TENNIS COACH DIARY

ハンサム木全のたわごとです

(1501)沖縄2

2009-04-30 23:45:03 | tennis
沖縄の初日は、前夜の雨がうそのように晴れ渡り、最高のお天気でした。


見て下さい。このホテルの上の空の色!!


その中で躍動する子供たちはきらきら輝いていましたね。あまりじっくりみんなのプレーが見れなかったのが残念!






今回のキッズカップで最も印象に残ったのが、開会式です。海辺でかたむきかけた夕陽のもとで行われた繁多川子供会はばたきさんのエイサーは、ものすごい幻想的な世界を作り出していました。本当にすごかった。その実際の雰囲気が写真では半分も伝わらないのが残念です。


そのあと、解散になったあと、夕闇せまる時間に浜辺で遊ぶ子供たちの姿もとても心に残りました。






またいつか沖縄で開催できるといいですね。
あと、仕事じゃなく沖縄にゆっくり行ってみたいですっ。
コメント

回転寿司、ちゃちゃまるこ(1500)

2009-04-26 01:36:12 | tennis
 季節の進むのが早く、花の写真が追いつきません。はやくも八重桜も終わりで、黄色のモッコウバラが満開、クラブのバラ夢乙女にも2~300個のつぼみがついています。こんど、まとめて花の写真載せます。上の写真はニュージーランド原産のクレマチスでぺトレイです。ちいさな黄緑色の花がすごくかわいい。

 先日、千葉県のクラブ対抗戦の女子のBクラスで、うちのジュニアたちが優勝した時に、お祝いに回転寿司をごちそうする!!と約束していたので、本日行ってきました。残念ながら何人かは用事で来れませんでしたが、みんなたくさん食べました。そして、その食べている時の表情のキラキラ光り輝いていること!!テニスのプレーの時も、みんなその表情でやれば、実力が出せるよ~~!


↑さて誰が一番たくさん食べたでしょう??

 手術が無事終わったあと、HるみTっきーママに預かってもらっている、ちゃちゃまるこ情報です。
足が治るまでは檻の中の生活でした。歩くのは足にいいのだけど、ジャンプして何かに飛び乗ったりすると、治りかけの足がまた悪くなるからです。でも、それももう解禁。檻から脱出生活をはじめたそうです。HるみTっきーの家にもともと住む2匹のネコちゃんたちを尻に敷き、寝る時はHるみTっきーママのベッドをわがものにしているそうです。



久しぶりに会うと、手術前よりあきらかにふくよかになり(前はがりがりでした)、ちょっと美人になったような。
飼い主まだまだ募集中ですよ~~~。
コメント

沖縄その1(1499)

2009-04-26 01:17:25 | tennis
 沖縄はまたまた子供たち、父兄のみなさん、スタッフのみなさんのパワーをたくさん頂いて帰ってきたのでした。

 しかし、毎日、試合の進行に追われ、ばたばたと過ごし、余裕がありませんでした。

 今回の沖縄は、前回のような急遽ホテル変更がなく、しかもオーシャンビューの10階の部屋で、その綺麗さにとっても感動しました。窓の外にはテニスコート全面と、その横にはウインドミル(風力発電の3枚羽のファンをこう呼んでいいのかわかりませんが)、左側と奥には真っ青な海!

 






この3枚の羽はいったい何メートルくらいあるんでしょう??↓


最終日はお天気が危なく、ずっと黒いいやな雲でした。降ったり止んだりの中、最後までできたのはラッキー!↓


今回もあまり子供たちのプレーを見ることができませんでした。でも10男女のSFと12女子のFinalだけ少し見れました。






今回は各年代、九州勢が強かったように思います。

沖縄レポートまだつづく。
コメント

キッズカップ11 12&Under男子結果(1498)

2009-04-26 00:49:04 | tennis
12男子結果、大変遅くなりました。すみません!





コメント

キッズカップ11 12&Under女子結果(1497)

2009-04-23 14:54:00 | tennis




コメント (4)

キッズカップ11 10&Under男子結果(1496)

2009-04-22 14:53:20 | tennis




コメント

キッズカップ11 10&Under女子結果(1495)

2009-04-22 13:54:22 | tennis




コメント

キッズカップ11 8&Under結果(1494)

2009-04-21 23:46:36 | tennis
少しづつ結果を載せていきますね。まずは8&アンダーから。









コメント

沖縄無事到着!(1493)

2009-04-18 01:56:35 | tennis
夜中の12時近くになりましたが、無事沖縄に到着しました~。さあ、明日から大変です!
コメント

英才教育??(1492)

2009-04-16 00:08:30 | tennis
 昨日、全国選抜ジュニア関東の最終日は白子へ行くことができませんでした。クラブでレッスンしてました。

 そして、今日の昼間、気になっていたKずきから電話がありました。順位戦の最後のふたつを勝って、全国選抜ジュニア出場の最後の1席をものにしたそうです。はじめての全国大会出場なんじゃないかと思います。6年生のころの、失敗するたびに嘆いたり、ネガティブな言葉を連発して、どんどんくずれていった選手の姿は今回の関東大会では、全く見られず、精神的にも技術的にもひとまわりたくましく成長した姿を見せてくれました。

 これでまた5月の全国選抜が楽しみになりました。

 夜、テレビで英才教育の特集をやっていましたね。Kんくん映ってました。ちらっと映ったSらくん、おもしろい配役でしたね!

 子供がそのスポーツを好きで好きでしょうがない状態に導いた上で、子供が先を走り、親がそのすぐ後ろからサポートする…賢い親の姿です。子供が主人公で、目がキラキラ輝いています。

 でも、親が自分の夢をかなえるために、子供自身がそのスポーツを好きでも楽しくもない状態で、無理に強いる…これは親が主人公となっていますから、いつか破綻をきたすことになります。ま、破綻といっても子供にとっては、解放という幸せの状態になり、親にとっては破綻なのかもしれません。

 英才教育という言葉であらわされる活動の中には、この両者が含まれているんじゃないかと思います。

 テニスの場合は、14歳から18歳くらいの全国大会のトップにいる選手の親なんかを観察すると、とてもうまくやっている親が多いです。

 この話に関しては、またそのうち。







コメント (4)