マドレーヌの一日一善

今日も一日にっこりね。
一日一善、いつも心に。

桜の花びら…

2006年03月31日 | Weblog
昨日、お引越しのあいさつに来られたご夫婦が
「お世話になりました」と
包みを渡された。
バラのマーク、高島屋の包装紙。

中身は何かな~と娘が早速開けてみる。
ジェルインテリアステッカーと匂い袋。

ジェルインテリアステッカーは桜の花びらの形で、
ゼリーのようにプルンとしたもの。
窓ガラスにぺたぺた貼ると、あらっ!簡単アートみたいなもの。
匂い袋も甘いフルーツ系で、とても春らしい感じ…。

今朝もなんだか寒いです。
ニュースで見ると、東京は桜が満開ですね。
こちらは蕾、または咲き始め。

桜が咲く前に、その一家は桜の花びらを残して、去って行きました。

なんとなく、感傷的になりすぎですねぇ、
明日からは四月、スパッと気持ちを切り替えて…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二月特別号

2006年03月30日 | Weblog
今日、本屋さんで注文をした。
雑誌の注文だ。
文藝春秋の2006年二月特別号。

川上弘美さんの短編が載っている号である。
図書館で借りたが、どうしても欲しくなった。
いつかは単行本になるだろうが、
それが待てない。

それで本屋さんのカウンターで、これこれしかじかと話をする。
そうすると、
「二月特別号ですか?」と念を押された。
「はい、二月特別号です」

私は雑誌を注文するなんて、あまりないから
ちゃんと手帖に書き記してきたのだ。
「はい、二月特別号です」

文藝春秋に詳しくない私は、
これが二月の臨時号なのか、
二月号はまた別にあっての特別号なのか
さっぱり分らない。
しみじみ、自分の手帖を見るのみだ。

しばらくあちこちと電話でやり取りをしていた書店員さんが
「通常の二月号らしいです。
在庫がありますので、お取り寄せできますが、
届くのが四月中旬となりますが、よろしいですか」

在庫があるのに、そんなに遅いわけ…??
とは、思ったが、
「はい、いつまでも待ちます」と一言。

それにしても二月特別号。
なにが特別なんだろうか?
なにやら微妙である。
(最近、娘の口癖、微妙~がうつってしまった。
なかなか使い出がある言葉である)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カウンターでウルウル…

2006年03月30日 | TRCブックポータル & honto
体調も良くなったし…と、娘と二人で図書館へ行きました。
予約の本も待っているし、
そろそろ返却の時期だったのです。

図書館入ってすぐの自動ドアから真正面にカウンターが見えるのですが、
私と娘が入った途端、カウンターから大きく手を振る姿…。
私の大好きな司書のIさんです。
それにしてもカウンターからこんなに手を振ってくれたことってあったっけ??
彼女とは娘がまだ赤ちゃんだった時に通っていた移動図書館からの
お付き合い。
三年前に最寄の図書館に異動されてきて、
いつもカウンター越しのお付き合いですが、
会えばとても嬉しい人でした。

その彼女が、四月一日の異動で他の図書館へ。
「今日が最後の日だから、○さん(私のこと)に会えて良かったです」
「えっ!!!」
思いもよらないとは、まさにこの事。
今年はたくさんお別れがあったけど…。
突然のことで、ぼう然としながら目はウルウル、とりあえず本を返して、
予約の本を受け取って…。

聞けば、少し郊外の図書館へ異動されるそう。
「私、○図書館へも行きますよ」
その図書館は蔵書に特徴があるのか、私の趣味とあっているのか、
ネットで予約すると、そこの図書館から届くものが多いのです。

それにしても彼女があの図書館からいなくなるは、辛いなぁ…。
きっと、これから嬉しい出会いもあるのでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土鍋のおかゆ

2006年03月29日 | Weblog

あんまり食欲もなくて、今日のお昼は
冷凍庫にあるおかゆを思い出して食べてみました。
初めて土鍋を使った時に炊いたおかゆ。

水をたっぷり加えて、煮直しました。
おいしかったぁ。
胃にたどりつくまで、その流れが分る感じでした。

昨日と今日は一日寝ていたので、ほぼ回復です。
長引かないで、良かった、良かった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春休み七日目…

2006年03月28日 | Weblog
少しだけお疲れモードの母でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私のイメージ…

