TENNIS COACH DIARY

ハンサム木全のたわごとです

インドおわりー!(302)

2005-12-16 17:53:46 | ATFインド2005
インドのお話はこれですべて終わりです。写真はおまけ。今回の写真ではありません。生徒さんがインドへ旅行に行ったときの写真をもらいました。いい写真でしょう!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド遠征感想文(301)

2005-12-16 17:48:04 | ATFインド2005
インド遠征に行って    畑山優也

 インドへは、アジア14才以下チャンピオンシップと、その前にあるキャンプに、出るために行った。
インドの町は思っていたよりも、きたなく、タイやフィリピンの町とは同じアジアでもぜんぜんちがかった。
もちろん、ホテルもきたなく、2日ぐらいは、シャワーもつかえなかった。
 キャンプには、オーストラリアからコーチがきて色々な練習をした。ほかの国からは、あまりさんかしている人が、いなかったから、午後しかキャンプはなかったけど、日本の代表のチームにまぜてもらっていたので、かなり練習になった。
 試合がはじまる前に、コーチがインドでしりあいになった人が芝生のコートにつれていってくれた。そこは大とうりょうの家のしきちにあるクラブでグラスコートが16面、クレイコートが4面あった。そのあと、大きな家にしょうたいされた。インドには、とても大きなひんぷのさと、さべつがあることが、そのおかげでよくわかった。
 食べ物も、からい物ばかりだし、ごはんはまずいし、かなりやばかったけど、やっとなれてきた。たまに行く日本食が、とてもおいしくかんじた。
試合は、シングルスが2回戦で、シリアのナンバー1に負け、ダブルスはタイのナンバー1に負けた。試合では、練習ではわからない物が色々わかった。
試合のあと、友達になった人のへやに、あそびに行ったりして、とてもおもしろかった。2日目ぐらいまではインドがいやだったけど、そのあとはかなり上がった。
どこの国に行ってもそうだけど、その国の食べ物や環境にしっかりあわせていけるようにしないといけないと、インドにきてよくわかった。その国に行って、はじめてわかることや、ふだん日本にいてはできない経験が、たくさんできてとてもよかった。こんかいインドで、フィリピンの友達に会ったみたいに、また色々な国で、色々な所で知り合った人たちと、あえると思う。その時に、負けたやつに、勝てるように、勝ったやつに負けないように、しっかり練習して、またどこかであえるといいと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド遠征感想文(300)

2005-12-15 23:59:33 | ATFインド2005
インドへレッツGOー!! (感想、10日間の事)   大野美南

最初のキャンプは、めちゃくちゃ楽しかったし、おもしろかったです。
練習はきびしいかったけれど、どんどん楽しくなってきた感じがしてきました。ホテルの中を見たときは「ベッドもちょうどいいし、なかなかいい部屋だなー」と思っていました。ホテルの夜ごはんは、辛い食べ物ばーっかりだったけれど、どんどんなれてきて、料理は、本当においしかったです。朝ごはんはジャムパン、マーガリンパン、目玉焼き、いろんな食べ物があって、おいしかったし、よかったです。テレビを見るとき、5人そろって、見たときは、楽しかったです。
朝おきるとき、七海ちゃんをおこして、練習の用意をして、5人で歩いて会じょうまで行き、コートについたら、きびしーいきまたこーちの練習と、午ごからのとくべつレッスンをしたら、もーっときびしい練習をして、またホテルまで歩いて帰りました。足はへとへとで、練習もきびしかったけれど、やっとこのくるしさをのりこえることが出来てとってもうれしい感じがしました。
きびしーい練習を5日間するのがちょっとくるしかったです。日本よりきびしいし、いい練習ができて一番よかったと思います。こう言う練習はなかなか出来ないし、自分にとってはよかったです。
このきびしい練習をわすれず、日本に帰っても、みんなにじまんが出来るようにがんばってきました。ときには練習でくるしくて泣いたときもありましたが、この10日間、いい事をみにつき、自分では「これで自分も強くなれるし、練習でならった事も全部いい事になってよかったです。
試合本番になると、自分は、いつもよりどきどきして、コートにはいりました。
相手も強そうに見えて、もーっとドキドキしてきて、手もふるえて、もうどうしたらいいのかがわからないときがありました。相手とラリーをしているとき、「ぜーったい勝てる!」と思いこみ、、きまたコーチが言っていた事を思い出してみたら「みじかいボールとかは、あきらめずとる事ー!」とか、プロにおそわった事「なんぼ強く見えてても、自分が強くならないといけない事!」をこの5日間、おしえてもらってうれしいし、なかなかプロとかにおしえてもらえると言う事は、とてもいい事だし、この合しゅくに来てよかったと思い、お父さんお母さんには感謝しています。
試合が始まり、そのときはふつうにしていましたが、1ゲーム目とかは、コーチにおそわったこと、プロからおそわった事を思いつき、あきらめず、あさいボールをとり続け、くるしい事をのりこえていこうと思っていましたが、ざんねんながら、負けてしまいました。自分では練習はよかったけれど、試合のときに、練習でした事をわすれすぎたのが一番悪かったし、せっかくインドまで来てるんだし、一回戦ぐらいは勝とうと言う思いがないのがあかんかったところです。でも、なかなか強い人と試合をする事はとーってもいい事だと思いました。日本では、そういう事は、ぜーったい出来ない事だし、よかったです。試合が終わって、次の日ぐらいに、コーチの友達のアマールさんが「大とうりょうの家のコートへおいで!」と言ってくれたそうで、5人でそのコートへ行ってみたら、しばふのコート16面、ハードコート3面か5面くらいあって、ビーックリして、これもなかなかいい事だし、アマールさんには、本当感謝しています。そのしばふのコートでやってみたら、楽しくておもしろかったです。休んでいるとき、紅茶、サンドイッチが出てきて、すごかったです。練習が終わったあと、アマールさんの家へ行きました。家がとーっても広くて、子ども2人いて、4人で遊んだら、ものすごく楽しかったし、夜ごはんまで出してくれました。タクシーまでよんでくれました。タクシーが来たとき、アマールさんのおじいさん、おばあさんがあいさつしてくれました。本当よかったです。友達も、いーっぱい出来て、とーってもうれしかったです。コーチ、お父さん、お母さん、ありがとーう!またインドへ行きたいし、プロにもあいたいと思います!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

インド遠征感想文(299)

2005-12-14 21:50:00 | ATFインド2005
インドに10日間いて    佐藤七海

 最初の5日間はキャンプで、友達をいっぱいつくれました。友達になった子には、名前、電話番号、住所、アドレス、をきき、れんらくが日本にいってもとれるようにしました。(木全コーチからのおしえ)

 試合が始まりました。
私達は外国人なので、本せんストレートインとなりました。あとはレジストレーションでダブルスパートナーをさがすことにがんばらなきゃとコーチ。私はダブルスがないと思っていたのでビックリ!!でもぶじパートナーは、すぐみつかりました。でも、心配なことがありました。それは、パートナーが私よりずいぶんうまいこと。それと、私は大の、声がけきらいなのに、日本人ならまだしも、言葉の通じない外人。
でもダブルスは始まりました。
1セット目は、2人して、ぼんミスがめだって0-6…。2セット目は、それが決まりだし、明るくなったがちょっとおそくて4-6,
けっきょく0-6,4-6で負けました。

シングルスは、1回せん、チャンスボールがけっこうくる子とやって、6-3,6-4

2回戦は国のNo1で、見るからに強そう…
私のよそうどうり(それより上)とても強かったです。
がんばったが、とれたゲームは、自分のサービスゲームの時の1ゲームでした。でも1ゲームは、とれたのでがよかったです。スコアーは0-6,1-6でした。

いろいろと、勉強になった試合でした。練習も2回できたのでよかったです。

日本とインドでちがうことは、ぶんか、いいということのきじゅんの2つでした。ぶんかでは、トイレットペーパーをつかわないこと。
きじゅんでは、ホテルにとまっていて、お湯がでたらいいほう
こんなの日本じゃあまりないと最初は思ってたけど、日本とくらべてしまっては、なにもかもがちがいすぎてだんだんくらべるのがばからしくなってしまいました。

でもそんなことを自分でかんがえたりしているうちに、なにかはみになってるんだなあと自分で思っています。(なっていてほしいです)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

インド遠征感想(298)

2005-12-13 21:59:48 | ATFインド2005
インド遠征の感想文  太田晴海

11/20親とはなれてインドへテニスをしに行った。(飛行機)
最初おどろいたのは、飛行機に乗っている時間だった。まず飛行機に乗っている間、あまり楽しくなかった。そのわけは、テレビが前についていなかったのと、席がきゅうくつだったことだった。でもえいがや本を見ていたのでちょっと楽しかった。それから、ねたりして、時間がたち、ようやくインドへついた。その時ぼくはやっとついたーと思った。そして飛行機から下りて、HOTELへとタクシーで向かった。タクシーのなかは、飛行機とは別で、すごいきゅうくつだった。なぜかというと、1つのタクシーに5人も乗ったことだった。タクシーに乗っている間、まどから風景を見ておどろいていた。人の人口が日本より多いし、信号があまりおおくなかった。あと、人だけではなく、犬や牛、馬などがふつうに歩いていたことだった。車もスピードをおとさずに、ピーピーならしながら走っていて、とても日本とはちがった。やっとのことでHOTELについて、ほっとした。そして、ついたら夜おそかった。まだ夜食を食べていなかったので、食べた。始めてのインド料理で辛いと思った。そして、ようやく、夜食がでてきて、食べた。味はとてもからくて、あまり食べれなかった。そしてねた。(1日が終わった)
 二日目  朝8:00くらいに起きた。まだちょっとねむたくて起きたくなかった。それで朝食を食べた。朝食は辛くないと願った。そしてでたのは、トーストだった。はぁーて感じで良かった。食べ終わると、荷物を持って、オーストラリアンオープンのコートへ向かった。ついた場所はいがいと広かった。コートが3面づつ別れていて、広かった。そして練習を始めた。内容はゲームけいしきで、ちょっとミスが多かった。練習が終わると、ナショナルチームの人たちと、(きたもとあき君とさいとうしゅう君ときんじょうみちる君と畑山優也君たち)と一緒に食べた。このような生活が毎日やっていき、ナショナルチームの男子と仲良くなってきたし、シングルバックハンドもうまくなってきたと思った。そして5日間がたった。シングルスの試合がやってきた。1回戦目INDIAの人と試合をやって0-6,2-6え負けた。ミスが負けたわけは、ミスがとても多かった。
試合が終わった人にダブルスを組んでといったらOKしてくれた。そしてダブルスの日がきた。結果は0-6,1-6だった。同じようにミスが多かった。それで負けたと思った。そんで次の次の日に帰国した。楽しかったインド遠征だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド遠征記ラスト32(297)

2005-12-13 00:14:08 | ATFインド2005
 子供たちの生活について。これだけのカルチャーショックをみな、どう受け止めたのかわからないが、パニックにもならず、すぐにとけ込みました。特に出発3日前にパスポートができ、初海外のはるみにとっては(他の子たちは何回目かの海外)、ものすごくショックだったはずです。文化の違いという概念が、はじめて生まれたことと思います。ことさら子供達には、考えるチャンスを奪わない様、少しつきはなし気味の生活をしました。(マァいつものことですが)特に後半は、いろんな事を、コーチに聞かず、自分でできるようになり、成長のあとを見せました。

 そして、特に小さな3人にとっては、本物の日本代表チームのみんなが、とってもかわいがってくれ、仲良くなり、その子たちのものすごいプレーを身近に見ることによって、テニスの見方が違ってきたように感じます。自分たちもこの子たちみたいになりたいという気持ちがめばえるのには、もってこいの環境だったわけです。

 だれ1人として体調をこわさず、(下痢したのは私だけ!)他人にあまり大きな迷惑をかけず、楽しく過ごせた今回のメンバーは、ものすごいグレートでした。文句なく。

 最後に、インドでお世話になったコーチ達、リッチーさんをはじめとするオーストラリアンオープンのスタッフたち、藤井監督と日本代表チームの6人の子たち、まいパパ、さちえパパ、アマールさん、他の国の選手たちとコーチたち、その父母のみなさん、そして日本で待っている今回遠征に参加しました4人の子たちのご両親、そして私のクラブで自主練習をしていたジュニアたちと、その父母のみなさま、クラブオーナーのおじいちゃんおばあちゃん、おとなの生徒のみなさん、本当に多くの皆様に感謝してこの日記を終わりにしたいと思います。

