EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

20220402 テルのお母さんのどうでもいい話。

2022-04-02 20:09:58 | コーヒー

20220402

今日はコーヒーを買いに行ってきました。
ケニヤ、ガテマラ、軽いブレンド、強いブレンド、各200gずつ。
画像の冊子もついでに。

以前は7パックほど買っていたのに、今日は4パック。
最近、コーヒーを飲む回数と量が少なくなりました。

そして帰りがけに少しだけ花見をしました。

焙煎屋の先にある都営住宅のベンチに座って
葉桜をしばらく眺めました。

横に住宅。
背には公園。
目の前は車道で、道に沿って桜並木。

背後の公園では春休みの子供たちがケタケタ遊んでる。

私の目の前を歩く通行人は少なくないのだけれど、
年寄り率100パーセント。

私は子供の声を聞きながら、
花を見たり年寄りを見たりで
15分くらいボーっとしていましたら、
突然、車道の向こう側の歩道から声がしました。

「テルーっ!!」

若いお母さんが
どうやら私の座るこちら側の公園で遊ぶ自分の子供に
声をかけている様子。

3回テルの名前を呼びました。

テルのお母さんは
もちろんマスクで黒髪ポニーテール。
汎用性のあるオフホワイトのスイングトップ。
エプロンをしていたような、していなかったような。
自転車に跨ったまま手を振ってテルを呼んでいる。

しかし呼べどもテルまでは30メートルほどあり、
しかも車道の音が声を遮り、なかなかテルが気がつかない。

すると、
私のすぐ近くでテルたちとは別に遊んでいた3人の男の子の一人が、
「テルのお母さんがなぜかテルを呼んでる!」
と大きな声を上げました。

私は、その「なぜか」が妙にツボに入ってしまい、
独りベンチで吹き出してしまいました。

その声でやっと気づいたのか、
テルが桜並木の歩道まで出てきました。
おっとテルは女の子でした。
3年生くらいか。

5時までには帰ってきなさいとのこと。

どうでもいい話でした。

本日も、おつかれさまでした。
E V O L U C I O

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20220312 ギネスとグウィネスはぜんぜん違う

2022-03-12 16:29:00 | コーヒー

20220312

やっぱり黒ビールはギネスだな、と再確認した次第。

エビスの黒も美味いが、何本も飲むわけではないから、
330mlだけであっても満足するギネスの重厚感を選ぶわけである。

最近の黒ビールの流通状況を少し調べていたら、
私が黒ビールを好きなわけが偶然にもわかった。

私はコーヒー好きであり、しかもダークローストを好む。
スタウトなどの黒ビールには深い焙煎のコーヒーに共通する味わいがあり、
ゆえに私は黒ビールが好きであるらしい。自己分析で。

ギネスのラベルに
「EXTRA STOUT」とあるが、
これは
「特別に濃い」
という理解でいいのだろうか。
もしくは
「過剰に濃い」か。

どちらにしても私好みの形容です。

歩いていて、
「Cafe EXTRA STOUT」
という看板を見つけたら、まず間違いなく入るだろう。

グウィネス・パルトローはギネスに何か関係あるのかと思ったが、スペルがまったく違った。だいたいファミリーネームじゃないし。

おつかれさまでした。
evolucio
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20211016 液地下寝る珈琲

2021-10-16 17:35:00 | コーヒー

20211016

今日、某駅近くにいて、
用事が済んだからコーヒー飲むかと、
見回したらありました、
自家焙煎ネルドリップの店。
ごちそうさまでした。
さようなら。
おつかれさまでした。
さようなら。
evolucio
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20210918 パンとコーヒー。

