土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

方言看板第2弾

2018年01月10日 | 国道493号北川拡幅工事

土佐弁看板シリーズ第2弾。

 

 

「あわてたらいかんぜよ」

 

 

とか、

 

 

こんなのもそうですネ。

 

 

 

さて、現場横を通るクルマに徐行をうながす言葉を

土佐方言にすると・・・

 

「あわてたらいかんちや」

 

というのも思い浮かびましたが、

やっぱりここは定番の「ぜよ」で。


ということで、

「あわてたらいかんぜよ」

に決定しました。

 

 

「慌てる」

という漢字はとっさに読みにくいんじゃないか?

という意見も出ましたが、

「慌」の漢字を少しかたむけてインパクトを与える

という意見を採用。


以上、土佐弁看板シリーズ第2弾。

「慌てたらいかんぜよ」

の紹介でした。

 

(みやうち)

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる 

「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

災害復旧工事から「モネの庭」まで

幅広い分野の土木工事を施工しています

 

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

(有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント