EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

11/30 <Tom Waits>

2019-11-30 21:14:28 | youtube



11/30

下のページに「ぱっとしない出来」と書いたが、この懐かしい映画のサウンドトラックのあれこれをあらためて聴いてみたら、このトラックはとてもよかった。

このトラックを私は聴いたことがなかったのか、記憶がなくなってしまったのか、しかしなんとなくアイルランド民謡調な感じで私は好きだ。一方、テーマの曲はジャズというかブルージーというか、そういった曲調で、いかにも作った感が好きではなかったが、このトラックは歌も演奏も気負いがなくてとてもよかった。

この映画「ワンフロムザハー ト」の製作中にでトム・ウエイツは今の奥さんのキャサリン・ブレナンと出会い結婚をし、そして彼女のアイデアをトムが膨らませ作ったのが「ソードフィッ シュトロンボーン」であったようなことをどこかで読んだ記憶がある。そしてアイランドレコード期の「怪進撃」が始まったのだが、それまで「酔いどれ詩人」 C.ブコウスキーのイメージが強かったトム・ウエイツは「レインドッグ」「フランクスワイルドイヤーズ」と一気に飛躍したのだった。

私もこの3作はよく聴いた。しかし、私はトム・ウエイツのサウンドイメージのある一面、なんというかガランガランした音というか、ドスドスというか、地下帝国の小人たちが大騒ぎしているような(わかる人にはわかると思う)あの感じとか、もしくはやたら不協和音を多用する不安定な曲調(マーク・リボーのギターは好き)などや、あとはトムのボソボソとした語りが続く曲など、それらが「かっこいい」ことはわかっていても結局は聴かないわけだが、しかしその一面があるからこそのトム・ウエイツであることもよくわかっている。

当時、私がMTVで初めて「インザネイバーフッド」のビデオを目にした時は衝撃を受けた。あの頃「あんなイメージしかもワルツ」で音楽界に打って出て成功したのは彼だけだろう。80年代の始めの頃だから、主流的なのを思い浮かべるとすればたとえばシンディ・ローパーやマイケルジャクソンのスリラー、そしてな んだっけ、あ、あれか、カルチャークラブか、そんな中に「ワルツご近所音頭」で打って出たわけだから私も驚くわけだ。他は娯楽で、彼のはアートの域であったことをまだ若い私でもよくわかった。今あらためて「インザ〜」を聴いてみたが、やっぱり名曲だな。彼の全作品で無理無理一番を選ぶしたら私はこれかな。千回聴いても飽きない演奏と歌と詞なのだ。

しかし、私がごくたまにどこかのカフェなどで「ボーっ」としている時に突然店内のスピーカーから「トムトラバーツブルース」が流れ出たりすることがあって、そんな時に私は「はっ」として聴き入ったりする。おやすみなさい。evolucio

コメント

11/29 Diary

2019-11-29 20:33:16 | Diary

11/29

いい肉の日だそうだ。しかし私は先刻、トーストとスープを食べた。
トーストは私の自動パン焼き器が焼いた「粉、水、塩、イースト」だけのごくごく素朴なパンで、昨今流行りのふんわりリッチなテイストとは真逆なのだが、粉の味がストレートに味わえ、あくまでも歯ごたえのしっかりある私好みである。
そのトーストに、ヨーグルトの水分をよく切って作ったクリームチーズに塩とガーリックを混ぜたディップをのせて食べると、なにしろ炭水化物の美味さ全開で、「うぅぅぅ」と声が出るほど美味い。
締めくくりはコーヒーである。しばし考えた末、浅くもなく極深くもないシティプラスくらいのローストのブレンド豆に決定し、丁寧に淹れた。それを飲みながら「これはちょっと違ったな」と思った。今日は寒いね。おつかれさま。おやすみなさい。evolucio

コメント

11/28 Diary 7/11カステラ

2019-11-28 18:28:14 | Diary

11/28

昼間、道路を違法に渡っている時に「あっ」と声が出た。
そうか、カステラ買わなくては。思い出したのだった。
塩梅良く道を渡りきった歩道に面してカステラを売っているであろう店はあった。
いやちがうな。その店の看板が無意識にでも目に入ったから思い出したのだろう。
なにしろ「あっ」から40秒後には手にカステラの包みを持っていた。
私は迷わず買って帰り、もちろん昨夜に書いた通りの濃厚ダークコーヒーを淹れた。
さすがに美味い。コーヒーだけでも十分美味いのに、今日はwithカステラである。
ところが3切れ食べて首をひねった。「ちょっと違うな」
まあこのカステラも悪いわけじゃないが、ちょっと違うと感じた。
期待が大きかった分、現実にそう思っただけかもしれない。
まあいいさ。こんなもんだ。おやすみなさい。明日は寒い予報。evolucio

