思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

オーラとは何か

2018-02-28 16:40:43 | 思想、哲学、宇宙論

オーラとは何か

人間の肉体や精神からは、さまざまなエネルギーが出ているといわれています。それをエネルギーフィールド別に分類すると、電磁波、光、電気、熱、音などがあります。オーラは光、音、電磁波に属しています。一般的には電磁波エネルギーのうち、微弱なものといわれています。オーラには周波数があり、その周波数が似ている人と交流すると、調和し合って親密な付き合いになりやすくなるといわれています。オーラの波長が似ているというばあい、肉体、感情、精神、そして霊的な部分で似ているため、意気投合しやすいといわれています。

また、オーラは「エーテル体」に属すといわれることもあります。人の身体から発せられるエネルギーは、7つの層に分かれています。その1番身体側の層がエーテル体で、次に感情体、メンタル体、アストラル体と続きます。オーラは、このエーテル体の層で確認できるエネルギーです。このような身体から発せられるエネルギーのひとつがオーラです。よくいわれるオーラ鑑定では、オーラの色や状態をみることになります。


オーラは変えることができる

オーラは、感情によってその色が変化します。数分たてば変わってしまうものなのです。よって、オーラの色を変えたいなら、気持ちを変えればよいということ。しかし「あの人はオーラがある」という場合、単に色のことを言っているわけではありません。オーラが際立っていることを指しています。つまり、これはオーラの強さや質の話です。オーラは、自分の意識や行動によって、その強さや質を高めることができます。では、オーラを強くしたり、質を高めたりするとどうなるのでしょうか?


オーラが強くなるとどうなるか

まず、オーラはものや場所に残るという事実を知っておかなければなりません。例えば、あなたの毎晩寝ているベッドや布団、枕などには、あなたのエネルギーがしっかり残っています。よく「枕が変わると眠れない」と言いますが、まさに自分の毎晩寝ている枕には、あなたのオーラが浸透しているのです。旅行先の枕がなんだかいつもの枕と比べてそっけなく、冷たい印象があるのは、オーラにも原因があると考えられます。それは場所に対しても同様です。

そして、オーラが強いと、それだけ、ものや場所、人に対して強い影響を残すことになります。人間にはエネルギーフィールドがあると紹介しましたが、まさにそのエネルギーフィールドがものや場所、他人に触れることで、相手は少なからず影響を受けます。意識や気持ちが同調させられることもあるのです。つまり、オーラが強ければ強いほど、ものや場所、他者に対して強い影響を及ぼし、自分の感情や考え方を同調させることが容易にできるようになります。



簡単なオーラ浄化のワーク

オーラを理想的な大きさに戻し、取り込んでしまった不要なエネルギーを浄化するための簡単なワークを、ぜひやってみましょう。



1.
まずは、落ち着いてグラウンディングする。



なんだか最近ぼんやり…そんな時はグラウンディングを行おう!意識やエネルギーを高く保つワークのやり方


2.
静かに目を閉じて、自分のオーラの大きさを感じてみる。
前後、左右、上下にどれくらいの大きさに広がっているか?

3.
イメージの中で、ちょうど片手を伸ばしたくらいの理想的な大きさにオーラを整える。

4.
オーラの上方から金色の美しい光が降り注ぎ、オーラを満たし、清めてくれているところをイメージする。

5.
スッキリした気分になるまで数分間続ける。



何となくイライラしたり、訳もなく悲しくなったり、ボーっとしたりするときには、オーラの中に他人の感情や異質なエネルギーを取り込んでしまっている場合があります。
このオーラ浄化を行えば、すっきりした気分になれるはずです。

気付いたときには頻繁に浄化していると、心身の快適さと健康を保ちやすくなります。



オーラを保護しておこう

異質なエネルギーをオーラの中に入れてしまわないように、オーラを保護するワークも重要です。
オーラを保護することにより、自分と周りの人達との間に、健全な境界線を作ることが出来ます。

このワークもとても簡単なもので、オーラの浄化をした後に、その周りを金色の光で包んであげるだけです。
不安が強い方は厚く包んでおくと安心ですが、一般的には5cmほどの厚さをイメージすれば良いでしょう。

さらに保護を強化したい場合には、その外側を紫色の保護膜で包みます。
紫色はエネルギーをより高い波動に変える働きがありますので、低い波動のエネルギーと接してしまっても、その影響を受けることがなくなります。



朝出掛ける前に保護膜をつけよう

これらの保護膜は、出来れば朝出かける前にオーラの外側につけるようにし、時々チェックして弱くなったように感じたら、再び付け直すようにすれば、自分のオーラ内に不要なエネルギーを取り入れてしまうことがグッと少なくなります。



