minoaka Tommy の わらぶき小屋

音楽や話題になってる事で、面白い よもやま話が好きな仲間が気楽に寄れるコーナー
   <’11・11・1 OPEN>

春夏秋冬家

2017年04月30日 22時19分55秒 | 飲食・グルメ
昨日の続き︰

ウクレレ教室高岡の有志9人、ウィングウィングの春夏秋冬家(これで いちねんや と呼ぶ)に集まる。


日数が経ったが、先月の「まなぶん発表会」と「アロハランチ」の打ち上げ。


豚ロースシャブシャブ鍋。
生ビールで乾杯した後は、各自好きなものを注文。


今後の予定や希望曲を話しあう。


〆のそばがまたうまい。

土曜の夜だ。カラオケの混み具合を聞くと数十分だと…7人で行く。

すぐマイクの取り合いが始まる。
皆さん、イメージと違う歌を連発。


歌っている最中に電話。

係り「あと10分で終わりますが、延長はどうされます?」
全員「1時間、延長しょうぜ」

カラオケをやって解散。
そこからギターのツーさんと2人でジャムハウスに出向く。
そこでウィスキーを呑んで、23時半に帰宅。一日、フルに動いてた。
コメント (2)

アロハランチ

2017年04月29日 23時54分55秒 | ライブ
年2回のアロハランチ。
今回は新幹線高岡駅に近いコーヒーハウス「メモリー」で。

まずは「夢の中へ」から、軽快にスタート。
「まなぶん発表会」でやってたから大丈夫だ。


参加者は20名。メンバーにはフラをお手の物とするフラガールもいる。


デカプリオ師範代と一緒に「赤いレイ」。
この曲はハモリ易く、好きなナンバー。


お昼にランチしてから、ケーキ🍰とお店自慢のコーヒーで一服。


お店のママと2ショット。
彼女には、昨年末にXmasライブで司会をしてもらってる。
真ん中の電飾は、昨年末の合唱慰問の際頂いたもので、ありがたく使わせてもらってる。


Tommyは一曲、朝ドラ「ひよっこ」の「若い広場」を歌う。

Tommy「桑田佳祐はDだが、キーをCに下げたよ」
Carol「歳とると高い声が出ないのね」
Tommy「みねこ、俺 頑張って歌うっぺ」


後半に10名程のお客さんがあり、ちょっと緊張するが、30曲をたっぷり演奏して樂しむ。

Tommy「30曲だと、途中で一杯やりたかったな~」

コメント (2)

春日公園

2017年04月28日 20時49分42秒 | 散策・自然
昨日の続き︰

次の予定に少し時間があるので、ユートリア越中近くの春日公園に寄ってみる。


前日の雨はあがり、散歩にはもってこい。


植物園になってて、広くはないが、可憐な花が目を楽しませてくれる。


若葉が自然の息吹を感じさせる。


歩いているとホテルhttp://www.garaku.co.jp雅楽倶(がらく)に到達する。
富山県で最も評判がいいホテルでないかな?


ここからの神通挟を眺めながら、しばし囲碁大会の余韻を噛みしめる。

Carol「いつまでボーっとしてるの。すぐ次の行動に移らなきゃ」
コメント (2)

囲碁大会

2017年04月27日 20時41分30秒 | 囲碁
前の職場の囲碁仲間で、年4回、泊まりがけで囲碁大会を楽しんでいる。

会場は、神通川上流の春日温泉「ユートリア越中」。
あいにくの☔だ。まっ、関係ないか。


参加者は6名。最高齢は91歳。
耳は遠いが、囲碁の思考回路はしっかりしておられ、かく有りたいと思っている。


総当りで5局対局する。
 成績︰✕○○○✕→3勝2敗

早く終わったので、温泉に入って、他の結果を待つ。

Tommy「露天風呂に入るが、雨が降っててさ」
Carol「どうせ裸なんでしょ」

     
戻ると、思いがけず 優勝してる!?
3勝が3人いて、スイス方式で1位に。
賞金と次回は一段昇格の栄誉が与えられる。


当然、宴会は楽しい。
鮪・甘エビ・車鯛の昆布締めのお造り、ホタルイカとたらの芽等山菜の天ぷら・・・会話が弾み、お酒も進む。


岩魚の骨酒は特にイイ。が、はしゃぎ過ぎて、食後の団体戦で失敗する。

3人づつA・Bに分かれて対局する。意外と賞金が大きく、皆さん、燃えて盤面に集中。
他が早目に終わり、A・Bとも1勝1敗で我らの結果で決まる。
終わった4人が周りを取り囲んで「黒が少しイイぞ」「左辺にどちらが先に手をつけるか」との ささやきが聞こえる。
最後はミスって、4目の負け。他のメンバーに申し訳ない。

相手チーム「なあに、Tommyには、酒を呑ませておけば、間違えるから」
コメント (2)

即席ラーメン

2017年04月25日 21時57分55秒 | 飲食・グルメ
今朝のあさイチは、インスタントラーメンの美味しい作り方。
学生時代は、インスタントラーメンには大変お世話になった。

なにしろ、焼きそばと同様、貧乏学生には欠かせないありがたい食べ物だった。


ゆで方︰緑茶パックを入れると、グルタミン酸が出て、うまみが出る。


ゆでる時間の1分前にほぐす。
早くに箸でかき混ぜると麺が割れるから、ダメ。


麺にモチモチ感を出すには、先にしらたきをゆでてから麺と一緒すると良い。ヘルシーだ。


スープも大事。
冷凍しめじを使うとトリュフオイルに似た香りが期待できる。


落花生味噌は抜群だとか。

Tommy「手間暇かけ過ぎじゃ、インスタントじゃないよ」
Carol「味が分からない、お腹いっぱいで満足してる輩には、この番組は意味ないか」

コメント (2)

フラ・コラボ練

2017年04月24日 22時33分33秒 | ハワイアン・フラ

お天気が良いと、立山連峰がくっきり見える。
GWは大勢の観光客が「雪の大谷」で歓声をあげる亊だろう。


来月、リノハナの皆さんとコラボするので、それの合同練習。


曲目は決めていたので、順番にやっていく。
なかなか一緒の練習が出来ない、まして全員がそろうなんて。


7曲やるが、難曲は「モアナと伝説の海」。


前半はボーカルがリードしていく。
そこはあまり楽器を入れずに、歌とフラが絡み合うようにもって行こうか。


フラの皆さんの素晴らしい笑顔があれば、大丈夫だ。


コメント (2)

八兆屋

2017年04月23日 22時04分24秒 | 仲間・呑み会
お宮さんの合唱団の呑み会があるので富山へ。

富山駅2階の八兆屋。
ここに来るのは2度目。
前回はテーブル席だったので、座敷は初めて。


20名が集まり、17時過ぎに 「かんぱ〜い」


今日は能さんの歓迎会。
でも、明日は予定があって飲めないんだって。

Tommy「じゃその分、俺が呑ませてもらおうか」


このグループには県外からの参加者が3人。
新潟県や石川県から熱意をもって駆けつけてる。


当面は7月の慰問。時節柄、ハワイアンもやる。

修ちゃん「今日の練習にTommyさんが来なかったので、ブルーハワイは私が歌いましたよ」
Tommy「じゃ、俺ハモリをやろうか?」
お宮さん「修ちゃんのバリトンだけで十分だな」


いやはや、楽しいメンバーだ。

まゆみ嬢「Tommyさん、合唱の練習に来ないで、呑み会だけの参加だから、会費は倍頂くわ」
コメント (2)

旬景とやま10周年

2017年04月22日 22時39分16秒 | 散策・自然
KNB北日本放送で、毎週火曜日の夕方に<旬景とやま>という3分程の短い番組がある。
今年で10年となり、10周年の特集をしていた。
四季折々の自然を取り上げてて、好きな番組である。


<春> ギフチョウとカタクリ
春だと、サクラ・菜の花など、植物が芽生え、心躍る躍動感が感じられる。


<夏> 高原のニッコウキスゲ
太陽光が強く、自然のダイナミックな生命力を感じる。


<秋> 仙人池の紅葉
立山の奥の秘境で、人を寄せ付けないだけに、神秘的な美しさが・・・・

Carol「あら、山の頂上が見れないのが残念ね」
Tommy「池を見てごらん、ちゃんと山頂が映ってるから」


<冬> 3千m級の山岳美
危険と隣り合わせだが、山男を虜にする何かがある。


新湊・内川

こうやってみると、富山には四季それぞれに魅力的な景色がいっぱいある。
次第に無理が効かない年齢になってきたが、自分で楽しめる範囲であちこちに出かけて行きたいものだ。
コメント (2)

貼り付け方

2017年04月21日 21時27分23秒 | ブログ
昨日のブログで、詩人 田中冬二の「ふるさとにて」を取り上げた。
この詩は、富山県民にはお馴染みだ。

Tommy「だって、地元のTVコマーシャルによく流れていたからね」
Carol「どこの会社のコマーシャルか、覚えてないの?」

実は、最近はスマホでブログを作っている。
所が、PCではよく<コピー→貼り付けの機能>を利用しているが、スマホだとどうすればいいのか分からず困っている。
   (今日のブログはPCで作成)

例えば、田中冬二の説明をこのように貼り付けたい場合だ。
スマホだと、画面が小さく、上手いやり方があれば知りたい。

Tommy「そうだ、あのコマーシャルのバックは冬の寂しげな漁村だったっけ」
Carol「生地なんだろうね」
コメント (2)

生地探訪

2017年04月20日 22時44分04秒 | 仲間・呑み会
VITA温泉ウォーククラブ38名で、県東部の生地(いくじ)に行く。
別のグループとだが、数年前に泊まりがけで遊びに行っている。

最初に四十物(あいもの)昆布店に寄る。
富山県は日本一の昆布消費県で、北海道との縁は強い。
お昼前だからか、昆布のオニギリの試食をおいしく頂く。


日本初の旋回橋(生地中橋)を渡って、海岸を歩く。
生地台場跡に大筒が。
資料︰1850年、外国船出没が続き、加賀藩が海防のため、大筒台場を築造したもの

Carol「こんなんでどこまで飛んだの?」


謙信手植えの松
資料︰上杉謙信が越中で危篤になり、神のお告げで生地の霊水で入浴して病が良くなり、そのお礼に植えたのが この松。


40分程歩いてから「生地温泉たなかや」に入る。
竹林を眺めながら、大浴場で手足を伸ばす。
それから、浜会席。
お造り、旬のホタルイカの酢の物、てんぶら等々…


帰りに「魚の駅 生地」に寄る。
めいめいお土産を買い求める。

Carol「Tommyは何か買ったの?」
Tommy「俺は干し魚だ。田中冬ニを意識したかな?」

田中冬ニ︰本籍生地を詠んだ詩「ふるさとにて」

   ほしがれひをやくにほいがする
      ふるさとのさびしいひるめし時だ
コメント (2)