2021-09-18 20:31:00 | コーヒー

20210918

台風だが、
この辺りは目の左側に入ったらしく、
風が弱いというより、まったく無い。
ただの雨の日という感じ。

しかも降ったり止んだりだから、
さっきパンを買ってきた。
呑気な週末である。

コーヒーを500ml淹れた。
今日はマンデリンの強い三鷹ブレンドだ。
もちろんフレンチロースト。

クロワッサンにフレンチロースト。
この最強の組み合わせね。
微笑ましくも手頃な官能と陶酔ね。

おつかれさまでした。
evolucio

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20210904 画像だけ 結局ネコ

2021-09-04 14:35:00 | コーヒー

20210904

本日も何もございません。
おつかれさまでした。

画像には関係がないのだが、
涼しくなったらコーヒーが美味すぎて、
飲んでも飲んでもまた飲みたくなる。

昨日も70グラム飲んでしまった。
本来の自主規制は50g/dayである。

パンをよく食べるのも
コーヒーが増える原因のひとつでもある。
美味いパンを食べると
食後に濃厚なコーヒーを飲まずには
気持ちが収まらない。
と、コーヒーを飲みながら書いている。

evolucio

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20210706 泪橋カフェバッハ

2021-07-06 16:46:10 | コーヒー


20210530撮影

5月末の日曜日に近くを通り、急に雨が降り出し、
かつ思い出したものだから「カフェ・バッハ」へ行ってみた。
コーヒー好きなら誰でも知っている超々有名店だ。
10年以上前に一度だけ行ったことがある。
その時は「ふーん」とだけ思った。

有名になったらなったで、
その看板だけが独り歩きを始め、
すると、いくら値段を上げても客は来る、
味を落としても客は来る、
オーナーはベンツを買って愛人を囲う。
やがて資本が入ってチェーン展開、
オーナーは巨額を手にして引退。
コーヒーは均一化された不味くはないが美味くもない味になる。
………そんなふうに変わっていく店はいくらでもある。

だから今日もそれほど期待をしていなかった。
ちょうど雨が小降りになって、店から数組の客が出てきて、
私はすぐに案内された。
人が並んでいたらあきらめるつもりだった。
コーヒーなんか並ぶほどのものではないからね。

ハウスブレンド640円を注文した。
メニューのもっと高い注文は1800円くらいまであっただろうか。
さて潔く謝ります。
店の顔ハウスブレンドはかなり美味かった。
ハイローストくらいの風味で、優しい酸味とキレとコクがあり、
飲んだ瞬間の鼻腔に広がる香りもなかなかだった。
コーヒーで大事なことは後味なのだが、まったく悪くなかった。
選び抜いた高い豆を使っているだろうこともよくわかって、
レジで気持ち良く支払うことが出来た。
他でたまに「飲み逃げしようかな」と思うような店もあるのに。

今さらこの店バッハについて講釈をするつもりはないが、
まったく知らない人にだけ向けて書くと、
この店は「泪橋」のすぐ近くにある。
いわゆる「あしたのジョー」の地元である。
昔風に云うところの「ドヤ街」の地域である。
はっきり書けば「山谷」である。

最近はずいぶんと明るい街になってきたらしいが、
しかし今でもその街の風情とその筋の人たちは残っている。
実際、バッハのとなりの隣が「まいばすけっと」で、
私が行った日にもその前でそれらしき人たちが4人立ったままで
発泡酒を飲みながら歓談していた。
雨で私もその軒下に少しいたので話がよく聞こえたが、
とんかつの話だった。
楽しそうだった。

その前をまた一人おじさんがビニール袋を手に
ヨタヨタビショビショ傘無しで歩いてきたので、
私が「風邪ひくよ」と声をかけたら、
「へへへへへ」
キュートに笑って路地の奥のディープエリアへと入っていった。
その軒下がバッハまで5メートルである。

店は表通りにあるが、一歩路地に入れば簡易宿泊所、
昔風にいうところの木賃宿が軒を連ねている。
表通りも殺風景で、バッハの他には店舗が飛び石に見えるだけである。
そんな場所に店を構えるカフェ・バッハはsince1968であり、
開店当時は紛れもなく本物のドヤ街であったはず。
岡林信康の「山谷ブルース」発売が今調べたらぴったり1968年であった。

画像はGoogle Mapより

そんなエリアで創業者はコーヒー専門店を開き、
今日の今日まで営業を続け、
雨の日でもこの店には客が並んでいるのだ。
そして美味い。
見事としか言いようがない。

だいぶ以前に、
この店の創業者が監修した本を読んだことがある。
たしかこんなことを書いていた。
「いい場所に出店したのではなく、
出店したところをいい場所にしたのだ」

