ咲いていません。

赤いサルビアと青い空。 いいねェ。

流石に、山登ったらはらへった!

昨日はNOVIROの美味しいパスタを食べたので、以前から気になっていたとんかつやさんに寄ってみる事にした。

ヒレカツどんをご注文。

お店の中は広々してます。

うわー! 大きなお肉が3つも! 厚いし!

旨かった! 完食! ごちそうさまでした。

その近くのバラを売ってる大きな園芸店に寄ってみました。

以前にここで買った、わたしのお気に入りだった「コーでリア」と云う品種のバラが、弱ってとうとう無くなってしまいました。

同じもの無いか聞きましたが、同品種のものはありませんでした。

でも、そっくりな花の写真の付いたバラを見つけました。

近いうちに買いに来よう。

今夜は、4歳の孫が明日の誕生会をするのに家にお泊りに来て、「ジイジと一緒にお風呂入りたい」と云い出だし、生まれて間もない時にお風呂に入れてから4年ぶりに一緒にお風呂に入りました。

孫娘も、とても楽しかった様です。

今日も、良い1日でした。

コメント

Camelbak(キャメルバック)保冷力4倍のボトルの検証とフラワーワールド

2018-08-17 22:18:56 | サイクリング

今日は、急に秋のような天気になってしまいましたが、試験走行して来ました。

ボトルの口まで氷を満タンに入れ、スポーツドリンク用の粉を入れ、隙間を埋めるために水を注いで完了。

8:30に家を出て那須フラワーワールドに向かいました。

途中、何度かボトルの水を飲みましたが、ずっと冷たいし、振ると氷がカラカラ音を立てていました。

10:00ごろ那須フラワーワールドに到着。

この時点でまだボトルの中には氷が残っていました。

園内に入って色とりどりのケイトウの花に魅了され、11:30まで散策していました。

この時点で丁度家を出てから3時間。

飲むと、水はまだ冷たいですが、氷の音がしないので蓋を開けてみると水は半分を下回る程度残っていましたが、氷は全部融けていました。

それから走り出して水を飲みましたが、12:00頃までは水の冷たさはキープされていました。

と、言うか冷たさを感じなくなる前に、ボトル内の水は無くなりました。

4時間くらいは冷たい水を飲めたことになります。

折角なので、お花畑の写真をお見せします。

そう云えば、今日入場料を払う時に「自転車で来られたんですか?」と聞くので答えたら自転車でここまで来られた方は2割引だと云って値引きしてくれました。

今年からだそうです。

先ずは、お決まりの自転車のある風景。

今日はこのお花畑を撮るのに久々に一眼を持って来ました。

リュックに入れて背負って行こうかと思った時に、そうだ!あのバックがあったんだ!

と云うことで、買ってから初めてサドルバック「Bike'n Hike Bag」を実際の自転車に付けて使いました。

袋の開け閉めも簡単ですし、カメラしか入れていないので、口をたたんでいくと、かなりコンパクトになります。

念のため、底の部分にはタオルを1枚入れてクッションにしています。

今回話題のボトルも写っていますが、ご覧のように結構長いです。

さて、次は那須連山をバックの写真。

見て分かると思いますが、山の上には冬型の気圧配置で出来る雪雲のようなものがあって、山は雨が降っています。

強風が吹いていたため、その雨がこの付近まで飛んできて空は青空なのに時折顔に雨粒が当たります。

そんな訳で、本当は那須の山を走るつもりでしたが、断念しました。

でも、このフラワーワールド付近でも標高580mくらいあります。

帰る途中、CafeNOVIROで昼食にしました。

今日は、久々のパスタでしたが、ボロネーゼでした。

このお肉のソースがたまらなく美味しいです。

丁度、パスタが出来上がる頃、一人の男性がお店に入って来ました。

1年振りくらいに再会した3年位前まで新幹線通勤で一緒だった方です。

会社も違いますし、どこに住んでるのかも知りませんが、毎日那須塩原駅で降りる際にデッキで見かけていましたが、このCafeで偶然会ってからお話しをするようになりました。

未だに、名前も知りませんがここで会うと、お話しをします。

山登りが好きだと云うことだけは知っています。

NOVIROを後にして、青木の道の駅に。

今年もひまわりが咲いています。

ちょっと、お疲れモードのひまわりもありますが、これから咲く苗も沢山あるので、まだ楽しめそうです。

林の中に入ると、広葉樹の葉っぱからこぼれる日差しがとてもキレイです。

家に帰って来てふと気が付くと、腕の筋肉が痛い。

自転車乗って、腕の筋肉痛くなった事など無いのにな?

