思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

エンキとエンリルとアヌンナキ

2016-02-04 11:22:14 | Weblog

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11957826937.html

地球文明の歴史は、大きく分けて、二つのグループの歴史で、構成されています。

一つ目は、「アダムとイブ」から、スタートする、「人間の歴史」です。

二つ目は、「アヌンナキ」から、スタートする、「宇宙人の歴史」です。


前者の人間の歴史は、その子孫の名前まで、知られていて、たくさんの人が、その家系図を、知っています。

しかし、後者の宇宙人の歴史は、その子孫の名前まで、知っていて、家系図を知っている人など、ほとんどいません。


私も、最近知りました。

興味のある方は、いろいろ調べてみてください。

現在は、ネットに、その家系図も、公開されています。

凄い時代になりましたね。



重要な人物だけを挙げると、筆頭は、アヌンナキです。

この宇宙人は、シュメール文明やエジプト文明などに、大きな影響を与えたと言われています。

アヌンナキには、二人の息子がいたそうです。

一人は、「エンリル(Enlil)」、そして、もう一人は、「エンキ(Enki)」です。

諸説ありますが、この二人は、仲が悪かったそうです。

どうして、仲が悪かったかというと、当時の「人間たちの扱い」について、価値観や意見が、合わなかったようです。




この二人を、簡単に説明すると、下記のようになります。



エンリルの姿は、「人間型」で、現在の私たちと、変わらない姿だったようです。

この宇宙人は、

「人間たちを、奴隷のままにしておこう」

と考えていたそうです。

そうやって、何も考えないほうが、幸せだと思っていたのかもしれません。

また、奴隷にするかわりに、サポートも、熱心にしていたようです。

見方を変えると、ある意味、過保護だったのかもしれません。



一方の「エンキ」は、「人間と爬虫類」が、混じったような姿だったそうです。

上半身は、人間で、下半身が、ヘビのような爬虫類の姿だったそうです。

この宇宙人は、

「人間たちを、少しづつ教育していって、いつかは、宇宙人のと同じくらい賢い存在に、なってもらいたい」

と考えていたそうです。

知恵を与えることによって、だんだん、自立していくように、願っていたのかもしれません。

だから、サポートは、必要最小限にするというのが、基本的なスタンスだったみたいです。

ある意味、放任主義ですね。



左の人間の姿の宇宙人が、エンリルです。

右の下半身がヘビの姿の宇宙人が、エンキです。

この絵の中でも、喧嘩していますね。






この絵は、左のエンキが、右の人間たちに、「星の秘密」、つまり、現在でいう「占星術」を、教えているところだそうです。

「知恵を与える神」が、「エンキ」だったということです。






ここまで読んで、気がついたと思いますが、この身体の下半分がヘビだった、「エンキ」が、聖書の中で、アダムとイブに、知恵を授けた、「ヘビ」です。

右側の木に巻きつきながら、アダムとイブに、「知恵の実」である、「リンゴ」を食べるように、勧めている場面です。






この行為に対して、エンリルが、激怒したようです。

それで、アダムとイブを、エデンの園から、追い出したようです。

「追い出した神」が、「エンリル」です。

その頃から、人間の姿をしたエンリルという宇宙人が、半分ヘビの姿をしたエンキという宇宙人を、「悪魔」にしたそうです。


なるほど…、ですね

つまり、聖書に出てくる「神」は、「エンリル」で、「悪魔」が、「エンキ」ということです。

エンリルの価値観に合わないエンキを、悪者にしたということです。



それから、さらに、人間の歴史は、このエンリルとエンキという二人の兄弟の喧嘩の影響を、受け続けます。


アダムとイブの10代目の子孫である、「ノア」の時代に、二人の喧嘩が、一度頂点に達するみたいです。


エンリルは、自分たちの姿に似ていながら、中途半端に、知恵をつけた人間たちを、嫌悪していたそうです。

天変地異を起こし、人間たちを、全員殺そうとしたようです。

それが、「ノアの大洪水」の話です。

しかし、結果的には、エンキが、ノアを含む、一部の人間たちを助けたみたいです。






このように、地球の宇宙人グループには、「エンリル派」と「エンキ派」という二大グループができて、両者が争いながら、歴史が展開していったようです。




簡単に、まとめると、

「人間を、奴隷にしたままにしておこう」

という価値観のエンリルが、つくったのが、「ユダヤ教」や「キリスト教」などの宗教グループみたいです。

一方、

「人間は、知恵をつけながら、いつかは自立するべきだ」

という価値観のエンキが、つくったのが、「ゾロアスター教」や「ミトラ教」、「グノーシス主義」、「フリーメーソン」などの各種の秘密結社という流れみたいです。



抜粋終わり
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

千乃裕子の天上界メッセージ集に出てくる最高神エルランティとサタンダビデは

異星人の兄弟らしいですが、エンリルとエンキのことではないかと思います。

人類を導いてきたアヌンナキの高級霊は、最終メッセージをユダヤの子孫である

日本人に託し、長期にわたる人類の指導を終わらせたのでしょう。



天は幾度となく正当なる預言者を遣わし、罪を犯し続ける人類に警告を与え続けた。にもかかわらず、悪魔の与える奇跡のみを信じ、その人類の無知により支えられし悪魔の宗教宗派の蔓延、それらから何一つ真の善と正義と愛の本質を悟りえなかった人類は、天の救いの及ばぬところに堕ち、今天の慈悲の手より最期の離別を宣告されつつあるのです。
何故に真理から切り離されるか理解しえぬままに。悪魔と天の技を識別し、見抜く魂を与えられぬままに。



