minoaka Tommy の わらぶき小屋

音楽や話題になってる事で、面白い よもやま話が好きな仲間が気楽に寄れるコーナー
   <’11・11・1 OPEN>

2015年回顧

2015年12月31日 21時48分46秒 | 日常・雑感
Tommyの今年の印象的な出来事。
音楽関係は二日前に取り上げたので、それ以外の事だと、旅位 か。


6月に長男家族が高岡にやってきたので、和倉温泉に行く。
孫達は能登島水族館の大きなジンベエザメやイルカショー、ペンギンの行進が気に入ったようだ。


そのお返しではないが、10月に幼稚園の運動会を見に東京に行く。
こうやってお互いが楽に行き来できるのも、北陸新幹線のお陰だ。


同じ10月に上高地-徳沢園に行ってくる。
でも、これは登山にはならないか。次第に登山が遠のく。


今年も音楽つながりで新しい仲間と出会う。

CAROL「Tommyは<お酒と音楽>が共通項目だもんね」

          ★       ★       ★

大晦日のテレビは、アメ横などの年の瀬を放送している。

今年は海外からの観光客が急増した。
彼らには日本の文化を充分味わってほしい。


武田鉄矢「そうなんだ、日本は夜明けを迎えるんだ。文明開化だよ 君」
Tommy「女性ばかりでなく男性にも和服を着てもらいたね。帯は下腹にきりりと締めて」
CAROL「足の長い西洋人には似合わないわ。やっぱり胴長短足の武田鉄矢でないと」


さて、年越しそばも食べたし、もう少し飲みながら紅白歌合戦を見てよう。

   <Tommyのわらぶき小屋>、
       今年はお世話になりました。  
       来年もよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2015 とやま

2015年12月30日 21時47分11秒 | ホットニュース
2015年の富山県内の10大ニュース:


今年は北陸新幹線の開業に尽きる。
乗り換え無しで東京に2時間台で行けるのは魅力だ。


関東からの人的交流が大幅に増加し、経済効果も抜群。
県内の観光地はどこも軒並み増加している。


春・夏・秋・冬・・・どの季節も、富山は遠方の皆さんを満足ささる。


しかし、極めつけはグルメだろう。
富山湾の鮮魚、越中米、立山連峰が長年蓄えたお水・・・
これらが富山の味を生み出している。


春の新幹線開業に合わせるように、アウトレットパーク小矢部やコストコ射水店、TOYAMAキラリなどが出来ている。


しかし、富山駅がまだ工事中だったり、関西・名古屋へのJRアクセスは悪くなった。
早く、大阪までの北回りルートが出来て欲しいものだ。

新幹線関連以外のニュースとしては
・梶田さんのノーベル賞受賞
・富山マラソン初開催
・高岡の町民文化が日本遺産に選定   などがあった。

CAROL「一つのビッグニュースが、大きな起爆剤になったんだね」
Tommy「明日、歳末ジャンボ宝くじの発表がある。俺のビッグニュースになるぞ」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2015 出演歴

2015年12月29日 22時17分51秒 | バンド歴・出演歴
2015年もあと2日で終わる。
ここでTommyの2015・音楽シーンを振り返ってみる:


★ 3・29「とやま ハワイアンのつどい」
大きなイベントとしては他に、5月に環水公園フラフェスタ、9月にAloha/Heaven(バー・爪・アロハシャツを失念した苦い思い出)。


★ 4・25「Tommy リサイタル」
ギターリストの竹内さんに助けられ、20曲歌う。


★ 8・21「県中央植物園ナイター」
この出演を機にウクレレ教室のレベルが上り、皆、自信を持つ。


★ 8・23「高岡フラフェスタ」
高岡テクノドームを舞台に初めての開催だったが、大勢の人に集まってもらう。


★ 10・25「マカナ・メレフラ」
高岡文化ホールで初めての開催。


★ 11・8「高岡青年の家 文化祭」
能舞台で演奏って、初めて。


★ 12・13「高岡大和 クリスマスアロハ」
1階アトリウムでは、初めて。

今年は、多くのフラグループと一緒する事ができた。
また、後半はウクレレ教室の皆さんと施設慰問などに多く出演。

CAROL「元気なうちに慰問をしておくことね。そのうち、慰問を受ける側になるんだから」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東北の春の里山

2015年12月28日 21時26分49秒 | 散策・自然
年の瀬、今時分はブログのネタに悩む時期だ。
年末の恒例行事(年賀状・大掃除など)に追われ、自分の話題がない。
そこで、今年のブログ用画像を見直すと、まだ載せてないのがあったので、それを:


NHK・BS特集「ニッポンの里山」で春の東北を特集している。


かたかごの花。万葉の里・高岡では お馴染みの花。


これは水芭蕉だったかな?いや、違う。
日が経つと記憶なんて あっても無いようなものだ。


三春の滝桜かな? でも枝の支柱がないから違うんだろう。
こんな風景は、東北にはあちこちにありそうだ。


長野時代に感じたが、冬が厳しい所ほど迎える春の喜びは大きい。

Tommy「一日飲めない日の翌日、一杯がたまらないようなもんだ」
CAROL「何か、この例えは違わない?」
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

囲碁界の若手世代

2015年12月27日 21時20分24秒 | 囲碁
年の瀬も押し迫ると、テレビは今年の総括・総集編的な番組が多くなる。
今日の日曜日の囲碁番組は、夏の<少年少女囲碁大会>の再放送。
以前も見ていたので、誰が勝って優勝したかは覚えているが、棋譜はすっかり忘れている。


まずは小学生の部。6年生が4年生に貫禄勝ち。
持ち時間を使い切ると、一手10秒とは厳しい。
終って、大盤を使っての検討。二人とも読みが深い。


それぞれ毎日2~3時間をかけて、プロの棋譜並べ、詰碁、ネット碁などで勉強している。
負けた4年生は、碁会所で藤沢里菜女流本因坊と対局もしているから、恵まれた環境にある。


中学生の部。二人とも埼玉県の3年生で、名前も 林くん。
だから放送では、下の名前で区別している。
このあたりは、プロと遜色ないレベルだという。


5位の長徳くんは富山の代表で、今度中部総本部の院生になって、プロを目指す。
富山の大表君は今年、プロテストに合格し、富山から3人目のプロ棋士になり、若手二人の活躍に期待が集まる。

              ★       ★       ★

わらぶき小屋の”若手”の事もふれておこう:

ネット碁に熱中している事は前から言っているが、成績のことは伏せていた。
自分では三段とは言わないが二段くらいの実力はあると思っている。
2014年6月に入会した時、二段で申請したが、その後負けが込み、3級まで下がった。
今は2級★で、あと3つ勝ち越せば1級に昇級できる。

Tommy「何とか<年内に1級>と思ってるが、もう少しという所で、つまずいてしまうんだよ」
CAROL「横にグラスを置きながらやってるようじゃダメね」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

上沼恵美子

2015年12月26日 21時43分22秒 | 日常・雑感
NHKあさイチは、昨日が今年最後の放送。
有働アナはこの後、いよいよ大晦日・紅白歌合戦の総合司会の準備に取り組んでいく。


ゲストは上沼恵美子。Tommyは、彼女の大ぼらが好きだ。

上沼「今日の番組が朝早いので、昨夜、大阪城から出てきたの。
  だから、私の持ち物の富士山は見れなかったわ」


元々は姉と一緒に海原千里・万里の姉妹漫才として芸能界にデビュー。
でも、本人は歌手をやりたかったと。で、大ヒットした「大阪ラプソディー」を歌っている。

上沼「あの歌はほとんど私が歌ってるのよ。でも、ぶさいくな姉が<ねぇ~恵美子、ギャラは半分づつよ>って言うの、これっておかしくない?」
Tommy「おかしいのが、あなたの取り柄だもん」


歯切れのよい話がポンポンと続く。
でも、先日亡くなった母の話になると・・・


鬼の目にも涙。


上沼「ちょっとTommy、今、鬼って言ったわね」


彼女のご主人はウクレレを楽しむ人。
彼女は謙遜して、下手くそなウクレレだと言っているがどうなんだろう?
正月に次男がハワイで結婚式を挙げるので、大晦日の営業を終えたらハワイへ飛んで行くと。

Tommy「彼女が乗ると、あの重さで飛行機は飛んでいけるのかな?」
上沼「また何か言ったわね、もう」
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

フラ・レッスン

2015年12月25日 22時26分35秒 | ハワイアン・フラ
今日はクリスマス。

Tommy「昨夜はクリスマスイヴ、で、一体どう違うんだろう?」
CAROL「どうでも、二日間、飲んで食べれるんだから、メリー・クリスマスだね」


世界各地で、メリー・クリスマス。
でもまだまだ戦争やテロに、幼い子供たちが怯えているって、哀しいことだ。
早く笑顔でクリスマスを祝える日が来て欲しい。

           ★       ★       ★

あと3ヶ月後に「とやま ハワイアンのつどい」がある。
今日は2箇所のフラにチラシ持参でお邪魔する。

まずは芸創の オラナニ アロハ フラサークル。
2・28のオーバードホール出演の練習に取り組んでいる。


Tommy「写真取材させてください」
Aさん「わらぶき小屋に載っけるの?」
Bさん「事前に言ってくれれば、衣装も考えて来たのに」


次第に熱が入ってくる。長居は迷惑だ。

Tommy「つどいが終わったら、二次会でまたメレフラしましょう」で退席する。

           ★       ★       ★

次いで、ケオラロア オ カレファ プアケアのレッスン場へ。

大勢のフラガールに圧倒され、まず入るのに勇気がいる。
ここも出演を控えていての全体練習中。


一つの動作が全体でそろうまで、反復練習が続く。


ターンをどうするか、フェイさんが指導。
先生「左足を45度にして、左手をこう構えて・・・」
(Tommyだったら)足ばかりに気がとられると、手が疎かになる、それに笑顔がついていかない。
先生「それは照れ笑いじゃん。もっと心からの笑顔じゃないとダメよ」