シャワー浴びながら考えていたら、昨晩駅前広場で盆踊りがあり、現地で孫たちと待ち合わせしていたのですが、おんぶにだっこと、すっかりジイジ職をやったもんだから筋肉痛になったみたいです。

4歳でも結構体重ありますからね。

コメント

サイクル用保冷ボトル入手(CAMELBAK)

2018-08-15 10:45:55 | サイクリング

本当に今年は暑いですよね。

先週も普通のボトルに氷を入れて走ってきたら、30分後にはただの水になっていました。

実は先週土曜日に妻と買い物の帰りに何時もの「HT&B」と云うトライアスロンやバイクのお店に行って保冷効果のあるボトルを見に行きました。

いろんな種類のボトルを見ましたが、これ!と云うものが1点あり値段を見たらとても妻の前で買えませんでした。

翌日、日曜日にサイクリングに行った途中、お店に寄って買おうとしたら・・・・

あれ? 無い!

お店の方に聞いたら、この日トライアスロンの大会が有って、テント販売するのに社長が全部持って行ってしまったという。

がっかりして、ネット注文しようかと思いましたが、この手のものは現物見てなんぼの所もあるので、じっと我慢で昨日親戚回りが終わってから電話をしてモノが有ることを確認した上で再度買いに行きました。

昨日は平日だったので社長が居たので先週の話をしていたら、値引きしてくれました。

ありがとうございます。

でも、家に帰って来てボトルを妻に見せて、「これ、凄く保冷力があるんだよ・・・」と云うと「値段が値段だから当然でしょう」

えー!妻は、先週の時に値札を見ていたみたいです。 バレてました。

でも、命を守るためのモノですからぁ~

で、それがこれ!

Camelbak(キャメルバック)と云うメーカーの保冷力4倍のボトル。

このボトル。ただ保冷力が凄いだけじゃ無いんです。

1.栓の開け閉め不要

普通のボトルだと、水が一杯入った状態で飲み口の栓を閉めておかないと、自転車の振動で水が飛び出て来ます。

それが、このボトルは栓を閉めなくとも逆さにしても水は出ず、ボトルの両脇を押したり、口で吸ったりしなければ出てきません。

それに、いちいち栓を歯で引っ張たり、押したりする必要も無いんです。

水が入ったままバックに入れたりしたときに万が一のため「ロック機能」も付いていて、青い部分が黒い表示に重なるように回すとロックされて水は出ません。

2.水が勢い良く出せる

プラスチックボトルだと、ボトルの両脇を押すのに力が必要だったりしますし、その割には飲み口の構造上、水の出があまり良くありません。

でも、このボトルの飲み口の栓は医療用のシリコンが使用され、十字に切ってあるだけなので水が出る時には穴が大きくなるので一度に沢山の水が出せます。

それと、ボトル本体もある程度柔らかいので、手で強く押せて出る水の量を増やせます。

走っていて水を飲む時は、あまり時間を掛けたく無いのでとても良いです。

3.ボトルの素材が匂わない。

ボトル自体がプラスチック臭いものもあり、水が匂ってしまうモノもありますが、このボトルはボトル内の匂いを嗅いでも全く匂いません。

匂いが水に移るモノって、何かの成分が水に溶け込んでいると考えるとちょっと使いたくないですね。

アメリカや欧州での食品の安全に対する認証も受けている様です。

4.真髄の保冷力は普通のボトルの4倍

普通の何も保冷に関して施しのないボトルの4倍の保冷力だそうで、普通の保冷ボトルに比べても2倍の保冷力らしいです。

内容量は620ml入ります。

 今日も残りの親戚回りで、妻の運転でお出掛け中なので、また近いうちに実際の使用結果をブログします。

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル ポディウム アイス 21OZ 0.62L スノウ 18892099
クリエーター情報なし
CAMELBAK(キャメルバック)
コメント