 へたくそな文章、最後まで我慢して読んでいただき、本当にありがとうございました。
                        2005年11月 木全宏之

写真はやよいとみなみ、究極のいい表情だあー。

このあと、帰りの飛行機がいっしょだった、まいパパ、おみやげ紛失事件あり、傷は浅かった!!はは。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

インド遠征記31(296)

2005-12-12 23:59:59 | ATFインド2005
 ふと、ウインブルドンーオランダツアーの時、ラケットを1本なくして帰ってきて、親にしかられた子がいたなーと、思い出し、その本人を見ながら「おい、もうホテルに忘れ物した人、取り戻せないよー。ラケットおいてきた人なんかいないよねー!??」すると、その本人のN、「あ、ガット張りのおじさんに1本預けたままだー!!」
ガーーーーーン!!タクシーはUターンしてテニススタジアムへ戻り、ラケットも無事ゲット。Nは、他のみんなにかなりぶーぶー言われていました。あぶないあぶない。

 空港に着いて、おみやげを買い、サブウェイのサンドイッチを食べて、一休み。今回のインドツアーの感想を全員に書かせました。

 木全のインドの国についての感想。この国に来ると、日本で自分がやっている人生を一度ふりかえって見ることができるような気がします。神経質な人には耐えられないような事が多いこの国ですが、私にとってはそんなのは別に大丈夫です。戦前の日本にタイムマシンで逆戻りしたような、なつかしさのある生活(戦前を知らないのに?)。現代の最先端の文明の利器が全くない質素な生活。ぜいたくとか、便利とか、豪華とかいう事から全く正反対の位置にある国。(しかし、裕福な人たちは、ものすごい裕福。)人間は、時に裕福な外国人などにはお金の額をごまかしたり、いいかげんなずるをするが、基本的には、素朴な、優しい、純粋な人間が多く、のんびりしているように感じた。時間にルーズな事が許せない人には、この国を旅行するのは向いていないかもしれません。そして、インドの人たちはとてもユーモアのセンスが高いです。

 例えば、今日、いつもすべての事を何でも手配してくれる信頼すべき人物ナルシンさん(デリーテニス協会のヘッドコーチ)に、少し冗談を言ってやろうと思い、「ナルシン、ものすごく大切な、重大な頼みがあるんだ!」と切り出しました。このあと、「キャンデーを打っているマーケットを教えてくれ」と、大して重要でない事をいうところに、このジョークの意味があったのだが、相手に先手を打たれた。「何だ、ヒロ、トイレットペーパーがほしいのか?」(笑)こんな感じである。
 ナショナルコーチのガジェンドラさんも、(昔、彼は髪の毛ふさふさ、ひげぼうぼうだったが、今はぼうず、ひげなし)カメラで私と写真を撮ったあと、「お前のカメラはこわれている!毛が写っていない!!」

写真ははるみのダブルスペアと対戦相手。毛は写ってます。はは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド遠征記30(295)

2005-12-12 23:41:02 | ATFインド2005
11月30日(水)晴れ
 やや、寝坊しました。コートに着くとななみとみなみはすでにボールを打っていました。アップもせずに!!←あんたたちはテニスプレーヤー??それとも週末にだけ楽しくテニスを楽しむOLさん?という皮肉たっぷりの言葉に、2人はランニングからやり直しました。「Young developping athretesたちにgood habitを教え込んでいくことがchampionをつくりだすことにつながりますbyクリス・ケイチェルさん。」

 ななみ、みなみ、はるみで練習。ポイントを行い6連勝したはるみは木全から賞金100ルピー(約250円)をゲット!!(変なものを買うなよ!)

ゆうやは、ニーシャと練習したあと、ブルーノ(シリアの子)と、かなりたくさん練習。シューレース(靴ひも)のスペアは遠征の時にはバッグに入れておくといいね!!

 シングルスはさすが、クォーターファイナルとあって、いい勝負がいくつかありました。(いくつかはイージーゲームでしたが)
男子○MANUJA(1シード、インド)vsブルーノ(シリア)
  ○CHUMPETCH(タイ)vsBHAMBRI(インド)6-2,6-3
  ●ニーニョ(4シード、フィリピン)vsSITARAM(6シード、インド、もとを敗った子)
  ○しゅうvsPARANJAPE(インド、5シード)6-2,6-0
女子○さちえvsSADI KIM(1シード、シリア)6-3,6-1
  ○ニーシャvsMEHAK(インド、8シード、ななみたちときのうダブルスした)
  ○まいvsMALIK(インド、みなみと1回戦であたった子)6-1,6-0
  ○NAIK(インド、2シード、やよいをきのう敗った)vsVATWANI

その他、練習マッチ
ななみ0-6MAKKI DIANA(シリア)
みなみ6-2,6-2はるみ
ななみ6-4はるみ
ゆうや3-0やよい
ゆうや0-2さちえ
ゆうや6-7みちる
ゆうや6-0SIRASALA SURYA(インド、テジャスウィ二ちゃんの兄)
みなみ?-?テジャスウィ二ちゃん

これにてインドでの全練習終わり。みな、とてもがんばって練習しました。インドのコーチにおみやげを買えるお店を教えてもらい、タクシーで買いに行きました。20分間のおみやげタイムです。ホテルにもどって荷物をまとめ、チェックアウト、タクシーに乗りカーナ・テニス・
スタジアムを後にし、空港へ向かいました。

写真は空港へ向かうため、タクシーに荷物をのせ、記念に1枚、まいパパ撮影。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド遠征記29(294)

2005-12-12 23:29:06 | ATFインド2005
 各国の選手たちと、みんなだいぶ仲良くなってきました。とてもいい雰囲気です。誰が誰に惚れているとか、そんな話でもちきりです。

 マイがプールに落っこちました。とってもドジです(失礼!)(木全は落ちなかったもんねー)。お父さんにしかられていました。他のみんなは大喜び!!!

夜は各自リラックスタイムにしました。

 木全は、子供達に内緒で、いそいそと夜のデリーの街へ出かけました。マリオットホテルのお向かいにある、アーユルベーダのホスピタルへ。アーユルベーダというのは、どうやらインド風の健康法や、自然食品関係、あるいはマッサージなどの混ざったものらしく、(いいかげんな知識なので、みなさんあまり信用しないこと)少し興味がありました。…が…、ちょっと期待はずれ。ごっつい2人組の男に左右からガシガシやられ、ぜんぜん気持ちよくないー…!!残念!喫茶店でコーヒーとサンドイッチを買って帰りました。みな、もう寝ていました。

 明日も、朝練して試合を見たいと4人ともいうので(なんという、みあげた心…涙)、そうすることにしました。

写真はプールに落っこちたのを、笑ってごまかすマイ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド遠征記28(293)

2005-12-12 23:14:20 | ATFインド2005
ダブルスが一斉に4つとも始まったため、ゆっくり1つ1つは見れませんでした。
●みなみTejaswini2-6,0-6サチエ、マイ
日本No1,No2おペアから2ゲーム奪ったのは、日本に帰ってからお父さん、お母さんに自慢できるね!!テジャスゥイ二ちゃんのアンダーサーブも時々決まっていました。

●ななみPOOJAvsVATWANI,MEHAK(第4シード)0-6,4-6
相手は2人ともシングルスでベスト8に入っている、まあまあうまい子。
プジャーとがんばったが、1歩およばず。

●はるみCHOPRAvsS,KSHITIJ1-6,0-6
がんばりましたが、少し実力差がありました。いろいろ勉強になった…はず。

●ゆうや、みちるvsCHUMPETCH,TANCHAINANT(タイ、4シード)3-6,2-6
なかなかのいい対戦でした。サーブにもストロークにも、ボレーにもリターンにも、とてもプレッシャーがかかります。結局、ややテクニック的に劣るゆうやたちの負けでした。

 もう少し、しっかり細かく見れるとよかったのですが、何ともコートが離れているし、スコアボードはないしで、ちょっと観にくいものがありました。
 もと、しゅう組負け、(監督にしっかり説教を受けていました)、やよい組勝ち!!

幸運なことに?!(不運なことに?!)、全員シングルスもダブルスも、お亡くなりになってしまいました。明日、予定していた飛行機に乗って帰れます。すごい木全の予測能力です。!!!(みんな、くやしがれよー!)明日の飛行機のリコンファームを済ませました。なぜか、はるみの予約がなく、ななみが2人いました。

写真はななみとプジャー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加