コメント

“ヨーガ”における意識の変容について

2018-02-27 17:56:05 | 思想、哲学、宇宙論
http://sp-phenomena.in.coocan.jp/part3/p3chapter2/p3c2-09.htm



“ヨーガ”における意識の変容について

ヨーガは、人間の最高の幸福を「解脱」に置いています。「解脱」とは、苦しみが付きまとう輪廻のサイクルから脱け出し、絶対平安・絶対幸福の世界(“三昧”という理想世界)に至ることです。この世の苦しみから脱出した境地が「解脱」です。仏教ではこれを“涅槃(の境地)”と呼んでいます。ヨーガにしても仏教にしても、究極の目標を輪廻からの解脱に置いているのです。

ヨーガでは「解脱」に至るためのさまざまなプロセスを説いています。段階的な意識向上のプロセスを経て、最終的に“三昧の世界”に至り「解脱」するようになるとしています。三昧に至ると主観と客観が完全合一して主客両面がすべて消え去り、自己意識・自己感情・人格さえも消滅するとしています。この究極的な高次意識の境地は、ほんのわずかな瞬間しか続きませんが、通常の意識状態に戻った後も大きな影響を心に残し、人生に対する姿勢を変えることになると教えています。

地上の宗教の中で、ヨーガほど「意識変容現象」に重きを置いたものはありません。意識変容現象が最重要視され、ヨーガ思想の根幹を貫いています。密教系の宗教・神秘主義的な宗教は、いずれも意識の変容体験を重視していますが、密教系ヨーガ(*特にクンダリーニヨーガやハタヨーガ)ほど、それを理論化し実践化しているところはありません。

ヨーガでは、意識変容のプロセスを「チャクラの覚醒」という独自の概念を用いて説明しています。クンダリーニヨーガでは、尾骶骨のチャクラにある宇宙エネルギー(クンダリーニ)を覚醒させ、それを上昇させて他のチャクラを通過させ、頭頂部のチャクラに導くことを目標にします。クンダリーニの上昇にともない、順番にチャクラが開かれていきます。すべてのチャクラが開かれると(覚醒されると)、最終的に“三昧(サマーディ)”という究極の境地が展開し、超感覚的な体験をすることになると説いています。その超感覚的な体験とは、「意識変容現象」のことを意味しています。

このようにヨーガには、悟り(三昧)に至る精緻な理論があります。しかし、それが理論の真実性を証明するものではありません。ヨーガ理論の精緻さと合理性に多くの現代人が惹かれ、ヨーガの実習を通じて三昧の境地を目指そうとしていますが、ヨーガの理論には「霊的事実」とはかけ離れた点が多くあります。思弁的につくり出した思想・理論としての完成度は高いのですが、事実と一致しているわけではないのです。当時のインド人が正しい霊的知識・霊的情報を知らない中で、思弁的につくり出したものがヨーガの理論なのです。それは「霊的事実」に照らしてみると、すべてが空論とは言えないまでも、大きくかけ離れています。

ヨーガでは、クンダリーニの上昇とチャクラの覚醒によって“三昧”という高次の境地に至るとしています。その三昧の体験とは、「霊の心→脳」という霊的エネルギーの通路の物的障害が一時的に解き放たれて、瞬間的に大量の霊的エネルギーが“脳”に流れ込んだときの意識状態のことです。大量の霊的エネルギーが“脳”に流れ込むと、潜在化していた「霊的意識」が顕在化するようになります。そしてこれまで味わったことがないような意識の拡がり、宇宙との一体感を体験するようになります。神と一体化し、その中に溶け込むような“霊的エクスタシー・霊的歓喜”を味わうようになります。無限に拡がる自分自身の意識に驚き、その変化に感動するようになるのです。

頭部のチャクラの覚醒とは、「霊の心→脳」という霊的通路が一時的に拡大し、大量の霊的エネルギーが“脳”にもたらされることを意味しています。霊的エネルギーの通路が一時的に拡大することを「チャクラの覚醒」という言葉で表現したのです。すでに何度も述べてきましたが、霊の心から脳(霊体から肉体)に大量の霊的エネルギーが流入してくる状況を地上サイドから霊視すると、接点(チャクラ)から一斉に霊的エネルギーが吹き出してくるように見えます。これが「チャクラの覚醒」と言われてきた現象の真相なのです。