LezyneLEDライト 800XL故障-2

2018-08-14 20:36:28 | サイクリング

つい先日ブログしたLezyneLEDライト 800XLの故障の件、2日前に購入店の指示どおりに着払いで故障品を送りました。

ところが、今日郵便局が小箱を持ってきたので、ナンだろう??

開けてびっくりたまて箱。

中1日おいて、もう「LezyneLEDライト 800XL」が直って来た。

エプソンのプリンターの修理以来の驚きの速さにびっくり。

でも・・・・・

何か違う。

鉄の斧が・・・金の斧になってた。

袋から出してみると、新品が。

それだけでは無い! 後継の「LezyneLEDライト 1100XL」が中に入っていました。

確か、私が800XLを買ってから半年くらいして発売されたもので、照度が更にアップしたモデルです。

幾つか改善された点もあるようで、800XLのスイッチは凄く固かったけど、1100XLはかなり楽に押せるようになりました。

それと、裏面の充電用のUSB口のゴム蓋も柔らかくなって開け閉めが容易になり、800XLと違って写真のとおりゴムの部分がねじ止めになっていて、もしかするとゴムが劣化した際に補修用部品を買えば自分で交換可能なのかも知れません。(未確認)

実売価格的にも800XLよりも高いものです。

またお盆明けから走る予定でしたが、安全走行が出来そうです。

神奈川トヨタぎがうぇぶさん。ありがとうございました。

LEZYNE(レザイン) 最大1100ルーメンのハイパフォーマンスモデル Y11 MACRO DRIVE 1100XL BLACK 【日本正規品 /2年間保証】 ブラック
クリエーター情報なし
レザイン(LEZYNE)
コメント

LezyneLEDライト 800XL故障

2018-08-07 19:02:37 | サイクリング

昨年の1月に購入したサイクルライト「Lezyne 800XL」。

サイクリングに行く時には常に自転車に取り付けて使っています。

昼間でも、車のドライバーに認識をしてもらうための点滅での使用や、突然のトンネルでも800ルーメンの光は目が暗さに慣れていなくても十分に先の路面状況を照らし出してくれるとてもありがたいアイテムです。

それに、デザインも気に入ってるし、ゴムバンドでハンドルに装着するので、本体を外した時に装着のための器具類がハンドルに残らないので本当に不要な時にはハンドルもすっきりします。

それに、バッテーリーも長時間持つので一日使っても切れる事はありませんでした。

そんな手放せないアイテムなのに、日曜日の午前にサイクリングに出掛けようとして、スイッチ押したが・・・?

普通ならスイッチ押すとスイッチの部分が緑に点灯するのですが、全く光らず勿論ライトも点きません。

充電は完了していた筈なんだが???

仕方なく、再度充電したらスイッチ部が充電中を知らせる緑の点滅になった。

全く逝かれた訳ではなさそうだが、そのまま充電にしてサイクリングに出かけました。

帰って来てみると、緑の点滅のままになっていて変化は無かった。

昨日、これを購入した「神奈川トヨタぎがうぇぶ」に電話してみました。

すると、無料で修理してくれるとの事。

着払い伝票で送って欲しいという。

購入して1年半になるのに「無料」?

もしかして、特別な計らいを戴いたのか? 超ラッキー!!

家に帰ってきてから、購入した時の資料やらマニュアルを調べてみると、実はこのライトは「2年保障」だった様です。

まあ、脅したり揺すったりした訳でもなく、すんなり「無料で修理します」と言われたので何か有るなとは思っていましたが、購入メーカーの選択と販売店選択が良かったとも云えます。

「修理して貰えなかったらまた大出費になるなぁ」と心配していたのでとても嬉しくなりました。 よかった~!

