minoaka Tommy の わらぶき小屋

音楽や話題になってる事で、面白い よもやま話が好きな仲間が気楽に寄れるコーナー
   <’11・11・1 OPEN>

昭和に輝くハ

2018年07月27日 21時40分41秒 | ハワイアン・フラ
BS「武田鉄矢・昭和は輝いていた」から。

なんだ、この番組は以前やってた再放送か? と思ってたが、
武田鉄矢「2年前にも放送しましたが、今回は高木ブーさんをゲストに・・・」というので見る。


日本で最初のハワイアンバンドは灰田兄弟を中心に結成されている。
灰田兄弟は日本に来た時、関東大震災に会い、パスポートを盗まれたので、日本に長期滞在となる。


なお、フラは東京大正博覧会(大正3年)にハワイからフラガールが来日したのが、最初だと。
着物姿に下駄の日本人には衝撃的な踊りに見えただろう。

戦後、ハワイアンがブームになる。

裕次郎(32歳)+浅丘ルリ子(26歳)がケカリネィアウをデユエット。
美空ひばりは「バイバイ・ハワイ」を昭和27年にレコーディング。
バーブ佐竹・三島敏夫や尾崎紀世彦なんかもハワイアン出身。


う~ん、若い時の渚ゆう子。
昭和40年代に、彼女は大橋節夫と富山に来て歌ってたらしい。
多分、Tommyは名古屋に勤務してた時だろう。


加山雄三は、エレキギターもウクレレも似合う。
昨年のタモリカップでは、けんたろう君のVoで「お嫁においで」をやったのもイイ思い出だ。
コメント (2)

ハワイ:フラ編

2018年07月25日 21時38分14秒 | ハワイアン・フラ
7・13の続き:

13日のハワイアン(音楽)についで、番組はキルトとフラを取り上げている。
芝生の上でのフラだ。先日は、灼熱の暑さでセリオ屋上庭園の芝生でハワイアンをやれなかったのは、致し方ないが残念だった。


侵攻してきた西洋人はハワイ語を禁じたため、原住民はハワイの文化・物語を 歌と踊りで継承してきた。それがフラ。


ハワイ王朝最後のリリウオカラニ女王は、ハワイの伝統文化の復興に尽力した。
彼女は「アロハオエ」の作詞作曲者でもある。


ハワイでは大きなフラフェスティバルとしては、メリーモナークやキング・カメハメハ・フラ競技会などがある。
フラガールにとっては「フラの甲子園」だろう。


番組では生演奏でフラをご披露。
以前ハノハノで記念写真を撮った(このブログのどこかにあるのだが月日を忘れた)山内雄喜氏がこの番組ではギターを弾いている。


Tommy「演奏でもフラでも、笑顔が一番なんだ」
CAROL「Tommyに笑顔がないのは、ゆとりがないからだね」
コメント (1)

ハワイ:音楽編

2018年07月13日 22時31分46秒 | ハワイアン・フラ
こう暑いと外出する気にならない。
そこでクーラーを効かせて、録ったままになってるDVDを見る。

先月BS放送の<素晴らしき ハワイ>。2時間番組で、今回は音楽編。


ウクレレ・プレイヤー:ハーブオオタJR(真ん中)は、先月、新湊高周波ホールで見てきた。
番組ではカマカのウクレレ製造なんかも紹介している。


そもそもハワイの音楽は打楽器だけのリズム主体のものだった。
1778年にジェームス・クック(英)が来航し、宣教師が讃美歌を教え、メロディーがつくようになる。


本場ハワイでもスチールギター弾きは少ないが、左がボビー・インガノ。
この演奏では、ハーモニック奏法を聞かせてくれる。
右は元HAPAのケイリー・カネアリイ。


ハワイアン・アーティスト BEST10。
2位のIZや5位のマカハサンズはお馴染みだ。


そして、やはりケアリー・レイシェルがNO.1。
歌声が甘く、フラの皆さんも彼の曲を多く取り上げている。




コメント (2)

NaHui'o Kaleialoha

2018年07月11日 22時23分11秒 | ハワイアン・フラ
連日、暑い日が続く。

10月にコラボするので、その打ち合わせにKalei alohaフラを訪れる。


ここの皆さんとのコラボは久しぶりになる。
ウクレレ教室の演奏になるが、「パパリナラヒラヒ」など3曲を決める。


お邪魔した時は、「マウナラニ」って曲のレッスン中。


ここではチラシを配りながら、7.22屋上庭園ハワイアンの参加を呼び掛ける。
暑いだろうけど、メレフラを楽しもう。

        ★      ★      ★


タイで洞窟に閉じ込められていた13人の少年たちが、全員救い出される。
でも、ダイバーが1名、空気ボンベを洞窟内に運んでいたが、洞窟の入り口に戻る途中で酸素を使い果たして亡くなってる。


早速、この救出劇を映画にする動きが出ている。
サッカー界は?

FIFA「君たちはよく頑張った。12年後のサッカー・ワールドカップには特別枠で出場してもらうよ」
コメント (2)

スチールバー

2018年06月30日 13時18分14秒 | ハワイアン・フラ
  <12:01撮影>
今朝から蒸し暑い。富山の最高気温は34度の予想が出ている。


今日はその富山でミニライブがあるので、後ほど出発だ。
ライブは明日のブログで紹介したい。


スチールは久しぶりにカノウプス8弦Wを使う。
8弦となるとバーも長めのを使いたい。 バーは左から(長さ×直径、㎝)
  * 7.5×2 
  * 8×2.2
  * 9×2
  * 9.5×2.5
他にウクレレ教室に2本持っている。
今日は右から2番目にしようかな?


バーを探してたら、スチールの絃セットが出てきた。
後ろの左が GTOP8弦、中がAm7用、右がAm用、手前左がAm7・8弦用。

Tommy「7月中旬に出番があるから、そろそろ弦の張替えをしよう」
CAROL「バーって言うから、てっきり今晩飲みに行くのかと思ったわ」

コメント (2)

笑顔でフラ

2018年06月19日 21時27分36秒 | ハワイアン・フラ
子供用ダンス番組を見てたら、<笑顔>が大事だって。

もちろん、フラも笑顔で。

フラガール「あらっ、バンドも苦虫を嚙み潰したようじゃダメよ」


歌詞を自由に解釈して、自分でフリを考えるのが大事なんだ。


まず、子供たちにフラの基本から。
カホロはフラの基本中の基本のステップ。


皆で考えた振り付けがそろえば、うん、きれいだよ。


仲間と一緒にやれば楽しく、自然と笑顔になれる。
そうだ、笑顔が見る人に笑顔をプレゼントするんだ。


おっ、Wカップを見ながらブログしてるが、香川がペナルティ・キックを決めた!
これからテレビに集中して、声援を送ろう。
コメント

リノハナ

2018年06月09日 22時48分46秒 | ハワイアン・フラ
福光での<カッパ村祭り>が、いよいよ1週間後となり、フラでコラボするリノハナの皆さんと合わせてみる。


何しろ、8ヶ月ぶりのコラボになる。
4~5曲予定しているので、順にやっていく。


大勢だと、決めるポーズがうまくいくかがポイントなんだろう。
よく知らないが、上に上げる角度もそろうように皆、気を配っている。


今回、「lovely hula hands」を初めてコラボする。
最後の決めポーズ(二人が向かい合う)にどう歌を合わせるか。
 ♪ kou-li-manani-e~ ♪


フラの皆さんは鏡を見ながら、お互いの動き・全体のバランスをチェックしている。
演奏のウクレレ教室は、それぞれ多忙で、今日の練習にあまり集まれない。
衣装は、男性陣は赤いアロハ、女性陣は藤色のドレスで挑む。