クンダリーニは“性エネルギー(性欲)”であるとも言われます。これを上昇させることによって三昧に至るとするヨーガの理論は、「性欲エネルギーをすべて精神エネルギーに転化する」ということを意味しています。言い換えればそれは、「完全な霊主肉従化」をなすということなのです。性欲エネルギーは、地上人の心を支配する最も強力な肉体的欲望です。それを完全に霊の心の支配下に置くということは、「完璧な霊的コントロールを達成する」ということを意味しているのです。




「意識変容現象」と霊性レベルの関係

ヨーガの理論に従うなら、「意識変容現象」という高次の意識世界は、霊的成長の最終点において発生する特別な現象ということになります。意識変容現象は、霊性の高さを示す指標ということになります。意識変容現象を“悟り”と同一視するなら、それは悟りを開くほどの高い霊性の持ち主だけが体験することができる特別な現象ということになります。従来の宗教では、意識変容現象(三昧・悟り・神秘体験・霊的エクスタシー体験)を最も高い霊性レベルの指標と考えてきました。

しかし結論を言えば、「意識変容現象」は必ずしも霊性の高さを示すものではありません。もちろん一定の霊性レベルに至っていなければ意識変容現象を体験することはできませんが、意識変容現象が最高の霊性レベルの証とは言えないのです。意識変容現象は、一定の霊性レベルに至った人間が霊主肉従の努力・霊的コントロールを心がけ、瞑想によって意識を深めたときに発生するものです。他の多くの心霊現象が必ずしも霊性の高さとは関係がなかったように、意識変容現象にも同じことが言えるのです。

これまで「意識変容現象」は、悟りや三昧・神との合一体験として捉えられてきたため、霊性が高い人間だけが持ち得る特別な体験であるとのイメージができ上がってしまいましたが、それは間違いです。

サイキック・レベルの「意識変容現象」の発生には、霊性よりも「霊能力」が決定的な要素となります。この点からすると、意識変容現象を体現したヨーガ行者や仏教徒の霊性が高いとは言えません。神秘体験や霊的エクスタシー体験をした修道者だからといって、必ずしも霊性が高いわけではないのです。意識変容現象を体験できない人の中にも、霊性の高い人は大勢います。霊性の高さは心霊現象によって判断されるものではなく、日常の利他的行為によって判断されるべきものです。心霊現象よりも「霊的成長」こそが人間にとって大切であって、それは日常の実際の行為を通して達成されていくものなのです。




「意識変容現象」の問題

ヨーガや密教宗教・神秘主義宗教によって、意識変容現象が理想化されることになりました。そしてニューエイジや精神世界の中で、多くの現代人が意識変容現象を目指すような風潮が生まれました。悟り・三昧・ニルバーナ・霊的エクスタシーを求めて瞑想に励むような人間が増えました。

ヨーガをはじめ密教宗教や神秘主義宗教では、どのようにしたら究極の境地に至ることができるようになるのかを説いています。独自の霊的修行法が示され、それが人々の願望・好奇心を刺激することになっています。多くの現代人が物質的な世界から霊的世界に意識を向けるようになったことは大きな進歩と言えますが、それに比例して重大な問題・深刻な問題が発生するようになっているのです。

一日も早く悟りを得たい、神秘体験をしたいといった願望が邪心を生み、霊的問題を引き起こすようになっています。その霊的問題とは“精神障害”と“低級霊の憑依”です。霊的修行にはエネルギーの集中が不可欠です。それが正しい方向性を持ってなされるときには問題はありませんが、邪心・野心といったエゴ的感情に支配された中で行われると、精神の異常・不調和を引き起こすことになってしまいます。間違った方向に向けての霊的エネルギーの集中が、大きな反動となって本人の心を蝕むことになるのです。

一方、一度でも「意識変容現象」を体験すると、その刺激が生涯忘れられなくなります。意識変容現象とは、それほどまでに大きな影響を当事者の心に残すものなのです。それがしばしば、日常の自分自身の心を嫌悪させるようになります。意識変容現象が霊界への正しい憧れ・希望を喚起することになるなら、それは本当に素晴らしい体験ということになりますが、現実の自分に対する“嫌悪感・絶望感”だけをふくらませるとするなら、素晴らしい体験とは言えなくなります。「早く次の意識変容現象を体験したい!」といった焦るような気持ちを持つとするなら、無益を超えて有害になってしまいます。

霊性が低い人間に、何かの拍子に「低次元の意識変容現象」が発生することがあります。こうした状況は“低級霊”にとって、働きかけのチャンス到来を意味します。邪心を持った人間が稀に意識変容現象を体験すると、かえって心を醜くするようなことになってしまいます。

