TENNIS COACH DIARY

ハンサム木全のたわごとです

紅茶(730)

2006-11-28 01:06:24 | その他
 今夜のプライベートレッスンは先週に引き続き雨。コートに出るまで止んでいたのに、コートに立ったとたん、ぽつりぽつり、そしてほどなくどしゃぶりに…。雨の中30分だけやって終わりにしました。本人はまだやりたそうでしたが、私がこの間熱でダウンしているので、体を気遣ってくれました。ありがとうねー!!

 このところ、紅茶にはまっています。雨で終わりになったので、そのままららぽーとまで高速を飛ばし、LUPICIAという紅茶専門店まで。ところが、店は8時に閉店。着いたのが8時ちょっと過ぎ、明かりがちょうど消えた瞬間でした。暗い表情で「買えますか」と言ったら、「だいじょうぶですよ」と言ってくれました。なんとうれしい!!

 クリスマス限定発売の3種類のうちWHITE CHRISTMASというのが欲しかったんです。(既に前に3種とも試飲ずみ!)ぎりぎりセーフで購入、夜はそれを楽しみました。

明日は晴れますようにー!!!

写真はその紅茶の缶と新婚旅行みやげのティーカップ。
コメント (4)

野球だと…(729)

2006-11-26 23:36:18 | tennis
 関東ジュニアの時の話です。(うわっ古ーっ!!と思わずに読んでくださいね)

 添田豪選手なども育てた神奈川の、私の尊敬するゴルゴコーチが、シード選手に負けて帰って来た女子選手(18歳)にアドバイスをちょうど始めました。たまたまそばにいたので、聞いていました。

 ものすごく速いストロークで、テンポも速く、ビシバシ決めにくる相手に負けたようです。

選手:「かなり速いストロークで左右に振られ、全然だめでした。こっちから先に攻めようとしたんですけど…」

ゴルゴ:「うーーん、あれくらいの攻撃力を持っている選手が相手で、おまえくらいの運動能力とすばしっこさを持っているんだったら、すごいしつこくしてプレッシャーをかけるっていう手もあったかもな。テニスは相手にプレッシャーをかけるのに、いろんな方法がある。野球だと攻撃の回にしか点数は絶対入らないだろ!でも、テニスは守備をしていても点をとることができるスポーツなんだよな。だから、自分が攻撃して点を取るということがしたくてもできない時には、徹底した守備で相手をいやがらせて試合の流れを変えることを考えてもいいんじゃないかな。」


 聞いていて、私は、「うーん、いい事言うなぁ」と思いました。

 テニスの選手にはプレイスタイルというものがあります。高年齢になれば、そういったものが確立されてこなければいけません。しかし、その選手が戦う対戦相手のスタイルや得意不得意も千差万別。その選手のなかでも、ある程度、プレイに幅があって、いろんな戦略が立てられるというのが大切なんじゃないかと思います。


 プレイの幅…こういったものをどのように選手に意識させていくか…そして、本当にプレイに幅を持たせていくか…こんな事に常に頭を悩ませています。でも、大切なのはその幅をコーチや親が作るんじゃなく、選手が自分で作っていくように仕向けていくことなんです。そのあたりが難しいので、いつも、そんなことばかり考えています。



 ゴルゴコーチ使わせてもらいましたよー。
コメント (2)

カニ到着ー!(728)

2006-11-26 00:26:06 | tennis
 今日は朝から熱が下がり、元気に出勤。とっても寒くて心配でしたが、体の調子は良くなってきました、みなさま心配かけてすみません。

 いつも昼12時から登場して夜9時まで9時間練習して帰るHとRですが、今日はHがずいぶん遅刻して来ました。聞くと、今日は近所のテニスクラブで行われる大会の中高生の部に出場、朝7時からスタンバイして8時から試合だったそうです。なんとがんばって、以前3-6で負けた中1の子に6-7で惜しくも負けたそうですが、上達の跡をみせながらの、小学生ながら堂々の4位。

 そして、午後3時ころ現れ、いつもどおり夜9時までみっちり練習して帰りました。つまり、いつもは ”9時間しか” 練習しないのに、今日は13時間もテニスしていたわけです、はははは。さすがに今夜の最後はふらふらしていました。この情熱は、そのうち奇跡を起こすかもしれません…以前Sが起こしたような奇跡を…。

 家に帰ると、今日はなんと……待ちに待っていた……うーん、帰りの運転は興奮しました…
福井から「セイコガニ」が到着、家族みんなで幸せな食事を楽しんだのでした。しかし、カニを食べている時ってほんとに口数が減りますが、幸せですねー。こんなカニは初めて食べました、おいしかった!!ネットで購入してくれたMihoに感謝感謝!風邪なんかふっとんでしまいました、はははは。
コメント (2)

ダウン(727)

2006-11-25 00:36:58 | tennis
 今日は風邪で熱を出してダウンしていました。1日じゅうずっと寝ていました。1歩も家から出ませんでした。おかげで、熱も下がり、だいぶよくなったようです。クラブのみなさんご迷惑おかけしてすみませんでした。

明日からまたがんばりますー!!!
コメント (2)

狂犬病(726)

2006-11-23 00:49:14 | tennis
 狂犬病という言葉が世間をにぎわせています。

 日本では何十年ぶりでも、海外では年間何万人も死んでいるそうです。アジアの国へ子供達を連れて遠征にいく場合も、とても注意が必要です。去年、インドへ行った時なども、むこうに着く前に子供達にかなり強く説明しました。

「犬に噛まれたら100%死ぬ病気にかかる事があるからね、動物にはとにかく死にたくなかったらぜったい近づかない事。」

この説明のおかげで、子供達はインドで犬を見つけると、毎回必ず叫んでいました。「ぎゃぁー、いぬ、いぬ、やばいっ」

 そう、みなさんフィリピンも注意しましょうね。

 今日は中学生男子のデビルYとSは先日の全日本選手権男子、あと2ポイントで優勝というところまで行ったまーぼーこと松井選手のレッスンを受けに出かけて行き、レッスンはお休み。詳しくはわからないのですが、出かける前は「問い合わせたら、何人くるかわかりませんって言われました」と親が言っていました。「お金は無料なんです。」とも…。

 私は「うちの男子2人だけだったりして!!そうしたらお得ですねーー!!」なんて言って送り出したのですが、あとからメールが届きました。なんと50人くらいは生徒がいたそうです、はは。何球くらいまーぼーと打てたかな?

焼き芋がおいしいシーズンになってきました。
コメント (4)

脱力感(725)

2006-11-22 00:47:58 | tennis
 今日は朝からとってもいいお天気。きのうの雨がうそのようです。

 昼間はとっても暖かくて、風もなく、今日は短パン半袖になりましたが、夕方からはさすがに寒~~~くなり、着込みました。寒暖の差がはげしいです。ジュニアのみんなもトレーニングが終わったら、半袖で遊んでないで、長袖をすぐ着ましょうねぇーー。

 松島コーチのところにMannysのフェデラーのインパクトの写真が載りましたが、いやいやフェデラーは本当に強かったですね。負けたブレークが「レッスンを受けたようだ」というくらいの完璧な試合でした。神業としかいいようのないバックハンドハーフバウンドストロークのカウンターエース!ジュニアのみなさん、真似しても無駄よ!!!

 しかし、フェデラーのバックハンドのインパクトの写真、本当に顔と視線が打点方向を見ています。基本に忠実です。こういうところは真似しましょうね!まずは身近な所から実行です。

 グランドスラムが終わった時のように、マスターズカップ上海と全日本が終わってしまって、なんか一気に楽しみがなくなってしまいました。ハリーポッターを読み終わった時のような脱力感です。まだ見ずに残しているDVDでも楽しむとしますかね。USオープンのアガシvsバグダティスと先日頂いた、ずいぶん前のUSオープンジュニア決勝バグダティスvsガスクエでも…。


 あっ、そうそう、ネットを頂けるとお電話を頂いたSさん、ありがとうございます。とりあえず、完璧に修理しましたので大丈夫ですよ。ご好意だけ頂いておきます、また練習に来てくださいねー、お待ちしております!!!