今週末にも送付しようと思います。

神奈川トヨタぎがうぇぶさん。よろしくお願いします。

でも、当時8000円台で買ったのに、現在では18000円もします。

外観、型番同じでも何か仕様変更でもあったのでしょうか?

最近のは収納ケースと取り付け器具みたいのも付いてるみたいですが、私が買った時にはそんなものはありませんでしたョ。

仮に収納ケースやゴムバンド以外の取り付け器具等が付いたから高くなったんだとしたら、不要な物に金を払うことになりそうですね。

コメント

心拍センサーバンドの「汗臭い」を解消

2018-08-02 19:19:41 | サイクリング

「BiCYCLE CLUB」を定期購読していますが、今回の9月号を読んでいて気になる記事が・・・

164ページ目の「燃えよ!疋田智の自転車オヤジ」の頁で、「汗をかくと必ず即クサくなる「特定クサシャツ問題」を一掃する術!」と云う記事がありました。

私も、汗臭さについては、自分の汗が「臭く無い」ことには自信がありました。

事実、家族からも汗臭いと云われたことはありません。

ところが、心拍センサーの胸バンドだけ、なぜか汗臭いような嫌な匂いがするようになりました。

漂白剤に浸けても、洗剤で何度洗って濯いでも全くその匂いは消えずに、サイクリングで胸に装着して走って汗をかくと更に酷い匂いになり、走りながら自分で「くせー!」と発する事もありました。

その匂いは、ゴムバンド部ではなく、心電を拾うための伝導性の電極付近から発せられているのは分かっていました。

下の写真の格子になっている部分。

その板ゴムの様な材質の特有の匂いなのかとも考えていて、3年目で古くなったので仕方ないのかとも思っていた。

ところが、この記事を読んで、もしかして・・・・・同じこと?

早速、実験してみました。

温度は測っていませんが、少し水を入れた容器に熱湯を入れて恐らく60~70度になったお湯にベルトを浸して5分置いてみた。

 

 取り出してみると・・・・

おーッ! 匂いがかなり少なくなってる。

 

その後、洗剤付けて洗ったら、臭くない!匂わないぞ!

 

諦めて、ベルトを買い換えようと思っていた矢先のこの出来事にびっくり。

昨年、走って汗を吸収したベルトを忘れて洗わずにおいた記憶があり、それが原因で匂い菌が繁殖した可能性が高い。

特段、汗臭い人でなくともこのような事態で、臭くなる可能性は高いらしい。

一度、菌が繁殖するとその菌が自分の周囲に膜を張って防御するので、洗剤などで洗っても効果は期待出来ないらしい。

それが、50度以上のお湯に浸すとその膜が溶けて、その状態で洗剤で洗うと匂わなくなるそうだ。

柔軟剤の保湿成分が菌を繁殖させる原因かもと書いてあったが、私の場合柔軟剤の匂いが大嫌いなので妻にも固くお断りしているのでそれが原因ではなく、単に洗わなかった事が原因だと思う。

これからは、必ずベルトも毎回洗うようにしよう。

 

さて、良く考えると、この事って別に心拍センサーのベルトに限らず、他の物にも応用できそうです。

皆さんも、衣服など汗臭い匂いが消えない時には50度以上の熱いお湯に浸してから洗ってみてください。

臭くなくなるかもョ。

でも、最近思うんですが、柔軟剤の強烈な人口臭で誤魔化そうとしている人って多いですよね。あの臭いのどこが良いんでしょうか?

余程鼻の機能が衰えている人達だと思います。

街中走っていても洗濯物から漂うみーんな同じ強烈な臭い。同じ銘柄の柔軟剤なのでしょう。

自分の周囲1m程度の範囲で影響を及ぼして居るならまだしも、20m離れていても風に乗って「臭い」人口臭が臭うなんて、普通じゃありません。

汗臭い方が余程自然な匂いで許せます。

柔軟剤を大量に使っているあなた、本当に「臭い」を消したいなら柔軟剤の人口臭に頼らず原因を排除する50度以上のお湯に浸す事をして柔軟剤は程々にしたほうが良いと思います。

まるで、対処療法で原因を潰さず表面だけの対処で金儲けする西洋医学みたいです。

そりゃ原因を無くさないんだから永遠に売れるわけです。

得をするのは薬を大量に売るメーカーばかり。

 

かなり脱線しましたが、詳しくは、「BiCYCLE CLUB」9月号をご覧ください。

本の付録に興味が無い方は、電子版がかなりお徳かと思います。

BiCYCLE CLUB(バイシクルクラブ) 2018年 9月号(特別付録:ルコックスポルティフ×バイシクルクラブコラボバンダナ)
クリエーター情報なし
エイ出版社
コメント

Myトレーニングコース

2018-07-16 16:26:18 | サイクリング

暑い日が続きますね。

金曜日に行った標高約1300mの山は涼しかったです。

昨日は朝6時に起きてMyトレーニングコースを走って来ました。

食事をしてから行ったので、結局家を出たのは7:30を過ぎていました。

外に出たら・・・

この時刻で既に暑い。

でも、このトレーニングコースの最高地点は標高800mあるので、そこそこ涼しいか?と期待して行きました。

山に近づくと、上の方が何やら煙っていて湿っぽい感じ。

下界の暑い湿った空気が山の斜面を駆け上って水蒸気になっているような感じ。

どこまで、登っても暑さが抜けない。

そもそも、自転車漕いでいるので涼しい訳ないか。

車で来れば、きっと涼しさが分かったかも知れません。

頂上には何時もの2つ合体で「熊の出入り口の為、駐車禁止」と読める看板があります。

少しは背筋がゾクッとして涼しくなったかも・・・

森林公園の看板も草が伸びて見えなくなりそうです。

休む間もなく下って行きました。

ここで、初めて800mの涼しさ実感。

下りは流石にペダル漕がないので体も熱くなりませんし、下降時間も早いですから、下界に近づくほど気温が上昇するのが如実に体感できます。

今日は来た道をそのまま帰りました。

実は、マツさんがバーベキューやろうと云うことで、10:30に迎えに来てくれることになっていたので、少なくとも10時には家に戻りたかったのです。

しかし、この日のヒルクライムタイムは28分でした。

昨年の最速タイムが23分でしたから5分も遅い事になります。

昨年は15回くらい走りましたが、今年はこれで2回目。

トレーニングの頻度が落ちてますし、体重も昨年より5kgも重いのでコリャ駄目だ。

もう少し、頑張らねば・・・・

そう云う傍から、バーベキューでお肉たらふく食べました。

今日のデータ

距離:40km

獲得標高:628m

最高標高:837m

カロリー:960Kcal

コメント

高原山八方ヶ原大間々台ヒルクライム

2018-07-13 21:20:18 | サイクリング

今日は金曜日、でもヒルクライムに行く。

平日は空いていていいね。

昨年に引き続き「高原山八方ヶ原大間々台」に向けヒルクライムをしました。

流石に標高1280mは涼しかった。

まず、自宅を出て那須野が原公園に向かいました。

朝RUNは涼しくて良いですね。こんな風景見ながらよりいっそう涼しく。

その先、公園を抜けると昨年アオコの木道で転んだところの脇の道を過ぎ、千本松牧場へ。

この先、国道400号を行こうとしましたが、その先にある工場へ向かう車だと思うのですが、道路が渋滞していて危ないので違う道を。

初めて通る道ですが、方向的には裏道に出れるはず。

牧場脇のかなり涼しい道を進みます。

で、いよいよ塩原渓谷へ。

