思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

1200テスラという強力な磁場

2018-09-30 22:19:18 | 思想、哲学、宇宙論
東京大学の研究グループがMRIの400倍にあたる1200テスラという強力な磁場を発生させることに成功しました。これは、室内で行われた高度に制御が可能な磁場を生み出す実験としては、過去の記録を大幅に超える世界最高記録となります。実験の様子はYouTubeで公開されており、SF映画の世界さながらの様子が話題となっています。




コメント

自在心を復活させるとき

2018-09-30 13:06:21 | 思想、哲学、宇宙論

https://ascension21.com/when-our-bring-back-the-freely-heart/

私たちがしてきた、あらゆる誤認識のなかでも最大の誤認識は、

自己の本体である生命の自由自在性を否定する想念習慣でありました。

自分自身を、不自由・不完全と認識していた間は、

気づかぬうちに自己否定・自己処罰をしてしまっていながら、

その事実がわからなかったために、心が真に安らぐことはありませんでした。

そのような心境でいた間は、他人に対しての許容度も小さく、

ワンネスを実感するには、それからいろいろな苦労を重ねて、

たくさんの気づきを得る必要があったのでした。

しかし、地球の運命が伸るか反るかの瀬戸際まで来ている現代では、

人類意識が進化の螺旋をこれ以上遠回りするのを、

手をこまねいて傍観している訳にはいかない事態になってまいりました。

地球人類の意識進化を、これ以上一人一人のペースに任せたままでいると、

地球界が完全な霊化を果たす前に、人類自身の想念によって、

地球の未来が閉ざされかねなくなって来たからであります。

そのことを先刻承知の大生命は、

先に意識進化を果たして霊化した天地に住む星の人類を地球に派遣し、

また、もとより法則を司る神々に加えて、

肉体界を経験したうえで生命そのものに還元した神霊方を、

地球界救済の大光明として、

人類の心に働きかける運びとなったのであります。

地球の進化を助けるために飛来している宇宙の先輩星の方々は、

意識進化を志向する方々のうちでも、真理に則って生きる人々の脳裏に働きかけ、

彼らの意識進化を助け、その他大勢の後につづく人々に、

その進化した意識波長が波及するよう、

先に意識進化した人やその一歩手前にある人々を、優先的に導かれております。

このことは、平等・不平等の問題ではなく、

現在の地球にあって、一足早く意識進化の螺旋を昇りつつある方々は、

太古の昔に地球に初めて降り立つ以前から、

そのような仕事を幾多の星々でしてきた人々で、このたびの地球完成に際しても、

その仕上げのときに立ち会い、地球世界完成を自分たちの手で成し遂げることを、

数え切れぬ生まれ変わりの遍歴をとおして、

想いつづけに切望しつづけてきた人々なのであります。

そのような人々には、宇宙人類の応援のみならず、

地球の進化を人間の内奥から導かれている守護の神霊が結集した

人類守護の神霊群も足並みを揃えて応援してくださっており、

そうした宇宙人類と地球神霊と地上の神人による三位一体の地球救済活動となって、

地球の滅亡を食い止め、地球自身とともに、人類が無事に霊化を果たし、

本来の一なる大生命の《分けいのち》としての天命を果たし得るよう、

最大限の応援をしてくださっているのであります。
コメント

いのちの大海原への航海

2018-09-29 16:51:41 | 思想、哲学、宇宙論
>肉体はそのままこの世(そこ)にありながら、すでに意識自体は汽水域を通り過ぎて、

いのちの大海原への航海を始めた人も、そうじゃなく、

肉体も意識もまだ汽水域のなかにある人も、

みんなが今、精妙な波動圏の世界になじむための波動調整をしているんだよ。

.........

この曲は、いのちの大海原へ大航海する時代の始まりを歌で表現しています。



コメント

『アミ 小さな宇宙人』

2018-09-28 16:26:24 | 思想、哲学、宇宙論
https://matome.naver.jp/odai/2150641703499343001



『アミ 小さな宇宙人』(あみ ちいさなうちゅうじん、原題: Ami, el niño de las estrellas)はエンリケ・バリオス (Enrique Barrios) の小説。1986年(昭和61年)にチリで出版され、ベストセラーとなった。

11か国語に翻訳されており、日本語訳は石原彰二が担当した。日本語版は1995年に『アミ 小さな宇宙人―アダムスキー マイヤーをしのぐUFO体験』というタイトルで、徳間書店の「超知ライブラリー」というオカルトやニューエイジを扱うシリーズの1冊として刊行された。徳間書店から2000年(平成12年)に『アミ 小さな宇宙人』に改題された新装改訂版、および2005年(平成17年)に徳間文庫から文庫が刊行され、挿絵をさくらももこが担当したことで注目された。



出典
アミ 小さな宇宙人 - Wikipedia













お気に入り詳細を見る










Amazon

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)















あらすじ





少年ペドゥリートは祖母とのバカンス中、宇宙人アミ(アミーゴ=友人の意味)に出会う。アミはペドゥリートをUFOに同乗させ、地球の上を飛ぶ間、本来の人間の生き方を彼に教える。そして、月やオフィル星へと連れて行く。



出典
アミ 小さな宇宙人 - Wikipedia



















用語





ネクロファゴ





死体を食べる人、という意味。本作の世界観では肉食は罪の無い生き物を殺す残酷な行為であり、文明社会にあるまじき忌避されるべきものである。進歩した世界には他の動物を捕食する生物もいないとされる。