心霊現象にとらわれることなく、日常の霊主肉従の努力と人類への奉仕を優先している人間であれば、「意識変容現象はあってもよし、なくてもよし」ということになります。それが霊性の優れた人間のあり方なのです。そうした人がたまたま意識変容現象を体験するなら、それを神からの御褒美と考え、将来の希望・励みとするようになります。意識変容現象の体験が、焦りや絶望に結びつくようなことはありません。霊的成長を優先しない生き方、利他的奉仕よりも霊能力開発を優先する生き方は邪道です。

意識変容現象に関しては“ドラッグ”の問題もあります。1950年代には、LSD・メスカリン・ケタミン・DMTなどの薬物(ドラッグ)が少量で意識の変性を引き起こすことが発見され、多くの西洋人がドラッグを用いた意識変容現象を求めました。1960年代にはLSDが世界中で非合法化されるようになり、70年代に入ってこの流行に終止符が打たれました。ある種のドラッグは“心霊中枢”を刺激し、一時的に低次元の変性意識を出現させますが、それはどこまでも邪道です。霊性を高める努力のともなわない不自然な霊能力開発は、それに見合った“自業自得”の悲惨さや苦しみをもたらすことになるのです。

LSDが禁止された後、ドラッグを用いずに意識の変容を実現するためのさまざまなテクニックの開発が進められました。瞑想法・催眠暗示法・呼吸法・現代機器を用いたヘミシンクなどの方法が開発されました。しかしこうした新しい手法も、霊性開発を優先せずに心霊現象を引き起こそうとする試みであるかぎり、やはり邪道的方法と言えます。時にそれが成功することがあっても、後になってさらに悪い結果が生じるようになります。

コメント

ここが決め手!エンパス体質とHSP(超敏感体質)の違いとは

2018-02-27 16:27:19 | 思想、哲学、宇宙論

そもそも、エンパス体質とは何か



エンパス体質は、エンパシー(共感能力者 empathy)とも言われ、アメリカのローズ・ローズトゥリー女史によって提唱されました。 エンパス体質は、意識レベルや身体的、また目には見えないスピリチュアルな点において、一般の人よりも敏感なため、より多くのことに気づく敏感資質、です。

資質のため、性格とは異なり、直すというものではなく、活かす・活用することでその能力を発揮することができます。

私が2016年6月に実施したエンパス体質のためのアンケート調査を行い、簡単にエンパス体質の方の特徴をまとめてみました。

■スピリチュアルなことに興味がある

■エネルギーが重い場所や、エネルギーが重い人に会うとすぐに分かる

■相手が何を考えているのか分かってしまう

■相手の気持ちに敏感。気を使いすぎる。

■一度に複数のことをやろうとするとパニックになる。イライラする

■人混みに行ったり、大勢の人がいる場所に行くと具合が悪くなる(調子が悪くなる)

■オーラなどが見える/感じる

エンパス体質は、波動や見えないものを感じ取る力が敏感なため、相手に同調し波動共鳴を起こしやすく、いらないものをもらってしまったり(邪気や霊など)、感情が共鳴したり(わけもなくイライラ・・・。悲しいなど)突然体調がおかしくなったり(頭痛、腰痛、肩こり、耳鳴り、首痛など)します。

見えないエネルギーによって相手の波動と同調してしまうことで自分の波動が乱れ、周波数が乱れ気分や、体調まで悪くなってしまうこともあります。(そうと気付かない場合も多数あるようです)

日本人は特に多い体質と言われ、優しく、相手の気持ちを考える方共感しやすい方や、言いたいことが言えないタイプに多く見られます。

敏感体質・HSPとは?

HSPとは、Highly Sensitive Person=HSP いわゆる敏感体質のこと。 HSPはアメリカのアーロン博士が提唱したもので、こちらにHSPチェックリストがあります。

日本では、北海道の医師・長沼睦雄先生が実際にHSPの方の診察や臨床などを行っておりますが、まだまだ日本では研究などが進んでないのが現状です。

長沼医師も多数HSPの書籍を執筆されておりますので、ぜひ参考にされてください。

また、個人的におすすめな本としては、著者自身もHSPでその経験を元に書かれた本「敏感すぎて困っている自分の対処法」(きこ書房・苑田純子著)は非常にわかりやすいです。

敏感体質・HSPとエンパス体質の違いとは

HSPのチェックリストの多くに、エンパス体質・エンパシーの方もあてはまります。

なぜなら、エンパス体質とは?でも書きましたが、エンパスはHSPの一種だからです。

エンパス体質は、HSPの特徴を持ち合わせ、そこにシャーマン的な要素が加わるため、エンパス体質は特殊なグループに入るといえるでしょう。

エンパス体質はHSPの敏感資質に加えて、スピリチュアル能力が高い点が特徴として挙げられます。

違いというよりは、HSPの要素にスピリチュアル要素が加わったと考えると分かりやすいかも知れません。

2016年6月に実施したエンパス体質のためのアンケート調査の結果から私なりに更に分かりやすい区分をさせて頂きました。

□視覚型スピリチュアルタイプ

□聴覚型スピリチュアルタイプ

□第六感型(直感)スピリチュアルタイプ

□混合型スピリチュアルタイプ

詳細は、こちらにて解説させて頂いております。

●敏感体質の大変さ

そもそもHSPは自分にとって害になるものに対して、敏感に働くレーダーのような体質(資質)です。

そのため、人によっては音や化学物質、花粉や食品(アレルギー)、人、農薬や添加物、電磁波などいろいろなものに過敏になります。

また、エンパス体質はスピリチュアル的な感覚がすぐれていますので、パワースポットに行って「いい場所だな」とすぐに体感できるのもエンパスの特徴です。

HSPとエンパス体質の違いを簡単に言うならば、上記でも述べましたが 敏感体質(資質)に加えて、よりスピリチュアル能力を持っているかどうか?だと思います。

アメリカのエンパス研究の第一人者であるローズ女史によれば、 HSPの中でも、特殊なグループがエンパスであり、 敏感であること 特殊なエンパシー能力を持つこと で社会で生きていく上で大変である、と説いています。

なぜなら、エンパスは自分が敏感なのかエンパスを使っているのか?の違いを見分けるのが非常に困難だからだといっています。 (エンパスは、HSPと比較すると格段にスピリチュアル的な能力や感覚が高いです)

そして、日本人(5人に1人)はアメリカ人(10人に1~2人)に比べて敏感体質・資質が多いため、問題はもっと深刻です。

日本人は気遣いに優れ、場の空気を読む達人とも言える民族です。 それがゆえに、エンパス的資質を持つ人が多いのだと予想されます。

HSPやエンパス資質は、現代社会ではまだほとんど認識されておらず、単に虚弱体質や神経質、ひ弱、内向的などと片づけられてしまうことがほとんどです。

実際、病気でもなければ、性格でもないためその資質を持って生まれたからには一生お付き合いをしていかなくてはなりません。

なので、対策が必要なのです。

今の時代だからこそ求められる敏感体質

なぜ、HSPやエンパスが今の時代に注目を集め始めているのか? それは、一言で言えば、人間にとって危険なものが増え続けているため、とも言えるかも知れません。

ストレスをはじめ、農薬や電磁波、添加物、環境ホルモンなど全て敏感体質のセンサーにひっかかるものばかりです。

ちょっとのことで感じ取る敏感体質は、高いセンサー能力を持っているため、そのセンサーで自分を守らなければいけない環境にあるとも言い換えられます。

敏感すぎるがために精神病と間違われたり、人間関係が上手くいかなかったり。 仕事も向き不向きがあるでしょう。

ただし、敏感体質も必要だから存在しているということは明確な事実です。 敏感体質は、人類を救うセンサーであり、これからの時代さまざまなシーンで活躍する必要があります。

HSPやエンパス資質の方は、まずは自身の資質を認識し、それを上手く活かすことで毎日を生きやすく、自分らしく過ごして頂きたいと思います。



コメント

藤澤五月が可愛すぎると韓国ネットで騒然

2018-02-27 15:43:24 | 思想、哲学、宇宙論
コメント

チャクラを閉じる方法

2018-02-26 14:42:04 | 思想、哲学、宇宙論
チャクラが常に開いている事の問題点

チャクラは、開くことでエネルギーを出すことが出来ますが、反対に外からの影響も受けてしまいます。なので、チャクラが常に開いている状態というのは、能力を発揮できる状態であるのと共に、常に外からの影響を受けてしまっている状態でもあるのです。

このように、エンパシーによる悪影響を受けやすい状態を回避する為には、必要に応じて、チャクラを意識的に閉じる事が出来るようになる必要があります。

そこで、ここではチャクラの閉じ方について説明していきます。

チャクラを閉じる方法

どの姿勢でも構わないので、リラックスした姿勢をとる
2.クラウンチャクラより始め、白い花が軽く閉じる様子をイメージする(完全に閉じてはいけない)
3.第三の目のチャクラは、藍色の花が軽く閉じるようイメージする
4.第五チャクラは青色の花、ハートチャクラは緑色の花、第三チャクラは金色の花、第二チャクラはオレンジ色の花が、軽く閉じるようにイメージをする
5.第一チャクラはしっかりと大地に根を張り、エネルギーを循環させる役割があるので、赤い花が開くようイメージをする
コメント

