マドレーヌの一日一善

今日も一日にっこりね。
一日一善、いつも心に。

瀬戸内海点描

2007年09月30日 | Weblog

瀬戸大橋を一望できるところから。

ゆったりと時は流れます。
コメント (4)

たこづくし

2007年09月30日 | Weblog

瀬戸内海を見ながら、たこづくし料理。
コメント (2)

瀬戸内海点描

2007年09月30日 | Weblog
 命名! キッスチョコ島
コメント (4)

瀬戸内海点描

2007年09月30日 | Weblog
コメント (2)

瀬戸内海点景

2007年09月30日 | Weblog
コメント

「まるで、ひよこ!」

2007年09月29日 | Weblog
娘と一緒のおやつタイム。

なごやんを食べました。

ぱくっと一口食べて、娘が一言。
「まるで、ひよこ!」

そう言われたら、まさにそう!
あのひよこの形をしたお饅頭、ひよこの味にそっくりです。
なんとも懐かしいというか、なじみのある味。
黄味あん!
緑茶はもちろん、紅茶、コーヒー、牛乳にも合う懐の大きさも魅力の一つですね。


キラリ金鯱見上げてみれば
粋ななごやん心意気
尾張名古屋は城でもつ

コメント (3)

偶然の出会い!

2007年09月28日 | Weblog
二年前、倉敷に出かけたときに買った日めくりのカレンダー。
地元のお坊さんのありがたい言葉となんともいえない味のある絵が気に入って買いました。
そして毎日、このカレンダーをめくっては
いい言葉だなぁ、いい絵だなぁ~と思っていました。

そして、先日、また倉敷に行って、とあるお店で同じお坊さんの違う日めくりカレンダーを見つけたので買うことにしました。
お店のご主人に
「以前、このお坊さんの日めくりカレンダーを買って、毎日めくっているんですよ」と話したところ、
「このカレンダーを作ったのは息子なんですよ」と言われます。
「えっ!そうなんですか!」
とビックリ。
なんでもお父さんは写真家だそうで、
本当はお寺を継がなければいけなかったのに、
写真の道にすすみ、結局息子さんがお寺を継がれたのだそうです。

写真家として歩まれたお父さんの作品もその店にたくさん飾ってあり、ポストカードもいろいろあったので、その中の一枚を選んで買いました。
「クラシキクラシカ」という店でした。
店の前にのれんが秋風にゆれて、とてもいい感じでした。

それにしてもこんな偶然の出会いがあるなんて!
「毎日、日めくりの言葉に感動してます」と続けると、
「息子が聞いたら、喜びますよ」と言われました。

ますます身近に感じるカレンダーとなりました。

コメント (2)

目をつむって食べてみると…

2007年09月28日 | Weblog
「目をつむって、食べてみてください。
マンゴーみたいな味がします」

先日の岡山行きでのこと、
途中寄ったお店で岡山名産の果物が色とりどりに並んでいました。

岡山といえば、桃とマスカット!

白桃の横においてあったのが、この黄金桃(おうごんとう)!
色も鮮やかで、甘みが濃くて、マンゴーといわれたら、マンゴーにも似てます。
白桃が終わる頃からぼつぼつ登場する桃なんだそうです。
それにしても、私には初めての味でした。
美味!
コメント

ひな、だった

2007年09月28日 | Weblog
つついてみたら、ピ~ピ~と鳴く。
そしてまだ飛べないらしいのか、あちこちとヨチヨチ歩き回る。

えっっっっ!
ひなってこと!
それにしても、なんてこと!

まったく気づかなかったのです。
こんなに大きくなるまで鳩の赤ちゃんがいたなんて!

生まれてどれくらい経つのでしょうか?
見た目はまるきり鳩なのに、まだ子ども。
そう言われてみれば、サイズが若干小さめなのと、
なにより瞳がつぶら!(これ、一緒にひなを見た友達談)

我が家はメゾネットの2フロア、玄関ではないフロア横の物入れに
鳩のひながいたのです。

同じフロアの三人が集まり、緊急「ひなをどうするか会議」をする。


「どうする?」
「かわいいよねぇ」
「つぶらな瞳だしねえ」
「ぴ~ってなかれると、たまんないよねぇ」

「飛べるようになるまで、そっとしておこうか」

今朝も様子を見に行ったら、ひょこひょこ歩いていました。



コメント

こんがり焼けた! ヘルシオ焼き!

2007年09月27日 | Weblog
とうとう、買いました!
迷いに迷った挙句、ウォーターヘルシーオーブンのヘルシオ!