コメント

11/27 Diary 虚ろカステラの夜

2019-11-27 20:22:38 | Diary

11/27

なぜだか急にカステラが食べたくなった。しかし肝心のカステラがないのだからどうにもならない。
私ならカステラにはダークで濃厚なブラックコーヒーを合わせたい。そしてカステラを食べ終えた時にちょうどコーヒーは半分の量を残しておきたい。そこに熱湯を同量注ぐことを誰にも推奨したいのだ。香りが驚くほど蘇り、濃厚のすぐ後だからか、なぜか微かな甘みを感じるさらさらのコーヒーに変わるはずだ。それを「はぁー」と溜め息などをつきつきカステラの余韻をこの夜に楽しみたかったのだ。しかしカステラは今はない。ここにない。探してもない。カステラ、カステラ、カステラ。何度呼んでもカステラは出てこない。
おやすみなさい。evolucio

コメント

11/25 Diary ━One from the heart━

2019-11-25 21:14:34 | Diary

11/24

今日は朝の4時に目が覚めてしまい、コーヒーを適当にじゃーっと淹れて、ボーっとしながらCSのスイッチをつけると、なんと懐かしい映画「ワン・フロム・ザ・ハート」を放送していた。

トム・ウエイツが音楽を担当していて、テーマ曲のラブバラードはクリスタル・ゲイルとデュエットしている。……のだが、あまりぱっとしない出来だと私は昔から思っている。純アメリカ人でないと理解できない音と世界観なのではないだろうか。クリスタル・ゲイルが上手すぎるのも面白くない一因。まあ私個人の感想だが。

トム・ウエイツの声もまだ若い時のもので、キレイな声と作ったダミ声が混成していて、今聴くとなかなか新鮮である。

たしかこの映画は興行的には大失敗作で、監督のコッポラは、大事な自分のロスの巨大スタジオを売りに出すことになったはず。つまり「ゴッドファーザー」や「地獄の黙示録」などで稼いだ金がなくなってしまったということになる。

そしてなんといってもナスターシャ・キンスキーが出演している。この映画は彼女の一番良い時ではないだろうか。今日見たら、髪がもう少し短くてもよかったのでは、と思った。まあ私個人の希望である。

あと、アダムスファミリーのおじさんも出ている。

おやすみなさい。evolucio

コメント

11/23 Diary <帰ってきた若旦那>

2019-11-23 19:34:11 | Diary

11/23

2日くらい前、CS放送で鶴田浩二の古い映画を放映していたので、なんとなく見始めたらけっこう面白く、結局最後まで観てしまった。結論を書くと、最近観た映画の中で私の評価は上位であろうこの作品であった。

私は鶴田浩二の映画はだいたい侠客ものしか観ないのだが、これは鶴田浩二には珍しく?コメディタッチで、話は、西銀座にある2軒のライバル菓子店とその家族、そして店を乗っ取ろうと企てる悪い男たちにより展開する。

老舗の菓子店の息子が鶴田浩二で、勉強のために渡米しているのだが、実家の店の存続が危ぶまれ、解決のために「若旦那」がアメリカから帰ってくるわけだ。

敵対する新興菓子店のオーナーは清川虹子で、その娘司葉子は実は鶴田浩二と結婚の約束をしている。

というような他愛のない話なのだが、老舗菓子店の店主柳家金語楼や清川虹子たちがさすがに芸達者でなかなか飽きさせない。

そして特筆すべきは鶴田浩二の幼なじみとして出てくる「新橋芸者の夢ちゃん」という女優がとてもチャーミングであること。夢ちゃんは「若旦那」をずっと好きなのだが、まったく相手にされず、口を尖らせてぶちぶち言う姿がなんとも可愛らしい。この女優は誰なのかと調べたら、はあ、この人が藤間紫か。と感嘆した次第。

なにしろほのぼのとした映画。最近はこういうのでいいなぁと思う。

おやすみなさい。evolucio

コメント

11/19 Diary American Beauty

2019-11-19 22:01:12 | Diary

11/19

映画の「アメリカン・ビューティー」をCSで放送していたから、少しだけ観たのだが、やっぱりケヴィン・スペーシーは得体の知れない気持ち悪さを演じさせたらなかなか右に出る者はいないなと再確認した。最近はいろいろ問題を抱えているらしいが。

私の好きな女優アネット・ベニングもこの映画では十分に若くて魅力的だが、しかしケヴィン・コスナーとの「ワイルド・レンジ」の時の方が鮮烈だったかな。

地味だが名優のクリス・クーパーも「自身のゲイ属性への葛藤に揺れ動く役」で出演しているが、あの雨のガレージのシーンを私は何度観てもどうしても笑ってしまう。かわいそすぎる。びしょ濡れクリスの迫真の演技はもちろん最高なのだが、ケヴィン・スペーシーの「Oh,Oh,Oh,Oh.」とキスを遮る演技がまた素晴らしい。

ケビィン・スペーシーというと20年以上前の「ユージュアル・サスペクツ」で私は初めて彼を認知したわけだが、最近たまたまそれを観て思ったことは、当時ものすごく面白いと思ったほどではないなということ。

