思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

トランスパーソナル心理学

2008-05-31 15:00:25 | Weblog
心理学者マズローは欲求階層論で自己実現の欲求が最高の欲求と

位置づけ、自己実現の心理学を創設したが、その後、自己実現欲求よりも

高い自己超越欲求が存在することを発見した。

自己超越欲求とは自己を超えて、他者、人類、宇宙、神などと一体と

なろうとする欲求である。これがトランスパーソナル心理学の始まりだった。

言い換えれば、人間は悟りを目指し、神へと進化しようとする存在といえる。

意識の進化の方向性は既に決まっているのだ。
コメント (1)

ハラミッタ語録

2008-05-28 14:59:42 | Weblog
ハラミッタ

第一回目のわしの講義は女についてである。

さて不二子君、君に質問じゃが

どうして女性はスカートを履くのかね?


不二子

えーっ。そんなこと聞かれても

スカートは子供の頃からずっと履いてるし

ひらひらしているのが何となく好きなんですけど。


カズオ

僕も一回はいたことがあるけど、なんかスースーして

変な感じだったな、どうして女の子はスカートを

履くのだろう?


ハラミッタ

ふぅーむ。実は女性のスカートには重大な意味があるのじゃ。


不二子

重大な意味って何ですか?



ハラミッタ

魚のひれである。



カズオ


魚のひれ?



ハラミッタ

そう。魚のひれじゃ。

魚の尾ひれの代わりに、女はスカートを履くのである。


不二子

でもどうして魚なんですか?


ハラミッタ

それはな、女性の無意識の中に魚の記憶が

強く残っているからではないかと思う。

他にも女の特徴として髪を長く伸ばすじゃろ。

あれは魚の頭の形をまねているのじゃ。


カズオ

なるほど確かに髪の長い人と魚の頭の形は似てますね。


不二子

全然気がつかなかったわ。


ハラミッタ

女は髪を伸ばしスカートを履くことによって

無意識に魚の姿を真似ているのじゃのう。

まだ他にもあるぞ。

たとえばイヤリングやネックレスなどの光ものは

魚の光る姿を真似ていると言える。

そして脱毛は毛のない魚に近ずこうとしている

行為かもしれん。

極めつけはウェディングドレスじゃ。


かずお

ウエディングドレス?


そうじゃ。ウエディングドレスの形を思い浮かべてみたまえ。

頭に被るひらひらした物は魚の頭の形そしてドレスは巨大な尾ひれじゃ。

ウエディングドレスは魚の姿を現しているのだ。
 

かずお

なるほど、それは大発見ですね。

ハラミッタ

女はウェディングドレスを着ることによって

世界一美しい魚に変身するのだ。

まさに女にとって至福の時であろう。

不二子

私も早くウェディングドレスをきたくなりました。

ハラミッタ

ここまでは女と魚との関係についてであったが

今度は男と魚との関係について話そう。


かずお

男も魚と関係あるんですか。


ハラミッタ

もちろんじゃ

男というのは女の魚っぽさに性的興奮を覚えるのじゃ。

例えばダンスなどで女性が腰を振ると男は刺激される。

これは女が腰を振る姿が魚の泳ぐ姿と似ているからじゃ。

女がのけぞる動きも同じだろう。

女がのけぞるのは魚の記憶が関係してるかも知れん。

女性がシャワーを浴びるシーンを見て男が刺激されるのも

女の肌が魚のように濡れて光っているからだろう。

ピチピチギャルという言い方もいかにも魚っぽい。


不二子

本当ですね。

ハラミッタ

女性の涙に男が弱いのも濡れているからであろう。

さてそれでは、かずお君に質問するが

女性の胸やお尻などの膨らんだ部分を見て男が

刺激されるのはなぜかな?


かずお

うーん。わからないなぁー。

それも魚と関係あるんですか?


ハラミッタ

もちろんじゃ。

これは魚の妊娠と関係がある。


かずおと不二子

魚の妊娠?

ハラミッタ

そうじゃ

それでは魚の産卵について話そう。

魚のオスは妊娠しておなかの大きくなった雌に出会うと

それが刺激となって求愛行動をとるらしい。

そして最終的にメスが産卵しオスが精子をかけるのじゃが

このお腹の大きなメスを見て刺激を受けたオスの記憶が

男の無意識の中にあり女性の体のふくらみを見て思わず興奮

してしまうのである。

かずお

なるほどそうだったのか。うーん。


不二子

やだー かずお君じろじろ見ないでよー


ハラミッタ

不二子君のような大きな胸にはピンク色の魚の卵が

いっぱいつまっておるんじゃろうな~

不二子

もうーせんせいったらー。


いやいや冗談じゃよ。

それではかずおくん女性の網タイツが男を刺激するのは

何故かわかるかな。

かずお

網タイツかー

も、もしかして魚の鱗ですか。

ハラミッタ

そのとおりじゃ。

さてそれでは今までの話をまとめよう。

女は無意識に魚の姿を真似ており男は無意識に

女の魚っぽさで興奮すると言うことだったね。

昔ディスコで流行ったお立ち台ギャルの踊りは

魚の姿と動きを真似ているのだよ。

ボディコンで下半身を強調するのは魚の体の曲線とにているからだ。

センスは魚のひれの代わりにひらひらさせているのである。

あの動きは魚が泳ぎながらひれをひらひらさせて雄を呼んでいる姿なんだよ。

かずお

なるほど、道理で刺激的なわけだ。

ハラミッタ

女性はひらひらした物を身につけたがる。

これも魚のひれと関係あるかもしれん。

エロスの正体は魚だったのじゃ。

しかし一体なぜ人間の性が魚と関係するのか不思議なんじゃが

私の考えでは人間は猿と魚のハイブリッドではないかと思う。


不二子

ハイブリッド?