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

X'mas イブ

2015年12月24日 21時29分13秒 | 日常・雑感
今夜は 暖かいクリスマスイヴ。

       
わらぶき集落の クリスマスツリー。
子供たちのクリスマス会は、20日に終わっている。
何年か前のクリスマス会で、ツーさんとギターとウクレレでX'mas曲を演奏してたなぁ~。


この時期、クリスマスケーキが目を引く。
Tommyは、この時期は甘党でもある。


ニュースでは、東京駅のライトアップを映し出している。

Tommy「北陸新幹線でひとっ飛びで行ってこようか」
CAROL「恥ずかしいから、富山弁まる出しで、千鳥足でぶらつかないでよ」

50年前にこんな事があった:

ある知人から、クリスマス・ミサがあるので、(富山市三番町の)教会に来ないか と誘いをもらっていた。
昭和40年代前半のクリスマス・ナイトは、まだ赤いとんがり帽子をかぶって、ケーキの箱を持って、赤ら顔のサラリーマンが千鳥足でふらついていたもんだ。
学生だったが、総曲輪の裏手で仲間と飲んでから一人で教会に行った。
教会の中では、荘厳なミサ曲が大勢の合唱隊で歌われていた。
後方で立って見てたが、そのうち、シャックリが出るではないか!
息を止めて我慢していたが、止まらず、小さくなって早々に退席した。

CAROL「今夜のTommyは、どんなイブだったの?」
Tommy「奥方と二人で、赤ワインを 1本空けたよ」
奥 方「ちょっと待って! シブいので少し飲んでやめたのに、それじゃ私もじゃんじゃん飲んだみたいじゃないの」
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後の例会

2015年12月23日 22時27分40秒 | 囲碁
9時過ぎに富山へ車を走らせる。
Tommy「おやっ? 車が少ないぞ」
CAROL「今日は祝日休だよ。毎日が日曜日だと、そんな事、わからないんだから」


いつものメンバーがそろう。
Aさん「この年の瀬によく来たね」
Bさん「家にいると大掃除とか言われるので、囲碁を口実に出てきたよ」

 今日の成績:○✕✕○○✕✕○=4勝4敗 →291点

結局は、今年は291点で終わる。
いよいよ来年は300点に挑戦する事になる。


夕方のニュース:コンピューターがプロの囲碁大会に参入すると。
すでに将棋やチェスは、コンピューターが人間をしのいでいる。
だが、囲碁は縦横が19路✕19路あるので、選択肢が非常に多いので、まだ人間の頭脳には及ばないのだ。

CAROL「コンピューターは5段のレベルだって。だから、Tommyの頭脳はコンピューターに遠く届かないんだ」


もう一つのニュース:高岡を走る市電・万葉線にX'mas電車が期間限定で走る。
これは、子供に夢をプレゼントする楽しい企画だ。


今日の囲碁。ちょっと見苦しかった。
最後の対局者に連敗し、まもなく終了の時間であったが、(負けて今年を終わりたくなかったので)もう1局懇願し、何とか白星で終える。

    <終わり良ければ全て良し>


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新国立競技場

2015年12月22日 22時08分39秒 | ホットニュース
今日は冬至。一年で太陽が出ている時間が一番短い日。
明日からは次第に日の出が早くなる
  →1月下旬頃が最も寒く、雪の量が多いので、日の出が早くなるって実感はない。


冬至にはカボチャを食べて、ゆず湯に入ると、翌年は健康でいられるという。

Tommy「ゆっくりと風呂に入って、冷たいビールを呑んでれば、俺も100歳まで囲碁をやってれるな」

             ★       ★       ★


今日、新国立競技場デザインが A案に決まる。
A案・B案の評価点は610点と602点と、僅差で。


総工費は1,490億円。
これって過去の大会に比べ、ケタ違いの多さだ。

CAROL「日本は、財政的に余裕があるの? それとも見栄っ張りなの?」
Tommy「立派な大会にしてほしいけど、無用の長物にならないようにしないとね」


早速この人が噛みついてくる。
坊主頭になった森氏が「B案が良い」と言ってたが、それに反発してA案になったとの話もある。


A案の隈 研吾(くま けんご)氏はTOYAMAキラリの設計をしている。
斬新な外観と比べ、内部には木材がふんだんに使われており、落ち着いた雰囲気が内部に入っている富山市立図書館にふさわしい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加