TENNIS COACH DIARY

ハンサム木全のたわごとです

今日のおまけ2(539)

2006-06-29 20:36:01 | tennis
私が毎日つけている名札です。不真面目すぎて日本テニス協会におこられるかしら??
コメント (5)

今日のおまけ1(538)

2006-06-29 20:29:12 | tennis
きょうのおまけです。
コメント (2)

オーストラリアンオープンが開く合宿4日目(537)

2006-06-29 20:19:32 | tennis
 おとといと同じように朝コートに出た時からものすごい暑い。またまた子供たちの体調が心配です。一部の子たちは疲れもたまってきているし。

午前中8グループに別れダブルスの総当たり戦をしました。男子は小さい子もすべてサーブ&ボレー義務。前にでるのを忘れると失点になります。

午後は午前と同じグループでシングルスのタイブレークトーナメント。1回戦ダブルスパートナーと試合をし勝ったものは本戦へ、負けたものはフィードインコンソレーションへすすむ試合で最後に本戦優勝者とコンソレ優勝者が決勝を行うというおもしろいスタイルでした。はじめて知ったやりかたでしたので、とても勉強になりました!!

グループの優勝者が決まったのは午後4時、それから全グループの勝者が集まって全体のナンバー1を決めるトーナメント。他の子たちは全員、自分のグループの優勝者を応援です。150人あまりの観客のなか、緊張とプレッシャーに打ち勝ち優勝した男の子は最後胴上げをされてました!ははは。

 明日は合宿最終日と、そのあとプレ予選トーナメントが始まります。午後1時にキャンプの練習が終わり、そのあとのパーティーではしゃぎすぎたり食べ過ぎたりで、せっかくの試合をだいなしにしてしまうアホな子が一人もいませんように祈ってます!!!

 だいぶ疲れがたまってきました。あと1日がんばってのりきるぞ!温泉にでも行きたいな!!
コメント (8)

おまけーパパステニスクラブ(536)

2006-06-29 20:14:18 | tennis
今回合宿を行っているパパステニスクラブについてお話します。
はじめてここに来たのはもう10年以上前になりますか、小高い丘の上にたつ緑にかこまれた高原のリゾートといった感じのホテル&テニスクラブで白樺の木やまわりの山々、天気のいい日に見える富士山、都会では味わえないおいしい空気、今時ありえないほどすばらしい手入れの行き届いたクレーコート。そして私的にはすみれがたくさんたくさんそこらじゅうに生えているのがお気に入りなんですけどね。
 カーペットコートのインドア3面、ホテルの部屋も綺麗、レストランもしゃれていておいしいとなれば、これ以上素敵な所はありませんなぁ。

 まあ、なんといっても今時、こんなすばらしいクレーコートで子供達にテニスをさせられるというのが最高ですね。

アドレスのせておきます。みなさんもぜひ一度遊びにいってみては。
http://www.papas-tc.com
コメント

オーストラリアンオープンが開く合宿3日目(535)

2006-06-29 20:07:57 | tennis
オーストラリアンオープンが開く合宿3日目

 朝からまたまたいいお天気です。昨日のように熱射病で倒れる子がいないといいなあと思いながら午前のセッション、午後のセッションを終わりました。やはり10人くらいの子が氷で体を冷やしながら、クラブハウスで寝ていたようですが、ひどい症状の子は出なかったそうです。

 急にこれだけのお天気、気温、湿度のなかで激しい練習を行い、熱射病で倒れないようにするには自分の管理をしっかりしないといけません。疲れてごはんがたくさん食べれなければ当然次の練習でパワーが出ません、夜遅くまで起きて遊んでいれば翌日睡眠不足でふらふらになります。フロントでジョグに氷と水をたっぷり入れてもらって練習に行く子も多い中、ペットボトルのジュース1本だけ持っていき、なくなったら飲まない…なんて信じられない行動をとる子もいました。「熱射病っていうのは、ひどい時には死にます!去年1人のテニス少年が亡くなりました」って教えてあげたら、まめにペットボトルに水を補給しに行くようになりました。夕方、明るいうちに窓をあけて電気をつけて外出していたら、暗くなってもどって虫だらけの部屋にびっくりの少女たち。その晩はいろいろ手をつくしましたが、結局虫が気になって眠れませんでした。あるいは「ウインブルドンの放送をすべて見ちゃいました」という少年。自分がしっかりどう行動すべきか考えて、しっかり行動しないと楽しい練習ができなくなってしまいます。これがウン十万かけての海外遠征で、体調壊して試合できずに帰ってきましたなんてのは、おとうさんおかあさんが泣いてしまいます。

 そういう意味では、たくさん失敗し、怒られしていろんなことを学んでいくこの合宿はとってもいい経験の場になっています。子供たちは夜、突然呼び出されてお説教をうけましたが、それもまあいい経験でしょう。