それでは面白いのはなんだろう?というと、やはりゴスミアの行方ではないだろうか。

おやすみなさい。evolucio

コメント

11/15 Diary <Kivu>

2019-11-15 20:56:08 | Diary



11/15

さて何はともあれ、いや何をしなくともまずはコーヒータイムである。なら何を飲むか、といつものように冷凍庫を開けると目についたのは、10月始めに買った「キブー」。ルワンダ産である。

計ってみると18グラム。ナイス。ちょうど良いではないか。では200mlくらいに淹れて飲もうか。いや違う。今日はこれを130mlほどの濃い目のコーヒーにして飲もうではないか。

そして淹れた。飲んだ。思わず目を瞑った。甘酸っぱい果実感が口から鼻へと溢れ出すのだった。加えて円熟した赤ワインのような濃縮感もあり、さらに口に含めば私の感覚の尖塔で、芳醇という名の鐘が鳴り響くのであった。

最後の一滴を舌に落とし、余韻を楽しみながらカップをキッチンに戻し、そして部屋へ戻ると、なんとキャラメルの香りで充満しているではないか。噎せるほどの甘い香りは、静かな夜の始まり。

おつかれさまでした。evolucio

コメント

11/13 Diary

2019-11-13 20:48:54 | Diary

11/13

昼は少し寒いくらいでした。
しかし夕方に淹れたコーヒーは美味かった。シティくらいのブレンド豆なのだが、カラメルや黒糖の甘い香りと味に、僅かなスパイシーさが絡んで、あと少し苦みが効いていれば最高点をつけられた。もう2度高く淹れればよかったかな。
本日も、おつかれさまでした。evolucio

コメント

11/11 Diary

2019-11-11 17:27:35 | Diary

11/11

外は雨。なんでこんなに降っているのだろうか。まあ外だからいいか。
最近、CS放送では松本零士作品特集らしく、集中して見てはいないのだが、なんとなく見ていたら、まあ結局観ていたら、デスラー総統が改心し、愛に目覚める場面を目撃したり、メーテルのお母さん━━液体のお化けのような━━を初めて?見たりしたのだが、しかしなんか暗いね、銀河鉄道999は。観てると不安な気持ちになるから、ずっとは観ていられない。ヤマトにしても、さすがに面白く観るにはもう感性がついてゆけないな。と思った。
おつかれさまでした。evolucio

コメント

11/7 Diary 新宿YMT炭焼きコーヒー

2019-11-07 19:29:54 | コーヒー

11/7

夕方にコーヒーを飲もうと思い、それでは何を飲むかと少し考え、フリーザーを開けて見たらば新宿のヤマモトコーヒーの「炭焼きコーヒー」がまだ放置してあることに気づき、よしこれを飲もう、と湯を沸かし、豆を挽き、ネルは面倒だったのでペーパーをドリッパーにセットし、すると湯が沸いたから、ドリップ用のポット、ビーカー、カップにそれぞれ湯を回し入れ、温めと同時に湯温を下げて、最後にタイマーを左手元に用意したらドリップを開始。

「ピッ」おおまだ膨らむか。この豆は「炭焼き」などといってもミディアムくらいの軽い焙煎なので、あまりしつこくドリップしない。目標2分20秒。出来上がりは15グラムで150ml。はい出来ました。お、美味いぞ。はて、いつの豆だったか。袋にちゃんと書いてある。オレが書いた。そうか先月の7日か。ちょうど1ヶ月前になるのか。すっかり味が丸くなった。いやしかし美味いな。甘酸っぱさが際立っている。苦みがない。私はこういった軽く苦みのない優しいコーヒーを究極的に求めているわけではないが、これはこれで美味い。なんというか、鮮やかである。おつかれさまでした。
E  V  O  L  U  C  I  O

コメント

11/3 Diary

2019-11-03 19:28:37 | Diary

11/3

ラグビーWCも終わりました。
昨日の決勝の前半31分頃、どちらかが自分の国だったら口から胃が出そうな攻防だった。
あと30センチが割れず届かないのだから、南アフリカは強かった。
日本が南アフリカと少なくとも前半を善戦したことは、素晴らしいことでした。
おつかれさまでした。evolucio

コメント

11/1 Diary

2019-11-01 21:17:48 | Diary

11/1

ラグビー。今日ニュージーランドが王者の貫禄を取り戻してウェールズに快勝するのを観ていて、はて、こんなに強い彼らがなぜイングランドにあの時はまるで力を吸い取られてしまったかのように負けてしまったのかと不思議な気持ちになったが、まあ俄ファンの私には到底わからないこと。
明日は決勝。またあれか。アイツか。あのロン毛。

オリンピック。マラソン開催が札幌に変更され決定したとのこと。私には詳細はわからないが、だいたいなんで大会を夏の一番暑い時期にやるのか。今頃が一年で最高にスポーツに適した季節なのに。と疑問に思うが、まあ放送利権とかビジネス面でいろいろあるのでしょう。たぶん。

以上。本日も、おつかれさまでした。E  V  O  L  U  C  I  O

コメント