life-message-51

2018-02-25 16:07:46 | 思想、哲学、宇宙論

https://ascension21.com/life-message-51/


正しい姿勢でいる時には頭頂部のチャクラにまっすぐな生命光が程よく流れ入り

心身の新陳代謝が正常に成されている。


意識進化がなされると眉間のチャクラが程よく活性化して、

物事の真偽が正しく見極められる霊眼を持つものとなる。



チャクラの全き開花を成すか否かの判断および実行は守護神の専権事項である。

肉体想念の言うことをいちいち聞いて、意識進化が成されていない肉体に対して

チャクラを開き100%の生命光を流入させたならば

その肉体を溶かし消失してしまう危険がある。

溶けないまでも、心身の異常をきたし、正常な日常生活を営めない体になる危険もあるのだ。
コメント

チャクラを開く危険

2018-02-25 13:29:57 | 思想、哲学、宇宙論
http://renzakikou.vpweb.jp/blog/2014/08/28/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%92%E9%96%8B%E3%81%8F%E5%8D%B1%E9%99%BA.aspx

人間には、「チャクラ」というものがあります。

「チャクラ」とは、エネルギーの回転する渦であり

微細なエネルギー体系の一部です。



サンスクリット語で、「輪」「円」という意味があります

微細なエネルギーの調整器であるチャクラは


古来から蓮の花で描かれ、

7つそれぞれのが虹の色に対応し、別々の波長で


共鳴しています

人間のエネルギー体系には多くのチャクラがあり

新しいものが発見されています


ここでは、主要な7つのチャクラについてご説明していきます






7つの主要なチャクラは、



肉体のさまざまな体系と超自然体に結びついています





思考や心は肉体の上にあり、影響しているのです





各チャクラは心と体と魂に関わっており





バランスを崩している箇所を教えてくれるのです





チャクラを活性化することにより、結果として



身体である肉体のリズム感を整え




能力を向上させ、心である精神を高め



人間関係を円滑にし、環境を良好にする




などの効果があらわれてくるのです



もちろん、それにより、心身ともに活性化し



人生を素晴らしい方向へ進展させることが可能となります





 








<チャクラ活性化の危険せいについて>







「チャクラが開く」といういい方をする方がいますが





開いていないチャクラはありません





しかし、活動しているレベルが違います





より高いレベルで活動している状態を「開く」と





表現する人もあるようです







しかしチャクラが高いレベルで活動するには




精神的な成長が求められますそれに伴い




人格・協調性・おおらかさなど人間の持つ魅力が




豊かに現れてきます




最近、額を気功師に手かざしをしてもらい無理やりチャクラを




開いてもらったり自己鍛錬する事によってチャクラを開こうと




必死になっている方がおられるのですが




私自身はあまり関心いたしません




何故ならばチャクラは自らの精神(心)の成長に合わせ




自然と開いていくものであり、無理やり開く事は




順番が逆なのです精神(心)が成長していないにもかかわらず




額のチャクラを開いてしまうと、きまって心のバランスを




崩してしまうのです、挙動不審になり、感情の抑制が




出来なくなります、いつもイライラして、集中力がなくなり




精神障害となっていきます





守りの強い方はぎりぎりのところで助けられたり




開かないように守られますので良いですが




スピリチュアルなことに没頭していってしまう方々というのは




心が弱かったり自信の無い自分を認める事出来なかったり




人と大きく違う物を欲しがります




または逆に選民的思想や人間関係的なコンプレックスが強く




チャクラを開く事で霊感が強くなる、特殊な能力が手に入る




人をアッと言わせたい、と誇大な妄想に囚われてしまって




いるのです、しかし、額のチャクラを活性化させても




特殊な能力など、手には入りません、




それは大きな間違いである事にきずいて頂きたいと




思っております

















(無理してチャクラを開きすぎると起きうる症状)







第1→物質主義・横暴・無鉄砲・攻撃的・衝動的・過剰


または、異常な性欲







第2→横暴・自分本位・自信過剰・神経質・過剰な性欲

       


             または、異常な性欲








第3→支配欲・強情・人間関係の不調和


己がルール・独裁者・批判的







第4→自信過剰・ねたみ・情緒不安・イライラする


怒りっぽい・騙されやすい・異常な不安感







第5→正論が通用しない・雄弁・批判的・嘘つき


過剰反応・独断的・冷酷・残忍










第6→非現実的・病的な神経質・恐怖心・妄想・幻覚・幻聴



記憶障害・







第7→・空想の世界に浸る・非現実的





地に足がつかなくなる・グラウンディングの欠如













 
コメント

チャクラが開きすぎて電磁波過敏症に

2018-02-24 14:21:56 | 思想、哲学、宇宙論
https://ameblo.jp/treaturight/entry-12302812163.html