ハラミッタ

そうじゃ。要するに混血ということじゃな。

人間は猿と魚のハイブリッドであり魚の特徴が女性に強く現れた

ということじゃ。

魚は優雅でみずみずしく女と共通する特徴を持っている。

逆に男は猿と似ている。力を求め上下関係にこだわり、おまけに毛深い。

人間というのは海の生物と陸の生物が相補的に融合した生き物なんじゃよ。

人間社会の多様性もそこから生まれてきたのかも知れん。

いずれは遺伝子レベルでの解明がなされる時が来るであろう。











コメント

音楽と全体性

2008-05-28 11:56:28 | Weblog
音楽というのは不思議なもので一つの曲が一つの世界をつくりだす。

つまり全体性を持っているといえる。

波動の相互作用と共鳴で成り立つ音楽が世界を作り出すということは

この宇宙を場として考えると様々な波動が共鳴し合って

多様な世界が存在していると考えられる。



コメント

時空について

2008-05-27 13:43:37 | Weblog
時空というのは我々が考えているよりも柔軟性と創造性に

富んでいるようだ。

アイヌ人のモシリという音楽グループのアルバム シリコロカムイを

聞いていると不思議な世界へ入っていく。

時空の波が相互作用してスピリチュアルな亜空間を生み出しているようだ。

宇宙には波動の異なる多様な世界が共存しているのかも知れない。









コメント

神について

2008-05-25 11:11:56 | Weblog
宗教の対立の原因は互いの信じる神の違いによる場合

が多い。そもそも神と言ってもいろいろあり次元の異なる

様々な神様がいるので分類する必要がある。

そこで私は神を創造神、人格神、自然神の3種類に分類してみた。


まず創造神とは宇宙に偏在し、万物を進化させる根源的な力といえる。

キリスト教では創造神と人格神を同一の神としているが

人格をもった神がこの広い宇宙を一人で作るというのは

かなり無理がある。やはり宇宙を生み出すのは、偉大な創造の力と考えたほうが

良いだろう。



次に人格神とは、エホバの神や天照大神など、人間的な心をもった神様の

ことである。心は、脳の働きで生み出されていると考えると

一度は人として生まれ、死後魂となり霊的進化を遂げて

神となったと考えられる。



最後に自然神とは、山の神や大地の神のことだが

これは大自然の生み出す電磁場が、長い時間をかけて高度に自己組織化し

スピリチュアルな構造に、進化したものと考えられる。

アイヌ人の信仰する神々はこの種のものと思われる。


<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://counter1.fc2.com/counter.php?id=2956003"></script><noscript>undefined</noscript>


現在の閲覧者数:<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://counter1.fc2.com/views.php?id=2956003"></script><noscript>
undefined</noscript>



コメント

世田谷線

2008-05-24 16:39:38 | Weblog
早いもので世田谷線が新しい車両になって7年ぐらい経つ。

前の古い車両は緑色で2両編成ののどかな電車だった。

向かい合わせの椅子で、正面に座った女子高生を堂々と眺めることが

でき、まるで学校にでもいるような感じだった。

夏は扇風機しかなく窓から世田谷の風がいきおいよく吹き込こみ

雰囲気を盛り上げてくれた。

特に5月は一番いい季節だった。

もうあの感動が味わえないのは残念だ。


<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://counter1.fc2.com/counter.php?id=2956003"></script><noscript>
undefined</noscript>



コメント (2)

世界の認識について

2008-05-23 11:39:02 | Weblog
我々はいかにして世界を認識しているのだろうか。

意識の正体が電磁場だとすると認識は電磁場の内部で

引き起こされていることになる。

おそらく意識の電磁場の作り出す仮想空間の中での

場の変動現象によって行われているのではないだろうか。

外部から入った刺激が脳で電気信号になり電磁波を発生させ

それが意識の電磁場と相互作用し場を変動させることにより

認識が生まれると思われる。

このような場の変動現象は宇宙空間の至る所で起こっているのだろう。

物事が存在することの本質は場の変動現象にあるのかもしれない。


<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://counter1.fc2.com/counter.php?id=2956003"></script><noscript>
undefined</noscript>





コメント

火星プロジェクト ミソディア

2008-05-22 10:49:17 | Weblog
ヴァンゲリスが2001年にリリースしたアルバム ミソディアは火星を

テーマにした壮大な物語。

かつて栄えた火星文明を音楽で再現したような作品である。

一曲目を聴いているといつの間にか火星空間に意識がつながったような

感じになり、宇宙の進化を生み出す根源的な力と一体になるような感動を

体験する。

火星空間には火星文明の場が残っており

ヴァンゲリスは火星文明の場と意識を共鳴させたのかもしれない。



コメント

赤松公園

2008-05-21 12:27:10 | Weblog
赤松公園は私が一番好きな公園です。

世田谷線沿いの閑静な住宅地の中にあります。

ここではドラマの撮影がよく行われます。

私が今までに見た有名人は広末涼子、さんま、松たか子

草剛、浅野優子、中村雅俊、斉藤由貴、石田ひかりさん

などです。

広末涼子が世界で一番パパが好きというドラマで

大きなバックを背負って夜空を見上げたシーンは

ここで撮影されました。



コメント

華厳絵巻

2008-05-20 11:52:59 | Weblog
今から20年ぐらい前に瀬戸龍介のアルバム華厳絵巻をかった。

このレコードは伝統楽器を取り入れて現代風にアレンジしたものだった。

なかでも三輪山という曲はすばらしかった。

伝統音楽の最高傑作のひとつだろう。バッハのシャコンヌに匹敵する曲だ。

ホームページによると娘さんもデビューしているらしい。



コメント