思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

共鳴ネットワーク構造

2010-02-28 13:05:45 | Weblog
生成現象の裏にはネットワーク現象が存在する。

同種の波動や補い合う波動が共鳴することで、ネットワークを形成し、独自の場を発生させる。

場は、相互作用によって自己創出しつづけながら進化し続ける。

場はそれぞれ独自の時空を持っている。

時空の違いは、波動の種類や共鳴ネットワーク構造の違いによる。
コメント

共鳴波動のネットワーク

2010-02-27 10:04:57 | Weblog
同種の波動や補い合う波動が共鳴することでネットワークを形成し、独自の場を発生させる。
コメント

生成とネットワーク

2010-02-26 14:36:03 | Weblog
自己はネットワークによって生成される。自己に限らず生成現象の裏には

ネットワーク現象が存在する。何かが生成されるときには、そこにネットワーク性が存在する。

場の生成は波動のネットワーク現象によって生じる。
コメント

h

2010-02-25 14:33:51 | Weblog
コメント

メタセコイアとドガで作りました

2010-02-24 15:48:45 | Weblog
コメント

超面理論というのを考えてみた

2010-02-23 13:46:41 | Weblog
超面理論 空間は超微小な面の集まりであり、面の角度をそろえることで一つの空間が

作り出される。角度の違いは次元の違いであり、無数の次元が存在する。
コメント

創発ネットワークシステム

2010-02-20 16:01:08 | Weblog
自己とは創発ネットワークシステムであり、様々なものと結び付くことで

新たな自己を創造し、現在の自己に統合しながら、進化し続ける存在である。

自己とは永遠に成長し続けるネットワークシステムといえる。


コメント (1)

戦車

2010-02-19 13:59:52 | Weblog
メタセコイアの戦車のサンプルに絵を貼り付けてみました。
コメント (1)

世界の秩序形成

2010-02-18 13:58:41 | Weblog


この演奏は世界の秩序形成のアナロジーとしてみることができる。

個々の演奏者を独立したシステムと考えると、システム同士が同期し共鳴することで、全体がまとまり

相補的で、より大きなシステムを形成しながら時間空間発展していく。そんなイメージだ。

人は、個を超えたより大きなものと一体となることで深い意味と歓喜を体験するのだ。
コメント

エクソシスト

2010-02-17 16:56:23 | Weblog




コメント