わくわく記録帳

一日に見聞きすることをすべて記録すると文庫24冊になるらしい。
そんなに!?
記録しておかないのはもったいないよね。

まほろば奈良

2007-09-24 02:16:31 | コトバ・ニッキ
ダメダメイト女子部で集った奈良。


ちゃんと観光したのなんて、中学校の修学旅行以来???


奈良、すっごいよかった!
甘く見てました、さすが1300年の重み。


ダメダメイト女子部3人が奈良に集まったんだけど、みんなで連れ立って行ったわけではなく、たまたまみんなのスケジュールが合って、たまたまその日に奈良にいた。
奈良在住のダメダメイト女子が「奈良、いいですよ~」と薦めていたなぁ、と思い出し、1ヶ月くらい前に『9月の後半の連休の予定がないなー。そうだ、奈良にでも行こうか?』と思い立ち、「22、23で奈良・京都行くね~」とゆる~く約束していたら、別のおともだちも20~22日で京都・大阪・奈良に行くって言うんで、じゃあ、奈良で会おう!と行き当たりばったりな女子部の遠足と相成りました。


奈良って高い建物もなくって、街の中に徒歩圏内に世界遺産がたっくさんあって、景色が横に広くって、なんだかとっても落ち着く街だった。


神社や仏閣も派手じゃないんだけど、凛としていて、「荘厳」って表現がぴたりと合う。
唐招提寺は、あいにく本殿の改修工事で全景は見ることができなかったんだけど、まさに「荘厳」の極み
改修工事が終わったらまた行こう。


そして私はこの旅で「仏像」の奥深さに目覚めてしまいました。
顔が違うんだよね、一体、一体。当たり前だけど。
唐招提寺の講堂にいた「吉祥天」の優雅なお顔に釘付けになってしまいました。
そして、興福寺の阿修羅像はオーラが違うっ!
建築物よりも仏像やご本尊の方が圧倒的におもしろい。もったいないことしたーっ!今までちゃんとご本尊見てこなかった


おともだちが「立ち去りがたい」って言ってたけど、そう、まさにそんな感じ。


薬師寺でラッキーなことに住職の講話を聞くことができた。
「奈良のお寺は学ぶところ、現在に生きる人は、過去=お釈迦様の教えを学んで、それを未来に伝えるっていう大きな役目がある。
過去、現在、未来とそれぞれを切り離してしまうのはもったいない。
過去から学ぶこと、過去の人たちの思いを感じて伝えていくことが大事
とおっしゃっていました。


学んだことを次の世代に受け継ぐ・・・・仏教って奥が深い。



今回、奈良入りする前に宇治に立ち寄って、平等院鳳凰堂と源氏物語ゆかりの地を巡ってみた。
源氏物語って、ちゃんとは読んでいなくて(「あさきゆめみし」でしか読んでいない)源氏の妖気なのか、物の怪にとりつかれて死んでしまうエピソードが多くって、げんなりとしてしまったんだけど、奈良の荘厳で雄大な仏像たちを見たら、気持ちがすーっと澄んでいく(決して私のココロは澄んでいないんだけどね。)感じがした。


2010年は平城京遷都1300年。
すごいよねー、時の重みを感じます。
1300年もの間、過去から未来へと、人の思いが伝わってきたんだなぁ。


ダメダメイト女子部、すっかり奈良の魅力に撃たれました



世界遺産にも登録されている春日神社。
ゆる~い坂をだらだらと登った先にある。奈良といえば、鹿。
ってことで、こんなおみくじがあったので、おみやげにもなるし、と運試し
(口にくわえているのがおみくじ。実物は4センチくらいの大きさです。)




なんと!!!
またもや大吉!!!


4連勝中。
こうなると逆に怖い・・・
末吉とかさー、小吉とかさー、そういう中途半端なのを一回どこかで引いておかないと、きっと何か起こるぞー。
こわいよー。
気をつけよう、ホント。



今回の旅で行った神社・仏閣
・平等院鳳凰堂
・興聖寺
・宇治神社
・宇治上神社
・東大寺
・唐招提寺
・薬師寺
・春日大社
・氷室神社
・興福寺
よい旅でした
ダメダメイト女子部が旅をさらに深く楽しいものにしてくれました。ありがとう


コメント