 ロッカールームやコートにごみをちらかしっぱなしで帰らない、気づいた人が率先してゴミ箱に捨てきれいにする、とかそういったあたりまえの事ができるすばらしい選手になってほしいものです。
コメント

オーストラリアンオープンが開く合宿2日目(534)

2006-06-28 08:57:23 | tennis
 山梨へやってくる前は甲府の週間予報は雨雨雨雨雨だったんですが、kamonabeさんがスーパー晴れ男パワーを発揮してくれたせいかすばらしいいい天気です。でもちょっとよすぎ。気温はどんどん上がり、真夏の天気、そして湿度もかなりのものです。

 熱中症が発動するにはもってこいの環境で、本日熱射病で練習からぬける選手続出です。コーチがわも休憩や水分補給タイムをまめにとらせ、子供たちがおかしくなっていないかかなり注意ぶかく観察する一日でした。

 低年齢の子たちは筋肉痛やからだのあちこちが痛くなってくる子も増えてきました。

 しかし、基本的には、子供たちはみんな元気いっぱいにいろんなことを吸収しました。テニスのことも、生活のことも、英語のことも。そしてなかよしの友達をみんなたくさん作りはじめ、とってもいい感じです。私も「ハンサムー」とかって声をかけられます、ははは。
コメント (6)

オーストラリアンオープンが開くテニスキャンプ1日目(533)

2006-06-27 08:14:19 | tennis
 朝からしとしと雨かと思っていると、空が少しづつ明るくなってきてなんと外のクレーコートで練習ができました。とってもラッキー。

 日本全国から集まって来ている子供たちは、とってもとっても元気いっぱいで、目がきらきら光っています。

 みんな、テニスの練習に、トレーニングに、ストレッチに、勉強にはりきってがんばっていますよーー!!

 ウインブルドン観戦組も無事ヒースロー空港に到着したようですね!むこうも雨が少ないといいんですがねー!
コメント (3)

明日から須玉(532)

2006-06-26 01:24:37 | tennis
 今日は宮城からNごん登場、精力的に練習をしました、パワー全開です。

 明日早朝5時、私とNごんは車で山梨須玉へ、私の生徒達は自力で電車で同じく須玉へ移動して「オーストラリアンオープンが開くテニスキャンプ」へ。ピーターマクナマラさんや、クリスケイチェルさん、リッチーギーさんらスタッフ、そして井上コーチ、小島さん、八巻コーチ、kamonabeさん?たちと再会できるのはとっても楽しみです。

 そして、Mihoさんは朝7時にTせいパパにお迎えしてもらって成田→ウインブルドンどたばた遠征へ、となります。

 デビルYは明日から白子オープンインサマーの本戦!!
学校休めてよかったねー!

 というわけで、予定てんこもりの1週間になります。
クラブのみなさん申し訳ありませんが、練習がんばってくださーい!


写真はおふくろさんの友達の絵です!梅雨の風景、すごいでしょ!!
コメント (6)

いろいろ(531)

2006-06-24 19:48:52 | tennis
 8時半からのレッスンを早朝7時からに変えてもらい、千葉県中学生大会の関東決めを見にいきました。結果は残念ながら、5-2からの逆転負け5-7でした。しかし、悔しい負け方をしましたが、とても大切なことを学べました。やはり、こういった、ぎりぎりの状況でどういうプレイになるかを見てあげることによって、レッスンで何をしていかなければいけないかが見えてきます。見にきてよかった。練習や練習試合だけ見ていたのでは見えてこない部分です。

 一方、デビルYは白子オープンインサマーで生まれてはじめてJOP大会予選突破の経験をしました。3回勝って、はれて本戦出場です。月曜日学校休みたいパワーが最大に発揮できたそうです、はは。

 月曜日から山梨須玉の国際キャンプのお手伝いに行ってきますので月~金まで練習は自主練になります。ウインブルドン出発組もいよいよ出発ま近、わくわくしてきましたねー。明日はななごんとMihoさん登場予定。松島さんもTせい家に出没??
コメント (2)

敗者の涙(530)

2006-06-23 23:35:53 | tennis
 サッカーの日本対ブラジル戦が終わりました。サッカーに関しては、まったく知らないので、あまり知ったかぶりをするつもりはありません。しかし、しろうとなりに感じたことを書きます。

 中田選手の試合後の様子が胸を打ちました。前回の日韓共催だったワールドカップのドイツが負けた時のキーパー、カーン選手の姿も目に焼き付いていますが、敗者の敗戦後の姿は、その選手がどれほどの思いをその試合にそそぎこんできたかを表します。どれほどの思いをもって、どれだけの期間、どれだけの厳しい練習をその試合に向けて行ってきたか……。

 選手のみなさん、それほど、自分のすべてを注ぎ込んで、全身全霊をこめて1つの大会に臨んだこと…ありますか???負けて涙流したことありますか???
コメント