2006年03月27日 | Weblog
今年の春はお別れが多いです。
その度に、泣いてます。

そのうちの一人は娘のクラスメイトで、幼稚園からの付き合いで六年間一緒のクラスでした。
遠くへ行ってしまうので、もう会えないかもしれません。

幼稚園時代はママどうしのお付き合いも今より深くて、
一緒に料理教室へ行ったり、
ランチへ行ったり、
楽しい思い出ばかり。

お別れにそのママのイメージにぴったりと思ったハンカチをプレゼントしました。
ブルーの小花模様で、リバティプリントです。

その彼女から、お手紙と一緒にハンカチをもらいました。
その手紙には

「私の気持ちです。
○○さん(私のこと)のイメージで選んでみましたが…」
とありました。

私って、こんなイメージなんだ。
彼女からのハンカチはもったいなくって、使えません。
時々、出してはしげしげ見たりして…。

彼女はとても美しい人だったのですよ。
どこの学校にも一人くらいはいそうな、そんな美しい人でした。
それでいて、とても気さくで、
彼女と過ごした時間はとても楽しかったなぁ…。
数年間でも彼女と一緒に過ごせたこと、宝物のように思います。

さてさて、今年の春はどんな出会いがあるのやら…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あまおう、とよのか、とよひめ

2006年03月27日 | Weblog

いちごがおいしい季節です。

今、わが家の冷蔵庫には
あまおう
とよのか
とよひめ
…と三種のいちごが並んでいます。

お泊りのお友達のおみやげと
うちで買ったものと、一度にいちごが三種も揃うなんて、初めてです。
嬉しいな。

かおりがいいですね。
甘くて、おいしいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

午前三時半就寝予定…

2006年03月27日 | Weblog
春休みに入って、今日は娘のお友達がお泊りに…。
今しがた、私も含めて三人で人生ゲームをしたところ。

今夜の予定も二人して決めているようで、
ちなみに午後六時からお風呂、
午後六時半から夕食、
午後七時からテレビ…
そして、寝るのは午前三時半とか!
前回のお泊りが午前三時に寝たので、記録を更新したいそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

図書館でDVD「リトル・ロマンス」

2006年03月26日 | Weblog
ついに最寄の図書館でもDVD貸し出しが開始。

先日、棚に並んでいて早速借りてきました。
「リトル・ロマンス」
なつかし…。
ダイアン・レインの初主演作です。
借りるときは「小さな恋のメロディ」と勘違いしておりました。

パリが舞台のお話。
ベニスのささやき橋の下、
夕暮れ時、鐘が鳴り響く中、
ゴンドラに乗って恋人がキスをすると、永遠の愛が誓える…。

若い恋人達になりきって、画面に溶け込んでしまいました。
映画って、いいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンゴージュース

2006年03月26日 | Weblog
去年の万博会場で、一番飲んだ飲み物はキューバ館のマンゴージュースだった。
それ以来、マンゴージュースのファンとなり、
見かけたら、飲みたくなる。

昨日は、急きょ近所の中華料理屋さんへ夕食を食べに行った。
家族で経営しいるらしいこのお店。
息子が作り、父親はレジとお運び。
そのほか家族も手伝っていはいるのだが、
どうもこの父親のインパクトが強い。
一生懸命、息子をフォローしたい気持ちが満ち溢れている感じがして
なんともほほえましいのだ。
言葉も丁寧すぎて、こちらがどぎまぎしてしまうほど。

昨日は久しぶりに行ったので、メニューもちょっと刷新されていた。
壁中に堂々とした字でかかれたメニューが張り巡らしてある。
まるで、新春書初め大会のようなのだ。
父親の意気込みを感じる。
その中にマンゴージュースがあった。
あれ!これって新メニュー??
しかし気付いたときには、マンゴージュースすらお腹に入らない満腹状態。
またのお楽しみとなりました。

ここのエビ入りの春巻きが美味しい。
一つが100円で、それを二つに切ってお皿に盛ってあるのだが、
一切れもけっこうのボリューム。
ざくざく野菜が入っていて、とろりと出てくる熱々のエビもおいしい。
「これってお持ち帰りもできるのかなぁ」と思いながら、
バリバリと食べました。

ほかにはコーンスープ、エビの天ぷら・エビチリソース、
鶏のから揚げ・レモンソース、ラーメン、炒飯など、など。

寝る前に、すごく喉が渇きました。
わが家はあんがい薄味だし、中華料理は結構濃い味が多いからかなぁ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょうど一年前…

2006年03月25日 | Weblog
ちょうど一年前の今日、
愛知万博が開幕しました。
あれから一年、今となっては夢のようです。

ちょうど愛知県に妹一家がいて、宿泊場所が確保できていたので、
春休みと夏休み、計5回ほど万博に出かけました。
もし名古屋に住んでいれば、間違いなくパスポートを買っていたことでしょう。

私は大阪万博に家族揃って行ったのが小学二年の時で、
今回の愛知万博もなにがなんでも行くぞ!と意気込んでいました。
40過ぎた今でも、
小学二年生の時に大阪万博に行った思い出は鮮明に残っていたからです。
娘もちょうど小学三年生。
きっと娘が40過ぎても、小学三年生の時に愛知万博に行ったなぁと
思い出すことでしょう。

わが家では、いまだに家のあちこちにキッコロやモリゾーがいます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハルカのゆくえ

2006年03月25日 | Weblog
NHKの朝の連続ドラマがいよいよ最終週を迎えます。

見はじめのころ、登場人物があまりにも個性派ぞろいで
「誰にも感情移入できない~」と思っていたのに、
しっかりとここまで付き合ってしまいました。

私は在宅の限りは見る主義(!!)で、
ハイビジョンの7時30分、8時15分、そしてお昼の12時45分と
一日3回見ることもざらでした。
これって専業主婦の特権でしょうか?
ただただ呆れられるだけのようですね。
まぁ、他の夜の連ドラはほとんど見てないので、
私にとっては唯一のドラマなんです。
理由にはなってませんねぇ。

ハルカはぐんぐんきれいになっていくなぁ~と思いました。
最終回までしっかり見るからね。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

食後の黒豆せんべい

2006年03月25日 | Weblog
小学生の娘が春休みに入ると、どうしても自分一人のリズムではいかない。
自分なりにリズムがあるので、
どうしてもという習慣だけ、おのずと残る。

食後の黒豆せんべい。
これははずせない。
考えてみると、週末をのぞいてほとんど毎日食べている。
一人だけの楽しみ…。

しかし春休みは娘が昼間もずっーといる。
これはもう仲間に入れるしかない。
黒豆せんべいが減るのが早くなるけど…。
これは仕入れを強化すれば、解決する。

岩塚の黒豆せんべい。
ほんとうにおいしい。
ほんとうに飽きません。

いつもキッチンの棚の上に常備している。
食卓に一袋どんと置いておくと、とめどもなく食べそうなので、
一枚づつキッチンまで取りに行く。
そうやって食べている。
それでも一枚では終わらない。
最低でも三枚…。

願わくば、ずっと作り続けて欲しい黒豆せんべいだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偶然出くわして

2006年03月25日 | Weblog
ちょっと前の話。

広島そごうで家族とぶらぶらしていて、
「それじゃあ、一時間後にいつもの喫茶店で待ち合わせね」と
夫とは別行動。
娘と二人でかわりばんこに行きたいフロアをまわっていました。

スマートピンクという洋服が最近気になっていて
「今度は二階ね」と娘とその店に行くと
なんと、スマートピンクのデザイナーの横森美奈子さんがいるではありませんか!
「えっ!」
私の強い目力に
横森さんも気付いたよう。
しかし、接客中だったので、一瞬目が合っただけでしたが、
ビックリしたなぁ、もう。

その日は横森さんが数時間来店して、コーディネート相談してくれる日だったみたいです。
彼女の本は何冊か読んでいるので、
喜び感もひとしお、でした。

偶然出くわすことって、あるもんなんですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「さよなら」は言いたいな

2006年03月25日 | Weblog
娘の友達が引越しをすることになり、
料理を持ち寄りで、お別れ会をしました。

午後六時に集合!
四家族、大人と子ども合わせて計12人です。

私はお得意のお赤飯、
そしてじゃがいもとサーモンのオードブル
カリフラワーとチキンのグラタンを作っていきました。

集まった料理は
ピザ、トッポギ(韓国料理、今回の一番人気!)、鶏の唐揚げ
大学芋、ブロッコリーのホタテあんかけ、きんぴらごぼうなどなど…ズラリ。
ディナーバイキング状態で、
人気の料理には行列ができました。
トッポギは初めて食べたけど、おいしかったなぁ…。

お友達と離れるのは淋しいですね。
見送りはいいからね…と言われていますが、
最後の最後に「さよなら」は言いたいなぁと思っています。
それから「ありがとう」と「これからもよろしくね」。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加