エルランティ ヤハウェ エホバ  1999年6月18日 千乃裕子 口述筆記




ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 377+375 土偶は宇宙服を着た... | トップ | 姫神 赤道伝説 縄文時代の心 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宇宙と地球の歴史 (滝山善一)
2016-09-21 12:10:50
あなたの記事は役に立ちますが現状認識としては不正確な内容ですので少し補足資料を紹介します。
現在、2006年に千乃正法会は「エンキ抹殺に成功しましたがそれと交換に千乃会長の命は天に召されてしまいました。その後、会は分裂状態となった後に、現在のスタッフメンバー達によって再建されました。しかし弟子達は、会創立者の能力レベルを超えられず、2012年ごろには、宇宙の真理から程遠い活動を目指す組織団体に変化しています。2016年からは、あの「コブラグループと呼ぶ」ハイアラーキーと呼ばれた魔物たち手を組み、共同で地球破壊計画に加担しています。( この一連の悪党達の件に関しては次のブログをご覧下さい )「シャンテイフーラの時事ブログ」竹下雅敏からの情報に詳しく説明されています。
なお、私のことについては、「 滝山善一でネット検索 」していただければ公開情報が読めます。
では、よろしくお願いします。
Unknown (Unknown)
2016-09-21 15:38:27
情報ありがとうございます。

ところで天に召された千乃会長は今何をやっているのでしょうか。
行方不明?? (滝山善一)
2016-11-11 13:01:27
千乃裕子様の行方は、????ですよ。
福井市の千乃正法会では、千乃エル裕子様は霊体として存命していて重要な催事には同席して下さるとか、けれども、ネットで探すと、こことは意見を異にする正法分派のブログの方でも千乃裕子の現象(チャネリング)した話(メッセージ文)が載っていたりします。
また、あなたの言う通りエンリルがエルランティであるのなら双方の正法会に共通している元7大天使様方の行方の現状も彼ら両正法会側の主張とは異なり「宇宙の平和や地球人の自由と安全に何ら寄与しない」と判断します。
「シャンティフーラの時事ブログ」によると、2016年10月20日頃までに宇宙連邦と天帝方による地球解放作戦の進展により、アンドロメダン、シリアン、プレアディアンの残存艦隊共々掃討された考えられます。また現在、福井県の正法会(在米韓国人キムヨハネ氏)に出没しているのはキメラの残存部隊からのチャネリングだとのことです。また、加えて、元7大天使方もとっくに宇宙連邦と天帝たちに滅ぼされて存在しては居ない様なのです。これが宇宙の真実ということになりますが、受け入れがたい現状です
宇宙は怖いよ。
Unknown (Unknown)
2016-11-12 13:46:38
情報ありがとうございます。
ところでコブラグループとは何者ですか。

それとこのホームページは闇勢力でしょうか。
http://blog.livedoor.jp/chinosyoho/
自分で判断してください。 (滝山善一)
2016-11-13 11:51:57
そのホームページは、2003年当時に「白装束団体とマスコミに叩かれていた方々」の分裂後の残存会員たちが立ち上げています。
あとは、自分で調べてr判断して下さい。
コブラも闇、悪党。 (滝山善一)
2016-12-03 01:42:50
あなたの質問に関する回答といえる情報が公開されています。
 2016年11月、27、28,29日の 「 シャンティフーラの時事ブログ 、タキオンチェンバー 」 でネット検索してください、コブラの関連の記事がご覧になれます。私自身の寄稿により、この悪党の正体が突き止められております。どうぞ、ではまた。
Unknown (Unknown)
2016-12-10 11:51:30
タキオンチェンバーは車一台分の値段らしいです。
白装束の残党 (滝山善一)
2016-12-13 09:38:56
元白装束の残党、福井市の千乃正法会は、コブラ本人からタキオンチェンバー12台を購入し国内の12か所の支部に設置したそうです。これにより日本には19台のタキオンチェンバーが存在していることになります。
購入代金は信者(会員)からの寄付金を使っています、いくら掛ったのでしょう。このグループはとうとう、地球のためにならない物に大金を無駄遣い}してしまう、カルト教団になってしまいました。
違うでしょうね (アン・メ・ルガル)
2018-09-01 22:33:39
違います。エンキはニビル星のアヌンナキの神々の科学長官であって、大科学者であり、悪魔だとか魔王の性格ではありません。
この、千乃正法の千乃裕子氏の異言系と称する内容の神や悪魔と、アヌンナキとは、全く関係ありませんね。

千乃裕子氏の活動開始前にはゼカリア・シッチン氏は既にアヌンナキに関する著作物を出していますので、
恐らくは、ゼカリア・シッチン氏の海外の著作物を読んで、
誇大妄想を発現されたのではないですか?

そんな気がします。
Unknown (Unknown)
2018-09-02 11:10:25
なるほど
そうするとプレアデス系の高級霊かもしれません。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事