チャクラとはご存知の通り、プラーナが集まっているところ。氣功でいうところの、氣が集まった丹田と同じことです。


ところで、やたら流行っているチャクラ調整的なヤツを受けた人から話を聞くと、ゾッとします。笑


調べてみると(たくさんあるヒーリングをランダムに)顕著なのは、いきなり全てのチャクラを開けようとする、もしくは上から開けようとする。


これやってる人、おそらく無知か、受け手に(お客様)に興味がないか、効いてないか(効かせてないか)、のどれかだと思いますが、危ないです。


チャクラとはクンダリーニの通り道であり、背骨を活性化させるものです。ちゃんとした人なら、下から開けていくのが鉄則、ということを知っているはずです。クンダリーニエネルギーを無理矢理上昇させて死亡する人もいるんですよ。


背骨が固いまま(物理がエネルギーに追いついていないまま)、こじ開けるとなにが起こるかというと、きちんと開いたならば強烈な好転反応に見舞われるはずです。もしくは、振動に過敏になりすぎて、電磁波や様々な不自然な振動に対して、余りにも無防備になってしまう。電磁波過敏症の人は、チャクラを開けてもらった人に圧倒的に多いです、経験上。


開けるなら、防御法を教えないと無責任です。










http://open.mixi.jp/user/64698147/diary/1952818788


おはようございます。
昨晩は夕食後、すぐに2時間寝てしまい、体の疲労を感じたあきぴこです。

mixiをさぼって&退会した後、整体の修行をしていました。
いろいろしましたが、クォンタムタッチの訓練は不思議でした。
いわゆる気を通す訓練です。

チャクラの言葉が御存じですか?
僕は第1チャクラ~第7チャクラまで気を通すことができます。
(フルスペクトラム・チャクラ) 全チャクラともいいます。

その気の力を使って、整体をすることもあります。

ただし、副作用というか、弊害がおき、霊感も備わってしまいました。
脳に誰かの声が聞こえたりします。
だから、悪い気も引き寄せてしまう時もあります。

なぜか、電磁波の強い電子機器を使うと手指がしびれるようにもなりました。
困ったことです。

一度、フルスペクトラム・チャクラが出来るようになってからは、その体質が元に戻らず
こんな人生になったかと後悔したりしましたが、悪い霊を感じるのも慣れてしまい、
はねのける術も知りました。

しかし、電磁波過敏症は治療したいので、昨日脳波の検査に行ってきました。
検査結果は後日分かりますので報告したいと思います。













xchbn319さん

2014/12/1902:46:21
.

ヴィパッサナー瞑想をして以来、瞑想中以外でも額が締め付けられる感覚を持つようになりました。
同時に電磁波過敏症にもなり、電磁波を感じてる時、倍音ヒーリング等を受けてる時、眠気を感じ

る時、その他日常生活の中で度々、額がじんじんします。
スピリチュアル系の人に相談したら松果体が開きかけてるんだよと言われましたが、信じて良いのかよく分かりません。
家でも二回位瞑想してみましたが、電磁波過敏症が強くなったので、それ以来瞑想はしてません。
自分の第六チャクラが本当に開きかけてるか謎ですが、せっかくなのでもっと開発したいのですが電磁波に過敏にはなりたくないです…。(ただ感じやすいだけなら良いし我慢出来るけど、他の人より弱くなっててより多くの物理的ダメージを受けている気がして)

どなたか今の私の状態が分かる方、いらっしゃいますか?
そして更なる開発方法も教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。
コメント

ベビーメタルは人類の未来を書き換えることに成功した?

2018-02-23 16:41:30 | 思想、哲学、宇宙論




無限の可能性の中から、想念と言葉によって一つの未来を選択するのが

人類の役割のようですが、そのことを知らないで

マイナス想念を垂れ流し続け、滅亡の危機にあった人類を救うために

ベビーメタルが登場したのではないかと思います。

ベビーメタルのライブによって世界のマイナス想念を浄化し、

多くの人々の想いをポジティブに変えることに成功した結果

滅亡から希望へ、人類の未来を書き換えたのではないでしょうか。





強力なポジティブ波動

コメント

神との対話より

2018-02-23 13:45:02 | 思想、哲学、宇宙論

 ところで、わたしが「神さまとの直通電話」を持っていると思っている人がたくさんいるんですが、彼らは、地球は滅亡する運命なのか、知りたがっています。前にもうかがいましたが、もっと直接的な答えがいただきたいんです。大勢の人が予言しているように、地球には変化が起こるのでしょうか?そうでないとしたら、超能力者たちがいうのは、つくりもののヴィジョンですか?わたしたちは、祈るべきなんですか?変えるべきなんですか?私たちにできることがあるんでしょうか?それとも、悲しいことに絶望するしかないんでしょうか?