早速、じゃがいものオーブン焼きを作ってみました。
ああ!この焦げ目!
これが欲しかったのだ!
じゃがいももふっくら、こんがりで美味しかったです。

まだまだつかい方に慣れてないので、
これからいろいろ作ってみます。
ヘルシオ料理講習会もあるようなので、娘と行こうかなぁと思っているところ。

ちなみに、ヘルシオは最近新しいタイプが出たばかりで、
旧型が大幅値下げでした。
私が買ったのはもちろん旧型です。
店頭できいてみたところ、旧型と新型の違いは
オリジナルメニューの数が増えたくらいと聞きましたので、
迷わず旧型!
26Lのシルバーです。

photoは撮ってあります。
紹介できないだけです。
少々お待ちを!

紹介できました。嬉しい!9月28日!
コメント (8)

なごやん

2007年09月24日 | Weblog

東海、名古屋近辺に詳しい方にはぴんと来る名前。
地元ではかなり有名なおまんじゅう。

かつて私は数年名古屋に住んだことがあるので、
名前はもちろん知っていた。
しかし食べたことはなかった。

それが最近私の中では、かなり気になるおまんじゅう!
実は最近読んだ文庫本「逃亡くそたわけ」(糸山秋子著)に登場していて、
食べてみたいなぁとは思っていた。
特に探していたわけではないが、
なんと岡山へお墓参りに行ったとき、偶然見つけたのだ。

岡山でなごやん!
もちろん買った言うまでもない。

食べるのはこれからです。


photo
    残念なことに、しばらくパソコンにごぶさたしていたら、デジカメ本体からパソコンへ写真が取り込めなくなってしまいました。
ど~して!
なごやんもぜひぜひ写真で紹介したかったのに、本当に残念!
しばらく、写真なしブログとなります。


写真アップできました。ほっ。9月28日!

コメント (2)

おでこをなでて、登校

2007年09月22日 | Weblog

父の葬式の遺影はどれにしようかと
みんなでいろんな写真を出して検討しました。
そして決まったのは、今年のゴールデンウィークのときに撮った写真。
黄色のポロシャツを着て笑っている顔です。

そのままを遺影にしてもらいました。
だから普段着の笑顔の写真です。

その遺影の写真をフォトスタンドに入れてもらって、
それが今、リビングに飾ってあります。
いろんな家族写真が飾っているスペースになんの違和感もなく並べてある
父一人の写真。

「ひがしこくばる知事のおでこをなでるといいことがあるらしいってなんか聞いたことがあるから、
私はおじいちゃんのおでこをなでて行こーっと」
そう娘は言って、フォトスタンドに入った父の写真のおでこの部分をなでて
小学校へ出かけました。

そうか、そんなおまじないがあったか。
私も娘の登校後に、そっと父のおでこをひとなで。
お父さん、これからも見守っていてくださいねと願いながら。
コメント (2)

「おじいちゃん、いなくなっちゃたねぇ」

2007年09月18日 | Weblog
娘が寝る前にぽつんとそう言って、しくしく泣き始めました。

娘が小学一年生だったころ、私の父が亡くなったときには
まだ人が亡くなることを深刻に受け止めることができなかったようで、
今回の義父の葬式はそういう意味で娘にとっては
実につらい出来事だったようです。


通夜と葬式のお坊さんの説教は
とても心に残るものでした。
今、生きているということの尊さ、
そのことが奇跡であること、
これまで数え切れないほどの先祖がいらっしゃるおかげで
今の自分がある。
しみじみ心に沁みました。

義父は五人兄弟だったのですが、
残された弟さんが義父そっくりで、
通夜、葬式の最中に顔をお見かけするたびに、どうぞお元気でお過ごしくださいと
願わずにはいられませんでした。
コメント (8)

ぽっかり空白

2007年09月17日 | Weblog
またまたブログ更新が止まってしまい、
数日ぽっかり空白になってしまいました。


実は義父が亡くなり、葬儀に駆けつけていました。
あまりに急な出来事で、すべてが終わってしまった今も
この事実にピンときません。
楽しい思い出ばかりを残してくれた父に感謝の気持ちばかりです。

コメント (2)

ニューヨークは今、何時?

2007年09月13日 | Weblog
娘がおもしろいものを見せてくれました。
学校の授業で最近使っているらしい。
世界の時間がひと目でわかる。

くるくる、くるくるまわします。

今、世界の各地は何時かな?
ニューヨークは?
ロンドンは?
モスクワは?


カムチャッカの若者や
メキシコの娘や
ニューヨークの少女や
ローマの少年が登場する
谷川俊太郎さんの詩「朝のリレー」を思い出しました。
コメント (2)