ステージはにわか仕立てなので、フラの皆さんにはブルーシートで踊ってもらう事になるんだろう。

CAROL「6月17日なんて、梅雨よ。雨降ったらどうなるの?」
Tommy「ステージはテントが張ってあるので大丈夫だって。あっそうか、カッパは水が好きだから、気になるなぁ」
コメント (2)

モーハラプア

2018年05月25日 21時42分46秒 | ハワイアン・フラ

今日は30度近い暑い日で、ハワイアン日和? いや、暑すぎる。
そんな中、芸創で来月の「八町(はっちょう)公民館慰問」の合同練習をする。


慰問では6曲のフラ曲を一緒するので、事前に合わせておく。
フラはモーハラプアの皆さん。


ウクレレ教室は富山・高岡の合同チーム。
今日はVoの女性が都合で参加できなかったので、若豊コンビがカバーする。


途中の休憩タイムで、場所の確認。一度慰問しているが、7~8年も経ってるので ちと自信がない。

女性陣「大丈夫よ、ナビがあるから」


途中で2人が帰り、残る5人で練習を続ける。
歌詞は何回歌うか、事前に取り決めしておく事が大事だ。


公民館側から、フラの体験コーナーを希望されているので、「南国の夜」をやる事にする。
このコーナーは、フラの方にお願いし、我々は演奏に徹する。
ナレーションが上手なので、安心して任せられる。

フラA「皆さん、ではハワイアンの音楽に合わせて、気持ち良く体を動かしましょう」
フラB「最初は”♪ 月の夜は”と歌いますから、両手で大きな満月を作ってください」
コメント (2)

NA LEI

2018年05月14日 22時16分40秒 | ハワイアン・フラ
高岡・塩谷ビルのタイキにna lei(ナーレイ)がやって来た。

演奏前のセッティング。9時過ぎに会場入りし、サウンドチェックしている。
左のマイクスタンドにはタブレットが付いている。
右のギターはピックで叩いたりする痕が数多くついている。

ランチしながら演奏を待つ。

そして拍手の中、二人が登場。
左のサングラスの彼がメインVoとMC、右の彼がギターとハモリ。
もちろん、曲によってVoを入れ替えたり、ギターとウクレレを持ち替えたり。


フラはSONOKOさん。フラの曲ごとに衣装を変えて踊る。


NALEIは「オケカイ」「カーアナアレ」「レッペウラウラ」「海の声」などを演奏。


左の彼は曲によってはピックを使わなかったり、ウクレレにカポをつけたりして演奏。
「カマカニカイリアロハ」のハモリは抜群 !


このライブ、SONOKOさんのバースデー・ライブなので、花束やバースデーケーキなんかが贈られる。

nalei「ケーキのローソクは、数えたら23本だっけ?」


最後にお二人に記念撮影をお願いする。
「オゥ、イェ~」
コメント (2)

ハ協会 理事会

2018年04月17日 22時14分21秒 | ハワイアン・フラ

<第18回とやま ハワイアンのつどい>が終わって半月が経つ。
今日の理事会では、会計報告と問題点などを話し合う。


料理が良かったので、概ね好評だったようだ。
フラステージも大半の方から喜んでもらえる。ただ、転倒事故に備え、今後保険に入る必要があるかも?
フリーフラを2回に分けてやったか、最後に固めるか、来年(3月31日を予定)の担当者で検討してもらう。

        ★      ★      ★

午後の予定に少し時間があるので、呉羽山へ行く。

いつもの展望台のある山と違う呉羽ハイツ側をドライブ。


少しづつ新緑が進んでいるみたい。

        ★      ★      ★

今夕のKNB「旬景とやま」は松倉城址のヤマザクラ。撮影は先週末。

ソメイヨシノと違い、花が楚々として清々しい。


桜の枝の間に白い雪の連山が浮かび上がる。

Tommy「おおっ、剣岳が美しい」
CAROL「関東の人だと、そこは富士山だよね」
コメント (2)