出典
アミ 小さな宇宙人 - Wikipedia

























神は唯一とされる。神は創造のエネルギーであり純粋な愛の存在であり、同時に人間を含む万物が神であるとする汎神論的なものである。しかしながら神の一部分に過ぎない人間を切り離して神として崇拝することはアミの口から否定されている。



出典
アミ 小さな宇宙人 - Wikipedia



















宇宙の基本法





愛に基本を置く法。エゴや悪感情が克服され、愛が行き渡ることにより軍備も罰則も競争も所有の観念も必要なくなる。これが本作における文明社会の条件である。アミたちは宇宙の基本法を中心としたルールに則り「救済計画」を行っている。「救済計画」の対象となるのは宇宙の基本法を知らない未開の惑星である。「救済計画」には愛を説く宗教の発祥を援助する事も含まれ、聖書に記された奇蹟にも宇宙人が行ったものがあるとする。ただし法で許されているのは、導きのためのほのめかしまでであり、集団でおおやけに正体を明かしたりしてはならない。



出典
アミ 小さな宇宙人 - Wikipedia



















親交世界





宇宙の基本法を達成した文明社会の集合体。地球など未開状態に置かれた諸惑星を監視し、「救済計画」によって「第四水準(レベル)世界」に引き上げ親交世界の仲間入りさせることを目的とする。「救済計画」において銀河の中心に設置されたスーパーコンピューターが大きな働きを担う。保護を目的として集められた未開惑星の人々のデータを蓄積し、アミたちが乗るUFOの操作にも関わっている。



出典
アミ 小さな宇宙人 - Wikipedia



















人間





宇宙人はそのテクノロジーにより地球人類の進化を調整したとされる。



出典
アミ 小さな宇宙人 - Wikipedia



















進歩度





センソ・メトロ(感覚計)によって図られる指数。アミによれば「けだものに近いか“天使”に近いかの度合い」である。地球人の平均は550度で、以前の地球人の平均は450度だった。ある惑星が破滅の危機に陥った場合、700度以上の進歩度を持つ人は救出されることになっている。アミ等、救済計画を行う側の人間がみだりに自分や相手の進歩度の実数を明かすことは禁じられている。



出典
アミ 小さな宇宙人 - Wikipedia



















アミ曰く、現在の地球のレベルは「未開世界」。





現在の地球は人を幸福にしないシステムを採用している「未開世界」。 アミ曰く、「われわれ地球外生命体はこの未開世界の発達進歩には干渉してはならないと言う規則がある。 」

エエッ???。。。  地球上に住んでいる我々は自分のことをあまりにも知らなすぎるようです。 宇宙の中ではこの地球のレベルはまるで幼稚園、もうしくは未開世界というところ。  この現状を我々は自覚する必要がありますねェ。



出典
アミ小さな宇宙人 エンリケバリオス著のこれぞ、宇宙の法則



















アミ小さな宇宙人 ー 競争について





小泉・竹中内閣の時代に、「自由競争」そして「成果主義」という言葉が先行しました。 そして、構造改革としてこの原理原則がまかり通りました。 結局、強いものだけが儲かる、残るという世の中になってしまいました。 アミは競争は悪といっておりますね。

「ひとに”勝つ”、ひとより上にぬき出るという考えだね。それは競争だし、エゴイズムだし、そしてさいごには分裂だよ。 そうじゃなくて、ただ、自分じしんと競争して自分じしんに打ち勝つべきなんだよ。 他人と競争するのじゃなくてね。 進んだ文明世界には、そういった同胞との競争はまったく存在しない。それこそ、戦争や破壊の原因になりかねないからね」



出典
アミ小さな宇宙人 エンリケバリオス著のこれぞ、宇宙の法則



















アミ小さな宇宙人 ー 宇宙の基本法とは





アミは地球以外の星には宇宙の基本法があって、これを順守しているそうだ。 そして、驚くことに我々が常識としていることが、宇宙には存在していないことです。 例えば、所有、競争。  自分のもの、他人のもの、この所有という概念がまったく無い。 そして、驚くことに「お金」が存在していないそうです。 売り買いはしない。 何か必要なものがあったら、行って持ってくる。 実にシンプルで単純です。

アミは最も大切なこととしてペドロに伝えたところがあります。



出典
アミ小さな宇宙人 エンリケバリオス著のこれぞ、宇宙の法則



















それは「宇宙の基本法」です。 全ての基本に「愛」があり、「愛」が法である。 とても単純で、素朴で、すごく当たり前のことです。 でもこれを感じて、体得することは容易なことではない。 だからこそ、進歩が必要になってくるんだ。 進歩とは「愛」により近づいていくということを意味するんだ。

「宇宙のすべての文明世界は、みんなおなじように組織されているんだよ」 とアミは、ぼくがやっと理解したことをよろこんで言った。



出典
アミ小さな宇宙人 エンリケバリオス著のこれぞ、宇宙の法則



















「それじゃ、組織の基本は愛なの?・・・・・」
「そのとおり、ペドゥリート。やっとわかったね。それが宇宙の基本法なんだよ」
「え!!どれが?」
「愛が」
「愛? 愛が法なの?・・・・ぼくはまた、なにかもっとずっとふくざつなものかと思っていたよ・・・」

「とても単純で、素朴で、しごくあたりまえのことのようであるけれど、これを感じ体得するのは容易なことじゃない。 だからこそ進歩が必要となってくるんだ。 進歩とは、愛により近づいていくということを意味しているんだ。もっとも進歩したひとが、より崇高な愛を体験し、より深い愛を表現するんだ。ほんとうの人間の大きさとは、ただ、そのひとの愛の度数によって決定されるんだよ・・・・」



出典
アミ小さな宇宙人 エンリケバリオス著のこれぞ、宇宙の法則



















アミ小さな宇宙人 ー 地球の大変化・まもなくです





アミがペドロ少年に向かって、言います:

何が時間がないのかというと、間もなく地球は「新しい地球」へと変貌を遂げるのですが、この新しい地球はこれまでの心の秩序では運営できないのです。 これまでの心の秩序とは自分と他人を別けていることを正当化されている社会で、現代の常識を疑わない人々が集う社会です。

いま起きている異常気象、地震の多発、戦争の拡大などは、これまでの心の集大成として(これから益々増える)、これまでの膿を全部さらけ出すこととなります。 百年、二百年かけてではなく、ほんの数年で変化を遂げることとなるでしょう。 第二次世界対戦や、アトランティス大陸、ムー大陸の沈没を含めても、今まで人類が一度も経験したことのない大きな変化がいま、既に起こり始めています。

これぞ、アミ小さな宇宙人も言っている、来るべき「アセンション(次元上昇)」のことなんでしょうね。



コメント

voice-of-brothers-375

2018-09-28 13:10:33 | 思想、哲学、宇宙論
https://ascension21.com/voice-of-brothers-374/

https://ascension21.com/voice-of-brothers-375/

https://ascension21.com/voice-of-brothers-376/


★新しい時代の波動圏になじむための波動調整

肉体はそのままこの世(そこ)にありながら、すでに意識自体は汽水域を通り過ぎて、

いのちの大海原への航海を始めた人も、そうじゃなく、

肉体も意識もまだ汽水域のなかにある人も、

物質偏重の旧文明と根本的にそれとは発想の次元が異なる神霊文明が

重なり合っている現代にあっては、みんなが今、

精妙な波動圏の世界になじむための波動調整をしているんだよ。

それは、いのちの大海原へ大航海する時代へ向けた準備期間だともいえる。

それでたとえば将来、きみたちの霊化した肉体が円盤に乗り込むときには、

円盤内の神聖な波動(機長の心波を通して円盤内に浸透している神域の波動)

に接して急速な浄化反応を起こさないよう、

波動調整ルームを通って入ってもらうことになるし、他星の天地へ出入りする際にも、

やっぱり波動調整をしてから出入りすることになるんだよ。

そのように宇宙空間へ出て、まったく異質な波動圏に現象心身を運ぶ際(※)には、

適宜(てきぎ)適切な波動調整を受けて、

波動の変化に随時対応しながら生きてくようになるんだよ。※

霊的意識としては自由自在に何処へでも行けるというか、

究極的には自分のなかのこととして把握できる ← 己自身が宇宙そのものだからね)

話は全然違うけど、赤ちゃんが母親の胎内で約10カ月の間過ごすのも、

肉体界に馴染むための波動調整期間なんだよ。 そのように波動調整というのは、

人が生きてゆくうえで、必要欠くべからざるものなんだよ。

将来的には、様々な波動調整が有機素材で造られた調整機器で出来るようになるのだけれど、

そうなるまでの間は、祈りによる生命の源への統一が、

何にもまさる一番の波動調整の方法になる。

そのうち、生命根源の波動が地球の現象界にまで到達しているピラミッドに入っての

波動調整の道が、すべての人に開かれることになる。





きみたちは気付いてないけど、今までの数十年間は、

幽体と肉体が入り混じった波動圏に生きていたんだよ。

だから、それを汽水域にたとえて説明してたってわけ。

現在進行形で今の変化を過敏に捉えてる人もいるにはいるけど、

それはごく一部の人だけだ。霊的に何も観えなくたって聞こえなくたって、

”今ここ”が霊的世界になってしまえば、

そんな能力、何も特別なことではなくなるでしょ。

だから変な霊能者やスピリチュアルなんとかを名乗ってる人に高いお金を払って

幽界や地獄界行きの片道切符を買うことなんかないからね。

何度も言うけど、すべての変化はごく自然に現れて、

見えも聞こえもしないうちに大きく変わってゆくんだよ。

それで数百年前、初めて目の青い人間を見た昔の日本人みたいに、

宇宙人類が目の前に現れたとき、すべての地球人は一様に、

とんでもない変革の時旬にあることを自覚するだろう。

だけどそうなるためには、地球界全体の物質及び空間波動が最低でも四次元、

拠点となる場所は五次元、地球の進化を牽引する人々の意識が五次元に

到達している必要がある。 だから波動調整が大切なんだ。

きみたちが様々な体験を通して、みずからの意識(のあり方)を磨いていることは、

それを好いていようがいまいが、その一瞬一瞬がかけがえのない尊い体験なんだよ。

だから周囲や自他のすべてを肯定して、前向きに捉えることだ。

そうやって生きる心の持ち主にこそ、輝ける未来が開かれるのだからね。




精妙な波動圏の世界   7次元ぐらいでしょうか。神々しい世界です。






このカバーに比べると精妙さの違いが分かります。精妙さの違いが次元の違いになります。

コメント

電気的地球科学 

2018-09-27 14:43:41 | 思想、哲学、宇宙論

電気的地球科学 放電・膨張・空洞 Kindle版

三浦一則 (著)



重力波の観測は間違いだったをはじめとして、従来の科学を17世紀に戻って見直しました。ブログ「破壊学事始」(zao.jp)で本書に関連した記事を読めます。
科学の歴史を紐解くと、科学は一様に進歩してきたとは言えないことがわかります。多くの古代文明が精密な宇宙の運行を独自の天文学で把握して、暦を作っています。マヤ文明の暦は紀元前5世紀から使われており、天体の運動はコペルニクスやガリレオより早く解明され、粘土板や壁画に刻まれました。アステカの精巧な暦は24トンもある花崗岩に彫刻されました。しかしヨーロッパでは天文学は後退してしまい数世紀もの間、太陽と地球は主導権が転倒していました。偉大な太陽はちっぽけな地球の周りを回っていたのです。
21世紀に生きる現代の私たちは、近代科学以前の常識を、宗教的であるとか、非科学的であるとして、ときに嘲笑します。近代科学は、弾丸より速い飛行機を飛ばし、月や宇宙に人間を送り込んでいます。20世紀は人類の飛躍の世紀でした。近代科学の詳細を知らない一般の人でも、近代科学の持つ優位性を無条件で確信しています。
しかし17世紀に始まった科学革命が途中で方向を見失い、誤った袋小路に入ってしまったとするとどうでしょうか? 20世紀の科学を支えた相対性理論は21世紀になり、重力波が観測され、もはや疑うことはないと信じられています。相対性理論はニュートン力学を超えるセオリーとして認められてきました。本当でしょうか?
本書では、19世紀の古典科学に立ち返り、基本的力である重力を再検討します。そして地球科学の柱であるプレートテクトニクスを地球膨張説で置き換える試みをしました。その結果である地球内部の広大な空間の発見は、地球空洞説の科学的証明であると考えています。また、重力や圧力で説明されてきた天体現象、太陽系を駆動する動力源から地震までを電磁気現象として捉えなおします。

現在の地球科学の常識を見てみましょう。地球の大きさは半径が6400km、ほぼ球体です。地表から、地殻、マントル、外核、内核と構造があるとされます。地殻には、花崗岩、玄武岩などの岩石、マントルはカンラン石などの比重の重い岩石、外核はニッケル、鉄が溶けている状態、内核はニッケル、鉄が固体になっている。内部に行くにしたがって圧力が重力により高くなっています。
高温の外核はマントルを加熱します。マントルは固体ですが、不思議なことに非常にゆっくりと対流します。マントルの対流は、地殻との間にある、玄武岩、ハンレイ岩の厚い岩盤をゆっくりと動かします。プレートテクトニクスです。プレートの移動は地殻にひずみをもたらし、堅い岩石にバネのようにひずみを蓄積します。この岩石に蓄えられたひずみの解放が地震です。
プレートの移動は、大陸の地殻を動かし、衝突したプレートは山脈を作ります。海底から拡大したプレートは、大陸の下にもぐっていきます。軽いはずのプレートが比重の重いマントルに沈むのです。
プレートが沈んでいる場所では、地殻にひずみがたまり地震が多く起きます。マントルからの熱が上昇してくるので、マグマによる火山活動が活発になります。
ほとんどの読者は、以上のような地球へのイメージを持っていると思います。しかし、これらはすべて実証されたものではないのです。仮定の上に仮定を積み上げた推論です。本書は、地球科学の大本までさかのぼり、既存の科学にとらわれずに、地球の本当の姿を考えたものです。


目次

1.重力は神話? 否妄想に過ぎない
おかしな重力
キャベンディッシュの間違いに気づいたファラデー
次々と提唱される新重力理論
重力は2種類ある
コラム 宇宙船内での人工重力の作り方

2.地球はなぜ丸い? 空洞の発見
科学を停滞させる重力神話
地球内部に重力はない?
空洞の存在が見えてきた
コラム 重力波の観測はSLFという電波をまちがえた

3.電流はなぜ流れる?
プラズマとは何か?
電子と電流

4.膨張する地球
シンクホール 地球膨張による穴
岩石、水が湧いてくる
コラム 太陽は空っぽかもしれない

5.地球膨張のメカニズム 海と大気の起源
マグマオーシャンはなかった
相転移による体積拡大
コラム 日本海海底の不思議なスジ

6.星を生む木星
星は糸を巻いたようにできている
木星わたあめ製造機
海底に残る筋
コラム 丸い石→石が丸くなる→惑星の卵?

7.地球の内部構造
遠心力で岩石が湧いて大陸になった

8.公転・自転と地球磁気
電気で動く地球
電気引力・反発力による公転
自転はファラデーモーター
コラム 空が青いのはなぜ?

9.地震は放電現象
岩石が圧電効果で変形する
津波は海中での放電
コラム 地震避雷針

10.地形はどうやってできた?
膨張による地形形成
放電で作られた山々
自転が作る地形
コラム 太陽フレアと地震、台風

11.古代文明と小惑星帯
鉄鉱石、化石
惑星の崩壊とフェイトン
惑星間移住
ピラミッドは超光速通信機
コメント

プラズマが銀河を形成する

2018-09-27 11:42:01 | 思想、哲学、宇宙論
http://amanakuni.net/uchu/9.html

プラズマが銀河を形成する

 宇宙に存在する4つの力、すなわち重力と電磁気力、強い力、弱い力のうち、核力である後者2つは力が及ぶ範囲が極めて限られている。これに対して、重力と電磁気力の及ぶ範囲は理論上、無限大である。それこそ宇宙の果てまで作用する。
 大量の電気が流れ、強力な磁場が存在すると、いったいどんな現象が起こるのか。宇宙の果てまで作用する電磁気力は重力以上に、天文現象に影響を与えているのではないか。
 宇宙空間が単純な真空ではなく、電気伝導度の高いプラズマで満ちているとなれば、電磁気力こそ宇宙を支配しているといっていい。プラズマが電磁気エネルギーを全宇宙に運ぶ媒体なのである。

 宇宙空間には電流が流れている。最初にそう主張したのはノルウェーの物理学者K・ビルケランであった。彼は極地方に発生するオーロラがプラズマ現象であることを理解した上で、それを生じさせる地磁気とイオンが宇宙空間にまで広がっていると推理。星は進化する過程で大量のプラズマを宇宙空間に放出していると予言した。
 予言は的中し、宇宙空間はプラズマで満ちていることが確認され、大量の電気が縦横無尽に流れていることが判明した。今日、宇宙空間を流れる電流は彼の名にちなんで「ビルケラン電流」と呼ばれている。

 電流が流れるとそこに磁場が生じる。ビルケラン電流があると、それを中心にしてプラズマが生まれる。と同時に、プラズマはビルケラン電流の媒体となる。ビルケラン電流によって生じるプラズマ流のことを「プラズマ・フィラメント」と呼ぶ。ビルケラン電流があれば、そこにプラズマ・フィラメントが必ず生じる。そして、その周りに強力な磁場が発生する。複数のプラズマ・フィラメントが接近すると、その周囲に発生する磁場によっ
てビルケラン電流が同じ方向に流れるもの同士が互いに引き合う。ピンチ効果と呼ばれる現象によって、2つのプラズマ・フィラメントは絡み合うようにして合体。まるでしめ縄のように大きなプラズマ・フィラメントとなり、渦巻き構造の高エネルギー領域を生み出す。
 プラズマは質量を持っている。巨大なプラズマ・フィラメントは自らの重力によって収縮し始める。すると、収縮運動がまたも新たなビルケラン電流を生成。そのビルケラン電流は例によってプラズマ・フィラメントを形成する。重力が電磁気力に変換される形で、プラズマ・フィラメントは成長する。

 かくしてプラズマ・フィラメントは巨大化して銀河の渦巻き構造を生じさせ、宇宙空間にビルケラン電流の送電網を形成していく。
 言い換えると、プラズマ・フィラメントが銀河を形成し、銀河から噴出するプラズマ・ジェットがフィラメントとなって宇宙空間に広がる。フィラメントはそれ自体が電流であり、磁場を作る。銀河が銀河を生み、さらに銀河団を作る。銀河団は超銀河団を形成し、遂には宇宙の大規模構造をも生み出すのだ。

 天文学者たちは何世紀にも渡り、恒星や惑星を生み出したり、天体の運動を支配する力は重力しかないと考えていた。彼らは宇宙にある全ての天体は電気的に中性であり、正の荷電粒子と負の荷電粒子が同数あると仮定していた。そうすれば、きわめて強力な電気の力を無視することができるからである。けれどもそれは致命的な間違いだった。極小の粒子から巨大な銀河まで、電気回路網が自然界の全てを接続し、統合しているのである。
 この電気回路網は銀河を組織し、恒星にエネルギーを供給し、惑星を誕生させる。「電気的宇宙」に孤立した島はない。こうした宇宙間を媒介するのがプラズマという状態にある物質である。プラズマは全宇宙を満たしていることが分かっている。これは、重力理論の先駆者たちが知らなかった事実である。岩石から成る少数の惑星や衛星、隕石を除き、宇宙に存在するほとんどの天体はプラズマからできている。遠方の恒星も、我々の太陽も
、太陽系の惑星も、電気を帯びた天体なのである。



 スウェーデンの物理学者ハンネス・アルフベンは、ビルケランの研究を継承する形でプラズマを研究。1970年度のノーベル物理学賞を受賞。現在のプラズマ宇宙論を確立するに至った。1960年代にすでにアルフベンは、ビッグバンというようなものはけっして起こりはしなかったと強く主張していた。
 アカデミズムでの評価は十分とは言えないが、プラズマ宇宙論を支持する物理学者は少なくない。ビッグバン宇宙論を超えるモデルはプラズマ宇宙論にしかないことを最先端の物理学者は徐々に気づき始めている。
 米国のロスアラモス研究所のアンソニー・ペラットも、その一人。彼は実験室でプラズマ・シミュレーションを繰り返す過程で、プラズマ・フィラメントが形成する渦巻きが銀河の構造と全く同じであることを発見し、注目を集めた。宇宙空間で観測される銀河の全ての形状がプラズマ・シミュレーションで確認できたのである。
 天文学の最も根本的な謎の多くは、現在、プラズマ挙動の中にその答えを見いだしている。プラズマ実験は、プラズマ中で相互作用する電流には物質を回転させる性質があることを示している。電流は物質を引き寄せて、回転する恒星や銀河を形成させることができる。
 ビッグバン宇宙論も、インフレーション宇宙論でさえシミュレーションに成功していない銀河の構造をいとも簡単に再現できた意義は大きい。実験室の中でも再度検証できることが、プラズマ宇宙論の強みである。未知の素粒子や想像を絶した高エネルギー状態を想定しなくても、電磁気力はスケールを小さくすれば、現象を再現できるのだ。


コメント

地球は負に帯電している

2018-09-26 17:55:44 | 思想、哲学、宇宙論

地球は負に帯電している




https://www.minemeng.net/2017/02/blog-post_62.html


良く晴れた日、地表付近では、地面に向かって約90 ~ 110 [V/m] の電界が分布していることが知られている。


上空では電界は弱まる傾向があるが、地表付近に一辺 100 [m] の立方体の空間を考えると、その空間の内部にある総電荷はおよそ数マイクロクーロン程度であるということがわかる。




電界は地表に向かって分布しているので、地球そのものがマイナスに帯電していることがわかる。




ではなぜ地球はマイナスに帯電しているのだろうか。

答えは私達が良く目にする雷にある。




雷は地球に負電荷を供給する。一度の落雷によって地球に供給されるのはおよそ -20 [C] もの電荷であり、これによって地球は負に帯電し続けているというのである。雷雲と地表との電位差はおよそ 3億ボルト ― 3 × 10⁸ [V] であり、多くの雷雲の地表側の面はマイナスに帯電している。数 [km] 上空にある雷雲による落雷の電流の大きさがおよそ 10000~100000 [A] であり、上空へと電流が流れることになる。電流は短い時間だけ流れ、その時間に電荷が供給される。



http://www.kakioka-jma.go.jp/knowledge/ae_bg.html#TOP-TOP



空中電気(大気電場)の基礎知識

大気電場とグローバル・サーキット

 地球の大気中には、雷の放電などの電気に関係した現象が見られます。電気的な現象は雲の中だけではなく、晴天時でも大気中には電場が存在していることが知られています。これを空中電気または大気電場と呼んでいます。地球表面はマイナスの電荷を帯びています。一方、上空の電離層はプラスの電荷で帯電しており、地球表面との間には約300kV(キロボルト)の電位差が保持されています。これは地球表面が(-)極、電離層が(+)極であり、両電極の間の大気が誘電体(静電気作用を伝える絶縁体)として形成された、巨大なコンデンサーとなっています。
 大気中では太陽光等によってイオンが作られています。このため大気は完全な絶縁体ではなく電気が流れます。このまま放っておくと両極間の電位差は消失するはずですが、実際にはこの両極間の電位差はずっと維持されています。これを維持するためのメカニズムとして現在考えられている有力な説は、全地球上の雷活動が発電作用となり電離層と地球表面とを結ぶ地球規模の電気回路(グローバル・サーキット)を形成しているというものです。


           →   電離層(+)  →
         ↑                ↓
     (雷活動による発電作用)   (大気中に流れる電流)
         ↑                ↓
           ←   地球表面(-) ←




大気電場の短期的な変動と静穏日

 大気電場は雷をはじめ風、雨・雪等の降水、霧・もやなどの大気現象により局地的には常に大きく変動しています。特に雷雲は強く電離しているため、接近すると電場は大きく変動します。このことを利用して雷予測への道を探るための調査研究も行われています。
 一方、このような気象現象の影響を受けない日を静穏日としています。


大気電場の長期的な変動

 長期間の観測によると静穏日の電場も変動していることがわかります。これは季節変化とか 経年変化と呼ばれているものですが、その原因の一つとして考えられているものに大気の電気伝導率の変動があります。大気の電気伝導率を左右する凝結核は大気の汚染状態等を反映すると考えられています。



コメント

マイナスイオンで精子や卵子の若返り

2018-09-25 12:49:51 | 思想、哲学、宇宙論

精子と卵子の老化と対策と若返り


不妊で悩まれている方の中でその大きな原因となっているのが、卵子や精子の老化です。近年晩婚化が進み、この問題は深刻な問題となってきました。女性の場合は35歳以上になると妊娠率が低くなり、また妊娠しても流産してしまう確率が上がってきます。

これは加齢による卵子の老化が大きく関係しているとされ、卵子の染色体異常や受精しても発育が不可能となってしまう場合がある為です。実は卵子というのは女性が生まれる前から生産されていて生まれてから増加するものではありません。

なので女性は生まれた時から卵子の量が決まっていて、それが初潮から毎月毎月生理となり、外に出され閉経に向かっているのです。なので卵子の老化というのは自らの年齢と同等で共に加齢していくものなのです。男性の場合ですが男性の精子というのは卵子とは異なり、日々生産されているものです。ですが男性の高齢化や不規則な生活習慣により精子事態の細胞が酸化してしまい、精子が老化すると考えられています。

この精子の老化は運動機能自体に問題を起こす可能性があり、卵子にたどり着くことができず、妊娠に至らないケースも多いです。この様に女性も男性も年齢による卵子や精子の老化が不妊には大きく関係しています。ですが精子や卵子の老化対策や若返りは可能であることがわかってきました。精子や卵子の若返り効果が期待できるのがマイナスイオンです。

このマイナスイオンは精子や卵子の細胞の内部のミトコンドリアの機能改善に効果があることがわかっていて、このミトコンドリアの機能を改善することにより、老化対策となりまた若返りが可能なのです。

最近ではマイナスイオンを効果的に体内に取り入れる方法として、サプリメントなども販売されています。こういったサプリメントを利用してマイナスイオンをとりいれ、卵子や精子の老化対策や若返りを行ってみてもいい方法だといえます。





コメント

マイナスイオンとは(作用と効果)

2018-09-24 19:44:34 | 思想、哲学、宇宙論

https://www.salonshien.com/column/index_06.php

6. マイナスイオンとは(作用と効果)

【マイナスイオン】とは
~「マイナスイオンハンドブック」(藤野 薫氏著)より一部抜粋~

●「イオン」とは 一般に原子は、原子核の陽子(+)と周りの軌道を回っている電子(-)の数のバランスがとれていますから、電気的には中性です。ところが、原子の中には電子を余分に得ようとするものと、反対に電子を失いやすいものとがあります。
原子が電子を得て負の電荷を帯びたとき、これを「陰イオン(マイナスイオン)」、逆に電子を失って正の電荷を帯びたものを「陽イオン(プラスイオン)」と呼んでいます。



●「マイナス空気イオン」(Air Soluble Vitamin)とは
「地球の自然環境の中で人間の健康によいマイナスイオンが最も多く存在する場所は“滝壺の周辺”であり、滝壺周辺の空気は負電荷を帯びている。」ということを発見したのはドイツの物理学者フィリップ・レーナルト博士です。
50㍍以上の激しく滝から落する水流がマイナス「イオンを大量に発生させる現象をレーナルト効果(※)」といいます。
(※)日本では最初に紹介した人物がドイツ人「レーナルト」の読み方を誤って英語読みをして“レナード”と表現したために、その後「レナード効果」と表現されているが、本来は“レーナルト”が正しい。 滝


