JCP市原時夫です

千葉県房総の睦沢町から、政治・経済・歴史・オペラ・うたごえを考えるgabuku@m12.alpha-net.ne.jp

猿まわし復活

2008年11月10日 | Weblog
 最近「太郎が恋をする頃まで」栗原美和子著を読みました。ドキュメントですと、出演者に語らせることで、その意図を表現することが出来るのでしょうけれど、この小説は何を表現したいのか私には分かりませんでした。
 ただ「この小説を読んだ誰もが傷つかないということを、誰ひとりとして傷つけるはずがないということを。そうでなければ、私がこれを書いた意味がないのですから。」という箇所だけは、心に残っています。
 このモデルが、村崎太郎氏で、わたしが以前読んだ「猿回し復活」の著者村崎義正が父親です。
 氏は当時日本共産党山口県光市議会議員をやっておられたはずで、1980年にこの本を読みました。
 猿回し復活のはげしい挑戦にただただ驚くばかりでした。
コメント   この記事についてブログを書く
« ねこの写真が多いね | トップ | 恐ろしい、防衛大教科書、侵... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事