宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

大崎4Hクラブが視察研修を実施しました。

2019年07月02日 08時56分25秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 令和元年6月27日に大崎4Hクラブが自主事業の一環として視察研修を実施し,クラブ員7名が参加しました。
 始めに,宮城県農業・園芸総合研究所で環境制御技術や緩効性肥料試験を視察した後,仙台市秋保のくまっこ農園で有機農業による多品目栽培の技術理論や販売戦略について学習しました。
 クラブ員は簡易な環境制御技術が身近になっている現状やドローンによる生育モニタリング技術に興味津々でした。また,くまっこ農園の渡辺重貴氏による農業へかける熱意や多品目野菜を無防除で栽培する技術理論,会費制による販売方法の話は大きな刺激になりました。渡辺氏からはいつでも遊びに来ていいとの言葉もいただき,新しいつながりもできた研修会となりました。

この記事についてブログを書く
« 水稲直播栽培の現地検討会開催 | トップ | 水稲多収品種「つきあかり」... »
最近の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事