凄いでしょこの谷底。落ちたらおしまい。

ガードレール無かったら怖くて足がすくむと思う。

その後トンネル脇の旧道に入って滝を2つ見ました。

先日の雨でもっと水量があるかと思ったけど何時もの滝だった。

岩肌がきれいな場所でこれから始まる山岳コースに備えて休憩。

温泉病院の先を左折して、いよいよヒルクライムです。

ガードレールが何本も見える九十九折の坂ですが、この辺はまだ序の口で、1000m付近はかなりの急坂が待っています。

今日は、スピードはあまり気にしないことにしています。

少し行くと、有名な「小太郎ヶ淵」と云う看板が見えました。

砂利道だし、結構急な下り坂を下りるので、車でも行ったことが無かったのですが勇気を出して行って見ることに。

この直ぐ脇に川が流れています。

どこか、奥入瀬渓谷を思わせる風景に、来て良かったと思いました。

川の脇には茶屋があって、食べ物を売っているようです。

ゴザの掛かった大きな椅子が幾つも用意されていてお茶をしながら清流を眺められるという訳です。

涼しいし、夏は最高ですね。

ところで、砂利道の坂道を戻らなければならないのかと思いきや、上流の石橋を渡っていくと、舗装道路になっているでは無いですか。

コースに戻れるみたいです。

結構先まで登って行ってやっとコースに戻れました。こちらの道は全工程舗装でした。

合流して直ぐに、丁度一発目の急坂の手前でした。

ずっと、細い急坂を登り詰めて標高がジャスト1000mになると、一旦谷に向かって標高100mくらい降ります。

折角苦労して登ったのに、すっごく損した気分になります。

その先、登りかけた場所に岩清水があります。

予備は持ってますが、ボトルも殆ど空なので満杯にして水もずいぶん飲みました。

それと、腕と足のカバー部を水で濡らして・・・・

ヒエーっ 冷めたーっ !

最高にクールダウンしました。

その先にはループ橋のような急坂の登りが待っています。

この先も坂が続き、一旦谷底に下りて標高が下がった分を再度取り戻して1000mに復帰すると、「山の駅」と云うお食事どころがありますが、腹膨れて重くなって大変なので、先に大間々台まで行くことにします。

ここの森の中を進む坂がまた辛く感じます。

でも、頂上に近づくと一気に視界が開けます。

ここまで来れば、頂上はもう少し。

展望台からの眺めです。

はい。ここまで登った証に記念撮影。

展望台の下で涼んでいた方が、自分もヒルクライムやるんですよと声を掛けてきて、暫くヒルクライム談義になり、20分くらい話をしていました。

でも、気温は分からないけど標高1280mはやっぱ涼しい。

先ほど話題にした1000m付近にある「山の駅」に行きました。

今日は、流石に平日とあってチャリダーは私一人でした。

で、なにを食べよう。

牛丼も捨てがたいが、ラーメンが食べたくなった。

塩分補給にもなるしね。

旨かった!

少し休憩して下界に下りていった。

暑い! むしむしして、いくら風を切って走っても暑い!

標高800mくらい短時間で一気に降りて来たので、その差歴然。

矢板の道の駅で少し休んで暑さに慣れよう。

よく冷えた缶コーヒー。

やっと、暑さが気にならなくなった。

さあ、帰ろう。

家に着いたら、やっぱビールでしょう。

体温を下げるキューリにサバの缶詰でキューー!

あー旨かった。

今日のデータです。

距離:87.3km

獲得標高:1599m

最高標高:1280m

カロリー:2433Kcal

 

コメント

那須高原ロングライド2018 ボランティア

2018-07-08 21:11:26 | サイクリング

今日は「那須高原ロングライド」開催の日。

天気が危ぶまれましたが、なんとか回復基調でお蔭様で顔も真っ赤っかです。

自転車乗るときは、グローブはめるし手足はアームカバーにフットカバーつけて、頭はヘルメット、顔はサングラス、頬の部分だけ日焼け止め塗って殆ど日焼けしないのですが、ボランティア時は顔付近はそんな格好しないのでもろに日焼けです。