 その問題なら、喜んで話してあげるよ。ただし、「先へ進む」わけではないね。時間についてのこれまでの説明の中で、答えはすでに与えられているからね。

 「将来起こることはすべて、すでに起こっている」という、あの説明ですか?

 そうだよ。

 でも、「すでに起こっている」すべてというのは、何なのですか?どうなふうに起こったのですか?何が起こったのですか?

 すべてだよ。すべては、すでに起こっている。あらゆる可能性は事実として、完了した出来事として存在する。

 どうしてそんなことが可能なのか、まだ分からないんですが。

 分かりやすく話してあげよう。子供たちがCD-ROMでゲームをやっているのを見たことがあるだろう?そのとき、子供たちのジョイスティックの動きひとつひとつにどう応じればいいのか、どうしてコンピュータに分かるんだろうと思ったことはないか?

 ありますね。不思議だと思いました。

 すべてCD-ROMにある。コンピュータがあらゆる子供たちの動きにどう応じればいいのかを知っているのは、可能性のあるすべての動きとその適切な対応がすべて、CD-ROMに記録されているからだ。

 いやあ、奇妙ですね。シュールだなあ。

 すべての結末、結末に至るすべての紆余曲折が、すでにCD-ROMにプログラムされていることがシュールかな?ちっとも「奇妙」なことはないよ。それが技術じゃないか。で、ゲームの技術に感心するなら、宇宙の技術を考えてごらん!
 宇宙の車輪をCD-ROMだと想像してみればいい。すべてのエンディングはすでに存在している。宇宙はただ、あなたがたが今度はどの動きを選択するかを待っている。あなたが勝つか、負けるか、引き分けてゲームが終了したら、宇宙は言うだろう。「もう一度、やりたいかい?」
 CD-ROMはあなたが勝とうが負けようが気にしないし、「感情を害し」たりもしない。ただ、もう一度ゲームをするチャンスをくれるだけだ。すべてのエンディングはすでに存在する。あなたがどのエンディングを経験するかは、何を選択するかによって決まるのだよ。

 すると、神さまはただのCD-ROMみたいなものなんですね?

 わたしは、そうは言わないな。だが、この対話では、誰にでも理解できる概念で説明しようとしている。だからCD-ROMの例えを使ったのだよ。生命は、多くの点でCD-ROMのようなものだ。すべての可能性が存在し、すでに起こっている。どれを経験するかは、あなたの選択しだいだ。
 地球の変化についても、まったく同じことだよ。多くの超能力者が語る地球の変化は真実だ。彼らは「未来」への窓を開いて見たのだ。問題は、彼らが見たのはどの「未来」かといういうことだな。CD-ROMのゲームの結末と同じで、いくつものヴァージョンがあるのだから。
 あるヴァージョンでは、地球には天変地異が起こる。あるヴァージョンでは起こらない。じつは、すべてのヴァージョンはすでに起こっている。思い出してごらん、時は---

 知ってます。知ってますよ。「時というものは存在しない。」---

 そのとおり。すると、どうなる?

 だから、すべてのことはいっぺんに起こっている。

 そうそう、そのとおり。かつて起こったことはすべて、いま起こっているし、将来起こることはすべて、いま起こっている。だから、超能力者が予言する滅亡は真実なのかと考えるのなら、関心をすべてそこに集中してごらん。そうすれば、その滅亡を自分に引き寄せる。べつの現実を体験したいと思うなら、そちらのほうへ関心を集中すれば、その結果が引き寄せられるだろう。

 すると、地球に変化が起こるのかどうかは教えてくれないんですね。




 あなたがどうするのか、こっちが聞いているのだよ。あなたが、思考で、言葉で、行動で決定するんじゃないか。



..............................


人間は未来を、想いと言葉 で創造し選択できる力を持っているということですね。

未来は神が決めるのでもなければ、人間と無関係な物理法則がきめるのでもなく

人間にその選択権があるのです。

カラフィナのmagiaにも 命を創るのは願い という詞がありました。

運命を創るのは想い と言い換えることもできます。


以前投稿した 言葉の持つ力 にも次のように書かれていました。



 発する想いの種類や使う言葉の選択を見直して、

望ましい未来を創造する良い言葉のみを思い語ることによって、

今この瞬間以降の運命が上書き保存されて、

徐々に後悔のない今の連続になって行くわけです。
コメント