従って、滝壺の周辺では、清浄感と共に“何となくひんやりした清涼感”を感じるのは、実はマイナスイオンの豊富な空気に触れているためなのです。

即ち、物理的なエネルギーにより水分子から電子が空気中に飛び出し、その電子は空気中の酸素にくっついてマイナスの電荷を帯びます。
換言すれば「マイナス空気イオン」とは、“余分に電子を吸着してマイナスイオンとなった酸素分子”を意味するのです。

呼吸によって肺から血流の中に入ってゆく酸素は、ただの酸素ではなく電子を余分にもった「マイナスイオン化した酸素」であり、この「マイナスイオン化した酸素」こそが、私達人間をはじめとする全ての生きとし生けるものの“いのちの源”のようです。

●「マイナス空気イオン」の発生する場所
マイナス空気イオンは、前述の「滝壺」の周辺で発生する他、川の急流地や雨足の強い時の地表付近でも発生します。
しかし、通常地表近くで発生するマイナス空気イオンは、実は地球内部で原子崩壊が起こり、これが電子を放射して空気をマイナスイオン化しているのです。
その中でも、気圧の急激な変化のあった時(雷の発生現象)とか、地殻変動が発生した時には特に顕著に大量の発生が見られます。

●イオンバランスの理想と現実
☆本来の大気中のイオン数は、「マイナスイオンがプラスイオンに対して約10~20%優勢」で、かつ「イオンの総量が多い」のが理想的です。



場 所

マイナスイオン数

プラスイオン数

マイナスイオン比率


大都会のオフィスビルの中

34

270

11.2%


高原の外気環境 (理想)

692

670

50.8%


☆ところが、現代社会においてはイオンバランスの破壊現象が各地で起こり、
大都会のイオンバランス状態の特徴的な点は、

1.相対的にプラスイオン過多状態にある
2.プラスイオン、マイナスイオン共にその絶対数値が極度に低い

という点にあります。
その主たる原因は、車の排ガス、工場から出る排煙、電気製品・OA機器等の電子機器、各種人工構造物、石油化学製品からできた建築資材等があげられますが、特に身の周りの家電製品・コンピュータを中心としたOA機器は特に大量のプラスイオンを常時発生し続けています。

●「プラス帯電しているもの」

空中の塵、煙の粒子(車の排ガス・工場の排煙・煙草の煙)、ダニの死骸、カビの胞子、ウィルス、細菌、花粉等

空気を「プラスイオン化」させるもの、あるいは「マイナスイオンを消滅」させるもの

電気製品・OA機器等の電子機器、各種人工構造物、石油化学製品からできた建築資材、各種化成品等
※これらのプラス帯電した有害浮遊物質はマイナス空気イオンに触れると、プラスとマイナスがくっついて中和され床に落下することにより、人体に対して無害なものとなる。


●「リュウマチ等の持病持ちの症状の悪化」の原因
これらの持病の悪化が天候変化の起こる直前或いはその最中に起こる原因は、“気圧の低下”に伴う「マイナスイオンの減少/プラスイオンの増加」によるものです。

●【天候・気象条件と“痛み”の関係を結ぶものは“イオン”だった】
☆昔から、「梅雨時になると膝が痛くなる」とか「天候が崩れそうになると古傷が痛む」といった話をよく聞きますが、これらは全て“イオン”と大変関係のあることなのです。

皆さんよくご存じのように自律神経系は交感神経と副交感神経からなりたっており、それぞれ下記のような働きをしています。


心臓

胃腸

血管

瞳孔

発汗


交感神経

促進

抑制

収縮

拡大

冷汗


副交感神経

制止

促進

拡張

縮小

温汗


痛みの増加の理由は実は「低気圧により交感神経が興奮するため」であり、これにより
血管の収縮 → 血流の悪化 → 代謝の悪化 → 痛みの発生
といった流れでカラダに変化が起こるのです。

☆では天候の変化で何故このようなカラダへの影響が発生するのでしょうか。 実は「天気の悪い日(低気圧)は地中からのイオンの発生がプラスイオン過多に傾く」(※詳しくは「マイナスイオンハンドブックP.59参照」)ことによって、このプラスイオンが副交感神経を興奮させて上記のフローチャートのごとく“痛み・不快感”を感じるのです。

Air Soluble Vitamin
●【“気溶性ビタミン”(=マイナス空気イオン)の真に意味するものは…】

☆“マイナスイオンの本質を示すエピソード”として

☆潜水艦の乗組員の体調不良・思考能力低下・便秘等の真の原因は実は「マイナスイオン不足」が原因だった
☆酸素のない空間で窒息死寸前のラットにマイナスイオンを与えると、何と突然呼吸が回復して立ち上がって走り始めた

という二つのエピソードをご紹介しておりますが、実は“マイナスイオン”は空気中の「酸素」が電子を余分に得た状態で存在しています。

☆一方、私たちのカラダはマイナスイオンをどのようにして体内に取り込んでいると思いますか?
実は、マイナスイオンの“呼吸”を通して吸収する率は全体のわずか14~19%(約20%程度)で、
「残りの81~86%(約80%程度)は“体表(皮膚・粘膜)”から吸収」
しているのです。
☆実は、マイナスイオンというのは発生源から距離的に離れれば離れるほどドンドン減少してゆくのです。

ということは皮膚から、より効率的にマイナスイオンを吸収するためには、大量のマイナスイオンを発生する特殊シートを身に着けることが最も効果的なのです。
即ち、ここで温熱療法治療器“Heat-Tech PRO”に用いる「特殊マイナスイオンシート」/「ホルミシスWシート」が大変有効に働くのです。


マイナスイオン効果

〔マイナスイオンの機能〕としては
1.血行促進
2.還元作用
3.自律神経バランスを整える→リラックス
4.自然治癒力のアップ
といった働きがあります。


◆“マイナスイオンの本質”を示すエピソード
~マイナスイオンの人体・動物等への影響~

1.「マイナスイオンが人体に必要な理由」が判明したのは約60年前に初めてできた潜水艦の“乗組員の体調不良”がキッカケ〔潜水艦症候群〕
約60年前に初めて潜水艦が建造されて、乗組員達の潜水訓練がはじまると、何故か皆が「不快感・体調不良・思考能力低下」となり「便秘」が当たり前状態になったので、その原因を調査した所、長時間の潜水中に艦内のディーゼルエンジン・通信機器等の稼働により大量のプラスイオンが発生することにより「艦内のマイナスイオンがなくなった」という事実が判明したのです。即ち、「人間は酸素だけでは健康体を維持できない」ということが解ったのです。


2.全くイオンのない空気環境でラット、はつかねずみ、モルモットを飼育した所、「全てが2週間以内に死亡した」(ロシアの科学者:A・L・チイエウスキー博士.)
※マイナスイオンのない環境下ではいくら良質の酸素を摂取しても生体はこれを利用することができない。


3.酸素のない空間で窒息死寸前のラットにマイナスイオンを与えると、何と突然呼吸が回復して立ち上がって走り始めた。ロシアの科学者:D・A・ラピッキー博士)
※生命の源は“マイナスイオン”にあり


4.満月の日には放火・傷害・殺人事件等が倍増(ニューヨーク市警・フィラデルフィア警察)
満月の夜には火災・傷害・救急患者の緊急電話が25~30回ほど増える(フェニックス消防署)
精神病棟では満月のたびごとに潰瘍出血・てんかん発作が急増(マイアミ/ジャクソン記念病院)
満月の日に限り術後の出血が極めて著しく激しくなる( N・シーリー博士)
※満月になると月が太陽の引力により地球に引き寄せられるため、あるいは地球の周りの電離層が地球に近づくために、地球の大気を強力にプラスイオン化させることによってこのような様々なトラブル・事件が発生するといわれています。


◆マイナスイオンの“人体・動植物への影響”
~日本国内における研究者報告・体験報告~

◆幼稚園での報告(教室に1年間マイナスイオン発生器を設置した結果)
・集中力の向上
・行動が天候に左右されなくなった
・落ち着きのない子供が落ち着きを示すようになった
・欠席者数が減った(先生方の疲れが軽くなった)


◆脳波がα波~θ波になる
・不眠症の人/眠りの浅い人は熟睡できるようになった


◆動物への好影響
・ラット…学習能力が向上し、落ち着きの度合いがアップ
・ハツカネズミ…寿命が延びた
・蚕…さなぎが大きく、繭のサイズも大きくなる
・ニワトリ…産卵回数が増え、体重がアップ
・羊…成長促進、羊毛量がアップ



◆植物への好影響
・種子・・・発芽が大幅促進
・果物…日持ちがよくなる(トマト:10日後でも鮮度を維持/対象区は腐敗)









マイナスイオン の 力(POWER)

1.体内を弱アルカリ性にします。
     最も代表的な作用で、プラスイオンにより酸性化した体内をマイナスイオンを取り
     入れることで中和し、弱アルカリ性にします。
       ※体内の酸化は内臓機能障害新陳代謝の低下の原因となります。

2.乳酸を中和します。
     激しい運動をした後、体内には「乳酸」というものが生成されます。これは、筋肉
     痛や翌日の倦怠感の原因であり、強力な活性酸素といわれています。
     マイナスイオンは、この強力な活性酸素である乳酸を中和し、体調を整える働き
     をもちます。

3.ジアテルミー効果があります。
     生き物にとって大切な光線である「遠赤外線」を発生しています。この遠赤外線は
     血流促進に効果を発揮します。





などの働きは・・・こんな症状に効果的であるといわれています。




 ・頭痛     ・慢性便秘     ・不眠症      ・筋肉のこり    ・筋肉の疲れ
 ・神経痛    ・筋肉痛       ・内臓機能低下 ・ストレス      ・四肢のしびれ
 ・五十肩    ・椎間板ヘルニア ・頚肩腕症候群 ・肩こり       ・腰痛
 ・手足の冷え ・皮膚病(痒疹、湿疹、アトピー性皮膚炎) 
 ・老化防止・発癌防止(抗活性酸素作用)      ・鎮静、鎮痛作用   etc・・・



【マイナスイオンの種類について】
  マイナスイオンには、人工的に作られるものと天然のものがあり、それぞれの特質は
  異なります。



    自然のマイナスイオン

【1】瞬間的にプラスイオンと結合します。
【2】低温度(25℃程度)でも効果を発揮し
  ます。    人工的に作られたマイナスイオン

(1)電荷を持ったまま安定し、プラスイオンと結合しにくい。
(2)酸化還元力が弱く(酸性をアルカリ性にする力)、正常に
  作用させる為には体温が異常に高い状態を必要とする。
(3)副生成物としてオゾンを出し、空気中の有害物質と結合し
  硫酸や硝酸を出すことも考えられます。





コメント