今朝は5時に田中小学校跡の駐車場誘導で現地集合なので、3:40に起きて支度をして出かけました。

昨日のオカリナコンサートの収録で、疲れた体には結構来ますね。しかも、風邪ひいてるし・・・

降水確率は50%とかになってましたが、日の出前の空を見る限り大丈夫そう。

5時を過ぎて間もなく一番最初の出場者の方の車が来ました。

早い人は早いんです。

で、9時までに203台の車を何とか誘導しました。

でも、前日の雨で校庭はグチョグチョで、止められない場所もあって、最初はこちらで良さそうな場所を見つけて誘導していましたが、流石に最後の頃にはそんな場所も無くなって、自己判断で良さそうだと思う場所に止めて戴きました。

なんとも、お心苦しい状況ではありますが、どうにもならず「申し訳ない」の一言にしかなりませんでした。

最後、私一人で9時過ぎまで待機し、この場所を離れて一旦メイン会場へ。

残り僅かになった未出発の方々のSTARTの風景です。

安全を祈って見送りました。

次に立硝場所に移動。

今年は昼飯も提供されないというので、伊王野の道の駅で昼食を自分で買ってからその近くの立硝場所に行きました。

ここは、4年前大量のコースオーバーラン者が続出した場所で、3年前最初に担当になった時はその件数「0件」に抑えました。

昨年はどうだったか分かりませんが、今年2回目の担当と云うことで気を引き締めて立硝にあたりました。

下りの先の直角カーブでしかも狭い道なので、家から箒を持って行ってカーブ付近の砂や砂利を避けました。

これが、結構自転車乗りには効くのよ!

 この場所は、全てのコースの方が通る場所ですから覚えてられる方も多いと思います。

今年は風邪ひいていてあまり声が出ないので「減速」の自作のプラカードをかざして安全走行を促しました。

その先は見晴らし良く、結構快適に走れる場所で気持ち良く走れたと思います。

しかし、今日は一人だけオーバーランした方が居ましたが、田んぼの一歩手前で止まったので、中まで突っ込んで泥だらけになった人は居なかったので良かったです。

タイヤのメカトラブルで、転倒された方もいましたが、大した傷ではなくて良かったです。

安全第一とは言っても、ちょっとした事で事故は起きてしまいますが、できるだけ起きないように予防することは出来ます。

出場者の方々には私たちの立硝のご協力ありがとうございます。

でも、私たちもそれで帰ってしまうわけではありません。多少はお楽しみがあります。

3:30くらいで最後の走者が過ぎると、メイン会場に行って自分も走ったかような気分だけ味わいにいきます。

会場に着くと、丁度那須ブラウゼンの選手の方々が集まっていたので、写真を撮らせて頂きました。

良い顔してますね。

 次に、昨年は居なかったと思う侍達にカメラを向けました。

 走り終えた参加者の方々は、抽選会会場に集まっていました。

豪華商品当たるぜきっと! 皆真剣な趣きで司会が云う当選番号を静かに聴いています。

そんな情景を横目に、私は昨年すっごく美味しかったローストビーフをGETすべく、長蛇の列に並んだ・・・・

ほら、これですよ。 食べた人、かなり居るでしょう。

 でも、なんと、かなしい・・・・

あと、5人くらいと云うところで、あろう事か! う・り・き・れ~!

がっかりして、帰路に着きました。

これで、お疲れビール飲みたかったのに~ ネ!

家の近くのスーパーで焼け買い。

900円もするこれを買った! 頑張ったご褒美だ!

「大とろ」だぜ! 3年に一度食えるかどうかの代物さ。

 

んなこと、ブツブツ云ってたら、妻があれよあれよと持ってきてくれて、こんなに豪華に。

でも、ニラのお浸しも、もろキューもシソの葉もぜーんぶ私が植えて育てたもの・・・・

たまにはそんな事もあるんだね。

シソの葉も畑から沢山採って来て、シソ巻きにして食べましたぁ~。

今日も、2000人以上の方に安全を祈って「お疲れ様」の声を掛けた。

分かってくれる人には伝わったと思っています。

また来年沢山の人に参加して戴きたいですね。

立硝ボランティアながら楽しかったよ~~。

(来年は走りたいなぁ)

コメント