思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

クラウスシュルツ FMdelight

2008-06-28 09:36:30 | Weblog




驚異的な美しさです。

根源的な場の世界です。

まさに色即是空の悟りの世界です。

魂が生まれ変わるような感動に胸が締め付けられます。





不朽の名作、タイムウインドのバイロイトの回帰です。





コメント

意識と時空 2

2008-06-25 12:45:49 | Weblog
意識と時空が同じ構成要素でできていると考えた場合、意識は時空よりもより複雑な構造をしているだろう。

その構成要素が電磁場だとした場合、幾重にも重なり合った電磁場が複雑な構造を作り出していると考えられる。

宇宙の時空を一枚の新聞紙に例えると、意識はその新聞紙を小さく丸めたものと言えるだろう。

脳の中に時空が小さく折りたたまれて詰まっているとイメージできる。

意識の時空は迷路のように果てしなく内側へと広がった広大な宇宙なのだ。

無数のニューロンが生み出す意識の電磁場は広大な内宇宙を作り出しているのである。

我々の意識が世界の中心にあると感じるのは意識の時空が内側へ広がっているからだろう。

コメント

クラウスシュルツ

2008-06-24 12:45:06 | Weblog
昔の演奏です。好きな人にはたまりません。

超個的実存体験です。…・感動します。
















コメント

意識と時空

2008-06-23 15:25:33 | Weblog
意識と時空は同じ構成要素でできているのではないだろうか。

どちらも波であり場であるといえる。

そのため意識と時空は互いに深く関わることができるのだろう。

あらゆる存在の根底にあるのは波動と場であり、意識と時空は宇宙の根源的存在と言える。

コメント

なぞなぞ

2008-06-23 14:40:41 | Weblog
さくら奈緒と言う名の女の子が逆立ちをしながら何かをしました。

何をしたでしょうか?わかった人はコメントに書いてください。
コメント (2)

究極の真理

2008-06-22 15:08:12 | Weblog
シンセを弾いていると、時々自分と世界が一つに融合するような感覚を体験することがある。

心理学でいう至高体験と呼ばれるものだ。

このような体験が究極の真理だとすると、究極の真理とは主観性を排した客観的世界にあるのではなく、主体と客体が融合することで目の前に現れるものであると言える。
主体を生み出す我々の意識は真理の一部なのである。
コメント

生きる目的

2008-06-17 13:21:50 | Weblog
実存主義的にいえば生きる目的とは、世界とのかかわりの中で新しい意味を発見し、世界認識を深め、自己を創造していく。と言うことになるだろう。

一言でいえば生きていることを深く味わうことが生きる目的といえるだろう。

生きていることを味わうためには心が自然でなければならない。

音楽は心の流れを自然にするので生を深く味わえる。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
コメント

意識と時間について

2008-06-12 13:47:46 | Weblog
今と言う時間のながれは、意識の波が絶え間なく生成され続けることで

創り出されているとすると、意識の状態によって、時間の感じ方も

変化すると思われる。

例えば音楽を聴いている時は、普段よりも密度の高い時間のながれを感じることが

できる。それは音楽によって意識が活性化されるからだろう。

コメント (1)

魂の真実

2008-06-10 16:45:19 | Weblog
この本は春日病院院長の木村忠孝先生がお書きになったものです。

第一章 精神、身体と電磁波

第二章 霊体、霊界について

第三章 真我の機能について

第四章 心の波動、霊界、その階層社会

第五章 合体、合体霊

第六章 悪霊の行動様式

第七章 憑依

第八章 守護霊、指導霊

第九章 霊能、霊能力

第十章 正しい認識を阻害するもの
 
第十一章 人格障害

第十二章 喜びについて

第十三章 自他一如

第十四章 魂の研磨

第十五章 今後の聖典にむけて
コメント

瀬戸龍介

2008-06-10 12:19:45 | Weblog
youtubeで瀬戸龍介のライブの動画を見つけました。

問答、葉月の雨、ビューティフルモーニングなどの昔の名曲を

魂のこもった声で歌いあげています。少し太ったかも・・

尺八の演奏もすばらしいです。奥さんと娘さんも一緒にさんかしており

アットホームな感じでした。



このブログを書いたせいか、いつの間にか動画が削除されてしまいました。

無許可だったようです。

残念。

コメント