コメント (2)

RSKのDVD届く!!(724)

2006-11-20 23:37:41 | tennis
 今日は朝から雨です。Mihoを羽田空港まで送ったあと、午後はややゆっくりしました。午後、雨があがったので、夕方6時半からのプライベートに向かおうと思ったら、再び強い雨が降り出しました。一応本人が「雨の中でもレッスンをやりたい」と言うかもしれないのでクラブへ向かいましたが、かなりの雨なのでやらないだろうなと思っていました。

 ところが、本人は普通にやってきて「やる」といいます。雨の日ボールで、降りしきる雨の中1時間集中して練習しました。少し感覚がわからなくてミスが多いと言っていたショットが、ボールを数打ったおかげで感覚がつかめて来たようです。もちろん、すべるので、近くからの手出しですけどね。
 
 晴れだったら、プライベートのあと、ダブルスペアを呼んでお母さんたちとダブルスするって言っていたのですが…さすがにこの雨だからみんな来ないだろうと思っていたら…なんと来ました。さすがに雨が強かったので試合はできず、雨のなか1時間ほどボレーボレーして帰りました。なんとすごい人たちでしょう!昔の熱血テレビアニメ「巨人の星」でよく、目の中で炎が燃えているシーンが出てきましたが、あれを思い出してしまいました。

 夜、仕事を終えて帰宅、するとお待ちかねのものが届いていました。先日、岡山で行われたRSK杯全国選抜の模様をスポンサーであるRSK山陰放送が11月の12日の日にテレビ放送したのですが、その放送をDVDにして香川県のSさんが送って下さいました。Sさん、本当にありがとうございました。

 放送はとてもすばらしく編集されており、知っている子たちの姿がたくさん映っており、とっても楽しませていただきました。Hどぅーのインタビューの後ろをあくびしながら私が通過したのがあまりにダサくて恥ずかしかったですな。知り合いの子達にはコピーしてプレゼントしたいなぁと思いました。さっそく明日ジュニアのみんなに見せるかな!!!
コメント (2)

イマジネーション(723)

2006-11-19 20:25:52 | tennis
 今日は朝のレッスンはしばらく霧雨状だったので、しばらく打ちましたが、強く降って来たのでクラブハウスの中でミーティングしました。

今日のテーマは、試合中の作戦として「変化をつける」です。
・スライスからフラットドライブと球種の変化をつける
・ムーンボールから低い軌道の速いボールを打つことにより、軌道とスピードに変化をつける
・通常のタイミングで何球か打ち、急に次、ライジングで打ち、テンポに変化をつける
・コーナーへのストロングクロスからショートアングルと前後の動きも加味した左右のゆさぶり
・ドロップショットがらみのプレー
などなどのプレーをビデオを見ながら探すのがテーマです。

 教材はWTAチャンピオンシップ2006。先週マドリッドで行われた試合です。
だって、SFのエナンvsシャラポワもモレスモーvsクライシュテルスもFinalのエナンvsモレスモーもそういうプレーの宝庫なんですもの。こういった映像を見る事によりいいイメージを作り出すことと、コート上での多彩さが養われるとすばらしいと思います。

 先日、ナショナルコーチの櫻井さんからメールを頂きました。ボブさんと修造くんのジュニアキャンプに参加したそうですが、そのキャンプで2つの大切な事を子供達にお話いたそうです。みなさん何だと思いますか?


 オンコートでは「Imagination(イマジネーション)」を、そして、コート外では、「責任を持つ」ということを大切にするようにとの事だったそうです。コート上での「Imagination」とは、いろんな作戦を自分で考え、創造力豊かなテニスをしていこうという事です。日本のジュニアのテニスを見ていると、本当にそう思います。


 写真は全日本2連覇のブチさん!!飛びついてますー!!!撮影はA。
コメント

おまけ(722)

2006-11-18 23:42:09 | tennis
一日でまた、信じられないくらい上達したんじゃないでしょうか?この中から将来の全日本優勝者出るか??????
コメント

えりかん全日本優勝!!(721)

2006-11-18 23:38:26 | tennis
 やってくれました。みごとに優勝です。本当に始終すばらしいプレーでした、ま、彼女が震えながら試合するのは1度も見た事ありませんけどね。中村さんは、ちょっと硬くなってミスが多かったようです。

 おとうさん、おかあさんもとっても喜んでいました。

 えりかん、本当に本当におめでとう!次はグランドスラムだね。

 子供達を連れて見に行き、その後、クラブへ戻って練習したのですが、みないいイメージでとっても集中して練習できました。いつもは疲れて2人くらいしか夜の大人のクラスに乱入しないのですが、今日はほとんどの子が加わりました。大人のみなさん、すみませんでした!

 そして、とってもちびっこい子たちも今日は試合をたくさんがんばりました。スーパーキッズカップ2みなさまお疲れさまでした。


写真はうれしい優勝の瞬間です!
コメント