宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

水稲種子生産ほ場の第2期ほ場審査を行いました

2021年09月15日 11時58分09秒 | ①先進的経営体等の育成・経営安定化・高度化

 登米管内では,JAみやぎ登米水稲種子採種組合が,約66haの採種ほ場で水稲の種子を生産しています。

 普及センターでは「主要農作物種子条例」に基づき,「ほ場審査」と「生産物審査」を行っており,令和3年9月1日に,「第2期ほ場審査」を行いました。

 今回の審査では,種子への異品種混入や雑草種子の混入を防止するための最終チェックを行った結果,全ほ場「合格」となりました。

 採種ほ場では,9月中旬から順次収穫が始まり,種子センターで乾燥・調製作業が行われます。

 普及センターでは,今後収穫された種子の「生産物審査」を行い,優良種子の安定供給が図られるよう支援してまいります。

 

<連絡先>
宮城県登米農業改良普及センター 先進技術班
〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
電話:0220-22-6127 FAX:0220-22-7522  


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする