思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

大霊とは (シルバーバーチの神の概念)

2013-05-23 14:49:35 | Weblog










『シルバーバーチのスピリチュアルな法則』より

 大霊とは宇宙の自然法則のことです。物的世界と霊的世界の区別なく、全宇宙の生命の背後ではたらいている創造エネルギーです。皆さんが知るに至った小さな部分だけでなく、まだ地上人類に明かされていない大きな部分も含めた全宇宙に、くまなく行きわたっております。

 皆さんの世界だけではありません。私が住まっている霊的世界を含めた全宇宙、皆さんがまったく知らずにいるさまざまな世界においても、大霊の法則(摂理)が絶対的に支配しております。皆さんのお一人お一人、人間的存在のすべて、地球上だけでなく無数に存在する惑星上で生を営む存在のすべてが、神、私の言う大霊の不可欠の存在なのです。大霊は宇宙間に存在するものの総体であると同時に、それを超越したものだからです。

 宇宙は偶然によって支配されているのではありません。法則と秩序によって支配されているのです。宇宙のどの方角に目を向けても――星雲の世界の広大さや地平線の彼方を知るために望遠鏡を向けても、あるいは顕微鏡で極微の世界の創造物をのぞいて見ても――そこに存在するものはすべて不変不滅の自然法則によって支配されております。あなたは偶然の産物ではないということです。原因と結果とが寸分の狂いもなく計算されてはたらく秩序整然たる宇宙に、“偶然”の入る余地はありません。

 そうした規則ないしは摂理は、全生命を創造した大霊がその統治のために定めたものです。構想においても組織においても完璧です。全生命は本質的には霊ですから、摂理も霊的なものです。霊力は目に見えません。いかなる人間的尺度でも計れません。長さもありません。広さもありません。高さもありません。重さもありません。色もありません。味もありません。臭いもありません。科学者、化学者、医学者がそれぞれの分野でいくら探しても、生命の動力である霊の居どころは見つかりません。

 大霊は全能ですと申しあげるのは、その霊的な力が宇宙そのものと、そこに存在するあらゆる形態の生命を支配する摂理にゆだねられているからです。その霊力が火炎となって燃えさかっていた地球に生命の息吹を吹き込んだのです。人間を泥のかたまりから神性を秘めた霊的存在にまで引き上げたのです。

 霊力は魂がまとう衣です。全生命を創造し、自然現象のあらゆる動きと突然の変化をコントロールする力、四季の巡りを規制し、一つひとつの種子、一つひとつの植物、一つひとつの花、一本一本の低木、一本一本の高木の生長を管理する力、要するに、ありとあらゆる側面の生命進化の全機構を管理する力が霊力なのです。




コメント