私はコーヒーを10分で飲み終えすぐに出てきた。
雨も上がりつつあった。
5,6人ほどが店外に並んでいた。

少し調べてみると、
「泪橋」は江戸時代からその名があり、
罪人が刑場に向かう時に家族と涙で別れる川に架かる橋だったらしい。
その小さな川は今は暗渠になっているということ。

最後に書いておくと、
このエリア、今現在は誰でも普通に通行できる街になっていて、
低価格の宿泊所にはコロナ以前は外国人客にも多く使われ、
おそらくオリンピックでまたさらに進化を遂げたはずなのだが、
コロナ騒動でその可能性はなくなり、関係者は残念だろう。

泪橋の今は暗渠になっている川の名前は
「思川」(おもいがわ)と云うそうだ。

E V O L U C I O

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20210513 オーソドックス。とくにありません。

2021-05-13 18:37:36 | コーヒー
20210513

普段コーヒーの淹れ方をいろいろ試すわけですが、
先ほどオーソドックス正統派ごく普通に淹れてみましたれば、
これがあまりに美味かった。
毎回こねくり回したような淹れ方の10倍美味かった。

外はしつこい雨です。
明日は夏日です。
本日もおつかれさまでした。
E V O L U C I O

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20210312 Diary トラジャ

2021-03-12 20:04:03 | コーヒー


20210312

最近、インドネシアのトラジャというコーヒーを飲むのだが、美味しい。
インドネシアのコーヒーといったらマンデリンなのだが、トラジャはマンデリンとはまったく違う味わいなので驚いている。
焙煎がシティロースト以上だとマンデリンは力強さに比例して重さがあるのに比べ、トラジャは強さはあるが重さはない。アジアのブルーマウンテンといったら変なのかもしれないが、印象はそんな感じ。
苦味、甘味、酸味などバランスも良く、香りがモカのように独特で強く主張することもなく、もしも今後の人生で一つの種類だけを選べというなら、重要な候補に挙がる豆だ。

E V O L U C I O
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20201205 Diary コーヒー豆買ってきましたの日。

2020-12-05 22:47:17 | コーヒー

20201205

雨が上がるのを待ち、コーヒーを買ってきました。

ブラジルのフレンチローストを400g。
ブレンドのフルシティローストを400g。
ブレンドのシティローストを200g。
インドネシア、マンデリンのフルシティローストを200g。
イエメン、モカマタリのシティローストプラスを200g。
エチオピアのモカ・ナチュラルは売り切れでした。
まあモカはまだ家にあるからいいでしょう。

おつかれさまでした。

E V O L U C I O

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20200712 Diary ケニヤシティR

2020-07-12 17:53:49 | コーヒー




20200712

ケニヤのシティローストを20グラムで200mlドリップし、今飲んだ。
同じ豆でも、さらっと淹れる時もあれば、しっかり蒸らして濃厚に淹れる時もあり、今日は濃いめにドリッブした。
ケニヤは酸味が強く、低温すぎると苦みとのバランスが崩れ、酸っぱいコーヒーになってしまうので注意して淹れた。
最初の3分の1は美味かった。次の3分の1は普通。残りの3分の1は少ししつこい味だった。
60点。
おつかれさまでした。E V O L U C I O

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5/31 コーヒー

2020-05-31 20:02:58 | コーヒー

5/31

先週の金曜日に、注文していたコーヒーが3種類、計1.2キロ届いた。
しかしもうだいぶ暑いから、通販で買うのは秋まで出来ないかと思う。

私の注文する焙煎業者にクールの取り扱いがなく、
配送途中で車内の熱にやられてしまう可能性があるからだ。

それにしても最近、コーヒーの消費量が少し増え、1日60グラム以上飲むので、
あたりまえだが、保存している豆がみるみる減っていく。

日本とは季節が逆の南米で新型コロナの感染者が増えているらしく、
コーヒー価格に影響がなければいいと思うが、まあ、いずれあるでしょう。

今は自家製のジンジャーエールを飲んでいる。

おやすみなさい。E V O L U C I O

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2/11 Diary <ドミニカ・ティピカ・鷺宮>その3 加筆あり 再加筆あり

2020-02-11 18:52:09 | コーヒー

2/11

つづき。

ある日、ドトールの前を通ったら新しい豆を販売していた。
ネットで調べたら、ドミニカのブレンドとストレートの2種類があった。
ブレンドに興味はないが、ストレートはティピカ100パーセントである。
ティピカ100パーセントは稀少で、しかも過去に私をKOしたコーヒー種である。
ブレンドは全店舗にて。ストレート(シングル)は限定店舗での販売である。
ストレートを販売する限定店舗は東京ではなぜか都内近郊が多く、少し不可解。
新宿にあれば15分で行けるのに、新宿にはない。ではどこへ行けばよいか。
阿佐ヶ谷である。長年慣れ親しんだアサガヤである。では行くか。
南阿佐ヶ谷駅前店(青梅街道沿い)店員(女子推定23才)「ございません」
私「ネットに書いてあったし、阿佐ヶ谷店とあったし、あ、パールか」
阿佐ヶ谷南口店(パールセンター内)店員(女子推定24才)「売り切れました」
私「するとアレか。望みは鷺宮か……。」

つづく。以下加筆(20210521)

このつづきを書くのを忘れてました。
個人的に2020.2月以降忙しくて忘れてました。
ところが、このブログのこのティピカのページを
どこからか検索をしてか読んでいる人がたまにいるようで、
書きかけでは悪いので、以下につづきを加筆します。

とはいえ、このティピカという言葉でこのブログに辿り着いた人は、
中野の鷺宮などに興味はないだろうから、
鷺宮についての記述は控えます。
ティピカを飲んでどうだったかだけに焦点を絞って書きます。

どうだったか。
普通でした。
普通のハイローストのさっぱりとしたコーヒーでした。

以前に飲んだドトールのウリアというパプアニューギニアの豆、
それはやはりティピカ100%で、私に強烈な衝撃を与え、
すぐさま5パックを買い足し、それを飲み切ってからは
他のコーヒーが飲めず、半年以上コーヒーをやめたという
私のコーヒー歴の中でも特筆すべき出来事で、
それは「ウリア前ウリア後」ともいうべき衝撃で
今回飲んだドミニカのティピカはウリアにまったく比肩しなかった。
もちろん個人的な感想です。
体調による感受性ということもあるし。

堀口珈琲に今ティピカがあるらしいので、
来週にでも買ってきます。
ありがとうございました。

以下さらに加筆(20210528)

堀口珈琲の世田谷店に行き件のティピカを買ってきました。
コスタリカ・サンタテレサ農場・ティピカ・水洗・シティローストです。
2268円です。
20gを手回しで粗挽きにし、コーノのMDKで点滴ドリップ、仕上がり200mlを淹れました。とくに感想はありません。飲んでみてください。

以上。もうここに加筆予定はありません。

ありがとうございました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2/9 Diary <ドミニカ・ティピカ・鷺宮>その2

2020-02-09 17:31:01 | コーヒー

2/9

つづき。

もう一度しつこく書くと、限定販売のコーヒー豆をさらに限定の店舗でのみ販売するわけだが、その限定の店舗が東京エリアの場合、ほとんどが郊外にある店をドトール本社は選んできたわけだ。なぜ。どうして。

ドミニカに他の豆を足した<ブレンド豆>は全店舗で売っているが、ドミニカだけの<ストレート>は限定である。まったく売らない県だってあるようだ。

そしてティピカである。
ドミニカはもちろん生産国の名。ティピカはアラビカ種に属するそのまた種類。耐性が低く生産性が悪いため、現在ではごくわずかの農園でしか作られていない。しかし逆に世界における昨今のスペシャリティコーヒーへの傾注により、コーヒーの原種とも云えるティピカ種への注目度も高くなっていて、生産にトライする農家も増えているようである。

なぜ生産性の低いティピカに注目が集まるのか。それは当然ながら美味いからです。他のコーヒーとは明らかな違いがあり、私は以前ここにも書いたが、やはりドトールから発売されたパプアニューギニアの「ウリア」という豆で初めてティピカという味を認識して、その衝撃でそれからたしか半年くらい他のコーヒーが飲めなくなってしまったというくらい美味かった。本当の話です。

どう違うのかというと、
その「ウリア」の味は、口に含んだ瞬間に口の中でコーヒー農園と果樹園が広がって、そして得も言われぬ優しく爽やかな風が吹き抜けていくようで、言い換えると、人間の最高の女性を探し求めていたら、突如天女が現れた、というようなヘタクソな表現でわかってもらえるかどうか、とにかくウリアはそれくらいの衝撃でありました。

つづく。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2/8 Diary <ドミニカ・ティピカ・鷺宮>その1

2020-02-08 19:51:13 | コーヒー

2/8

ドトールコーヒーで以前はよく「世界の厳選されたコーヒ豆」を限定数量限定期間でリリースしていたのだが、昨年はあまりなかったように思える。しかし昨年末からまた「やる気」になったのか、「世界の七種ブレンド」を発売したかと思ったら、今度はなんとドミニカである。しかもティピカである。

「七種ブレンド」については感想をあまり書くこともないが、ドミニカについては少しある。何か。━━このことで奇しくも鷺宮に行ってしまったこと。

先日、雪が降らなかったということをここに書いた時に、銀世界と新世界という言葉を出して、新世界は鷺宮のパチンコ屋だとなんとなくふざけて鷺宮の名前を出したのだが、やっぱり言霊ということはあるみたいで、今回ドミニカの豆を求めて私はとうとう中野の外れの鷺宮まで何かの力に連れて行かれたということでありました。

━━ある日、ある駅前のドトールの前を通りかかった時、ウインドーから豆のパッケージが並んでいるのが見え、そんな光景はいつものことなのだが、その日はその一番上にピンクのパッケージがリコメンド的に輝きをもって並んでいて、私は「!」と思い、いったん帰宅してからネットでドトールのサイトを確認した。

ドミニカの豆が入荷しているじゃないか。しかしこのピンクのはブレンドか。いや、もっと下を見てみるとストレートが数量限定であるらしい。なになにドトール全店で販売しているわけではなく、店舗も限定であるらしい。どこか。それも書いてあった。

東京エリアではなぜか新宿渋谷銀座などの店はほとんどなく、少し郊外の店舗の名前が20いくつか書いてあった。こんな展開はドトールでは初めてではないだろうか。興味が湧いた。

つづく。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/7 Diary 新宿YMT炭焼きコーヒー

2019-11-07 19:29:54 | コーヒー

11/7

夕方にコーヒーを飲もうと思い、それでは何を飲むかと少し考え、フリーザーを開けて見たらば新宿のヤマモトコーヒーの「炭焼きコーヒー」がまだ放置してあることに気づき、よしこれを飲もう、と湯を沸かし、豆を挽き、ネルは面倒だったのでペーパーをドリッパーにセットし、すると湯が沸いたから、ドリップ用のポット、ビーカー、カップにそれぞれ湯を回し入れ、温めと同時に湯温を下げて、最後にタイマーを左手元に用意したらドリップを開始。

「ピッ」おおまだ膨らむか。この豆は「炭焼き」などといってもミディアムくらいの軽い焙煎なので、あまりしつこくドリップしない。目標2分20秒。出来上がりは15グラムで150ml。はい出来ました。お、美味いぞ。はて、いつの豆だったか。袋にちゃんと書いてある。オレが書いた。そうか先月の7日か。ちょうど1ヶ月前になるのか。すっかり味が丸くなった。いやしかし美味いな。甘酸っぱさが際立っている。苦みがない。私はこういった軽く苦みのない優しいコーヒーを究極的に求めているわけではないが、これはこれで美味い。なんというか、鮮やかである。おつかれさまでした。
E  V  O  L  U  C  I  O

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする